--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.2208:58

登山家・栗城史多がカラス被害でエベレスト登頂を断念!

登山家・栗城史多カラス被害でエベレスト登頂を断念!

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず1982~)氏は、『日本人初となる世界七大陸最高峰の単独無酸素登頂に挑戦している』というフレーズで、マスコミにも良く登場しているアルピニストです。栗城氏は大勢の人との『冒険の共有』をテーマに据えており、登山とビジネスを両立させようとしているのですが、超人的な体力を持つプロフェッショナルの登山家というイメージでもなく(それなりのトレーニングは当然積んでいますが)、一生懸命に『自分の限界・大きな目標』にチャレンジして世界の高峰に登ろうとしている姿に人気が集まっているのだと思います。

全国各地で登山やチャレンジに関する講演活動を行ったり、登山活動に必要な資金をサポートしてくれるスポンサー企業を探したりしているのですが、栗城史多が最も重視しているのは年に1~2回ヒマラヤで挑戦している高所登山とそのインターネット生中継です。今までの登山は、ただ登山家たちが頂上に到達したという事実と写真があるだけでしたが、栗城氏はより多くの人との登山や冒険の共有を目指して、リアルタイムでビデオを回しながら一緒に登っている体験をしてもらうことを重視しており、より『エンターテイメント性のある登山』になっています。

リアルタイムのインターネット中継を導入したことで、それまで孤独に淡々と山に登るといったイメージが強かった登山のイメージが大きく変わりました。みんなで一緒に登っているかのような感覚が得られる『登山系エンターテイメント』に登山を変質させたアイデアは、なかなか面白くて画期的だと思いますが、栗城氏はまだエベレスト(8848m)の単独無酸素登頂』という目的は達成していないんですよね。2009年9月にはチベット側から登るも失敗、2010年9月にはネパール側からチャレンジしましたが再び8,000mにまで達することが出来ずにリタイアを強いられています。2011年8~10月には、前年と同じネパール側のルートで、3度目の挑戦をしたものの頂上付近のサウスコルにまで到達できずに失敗しています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2011.09.0518:40

台風12号の記録的豪雨で被害拡大。27人死亡、51人不明!政府が『非常災害対策本部』を設置!

台風12号の記録的豪雨で被害拡大。27人死亡、51人不明!

超大型の台風12号は非常にゆっくりとしたスピードで、九州南部から紀伊半島、東海、関東・東北へと抜けていきましたが、暴風圏が広かったため日本全国に強風・大雨をもたらしました。特に大雨と土砂崩れの被害が大きかったのは紀伊半島を含む近畿地方で、和歌山県では17人、奈良県では4人、三重県・徳島県でそれぞれ2人の死亡者がでており、台風12号が歴史的に見てもかなり大きな台風であったことが分かります。

河川の氾濫や山の土砂崩れによって交通網が寸断された地域も少なくなく、和歌山県で27人、奈良県で20人が行方不明になっており、警察・消防などが懸命の捜索を続けていて予断を許さない状況です。更に、三重県の紀宝町では、河川が氾濫して道路が遮断されてしまい、現在も住民30人あまりが住宅に取り残されていると見られ、陸上自衛隊などがゴムボートで出動して救助活動を行っています。東日本大震災でも自衛隊の救助部隊が大きな人命救助の活躍をしましたが、河川氾濫・土砂崩れなど一般の人では立ち入ることも厳しい状況下では、専門的な災害救助や身体能力強化のトレーニングを重ねて装備も持っている自衛隊・消防・警察などが頼りにされることになりますね。

続きを読む

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

2011.07.2319:14

セシウム汚染の牛肉は、国が買い上げて焼却処分へ!

セシウム汚染の牛肉は、国が買い上げて焼却処分へ!

肉牛にえさとして与えられる稲わらが放射性セシウムに汚染されていて、その稲わらを食べた牛肉にセシウムが蓄積したという問題が起こり、福島県周辺の畜産農家に不安が広がりました。8日に、福島県南相馬市の畜産農家から出荷された牛肉が汚染されていたことが発覚したことで、この牛肉汚染問題は広がりを見せましたが、今も汚染わらを食べた牛がいないかの調査が続けられています。

放射性セシウムの含有量はそれほど多くないので、汚染された牛肉を食べても特別な健康被害は出ないということですが、消費者の国産牛肉に対する信用性が落ちるなどの風評被害も深刻なものがあります。一時は、普段は高級な和牛の市場価格が、半額近くにまで落ち込むという現象も起こりましたが、今は健康被害の無さや出荷量が明らかになったため、価格は安くなってはいるものの、価格の下落幅は落ち着いてきているようです。朝日新聞の記事では、汚染わらを与えた牛を出荷した農家の存在が確認されたのは10県であり、出荷頭数は約1400頭になるということですが、最大限の努力を払って汚染された牛肉が市場で販売されないようにして欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

2011.06.2721:22

岩手県の『平泉の文化』が『小笠原諸島』に続き世界遺産に登録!日本国内(文化遺産+自然遺産)では16件目の世界遺産に!

岩手県の『平泉の文化』が『小笠原諸島』に続き世界遺産に登録!日本国内(文化遺産+自然遺産)では16件目の世界遺産に!

6月24日に東京の『小笠原諸島』がユネスコ(国連教育・科学・文化機関)によって世界遺産の自然遺産に認定されましたが、翌25日には岩手県平泉町の平泉の文化』が世界文化遺産に登録されました。東京都に所属する小笠原諸島は南太平洋に浮かぶ島嶼部で、オガサワラオオコウモリなど固有の生物種が多く確認されており、その独自の景観とユニークな生態系が世界自然遺産に相当するものとして認定されたわけですが、世界遺産観光客が増加すると『生態系の保存』が難しい課題になってきます。

『日本のガラパゴス島』や『生物進化の実験場』などと呼ばれることもある小笠原諸島ですが、世界遺産としての観光地化を急いで環境破壊が起こらないように十分な注意をしてもらいたいですし、『人工的な開発主義』や『動植物の外来種の混入(既存種の絶滅リスク)』を防いでいく必要性も高まってくるでしょうね。それでも日本にとっては、小笠原諸島は大切な環境資源であり自然環境なわけですから、『既存の生態系や景観を壊さないためのルール』を作って、節度ある観光産業も盛り上げていって欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2011.06.2617:38

中国人向けの観光ビザの発給要件を緩和!職業上の地位要件を撤廃へ!

中国人向けの観光ビザの発給要件を緩和!職業上の地位要件を撤廃へ!

観光客を大量に呼び込んで『観光業の振興』を図るため、政府が観光客が増えている中国人向けの観光ビザ(査証)の発給要件を緩和すると発表しています。今までは官公庁の公務員や大企業の管理職などを基準とした『職業上の地位要件』などがありましたが、一般の中国人労働者も観光に来られるようにするため、この要件を撤廃する規制緩和をすることが挙げられています。職業上の地位要件の撤廃に関しては、中国人のマフィアや窃盗団など犯罪組織のメンバーが来日しやすくなるなどの反対意見もあるようですが、完全に職業要件が無くなってどんな職業でも無職でも良いとなると、ある程度の不良外国人の来日問題や治安上の不安はあるかもしれません。

また現在は最高15日間の滞在日数となっていますが、この滞在日数も延長可能にして、『単価の高い長期観光旅行ツアー』などを誘致していきたい考えもあるようですが、その背景には『東日本大震災・福島第一原発事故による観光客の減少』の影響もあります。最近では、もっとも観光客の来日が落ち込んでいた時期よりかはだいぶ回復してきていますが、来日する外国人観光客の本格的な回復・増加につなげたいという観光政策の一環になっています。

続きを読む

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

2011.05.0106:52

福島第1原発事故の風評被害防止で日米が協力!“トモダチ作戦”の物資提供や捜索活動・がれき撤去作業に感謝!

福島第1原発事故風評被害防止で日米が協力!“トモダチ作戦”の物資提供や捜索活動・がれき撤去作業に感謝!

メルトダウン(炉心熔融)を起こして大量の放射性物質を流出させた福島第1原発事故の発生と報道によって、海外では『日本の広域・全域』が放射性物質に汚染されていて、農作物や工業製品のすべてが危険なのではないかという風評被害が生まれている。実際には、日本産の農作物や工業機械、電化製品などの輸出品のほとんどは放射能汚染を受けていないわけだが、“FUKUSHIMA”の事故がレベル7でチェルノブイリ事故と同等の事故であるという先入観が、『日本製品の風評被害・忌避感』を生んでしまっているのは、日本にとって大きな損失である。

国内の放射能汚染区域が限定的であるにも関わらず、日本全国どこに観光に行っても放射性物質があって危険だという誤った認識も持たれ始めており、『貿易産業・観光産業の不利益』を国際的な情報発信によって改善していくことが急務となっている。これらの風評被害の原因の一つは、福島第一原発事故に関する日本政府の『不十分・不透明な情報公開』であるから、風評被害や日本製品・日本観光忌避の弊害を正していくためには、政府が正直かつ迅速な放射能汚染に関する情報を公開していく必要があるといえる。

続きを読む

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。