--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.2519:30

「着信アリ Final」で主演する堀北真希と黒木メイサのチャンス!インターネットの広告ビジネスの成長と広告媒体の変化!

堀北真希(17)と黒木メイサ(17)が主演する映画「着信アリ Final」(監督麻生学)の製作会見が24日、都内で行われたようですが、柴咲コウが主演した「着信アリ」は世界的な携帯ホラームービーのブームを起こしたほどの人気だったので是非2人には頑張って欲しいですね。堀北真希さんは、デビュー当初よりも随分と大人びてきて女性としての魅力が高まってきたので、これからは恋愛もののドラマや職場で活躍する女性の役柄などでも活躍が期待されますね。

「着信アリ2」は見た事がないのですが、これもミムラさん主演で、瀬戸朝香さんなんかも出演していてなかなかの豪華キャストなんですよね。身近にある携帯というツールから拡大していく恐怖の都市伝説という、なかなかタイムリーなアイテムに恐怖のイメージを盛り込んだところがヒットの原因なんでしょうね。

僕は、心霊現象とか怪奇現象の類は全く信じないタイプなのですが、確かに深夜に番号通知なしの電話が突然鳴り響くとドキリとします。昔は、誰でもかかってくれば出ていたのですが、最近営業の電話なんかが時々かかってくるので知り合いで番号通知している人以外は出ないようにしていたりしますが。

「着信アリ2」の公式HPでは、「秋元康著の原作「着信アリ」(角川ホラー文庫刊)も30万部を突破、8月6日に発売されたビデオ・DVDもセルで8万枚、レンタルで4万(本・枚)と好調なセールスを記録し、社会現象となっている。」と書かれていますので、堀北真希と黒木メイサもこのチャンスをうまく活かせば大ヒットを飛ばせる可能性がありますね(^^)

話はウェブのビジネスの方向に変わりますが、インターネットのビジネスモデルには、大きく分けて3つのモデルがあるのではないかと僕は考えています。

1.販売する商品やサービスを持っている企業(個人事業主)が行うウェブサイトやブログのビジネス用途(ウェブショップや宣伝広告)の利用。

2.大手IT企業のポータルサイトの立ち上げ(膨大なアクセス数を背景にした広告費や有料サービス販売による収入)による事業収入。

3.アフィリエイト専用に独自ドメインを取得した本格的なサイト・ブログの構築。

これら3つのビジネスモデルは未だ十分に成熟しているとはいえず、インターネットを新規に利用し始める顧客はまだ増え続けていますので、インターネットのビジネスにはまだチャンスが多く残っているといえます。ただ、ありふれた商品やサービスの宣伝をアクセスの少ないサイトでするだけでは、楽天やヤフーといった大手のショッピングモールとの競争に勝てないかもしれませんが…。

いずれにしても、インターネット上のビジネスを軌道に乗せる為には、大きなアクセスのトラフィックを持続し続ける必要があります。一日に何万人、何十万人の人が訪問するウェブサイトというのは、それだけで非常に大きなビジネスチャンスを内包した金の卵といえますから、そこまでウェブサイトを成長させられる人であればインターネットビジネスで成功する可能性は大きいといえるでしょう。

ただ、今ではブログの制作者が何十万人の規模になっていて、有名人や芸能人のブログやサイトも増えているので、生半可なコンテンツでは大きなアクセスを集めることが難しくなっています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 撮影中、公開前の映画
ジャンル : 映画

2006.02.2518:12

眞鍋かをりがスキンケア商品「プロアクティブ」の広報に!現代のスキンケア商品の需要拡大!アメリカのCBSが1兆円の赤字を計上。

ブログ界の女王と言われ、大きなアクセス数と膨大な関連トラックバック数(言及無しトラックバックは問題視もされますが)を誇る眞鍋かをりですが、最近、ニキビケアの化粧品の広報というか女性のスキンケアによる美を提唱する広報キャスターに選ばれたようですね。

ニキビ用のスキンケア用品といったら、「クレアラシル」「ビオレ」くらいしか咄嗟に思いつかないコスメ音痴な僕ですが、眞鍋かをり女史が広報をするのはジェシカ・シンプソンなどセレブ御用達のアイテム「プロアクティブ」という製品のようですね。僕は、コスメを含む物販の広報やマーケティングにも興味があるので、とりあえず、アフィリエイトでもないのに検索をかけてみました。

もう悩まない!日本No.1の実力派 プロアクティブ

うーん、さすがセレブもご使用なさっている高級スキンケア商品、なかなかいいお値段がついてますね。医学的な研究もなされていることを売りにしているので、市販されている製品よりもニキビ改善効果は期待できるでしょうし、クリーム類は2,000円台なのでそれほど高いものでもないですね。僕は広報担当でも何でもないのですが、無料お試し期間もあるので興味のある方は試してみるといいかもしれません。

眞鍋さん自身が10代の頃に、ニキビが悪化して悩んだことがあるという話をしていましたが、思春期の年頃の女の子にとっては顔のニキビの問題というのは深刻なのかもしれないですね。まぁ、一昔前に比べると、重度のひどいニキビが発症する確率はかなり低くなっているそうですが、食生活やライフスタイル、体質遺伝などの変化が影響しているのでしょうか?

振り返ってみると僕はそれほどニキビには悩まされなかったのですが、最近はアレルギーが出て肌荒れを起こしやすくなってます。まぁ、アトピー性皮膚炎の素因自体は小さい頃からもっていたので、それが成人型になって出てきたのでしょうけど、それはこの製品とは何の関係もないですね。

とはいえ、ニキビもアトピーも症状の程度によっても違うでしょうけど、他者から見える外見があまり見栄えが良くなくなることもあって、他人は気にしてなくても自分では結構気になったりしますね。

僕も、普段、人の視線はあまり気にしないほうなんですが、腕に湿疹とかが出ると夏場でも長袖を着たくなったりします……意外に外見にこだわってる自分を再発見する瞬間でもありますが、現代人はファッションも露出の多いものが多くなっているので、顔に限らず露出する部分のスキンケアは意外に大きな市場になっていくのかもしれません。

続きを読む

テーマ : ☆女性アイドル☆
ジャンル : アイドル・芸能

2006.02.2516:22

Googleがウェブサイト作成ツール『Google Page Creater』を提供!あなたは手書き派?ツール派?

今までホームページ(ウェブサイト)を制作する時に、皆さんはどのような方法で制作していたでしょうか。昔ながらのベーシックな方法は、メモ帳などのテキストエディタでコツコツとHTMLやXML(デザインするならCSS)を書いていってウェブページを手作りすることです。

ウェブページを手つくりして膨大な構成を持つ一つのウェブサイトを制作するのは、非常に手間と時間がかかることです。そこで、Googleがまたもや画期的な面白いウェブサービス『Google Page Creater』を開発したようです。

Googleが開発したホームページ制作ツールということで、使ってみたいのですが、現在のところ英語版しか公開されていないので、英語が余り得意でない僕はもう少し待って日本語版が出てきたら利用してみようかなと思っています。とはいえ、現段階ではアメリカでも利用したい人の応募が殺到して、受付を締め切っているので今から申し込んで利用するのは無理そうです。

米グーグル、ウェブページ作成ツールを公開

米グーグル社は23日(米国時間)、ブラウザー上の操作でウェブページを作成できる『グーグル・ページ・クリエーター』を発表した。個人ユーザー向けサービスで、ベータ版を公開したが、ユーザーが殺到したため登録を制限しているという。

ウェブ記述言語のHTMLなどを知らないユーザーにも簡単に自分のページを作成できるオンラインツール。用意されたデザインやレイアウトパターンを使って、簡単な手順でウェブページの作成ができ、各段階で見え具合を確認しながら進められるのが特徴。利用は無料だが、『Gメール』のアカウントが必要だ。

作成したページは、グーグル社のサーバーに保存して公開でき、URLは「http://(Gメールのユーザー名).googlepages.com」となる。合計で容量100MBまでページを作成可能。総容量は100MBで、対応ブラウザーは『インターネット・エクスプローラ6.0』以降と『Firefox(ファイアーフォックス)1.0』以降。

用意されたウェブデザインやレイアウトのテンプレートを使ってサイトを制作するということで、意外とブログテイストなツールなのかもしれませんが、Googleのサービスというだけで何か他にはない画期的な仕掛けがされてそうで使ってみたくなりますよね。しかし、WEBの利用者って真新しいサービスが出るとすぐに応募して、応募が締め切られてしまうのは凄いですよね。Googleが提供するアクセス解析の『Google Analytics』もすぐに応募締め切りになっちゃったし。

ホームページ制作は、手書きのHTMLやプロバイダのサイト作成支援ツール、Googleのサービス以外にも、IBMのHomepageBuilder(ホームページ・ビルダー)やMacroMediaのDreamWeaver(ドリームウィーバー)、マイクロソフトのFrontPage(フロントページ)などを使って制作できます。それらは、ホームページ作成の為に開発された専用ソフトウェア(アプリケーション)ですから、その使い方を正確に学ぶことでプロのレベルに近いホームページを作成することが可能になります。もちろん、プロレベルに近づくには相当なソフトへの熟練が必要になりますが。

続きを読む

テーマ : HP作成
ジャンル : コンピュータ

2006.02.2515:18

アジア初のフィギュア金メダリスト荒川静香の破格の市場価値!ヤフーのネットバンク構想と小額決済サービスの大きな需要!

先日、日本国民に心地よい感動をもたらしてくれた女子フィギュアの金メダリスト・荒川静香さんですが、彼女自身の人生にとっても『トリノオリンピックの金メダル』は大きな幸福と財産をもたらしてくれるようです。

華麗な滑りとセクシーな美しさで世界のフィギュアスケートの頂点にたった荒川静香さんの市場価値は、生涯賃金に直すと100億円の価値になる可能性はあるということで……100億円は大袈裟かもしれませんがおそらく数十億年単位の生涯賃金は得られるのではないかと思います。プレミアのついた広告媒体としての価値、最高の指導者(コーチ)やコメンテイターとしての評価、各種の勲章や褒章にまつわる恩典……特に、アジアで唯一の女子フィギュアの金メダリストとしての歴史的価値がパーソナリティに付随しますから、彼女のプレミアムな市場価値は目減りしにくいものであると言えるかもしれません。

荒川、金効果100億円…プロ転向で超高額契約へ

【トリノ24日=櫃間訓】女子フィギュアでパーフェクトな演技を見せ、金メダルを獲得した荒川静香(24)の価値が、世界市場でもストップ高の様相を呈している。プロスケートの世界で、『五輪金メダリスト』の肩書は、年間1500万ドル(約18億円)にもなる、文字通りの“金”看板。生涯賃金にすると、総額100億円突破も夢ではない、ビッグな称号となった。

世界最高の頭脳を集めた技術力のGoogleは、『インターネットの情報の整理と検索』を最重要視してその経営戦略を立てています。一方、WEBの先行者利益を十分に受けて圧倒的な知名度と利用率を誇るYahoo!は、ポータルサイトのビジネス利用を最大化する方向でWEBのビジネスを構築しています。

コンプライアンスに依拠したビジネスを行っているYahoo!と違法な金融取引や粉飾決算を行ってしまったライブドアを同列に論じることは出来ませんが、Yahoo!のビジネスモデルの特徴としてファイナンス部門の投資とM&Aを重視しているという事ができます。そして、ソフトバンクホークスの球団設立とヤフー・ドームの買収という形で着々と知名度と経営実績を積み重ねてきたYahoo!が、次に事業展開しようと狙っているのは『ネット決済に特化した銀行業』と言われていました。

Yahoo!に限らず、かつてライブドアの堀江氏が銀行業への強い意欲を見せていたように、新興ITベンチャーは金融取引や融資業務を拡大できる銀行業に魅力を感じているところは多いと思います。特に、ポータルサイトのYahoo!は、巨大なオークションのサービスと大きな売上のあるショッピングサイトを持っていますから、簡単に手軽にお金の決済が出来るネットバンクを早期に設立したいという計画を持っていると思います。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2006.02.2420:31

『堀江メール事件』によって自縄自縛に陥った前原民主党!外国人の犯罪件数が過去最多に!

民主党の永田寿康衆院議員(36)が、国会で武部勤自民党幹事長を糾弾する材料として提起した「堀江メール」でしたが、その信憑性は大きく揺らぎ、小泉首相が指摘したガセである可能性が高くなってきました。

永田寿康衆院議員は、自分がジャーナリストから入手した「堀江メール」が事実であることの証明と堀江氏から武部幹事長の次男へ3,000万円の送金があったことの証拠を提示することが困難であることを悟って精神的にダウンしてしまったようですが……。国会議員を辞職するかどうかの決断にまつわるストレスもあるのでしょうが、現段階で逃げ切れていても、最終的には永田氏は議員辞職に追い込まれる可能性が高いでしょうね。

現在は、東京都目黒区の病院に入院して、政治の激しい論難からは逃れているようですが、いずれ落ち着いたら、きちんと進退を含めた発言を求められるでしょう。民主党は、自ら『背水の陣の政局』を作り上げて、小泉政権の中枢で最も脆そうな武部幹事長を叩いたわけですが、攻撃する材料があまりに貧相で根拠薄弱なものでした……。

武部氏の二男に対する『堀江貴文容疑者の不正送金メール』の真偽を調査することなんて極めて簡単でコストもかからないことなのに、何故、『裏づけのないいい加減なメール』を武器にして武部氏を叩けると妄信してしまったのか。

最低限、『メールのヘッダ情報』と『墨塗り部分の言葉』くらいは正確なものを手に入れて丁寧に調査してから国会の場に出すべきだったと思います。『偽装されていないヘッダの情報』と『メール送信時の堀江氏の行動の確認』がなければ、メールが本物であるのか偽物であるのかの正しい判断は下せないはずですからね。それなのに、前原誠司代表までが勇み足で『このメールの信憑性は相当に高いと考えています』と失言したのは、民主党としては初歩的だけれどもとても痛いミスでした。

平沢勝栄議員は、永田氏が入手したものと同様のネタを掴んでいるようで、そのことをしきりにテレビの報道番組でもアピールしていましたね。今では、民主党が切り札にしていた『振込先とされる金融機関の情報』も握っているようです。

平沢議員 爆弾返し 「堀江メール」口座も把握

平沢氏は金融機関の名前、支店名、口座番号、口座名義を把握。だが、そこには入金や出金の記録はないという。「仮にそういう記録があれば民主党は出してくるはず。でも、いまだ具体的な中身を出してこない」と民主党の手の内を読んでいる。

「ただ『堀江被告と武部幹事長が親しい』という理由だけで追及している。でっち上げの文書を突破口にするのは極めて邪道だ」と激怒。現在、民主党はこの口座について調べていると主張しているが「金融機関のガードはかたい。しかも海外の金融機関をそう簡単に調べられるわけがない」と指摘した。

政党本来の政治活動や経済問題と無関係なところで、自民党の中枢を揺さぶって民主党の信頼度や好感度を上げようと画策したのが今回の『堀江メール事件』の始まりでした。元々、イレギュラーな不意を突こうとした政治戦略なので、糾弾と追及を焦り過ぎて失敗してしまったのは仕方ない面もありますが……。

ただ今の時期に、今回のようなイレギュラーな政治スキャンダルで攻める必要があったのかは甚だ疑問です。小泉政権自体が、小泉首相の任期が終わりに近づいていることで、求心力と影響力が落ちていたところに、民主党の馬鹿馬鹿しいメールの糾弾によってかえって自民党を勢いづかせてしまいました。

武部氏なんかは無理して攻撃しなくても、ホリエモンとの親密な擬似親子関係を何度も放送されていてすっかり政治家としての存在感や信頼感を失っていました。前原誠司代表は、もし、永田議員が辞職に追い込まれた場合には、自身の責任も明確にすると述べているようなので、若しかすると自民党の小泉首相の首相辞任よりも早く、民主党の代表の交代があるかもしれません。自滅的な振る舞いによってやぶ蛇をつついてしまいましたね。

せっかく民主党に若い世代のリーダーシップが構築されてきたところに、今回の『堀江メール事件』というのは、民主党にとって非常に大きな痛手となりました。自民党一党独裁のような政治が長期に継続していますので、民主党にももう少し頑張ってもらわないといけないのですが。このままでは、日本に『政権交代を前提とした民主政治』が成熟してくるのは相当先の話になりそうです。

つい先日、滋賀県の幼稚園児2人が、同じ幼稚園に通う園児の母親である鄭永善容疑者に殺害されるという信じられない悲惨な事件が起こりました。外国人による犯罪件数が上昇の一途を辿っている中での犯罪だっただけに、また日本での外国人の印象や評価が悪くなるのではないかという懸念もあります。人口減少が続く日本では、将来、経済水準を支える為の労働者が不足して、外国から移民を受け容れる必要が出てくる可能性があると言われています。

続きを読む

テーマ : 民主党
ジャンル : 政治・経済

2006.02.2416:50

日経新聞の30代社員が「ゲーム感覚」でインサイダー取引!MEGUMIと降谷建志が交際!

巨乳を活かしたグラビア・アイドルから出発し、バラエティ・タレント、女優へとマルチな活躍の場を広げているMEGUMI(24)ですが、意外な相手との交際が発覚したようですね。お相手は、一時期、強烈なヒップホップとラップのブームを日本にもたらしたDragon Ashのボーカル降谷建志(27)で、降谷の事務所を訪れるMEGUMIの姿がフライデーされたとの事。

所属事務所の社長・野田義治氏が「昨年12月ごろに報告を受けた。交際は認めた」と交際を認めているように、両者とも年齢とキャラクターから考えて恋愛の一つや二つあるのが普通といえば普通ですから幸せな付き合いが続くといいですね。

日本経済新聞社(日経新聞)で起きた、金融広告部所属の30代前半の社員による『インサイダー取引事件』が各紙で問題になっていますね。インサイダー取引というのは、良く株式市場や金融取引を取り扱った小説や映画で出てくる経済犯罪ですが、簡単に言うと、『内部情報を利用して不正な株式売買を行って利益を得る犯罪』です。

インサイダー取引とは、『株式市場に影響を与える機密情報(重要事実)を知り得る立場にある者が、「一般公開される前の機密情報(重要事実)」を不正利用することで、リスクを負わずに利益を獲得できる取引』のことだと定義できます。

今回の、日経新聞社の社員は、日経新聞の社員という立場でなければ入手不可能な情報『法定公告』の内容を紙面化される前に利用して、『重要事実から値上がりが予想される株』の短期売買を繰り返し不正利益を得たという理由で検挙される可能性が高くなっています。

本人が、『ゲーム感覚で繰り返してしまった』と供述していることから、インサイダー取引を行った事実そのものは認めているといっていいでしょう。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。