--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.0413:46

音楽、スポーツ、ファッションなど黒人文化の世界的評価の高まりとアメリカの抱える歴史的な負の遺産

マライア・キャリーだとか、アッシャーだとか、マイケル・ジャクソンだとか、多くの世界的音楽スターを黒人の音楽文化は輩出してきた。

音楽、ダンス、ゴスペルなどの声楽……の才能と魅力は、他の人種ではなかなか及びもつかない。日本のラップやヒップホップにも優れたシンガーはいるけれど、やはり本場アメリカやジャマイカではその才能は翳ってしまうだろう。

それだけではない、マイク・タイソンに象徴されるボクシング、カール・ルイスやマイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソンに象徴されるアスリートなどバネのある筋力を生かしたスポーツでも黒人は圧倒的な能力を持っていて、オリンピックや世界競技でいつもトップレベルのパフォーマンスを僕らに見せ付けてくれる。

ファッション・センスにしても、極太のゴールド・ネックレスを嫌味なく自然に身につけてかっこよく見えるのは黒人だけだといってもいい。日本人はゴールドのアクセサリーを嫌う人が多いが、それは日本人の肌の色と体格には金色のネックレスやブレスレットは全く似合わないからだ。

強靭な鍛え抜かれたがっちりした体格と滑らかな金を映えさせる黒い肌がなければ金色のアクセサリーは似合わない。

色白の成金の人や柄の悪そうなお兄さんが極太の金のネックレスをしていても大抵似合っていないのはその為だ。そういった自分に合ったアクセサリーを自覚すると、日本人の大部分は、プラチナかシルバーを選択するしかなくなってしまうのだ。

スーツやアクセサリーのファッションの話はともかくとして、黒人は、白人の差別的政策を是正させる為の公民権運動を通して戦い続けた。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 政治・経済

2006.02.0413:25

アメリカの抱えるブラック・ビューティーの黒人文化と教育領域における再分離の問題

歴史的な単一性はさておき、とりあえずの単一民族国家である日本に生きる僕らは、人種差別や民族差別というものに対して鈍感だ。日本でも一部の国家主義や愛国者達は、中国や韓国の人たちを嫌ったりはするけれど、それは明瞭な民族差別の陰鬱さはペナルティとは基本的に関係のないものだ。

僕達は、アメリカと聞いて何をイメージするだろうか?正義を掲げた戦争の好きなブッシュ大統領が率いる経済の先進国や自由や人権を強引に普及させていくグローバリゼーションの国といったイメージだろうか?

現代では、共産主義の首領であったソ連が支配する東欧共産圏が崩壊してしまった為に、アメリカの自由な資本主義イデオロギーそのものを特別に意識することは少なくなった。

それでも、やっぱりアメリカといえば即座に浮かぶ思想は、統制主義に対する自由主義であり、社会主義(共産主義)に対する資本主義であり、独裁主義に対する民主主義ではないだろうか。

細かいアメリカ内部の思想の対立なんかには踏み込まないけれど、アメリカが信奉する正義というのは『自由と人権』に深く関わっている。

では、アメリカがその人間としての基本的な権利である人権の保護に対してとってきた態度が、歴史的にずっと正しいものであったかといえばその答えは「ノー」だ。アメリカ合衆国は、元々、ネイティブ・アメリカン(インディアン)達の楽園としてのフロンティアだったものを、白人達が後から入ってきて西部開拓という侵略戦争によって略奪した国家だ。

そういった建国の歴史に侵略行為があるのは何処の国だって同じで、それは今になって倫理的な裁きを受けるものでもないだろう。日本の天皇家だって遥か古代にさかのぼれば、大和とか河内地方の強大な豪族の一つに過ぎなかった。

そこから、熊襲だとか蝦夷だとかいった遠方の反抗的な異民族を討伐(侵略)して、今の日本民族の原形と身分秩序を作ったのだ。そういった『建国にまつわる討伐の伝説』は、ある程度歴史のある国には何処にでも残っているものだ。

インディアンへの差別的政策は兎も角として、アメリカ合衆国が背負っている人種差別にまつわる負の遺産はやはりネイティブ・アフリカンと呼ばれる黒人の『生まれながらの環境的不利益』に関するものだろう。

人種の坩堝といわれるアメリカには、黒人以外にもヒスパニック系など人種全体として経済的に貧しく政治的に発言力が弱い人種の層は数多くある。なぜ、『黒人に対する差別の残滓』に関心が向かいやすいかというと、過去に『白人による奴隷的支配を受けた歴史』があったからだ。

今、法律上や政治上の明確な人種差別はアメリカに存在しないが、経済格差や教育格差といった生育環境の絶望的な格差による黒人層の不利益の問題や、貧困層の黒人と別の学校で勉強させたいとする差別主義的な価値観を持つ白人の一部の層の台頭が問題になってきているらしい。

続きを読む

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 政治・経済

2006.02.0411:57

NEWSが飲酒疑惑で活動休止!未成年の集団の遊びとアルコールの誘惑!

ジャニーズの人気グループNEWSが、未成年メンバーの飲酒騒動で揺れているようですね。

一般の小中学生だったら不良ぶってタバコを吸ったりアルコールを飲んだりしても、精々学校で先生から厳しく叱られるか親から怒られるかといった処罰で済むのでしょうが、芸能人には社会的責任がありますから謹慎や活動自粛などの厳しい処分が下される恐れが強くなります。

芸能人として経済的利益を得ているから社会規範(法律)に従わなければならないということがあるでしょうし、ファンの若年層への影響力が強い為に『○○君がお酒好きなら、私も飲んでみようかな』という小中学生が増えるかもしれないという懸念があるのだとは思います。

まぁ、ビールにせよ焼酎にせよ、小学生や中学生が飲んでもはっきり言って美味しく感じることはないと思いますので、大人しく20歳まで待って飲みましょうということになります。大学の新入生コンパなどでは、大抵、18歳でも飲酒してますがこれは暗黙の了解というか慣習的な見逃しなんだろうね。

大学生になってお酒を20歳まで一滴も飲まないという人はあまりいないとは思うけど、建前の法規範では禁止されているので芸能人など社会的に大きな発言力や影響力がある活動をしている人は一応きちんと法律を守ったほうが無難でしょう。

社会の大多数の人は、未成年の飲酒行為そのものを重大な違反行為とは認識していないとは思いますが、著名人の未成年が飲酒することを大々的に認めてしまうと、それ以外の一般の未成年の飲酒も禁止できなくなるという『大人と子どもの境界線に関係する社会秩序の混乱』が起こりますから、芸能人や著名人の未成年がタバコやお酒を嗜むことは厳しく咎められます。

未成年の側からすると『17歳も20歳も大差ないし、一緒じゃん』ということになると思うし、僕も10代の頃はそんな感じで結構いい加減に考えていたけれど、一応、社会の規範として20歳ということを線引きしておく必要はあるからね。そう

じゃないと、17歳でも酒飲んでいいなら15歳でもいいじゃん、それなら、12歳でも別によくない?みたいになってどんどん飲酒可能年齢が引き下げられる恐れがありますからね(^^;)

続きを読む

テーマ : NEWS
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。