--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.2912:38

簿記の基礎知識7:仕訳帳のルールと仕訳の13パターン

仕訳帳の借方・貸方で仕訳をする場合には、一年に一回作成する決算書(損益計算書と貸借対照表)の分類項目(費用・収益・資産・負債・資本)のルールではなく、前回書いた『取引の8要素』のルールに従って仕訳をしなければなりません。

この仕訳をするに必要な『取引の8要素』は簡単ですから、そのまま丸暗記してしまうといいでしょう。取引内容を考えて、『資産の増加』『負債の減少』『資本の減少』『費用の発生』があれば『借方(左側)』に記入し、それと同時に起こる『資産の減少』『負債の増加』『資本の増加』『収益の発生』があれば『貸方(右側)』に記入するということです。

借方・貸方には、『勘定科目』と『金額』を書き込んでいきます。

取引の8要素

借方(左)と貸方(右)の増減

資産の増加・資産の減少

負債の減少・負債の増加

資本の減少・資本の増加

費用の発生・収益の発生

この仕訳のルールは、『経済取引の二面性』を考えるとそのイメージが具体的になると思います。例えば、自分の企業が、10,000円のテーブルを備品として購入すると、『備品という資産が増加』しますから、借方(左側)に『備品:10,000円』と記入し、同時に『現金という資産が減少』しますから貸方(右側)に『現金:10,000円』と記入すればいいのです。

同様に、もし、仕事で携帯電話を使用して20,000円の電話代を支払ったならば、『通信費という費用が発生』しますから、借方に『通信費:20,000円』と記入し、同時に『現金という資産が減少』しますから、貸方に『現金:20,000円』と記入すればいいわけですね。

このように、当たり前のことですが、借方と貸方の合計金額はいつも一致するという簿記の原則をしっかりと覚えることが大切です。自分の簿記が正しいのか間違っているのかを確認するときには、借方と貸方が同じ金額になっているかを計算してみればいいということになります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 家計簿
ジャンル : ライフ

2006.03.2911:19

簿記の基礎知識6:仕訳の重要性,「勘定科目」と「取引の8要素」

簿記における取引とは、『損益計算書(P/L)の収益・費用』『貸借対照表(B/S)の資産・負債・資本』に増減の変化が起こる経済行為・社会事象のことです。

そして、毎日起こる取引を帳簿に記入することを簿記といい、簿記で最も重要な作業が『仕訳(しわけ』になります。仕訳とは、『取引を各勘定科目に分類して、借方(左側)・貸方(右側)』に分けて記入していく作業のことです。

損益計算書では、『借方に費用・当期純利益』を記入し、『貸方に収益』を記入します。貸借対照表では、『借方に資産』を記入し、『貸方に負債・資本・当期純利益』を記入します。

仕訳の左右振り分けを行う際に必要になるのは、『勘定科目名の記憶と分類のルールの理解』です。

続きを読む

テーマ : 家計簿
ジャンル : ライフ

2006.03.2908:42

簿記の基礎知識5:『負債・資本』と決算書における『当期純利益』

資産である債権とは『将来受け取ることのできる利益』のことですが、資金調達源泉の一つ『負債』『将来支払わなければならない債務』のことを意味します。

正の財産価値を持つ資産に対して、負債はその名前の通り、負の財産価値を持つものですが、負債で資金を集めるのは、利益のもとになる商品の仕入れや土地建物への投資を行うためです。

そのため、負債があるからといってビジネスがうまくいっていないという事は意味しないし、負債の支払い以上の利益を毎月上げていれば経営成績はよくなってきます。また、ある程度、事業規模が大きくなってくると、事業を展開する資金が莫大になってくるため、負債が全くない企業はまずありません。

負債の分類項目には、主に以下のようなものがあります。

負債の分類

1.支払手形……購入した商品などの代金を支払うために、振り出した手形の金額です。将来、決済用の当座預金通帳からその金額が引き落とされます。

2.買掛金……債権の売掛金に対して、債務の買掛金があります。将来、支払うことを約束している『未払いの購入代金』のことです。

3.借入金……金融機関などから借り入れていて、支払い期日に返済しなければならない債務です。

4.預り金……従業員の給与から源泉徴収(天引き)して預っている所得税や社会保険料などのことです。翌月にこの預り金は、国や官庁、地方公共団体など然るべき場所に納付しなければなりません。

5.未払い金……商品の仕入れ以外のものを購入して、まだ支払いが終わっていないものの金額です。

負債に対する資本とは、返済しなくて良いお金のことで、『出資金』と『当期純利益』のことです。法人(株式会社・有限会社・合名会社・合資会社)などの場合には、株主や出資者が出した『返済の義務のない出資金』のことを意味します。個人事業者の場合には、自分自身の売上金で用意した『返済の義務のない元入れ』のことです。

『資本』は、企業が所有している財産価値である『資産』から、将来、支払わなければならない債務である『負債』を引いたもので表されます。負債のほうが資産よりも大きければ、資本はマイナスになってしまいますが、資産のほうが大きければ資本はプラスになります。資本は、その企業がもっている純粋な財産ということになり、『正味の財産額』として定義することが出来ます。

続きを読む

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

2006.03.2907:51

簿記の基礎知識4:財産価値のある資産としての『財貨・債権』

貸借対照表(B/S)では、左側で資産の合計を示しますが、企業や個人にとっての資産とは、通常、『財産価値のあるもの』を示します。簿記では、経済活動の中で財産価値があるものとして、『財貨』『債権』を考えます。

『財貨』には、以下のようなものがあります。

財貨の分類

1.現金……資本主義経済を含む貨幣経済において、財産価値の基本は現金にあります。

2.預金……誰もが銀行に持っている普通預金。小切手の決済専門の当座預金。一定期間、引き出しが困難だが金利が良い定期預金。

3.建物……所有権のあるビル・店舗・事務所・工場・倉庫などの建物は財産価値を持ちます。

4.繰越商品……年度末に売れ残っている商品で、まだ販売することが可能なもの。

5.車両運搬具……営業用の普通車や運搬用のトラック、フォークリフトなどの車両。

6.備品……パソコン、文房具、家具など。

7.土地

続きを読む

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

2006.03.2907:14

簿記の基礎知識3:貸借対照表(B/S)が示す資金の調達と運用

前回の記事では『損益計算書(P/L)』の勘定科目についておおまかな説明をしましたが、今回は、『貸借対照表(B/S)』の基本について考えてみます。

損益計算書は『どれだけ利益を上げたのか』ということを明らかにする為の決算書です。それに対して、貸借対照表は『資金の調達と運用という財政状態』を明らかにする為の決算書になります。

資金の調達源泉は『資本・負債』で表し、資金の運用状態は『資産』で示されます。企業の財政状態というのは、『資産(資金の運用状況)=負債+資本(資金の調達源泉)』という形で理解することになります。

資金調達の中で『資本』とは、事業者自身が準備したお金(資金)あるいは出資者が株式・社債などを通して出資したお金のことで『返済の義務のないお金』ですから債務ではありません。反対に、資金のうち『負債』というのは、金融機関など第三者から借り入れて準備したお金ですから、決められた日時に返済する義務があり債務となります。

続きを読む

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

2006.03.2906:18

簿記の基礎知識2:損益計算書の「収益」と「費用」

損益計算書(P/L)は、1年間の経営成績を表すものですが、簡単にいうと、企業や個人が一年間で幾ら利益を上げられたのかを記録するものです。経費を差し引いた純粋な利益のことを『当期純利益』といい、当期純利益は『収益-費用=当期純利益』という形で簡単に計算できます。

損益計算書は、左側の欄に『費用の勘定科目と金額』を書き込み、右側の欄に『収益の勘定科目と金額』を書き込みます。ただし、『当期純利益』だけは、収益ですが費用を書き込む左側に書くというルールがあるので注意してください。

そのことによって、左側の欄には『費用+当期純利益の合計金額』が提示され、右側の欄にある『収益の金額』と同じ金額になります。損益計算書の合計金額は、いつも、左右同じ金額になっていなければなりません。例えば、収益が30万円で、費用が10万円であれば、当期純利益は20万円になり、その金額を左の費用の側に書き込むことで、左と右の合計金額はどちらも30万となって同じになります。

『収益』というのは、金銭収入の原因となるもので、以下のような勘定科目が代表的なものです。

収益の代表的な勘定科目

1.売上……ビジネスの基本収入で、商品を販売して得た利益のことです。一般的なモノやサービスを売るビジネスをしている会社の中心的収益源はこれになるでしょう。

2.受取配当金……所有している株券の配当金。『受取利息配当金』という科目にすれば、株式配当金だけでなく、預貯金や貸付金の利息も加えられます。

3.受取手数料……証券業や不動産業、(司法書士・行政書士などの)公文書作成事業など手数料で利益を上げるビジネス(サービス事業者)の基本収入です。

4.受取利息……預貯金の利息・貸付金の利息

5.有価証券売却益……株券のキャピタルゲイン(売却益)。公債(国債・地方債)・社債など債券の売却益。

6.固定資産売却益……土地・建物といった不動産資産の売却益。

7.雑収入……少額の臨時的な収入。キャンペーンや抽選への当選で得た金券。ネットでの少額の収入など。

続きを読む

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。