--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.1921:55

PSE法にリサイクル業者が反対!モスバーガーが本格的にデリバリーサービス?!

経済産業省の検査に合格して「PSEマーク」のついた家電品しか販売できなくなるという「電気用品安全法(PSE法)」に対する反対や疑問の議論が各分野で高まってきてるようですね。

「電気用品安全法(PSE法)」自体は、2001年4月1日に「電気用品取締法」が変更されたもので既に2006年3月31日に施行されることが決まっていた法律です。しかし、余りに猶予期間(法律が実際に施行されない猶予期間)が長かったこともあり、みんな、その法律の存在自体を忘れかけていたところに突然、本格的な施行の期日がやってきて驚きあわてているといった観もあります。

本来は、電気製品の安全管理を目的として制定された法律で、漏電・火災・感電などの事故防止をする為に監督官庁が電気製品を検査して、品質の悪い粗悪品を排除しようとするものでした。

しかし、今まで、中古品の電化製品の事故がそこまで深刻に心配されてこなかったことや中古品を専門に扱うリサイクル業者の失業問題や安い中古の電化製品を欲しいと思う消費者の損失に関わることなどから、『何故、急にPSEマークで古い家電品を取り扱えなくなるの?』という疑問や反対が生まれてきました。

また、坂本龍一氏などのアーティストは、ただ安い中古の家電製品が買えなくなるだけでなく、年代モノのビンテージの音響設備や電子楽器、レコーディング施設でないと出せない『品質の高い音楽』が、PSE法の規制で消滅する懸念があるとして反対を表明しました。

この坂本龍一さんらの訴えは経済産業省に認められて、一部のビンテージの価値がある音楽機器・電子楽器の販売だけは、PSEマークがなくても販売が認められたようです。

PSEマーク:リサイクル業者らが「反対」叫びデモ行進

国の安全基準に適合することを示す「PSE」マークがない一部家電製品の販売が4月から中止されるのを受け、関東を中心にしたリサイクル業者ら約150人が18日、東京都内でPSE反対のデモ行進をした。

デモにはリサイクル業者の呼びかけに応じた若者らも参加。杉並区内からJR中野駅までの約3キロを、マークのないテレビなどを積み込んだトラックとともに「PSE反対」と呼びかけながら歩いた。

経済産業省は「ビンテージもの」と呼ばれる希少価値の高い中古電子楽器などを規制対象から事実上外すことを表明。リサイクル業者は、特定製品のみ除外する同省の態度に反発を強めている。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : PSE法・電気用品安全法
ジャンル : ニュース

2006.03.1918:24

NEWSの山下智久くんの鍛えぬいた肉体!三菱東京UFJ銀行の定期預金の金利上昇!

先日のスポーツ新聞には、ちょっとぽっちゃりとしてしまったのかというような韓国の人気スター、ペ・ヨンジュンさんのニュースが載っていましたが、日本でも韓国でも芸能人にとって美しいプロポーションを維持する為の体重管理というのは重要なのでしょうね。

ペ・ヨンジュンにしても、クォン・サンウにしても、基本的に韓国の人気ある俳優や歌手の人は、贅肉をつけない引き締まった肉体美を追求しているイメージはありますが、日本の人気アイドルグループNEWSの山下智久(20)くんもサーフィンやボクシングで肉体改造を行って筋力を高めているようです。

一見すると、山下智久くんはかなり華奢な感じの少年というイメージですが、実は密かに身体を鍛えていたんですね。ボクシングというのは派手な殴り合いで相手を打ち倒すといったスポーツに思えますが、実際には、女性のダイエットに負けるとも劣らない過酷な減量や基礎トレーニングがあるから、腕っぷしの強さだけではなく根性と忍耐がないと続かないスポーツです。

NEWS山下、脱いでビックリ サーフィンとボクシングでムキムキ 「Tarzan」で肉体美披露

NEWSの山下智久(20)が22日発売の雑誌「Tarzan」(マガジンハウス刊)の表紙で、鍛え上げた筋肉ボディーを披露していた。サーフィンを始めてから、肩と胸が厚くなったという山下。きゃしゃなイメージを覆す盛り上がった胸や二の腕は、まさに“脱いだらすごいんです”状態。同誌20周年記念号として“同い年”の山下が起用され、巻頭4ページの特集では山ピー流トレーニングを披露している。

きゃしゃな美少年というイメージが強かった山ピーだが、服の下には鍛え抜かれた肉体が隠されていた。雑誌「Tarzan」の表紙で見せた、上半身裸のショット。盛り上がった胸の筋肉と、たくましい二の腕を披露している。

続きを読む

2006.03.1917:13

WBCで日本が韓国に6-0で快勝!光ファイバー並の速度の無線通信が登場?!

ここ数年は、セ・パのペナントレースは殆どみてないんですが、やはり世界一を決める野球の祭典ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はどうしても興味を惹かれて見てしまいますね。前回、韓国に惜敗してしまったときには、これで王監督率いる日本代表も終わりかと思いましたが、なんとメキシコがアメリカに快勝するという大盤狂わせがって、日本が奇跡的に準決勝に進出することが決まりました。

今日行われた雪辱の韓国戦は、初めから見ることが出来たのですが、中盤までは実力伯仲の緊張感溢れる試合展開でどちらが勝つか分からない状況でしたね。ストイックな気迫を漲らせるイチローが、綺麗なクリーンヒットを打って盗塁まで決めたのは素晴らしかったですし、イチローのバットを振るフォームと構えはやはり静謐な力が凝縮された美しさがあります。しかし、前半はイチローが頑張るのに、後続の松中や多村が続かないという歯車がかみ合わない状況が続きました。

厳しい表情を浮かべながらの上原の渾身のピッチングも素晴らしいもので、完全に韓国の強力なバッター陣を封じ込めましたね。まさか日本が完封で勝利できるとは思っていませんでしたが、上原の今日のピッチング内容は会心の出来栄えだったので、韓国チームもいつものように打線をつなぐことが全く出来ませんでした。その結果、日本が6点の大量点を挙げて、6-0で韓国に完勝してこの間の敗北を大きく取り返す勝利を収めたわけです。

何より、日本の勝利の最大の功労者は、代打に出て大一番でガツンとライト方向へ巨大なホームランを弾き飛ばした福留でしたね。国際試合のプレッシャーにもっとも慣れているバッターではありますが、あの極めて重要な場面で、突然代打に指名されてきっちり結果を残した福留は素晴らしいと思います。あの2ランを放った福留のおかげで、その後も日本の攻撃陣の猛攻が続き、守備のほうにも気合が入って韓国に圧勝しましたからね。

続きを読む

テーマ : WBC
ジャンル : スポーツ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。