--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.2000:41

シーア派とスンニ派の対立激化でイラク内戦状態!フランスの若者達が不公正な雇用政策に反発!

スンニ派とシーア派の宗派対立激化でイラクは内戦状態に

アメリカの対テロ戦争と自由世界の防衛という大義名分を掲げたイラク戦争でしたが、フセイン政権に大量破壊兵器が実際には存在しなかったということで、アメリカのユニラテラリズムの正義は大きく揺らぎました。また、アメリカとイギリスが主導したイラクの戦後処理や復興政策も思うように進まず、現在のイラクは宗教対立や民族間の憎悪が高まって殆ど内戦状態にはまり込んでますね。

2003年のイラク戦争はついこの間の出来事のような気がしますが、あれからもう3年も経過したと思うと時の流れの速さを思わずにはいられません。日本も特別法(イラク特措法)によって自衛隊を派遣していますが、これ以上イラク内部の宗派間・民族間の対立に深入りすることは妥当でないように思えます。ブッシュ大統領の英断によって始まった戦争と内戦ですから、本人が述懐する『長い戦争』には責任を持って終止符を打つことが望まれます。

イラクの独裁者フセイン大統領には、確かに国民を不当に虐待したり、専制支配によって自由を抑圧した人道的・政治的な罪悪はあったでしょうが、やはり、外国の強力な軍事介入によって短兵急に政権打倒したのは間違いだったのかもしれません。フセインは、絶対権力を保持する独裁者で、自分の属するスンニ派を優遇して、シーア派に冷淡な部分はありましたが、それなりに両宗派のバランスを取って内戦状態にならないようなバランスを取っていた部分があったのでしょう。

イラク:「内戦状態」とアラウィ元暫定政府首相

イラクのアラウィ元暫定政府首相は19日、英BBCとの会見で、「イラクは内戦状態で、連日50~60人以上が殺されている。イラクは分裂の瀬戸際に立たされている」と述べた。

イラク正式政府の発足を巡っては、アラウィ氏率いる世俗会派「イラク国民リスト」の政権参加にイスラム教シーア派会派が難色を示し、連立交渉が難航している。

イラク訪問中のリード英国防相は18日、「イラクは内戦状態にはない。多くの地域はコントロール下にある」と述べた。



イラク戦争:6割がテロの可能性「高まった」 世論調査

調査はBBCワールド・サービスの委託を受けた調査会社が昨年10月~今年1月に実施。それによると、35カ国中33カ国でイラク戦争後、テロの可能性が「高まった」と答えた人が「低くなった」と回答した人を上回った。

「高まった」の割合が最も高かったのは中国で85%。韓国、エジプト、フィンランド、イタリアでも8割を超えた。欧州ではドイツで80%、スペイン79%、英国77%に上り、35カ国平均の60%を軒並み上回った。米国でも55%と「低くなった」の21%を上回った。

旧フセイン政権打倒については、22カ国で「誤った決定」と答えた人が「正しい決定」と答えた人を上回った。しかし、13カ国では「正しい決定」と評価した人の方が多く、イラクでは74%、米国では60%、英国でも49%(「誤った決定」は40%)と多数派を占めた。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : イラク戦争4年目
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。