--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.2105:09

5%の公務員削減計画は、完全な骨抜き状態に!地元密着の旧東海銀行の再来は叶わず!

財政構造改革の本丸である公務員改革は全く前進を見せず

小泉首相は就任当初から、『官から民へ』のスローガンを掲げて、公務員の雇用数を段階的に削減して公務員給与の公費負担を減らすと主張していたが、ここにきてその公務員改革は大きな壁に突き当たっている。元々、5年間で、公務員数を5%純減するというのが、政府の公務員改革の原案だったが、重点対象に追加されている4省の官僚は、全く人員削減に着手する気などない構えを見せている。

日本が役人天国であるというのは、明治政府創建以来の事実ではあるけれど、国債増発も限界にきていて、国家財政破綻の危険さえある現状では、公務員の絶対数そのものを減らして財政負担を減じる必要があるだろう。

いったん試験に合格すれば、生涯それなりに安定した生活ができるというのが、昔から公務員の魅力だし、それがあればこそ試験勉強を頑張る人がいるわけです。そういった受験の動機と公務員のシステムを考えると、安定した平均水準の生活を法的に守るのはいいと思うのですが、退職金の二度取りや家賃の行き過ぎた軽減などは改めるべきでしょうね。

今、雇用している公務員を解雇するまでの苛烈な処置はしないにしても、これから新規雇用する数は大幅に削減していくべきではないかと思うし、公表されない特別会計を官僚の独断裁量に任せている現状はやはり改革していく必要があると思います。

一般会計の何倍もの予算を密かに消費している特別会計の構造とそれを決定する権力の仕組みは不可解ですが、ここに本気で改革の鬼手を振るえる政治家が現れるかといったら、相当に難しいとは思います……小泉さんのようにとりあえず勇ましいポーズは取れるでしょうが、強引に公務員改革を断行する為の法的手続きが存在しないので、結局、なあなあの曖昧な改革で終わってしまう観がありますね。

[国家公務員削減]4省ともゼロ回答 行革事務局、再要求へ

追加対象の7分野の定員は計2万6000人。このうち、国土交通、財務、法務の3省6分野は独立行政法人化を求められていたが、国交省が官庁営繕、国土地理院、自動車登録、気象庁の4分野について「民間委託は進めるが、法人化ではなく国が行うべき業務だ」と応じないなど3省とも拒否した。

財務省は国有財産管理分野について、定員の10.2%を純減する案を示し、法務省は登記・供託の一部を市場化テストの対象とする代替案を提示した。

厚生労働省は労働保険分野が人員削減対象となっていたが、純減数を明示しなかった。

内閣官房行政改革推進事務局にだされた人員削減計画の報告書を見る限り、政治の側は官吏の側から完全に相手にされていないとしか思えないのですが……ほんとに改革の実効性が現れるのはいつになるのか見当もつかないですね。

実際問題として、明らかに公益性のない税金の無駄遣いをしていても、個人的な横領でもしない限りは、処罰された公務員というのは今までまずいません(^^;)スポーツ大会だとか福利厚生の充実だとか私的な遊興費に近い支出が、公費負担で認められることが多いのですが、直接、公益性のある職務に関わらない支出に対しては、個人の給与から負担することを原則とすべきでしょう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 公務員を考える
ジャンル : 政治・経済

2006.03.2104:44

柴咲コウと妻夫木聡の親密な関係!Winny制作者が問題点を改善した新作を開発?!

■柴咲コウと妻夫木聡の交際がフォーカスされる。

女優としての評価だけでなく、味わいのある声で歌うアーティストとしての魅力も高い柴咲コウ(24)ですが、爽やかな好青年といったイメージで人気の妻夫木聡(25)とのツーショット写真を『フライデー』に撮られたとのことです。鋭く整った美人の柴咲コウと温和で爽やかなイメージの妻夫木聡は、意外に相性の良いカップルのように思えますが、芸能人の恋愛というのも一回一回写真に撮られて報道されるのが面倒臭いものでしょうね。

2人で温泉旅行にお出かけしたとかいう話も週刊誌で書かれているようですが、2人とも以前の恋人(ISSA,優香)とはちょっと違った雰囲気の相手を選んだという感じがありますね。恋愛話も興味深いですが、柴咲コウさんは、しんみりと感動的に聴かせるバラードを歌わせたらかなり上手で、歌手としての実力はプロのアーティストと比べても遜色ないですね。

中島美嘉さんもはじめ女優と歌手の二束のワラジでスタートしましたけど、彼女は今では女優業はしていませんもんね。中島美嘉は、初めよりもファッションセンスは洗練されて個性的な美しさに磨きはかかりましたが、化粧というかメイクのセンスはちょっとダークな系統に走りすぎてますよね。化粧品の「KATE」のCMは、確かに、クールで繊細な中島美嘉の魅力をうまく生かしているのですが、闇夜を思わせる真っ黒な髪の毛に黒い口紅は、彼女でないと似合わないと思います(^^;)

柴咲コウの『白夜行』の主題歌『影』はちょっと暗い歌で、気分が落ち込んでいるときにはあまりお薦めできませんが、静かな悲しいメロディに彼女の綺麗な澄んだ歌声がぴったりと調和していて心に響く歌なんですよね。

続きを読む

テーマ : 俳優
ジャンル : アイドル・芸能

2006.03.2103:45

視聴率低迷に悩むNHKが、『ちゅらさん』に再び国仲涼子を起用!

少し前にテレビドラマ『ブラザービート』で人気俳優の速水もこみちと共演した国仲涼子さんですけど、今かなり高い支持を集めていて、またNHKの連続ドラマ『ちゅらさん』のパート4に主演するようですね。

少し前に、加藤ローサが出てきた時には、CMの写りではかなり国仲涼子に似てるなあとか思ったのですが、加藤ローサさんはイタリア人とのハーフですからやはり普段の写りだと西洋風の彫りの深い美人といった感じですね。国仲涼子さんは、沖縄生まれということですが、何となく色白な綺麗な肌のイメージが強くて、北国の出身なのかなとか正反対の予断を持っていました。

東芝の電気製品のCMでは家庭的な魅力を見せている国仲涼子ですが、『この人物のオモテとウラ 国仲涼子』というニュース記事では、ごく一般的な家庭環境で育った体育会系の少女だったようですね。生年を見ると、1979年ということで、もう20代後半になっているというのは意外でした。見た目の雰囲気で、勝手に20代前半くらいの人なのかなと思っていましたが、実年齢よりも若く見える愛らしさを持った女優ですよね。

続きを読む

テーマ : 女優
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。