--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.0707:44

VODAFONEを獲得したソフトバンクグループ「携帯・固定・プロバイダ」のブランドの統一へ!ホンダが、2年連続最高益で絶好調!

孫正義の経営するソフトバンクが、ドコモ、auと並ぶ三大携帯キャリアの一つVODAFONEを買収したというニュースがこの間ありましたが、VODAFONEの携帯電話事業を加えたことで、今まで地道に拡大してきたYahoo!BBのプロバイダ事業・日本テレコムの電話回線事業と合わせて、日本を代表する通信IT企業としての地盤を固めてきましたね。

ソフトバンクグループは、今個別に事業を行っている『固定電話・プロバイダ・携帯電話』のブランドを統合する方針で、ブランド名にはグループ名のソフトバンクを含めたいという意向のようです。うーん、ソフトバンクという名前の知名度は、ダイエーホークスを買収したソフトバンクホークスがあるのでかなり高いのですが、それ以上にヤフーという名前の知名度とブランディング効果は高いと思います。特にインターネットの世界では、Yahoo!の存在感と信頼度はかなり高いので、プロバイダ事業をヤフーBBからソフトバンクBBにするのは勿体無い気もしますね。

携帯電話のキャリアの名前も、僕の周囲では『ソフトバンク(SB)モバイル』というのは、あまりかっこよくないという意見が多い気がしますが……ソフトバンクの名前は企業名としてはいいのですが、サービス名としては何となく重厚感があり過ぎて垢抜けない印象があるんですよね。また、銀行(バンク)という意味が前面に出やすくなっていて、若者向けのIT事業やモバイルサービスではあまり好感度が高くなりそうにないというのもあります。

ただ、消費者として嬉しいのは、ソフトバンクブランドが統一化されて、サービスが融合化されると、固定電話・携帯電話・プロバイダをまとめて使っている場合に料金割引が適用されることになる予定だということですね。あと、DoCoMoの家族割引みたいに、料金の明細書を一本化できるので、明細書をまとめて確認できて時間の効率化が図れますね!

今年の11月には、携帯キャリアを携帯電話番号を変えずに移り変われる「番号ポータビリティ制度」が発足するので、ソフトバンクとドコモ、AUの顧客シェアを巡る戦いがいっそう激しくなっていきます。サービスの拡充や機能の増強、利用料金の値下げなど消費者にとって嬉しい経営改革やサービス変更が行われて欲しいですが、各携帯キャリアのサービス改革はどうなっていくのでしょうか?

ソフトバンク:通信「新ブランド」携帯などサービス統一へ

ソフトバンクグループの通信事業は現在▽固定電話の日本テレコム(約470万回線)▽非対称デジタル加入者線(ADSL)によるヤフーBB(約500万回線)▽携帯電話のボーダフォン(1520万台)の3本柱。

ブランドが分かれているのは、企業の買収・合併(M&A)戦略で通信事業を拡大してきたためだが、ボーダフォン買収でNTTグループなどにも対抗できる体制を整えたソフトバンクは「顧客の囲い込みや拡大には、統一ブランドと融合サービスが不可欠」(幹部)と判断。インターネット検索最大手のヤフーも含め「固定から携帯、インターネットのすべてを併せ持つ総合情報通信会社」(孫正義社長)として、新ブランドをアピールすることにした。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 経営
ジャンル : 政治・経済

2006.05.0706:46

阪急ホールディングスとの経営統合を目指す阪神電鉄と取締役を送り込みたい村上ファンドとの経営権を巡る対立。

ホリエモン率いるライブドアのプロ野球球団(近鉄バッファローズ)買収の夢は破れ、ニッポン放送株大量取得によるフジサンケイ・グループ支配の構図も崩壊しましたが、今、また株主中心主義を掲げる村上ファンドの阪神電鉄に対するM&A攻勢が強まってきてますね。村上ファンドは、以前にも西部鉄道株を大量に保有していましたが、鉄道事業の経営に対して何故か積極的ですね。株式投資による経営支配による旨みという点で、鉄道事業は優れているのでしょうか?どちらかというと成長率のあまりない安定した基幹運輸産業というイメージが強いのですが。

ファンド(fund)というのは株式や不動産などの投資に使う『運用資金』のことであり、具体的には、個人・法人の投資家から資金を集めてその資金で利益率の高い運用を行う『投資信託の仕組み』のことです。最近、再びマスメディアを賑わわせている村上世彰氏が経営するM&Aコンサルティングという会社も、そういった投資家から資金を集めて運用し利益分配するファンドなので、通称村上ファンドと呼ばれています。

村上ファンドが行っているM&A(Mergers and Acquisitions:企業の買収・合併)とは、単純な資金・業務提携も含むようですが、一般的には、投資信託や金融市場などで多額の資金を集めてM&A対象企業の株式を大量に買い占め、間接的に企業の経営権を掌握することを意味します。

ファンドによるM&Aに批判的な人としては、実際にその企業で働いていない外部の投資機関(ファンド)がいきなりお金(株式保有)で経営権を取得することに納得いかないという思いが強いでしょうね。投資機関が持ちかけてくるM&Aがマネーゲームではなく、本当に企業価値を上昇させる為のM&Aなのだろうかという疑念が湧く部分もあると思います。

法律上は『株式会社の株主所有論』というのはおかしなものではなく、株主が承認する会社の経営権はともかくとしても、会社の所有権は株主にあると定められているので、M&A自体は欧米などで活発に行われてきた歴史があります。

続きを読む

テーマ : 経営
ジャンル : 政治・経済

2006.05.0704:57

今年の24時間テレビは、KAT‐TUNがメイン・パーソナリティ!木村カエラが野外ライブで盛り上がる!

日本テレビで毎年恒例の大型スペシャル番組となっている『24時間テレビ 愛は地球を救う』のメインパーソナリティに、今ジャニーズで最も勢いと魅力のあるKAT-TUNが抜擢されたようでニュースになっていますね。年代的にアダルトな雰囲気が強まってきたSMAPにも印象の強い個性的なメンバーが揃っていますが、KAT‐TUNもメインの亀梨和也赤西仁を筆頭として記憶に残りやすい個性の光るメンバーが揃っています。

ジャニーズに特別興味がなくても「Mステ」や「うたばん」「HEY×3」など歌番組を見ていると、KAT‐TUNを見かける機会が増えていて彼らの人気の高さや勢いのよさを感じることが出来ます。僕は、はじめ篠原涼子が主演していたドラマ「アネゴ」赤西仁を見たのですが、KAT‐TUNのメンバーであるという事を知りませんでした。KAT‐TUNの楽曲では、坊主頭で眉毛をデザインカットした容姿が目立つ田中聖のラップが独特の雰囲気があっていいですね。歌のほうもジャニーズグループの中では、かなり歌唱力があるグループに入りますね。

少し話は変わりますが、詐欺によって家族を奪われた青年が、卑劣な詐欺師を逆に騙して罠にはめていくというスリリングなドラマ「クロサギ」では、亀梨和也と「野ブタ。をプロデュース」で共演した山下智久が主演していますが、このドラマはなかなかストーリーが作りこまれていて面白いですよ。

KAT-TUN:今年の24時間テレビは仕切る

人気グループ「KAT-TUN」が、日本テレビ「24時間テレビ29 愛は地球を救う~絆~」(8月26日夜~27日夜)のメーンパーソナリティーに決まった。メンバー6人は企画段階から参加し、番組Tシャツのデザインを担当するほか、番組内のドラマで主演する。大型番組をKAT-TUN一色で染める。

毎年、旬のタレントがメーンパーソナリティーを務める24時間テレビ。今年は文句なしでKAT-TUNが起用された。同局の松岡至プロデューサーは「最も勢いがあってキラキラ輝いているグループ。国民的番組にふさわしい」と説明した。

KAT-TUNは、番組恒例のTシャツ「チャリTシャツ」の今年度デザインを担当。Tシャツは昨年もメーンパーソナリティーだったSMAPの香取慎吾(29)がプロデュースし、番組史上最高の約35万枚を売り上げた。今年も数色を用意する案があり、記録を更新するか注目される。

毎年、高視聴率を記録する番組内のドラマでは主演。6人そろっての出演となる可能性もある。

KAT‐TUNは、CDシングル「Real Face」とアルバム「Best of KAT-TUN」、DVD「Real Face Film」のほうも圧倒的な売上の実績を上げていて、音楽やDVD,写真集を販売すればとにかくミリオンレベルで売れるという人気を誇っていますね。

続きを読む

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

2006.05.0703:17

亀田興毅と亀田大毅の兄弟が対戦相手に圧勝!PRIDEの試合も興奮の熱戦!

一昨日は、亀田兄弟のボクシングの試合に「PRIDE」のトーナメントがあって格闘技三昧の一日でしたね。亀田興毅の試合を見始めたのは、仕事を終えて午後7時を30分近く回ってからだったのですが、親父とのトレーニング風景や三兄弟のエピソードを紹介する前置きの時間が長かったようで、2試合ともリアルタイムで見ることが出来ました。

亀田三兄弟に特別な愛着があるわけでもないのですが、ボクシングや格闘技の試合を観戦するのは好きなので、大抵の試合は時間が合えば見ています。さすがにDVD録画してまで見たいと思う試合は、プライドやHERO'Sの決勝戦くらいなのですが、亀田兄弟の試合はエンターテイメントという部分が勝りすぎている観はあるものの、ビッグマウス(大言壮語)が何処まで実績につなげられるのかに興味があります。

日々のトレーニングで鍛え上げた体力と磨きぬいた技術をぶつけ合って戦う格闘技の試合観戦は、戦いの興奮と勝負の感動を味わえるだけでなくストレス解消効果もあっていいですね。HERO'Sといえば、「神の子」と自称する山本“KID”徳郁の試合は、圧倒的な格闘センスを見せ付けてシドニー五輪レスリング代表の宮田和幸を、跳び膝蹴り1発でKOしましたね。さすが、ミドル級王者の貫禄というべきか……宮田選手も本来の実力を見せる暇もなく、何が起こったのかわからないままにダウンしたと思いますが、こういう試合センスも実力の一部ですから仕方ない。

さて、「浪速の弁慶」と異名を取る亀田家の二男・亀田大毅の試合は、兄弟随一のハードパンチャーで知られる亀田大毅がワンサイドで試合を進め、強烈なアバラを叩き折るようなボディでキティポップ・サンディジム(タイ)をマットに沈めました。キティポップ・サンディジムは、過去6勝4敗1分けの選手だそうですが、パンチ力やフットワーク、コンビネーションなど全ての面で大毅との間に実力差があり過ぎて、あまり見応えのある試合ではなかったですね。

続きを読む

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。