FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.1304:42

ブロガーから有利な条件を提案できる新型アフィリエイトの『blomo!』!オンライン広告ビジネスの成長と限界!

『自分のブログには、他のブログにはない圧倒的な媒体価値と高い宣伝効果がある』という自信満々なブロガーがいれば、是非、利用すべきASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)があります。それは、『blomo!』というサービスで、広告出稿に関する色々な条件をブロガーのほうから提示して、広告出稿者と契約を結ぶ事が出来るのです。

具体的にいうと、『広告の価格をあなたが設定できる』『広告を掲載して良いか否かあなたが決定する』『広告の掲載は期間契約である』『『blomo!』があなたのブログをプロモーションしてくれる』という良いこと尽くめのアフィリエイトサービスなのです。

ただここまでブロガー中心の条件設定をしてくれていると、多分、ブログの審査のほうがかなり厳しいのではないかなという予断が働いてしまいます。ページビューが一日に数千ないといけないとか、ブログの記事の品質が一定以上でないとダメだとか色々な基準があるとは思いますが、本当に自分のブログに大きなメディアとしての価値があると思う人であれば審査を受けてみる価値はありそうですね(^^)

ブロガーとブログに広告を出したい企業をマッチングする「ブロモ!」開始

ブロモ!は、ブログ運営者それぞれが独自に価格や広告掲載基準を設定できることが特徴となっており、自分のメディアのブランドに適した広告しか出稿させない権利が認められる。また、掲載期間ごとに広告料を支払うという対する広告掲載量という価格体系を採用している。インフォバーンでは広告が掲載されるよう、広告主に向けて、会員ブログのプロモーションも実施する。

ただ、まだサイトのほうを見ても具体的なアフィリエイトの説明が殆どなく、ブロガー用の説明にも企業用の説明にも『ブロモ!正式オープン』の項目が書いてあるので、正式にオープンするまでにはもう暫く時間がかかるのかもしれません。でも、ブログの登録自体は今すぐに出来るようですね。誰か利用してみたという方がいましたら、どんな感じだったのか感想でも聞かせて下さい。しかし、アフィリエイトの広告を出したいという企業が相当数集まってこないと、なかなかビジネスモデルが確立しないのではないかなと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ブログとアフィリエイトのテクニック
ジャンル : アフィリエイト

2006.05.1304:07

『円安要因・客単価減少・設備投資・人員拡大』などで、マクドナルドが一~三月の四半期の純利益を99%減少!

毎日のように人気モデルの蛯原友里を起用した美味しそうなえびカツハンバーガーのCMを流していたマクドナルドはかなり景気が良いんだろうなと思っていたのですが、1-3月の四半期は大幅な損失を計上して殆ど利益が出なかったんですね。利益が出ないというか前年比で純利益が99%マイナスということですから、損益分岐点ぎりぎりの決算を出したという事になります。

マックは都心部に多くて通勤通学に電車を使う人であれば、結構、朝マックを利用することもあると思うのですが、客数が多くても客単価が低すぎるというのが経営上のネックになっているようです。しかし、今まで安売り路線を継続してきていますから、あまり高い価格に設定すると一気に客足が遠のく恐れもあり、値上げをするとしても50円以内が限度でしょうね。

でも、マックメニューが50円高くなったらやっぱり割高感があるかもしれないな……とりあえず、昨日のニュース報道では、フィレオフィッシュをはじめ30円程度の値上げが多かったのですが、デフレ終局が近づくとじりじりと高くなるのかもしれません。マックの中では高級メニューになっているエビちりバーガーなどは、元々、300円程度の価格設定をしていてそんなに安いというわけではないんですよね。今人気がある100円バーガーの価格を、何処まで維持していくのかという経営判断は難しそうです……。

日本マクドナルドの1―3月期、純利益99%減

日本マクドナルドホールディングスが12日発表した2006年1―3月期の連結業績は、純利益が前年同期比99%減の2200万円だった。112店舗を対象に減損処理し、20億8600万円を特別損失に計上したことが響いた。

売上高は5%増の860億3600万円。昨年4月に始めた「100円マック」などの低価格戦略が続くなか、1人当たりの客単価は6%減だったが、既存店客数は7%増えた。新規出店が10店、閉店は18店で、店舗数は3794店舗となった。

このマクドナルドの莫大な純利益の減少は特別損失によって生まれたようですが、昨日の経済ニュースでは『デフレ景気の中で価格破壊戦略を続けていたマクドナルドが、バリューセットやフィレオフィッシュなどを値上げする』といっていてやはり顧客単価の低下も業績悪化に大きく響いているようです。客単価が6%減少で売れ筋の主力商品が100円バーガーだと業績回復には暫く時間がかかりそうですね。

続きを読む

テーマ : 経営
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。