--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.2907:10

mixiのページビューと利用時間数が、Yahoo!と楽天に次いで第三位に!Blogユーザを襲うmixi(SNS)のコミュニケーションの誘惑?!

最近、インターネット全体に公開されているBlogやウェブサイト(ホームページ)よりも、会員制でパスワード制限されたSNS(mixiやGree)で積極的に活動しコンテンツを更新している人が多い。mixiの会員数も400万人を大きく越えたという記事が出ていて、一日のページビューは1億以上もあるという。ネットレイティングスの調査によると、SNSサイトで最も大きな人気を得ているmixiは、Yahoo!楽天市場に次ぐ「総利用時間のシェアと月間ページビュー数」を持っていて、日本三位の巨大サイトへと成長しているようだ。

ユーザの増加数やページビューの上昇率という意味での勢いは最近やや鈍化しているものの、500万人に迫る会員数を抱えていて、その過半数の人がアクティブに利用している状況が持続しているというのはやはり凄い人気だと思う。ただ、インターネットビジネスとしてmixiを見た場合に、収益面でmixiが十分な営業利益を上げているかどうかというのは微妙ではないだろうか。mixiを利用したビジネスモデルというものがまだ完全に確立しきっているわけではないが、現在までのmixiユーザの動きを見ていると、「有料のプレミアム会員」と「トップやサイドバーの宣伝広告ビジネス」以外に顧客からお金を集めるシステムが出てきそうにないのが将来に向けた不安材料ではある。

WEB2.0をビジネス的観点から見た場合に難しいのは、集めた顧客(サービス利用者)にどうやってお金を使って貰うかという点であり、サービス利用者だけが飛躍的に増えても一円もお金が動かなければサーバ維持費や技術開発費といったコストを下支えすることが出来なくなる。株式市場から資金調達して一時的に大金を手に入れても、継続的な黒字を出せるビジネスモデルを構築しなければ資金が枯渇してゲームオーバーになる恐れもあるのである。ただ、mixiの利用者が数千万人とかいうレベルに達すれば、その媒体価値がマスメディアに匹敵するものになるので、広告出稿者が支払う単価がかなり大きくなってmixiの営業利益を増加させる可能性はあると思う。

インターネットで商品を販売するECサイトというのも実際に運営するとそれほど儲からないことが多いが、インターネットではAmazonや楽天など少数の例外を除いてモノを売って稼ぐというモデルを継続的に維持するのは結構難しい。だから、mixiも会員数が増えたからといってAmazonなどECとの提携以上の物販には手を出さないほうが無難な気もするが、主婦とかの層が厚くなってくると色々な家庭向け製品とかを売りたい欲求が出てこないわけでもないでしょうね……。

「mixi」のサイト利用時間とページビューが急上昇~ネットレイティングス調査

ネットレイティングスの2006年5月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果によれば、Webサイト別の総利用時間のシェアはYahoo! JAPANが16.3%でトップ。次に楽天市場2.1%、mixi1.9%、2ちゃんねる1.2%が並ぶ。また、1人当たりの月間平均利用時間では、 mixiが4時間28分となりYahoo! JAPANよりも1時間以上多い結果になるという。

一方、家庭からのアクセスにおける総ページビュー数のシェアでみるとYahoo! JAPANが25.4%を占め、楽天市場3.0%、mixi2.5%と続く。

何故、インターネットでコンテンツを自由に検索することが可能なBlog、ウェブサイトよりも、検索不可能なクローズドなSNS(mixi)を好む人が増えてきたのだろうか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : mixi
ジャンル : コンピュータ

2006.06.2906:27

au(KDDI)と提携したGoogleがモバイル分野でも『検索・Gmail・ニュース』などの多言語化を推進!

■携帯電話のモバイル分野でもGoogleが、各種サービスの多言語化を推進!

携帯電話の検索やウェブメールのサービスでも多言語対応を進めるGoogleは、インターネットの世界に多言語を瞬時に同時通訳できるような『バベルの塔』を建設しようとしているのでしょうか?古代メソポタミアの首都バビロンで、神の住まう天空に向かってそびえ立っていたという空中楼閣がバベルの塔です。旧約聖書に記述のあるバベルの塔は、『人間の知性や技術の優等性』を象徴していると同時に『世界にただ一つの言語しかなかった時代』を表しています。

Googleの携帯版サービス、多言語化を拡大

米Googleは、携帯電話版のサービスにおいて、Gmail、ニュース、パーソナライズホームを利用できる言語を拡充したと発表した。

これにより、アメリカ、イギリスの英語に加え、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語、ロシア語、中国語、トルコ語で携帯電話版のGmailなどが利用できるようになった。

日本語への対応はまだ行なわれておらず、現在検討中とのこと。なお、GoogleはKDDIと提携を発表しており、Googleの検索エンジンを採用した検索サービスがEZweb上で7月から提供される予定。

僕達が海外に旅行したり、外国人とコミュニケーションしたり、外国に永住しようと思う場合に突き当たる第一の壁が『言語の差異』ですから、インターネットの中だけでも全ての言語の壁が取り払われて、どんな言語で書かれているウェブページでも瞬時に自国語に訳してくれたらいいのになと思うことがあります。

Googleは、インターネットでもモバイルでも多言語化への対応を進めていますが、まだまだ全ての言語の自動翻訳という『IT版バベルの塔』の完成は遥か彼方という感じであり、人間が会話や記述に用いる自然言語を機械的・技術的に翻訳することの難しさを思わせられます。

続きを読む

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

2006.06.2809:01

現実世界とウェブ世界の二つの世界を生きるWEB2.0時代をどういったキャリアで生き抜くか?ウェブのアクセスとリアルの貨幣の相関!

■Web2.0時代を若者たちはどういったキャリアで乗り越えるべきなのか?

『ウェブ進化論』の著作の中で次世代のウェブ環境とユーザ行動の進化を説いている梅田望夫さんと情報社会学の分野でウェブ関連の研究を精力的に行っている公文俊平さんの対談が『Web2.0時代のライフスタイルと経済規律』に関する話題を取り上げていてなかなか面白い。知的生活や消費生活を満喫する為には、Web2.0の時代にあっても一定以上の経済力と時間が必要なのは言うまでもないが、インターネット内部だけではそういった生活を支えるだけの収入を得ることはなかなか難しい。

Web2.0は世界に何をもたらしたか【Webスペシャル版】

Blogで自分の意見や主張を世界に向けて発信することには意義があるし、SNSのmixiなんかで仲良くなった知人とコミュニケーションすることは楽しいが、そういった表現活動を意欲的にする前提として『自由になる時間とお金』が必要である。本格的に学術的な議論をウェブで展開したり、読書や研究といった知的生活の成果をウェブに公開し続ける為には、中途半端な時間やお金ではきっと足りないだろう。

そこでどうするかと考えた場合に、梅田望夫さんは、研究職について好きな分野の研究をしながら収入を得るか、初めにビジネスで成功してセミリタイアをしてのんびりと知的生活を送るかという選択肢を考えたらしい。そして、そういう『生活のためのお金の心配をするのが旧世代』で『余りお金に頓着せずオープンソース運動に積極的に参加するようなのが新世代』みたいな話になっていく。

こういった分類図式は一部のギーク(ネット・オタク的な人たち)の場合には当てはまるかもしれないけれど、やはり、現代の若者の大部分、ウェブで積極的にBlogを書いているような若者達も、『リアル世界で生き残る為のお金の必要性』は実感していると思うし、自分や家族の生計を支えながらどうやって知的生活を充実させていけるのだろうかと悩んでいる人は少なくないだろう。

肉体を持つ人間である以上、霞を食って生きていくわけにはいかないし、雨露を凌げてネットが出来る住居も確保しなくちゃいけないし、交友関係や異性関係、家族生活を維持するための交際費も稼がなくちゃいけないし、一応、みっともなくないくらいの衣服も買わなくちゃならない(^^;)

総表現社会のWeb2.0は魅力的なウェブのプラットフォームだけど、そこに全人生を注ぎ込んでも経済的なリターンは極々僅かしかないから、多くの人は必然的にリアル社会で何らかの職業に就いて仕事をしなければならないしね。また、リアル社会で農業や漁業をして食料生産したり、工業製品やIT機器を製造して市場に運搬したりする労働者がいなくなれば、現在の先端的な情報文明社会が維持できなくなるから元も子もなくなる。

続きを読む

テーマ : SEOアクセスアップ
ジャンル : アフィリエイト

2006.06.2807:51

具志堅用高が、亀田三兄弟の“ド派手なプロモーション”へ苦言を呈す!格闘技ブームの中、未来のボクシングは繁栄するか凋落するか?!

ボクシングで長男の亀田興毅が世界戦も間近と言われ、最近の格闘技界で何かと注目を集めている亀田三兄弟ですが、元世界チャンピオンの具志堅用高から毎日新聞の紙面でやや手厳しい批判を受けたようですね。具志堅用高といえば、現在は日本ボクシング協会副会長(白井・具志堅ジム会長)ですが、かつてはジュニアフライ級でストイックに勝利を重ねて、史上最多の13回防衛を果たした伝説的なチャンピオンです。

ボクシング:協栄ジム会長が具志堅氏に反論 亀田3兄弟で

具志堅用高の批判の内容というのは、26日の朝刊『闘論・亀田3兄弟ブーム』でなされたもので、『金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか』『(亀田は)もろいところがいっぱいある』といった内容を指摘したそうです。これに、亀田兄弟が所属する協栄ジムの金平桂一郎会長が強く反発して問題になったわけですが、金平会長は『事実誤認があるうえ、協会の要職にある人間が言うべき内容ではない』というコメントを出して、具志堅会長が謝罪しなければ今後ジム同士の交流試合も取りやめにすると宣告したということですが……うーん、どちらが悪いというよりも、『ボクシングに対する具志堅氏のストイックな取り組み方』と『少し落ち目のボクシングの人気を盛り上げようとする金平氏の努力』がぶつかってしまったんだと思います。

具志堅氏は、亀田三兄弟的な資金力とマスメディアを最大限に使ったパフォーマンスやプロモーションが気に食わないというよりも、こういった派手さとショー的な要素をボクシングに取り込みすぎることに懸念を示したということだと思います。その懸念というのは、『ショーではない真剣勝負を売りにしてきたボクシングのイメージが変質すること』だと思います。

続きを読む

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

2006.06.2806:29

『有名美容外科医を母に持つ池田果菜子さん誘拐事件』から考える『セレブのマスメディア露出の危険とリスク管理の重要性』

■“セレブ(経済的富裕層)のマスコミ露出”と“個人情報保護のリスク・マネージメント”

昨日は、ニュース番組やワイドショーの殆どが、『有名美容外科医池田優子さんの長女・池田果菜子さん(21)の誘拐事件』を長い時間を使って報道していた。この事件は、日本の『経済格差の表面化』を象徴している事件であり、俗にいう『一代で財力を得たお金持ち』がマスコミに露出することで背負うことになるリスクかもしれないと感じた。最近の日本ではセレブ(経済的富裕層)を持ち上げて、面白おかしくその優雅なライフスタイルを取り上げる番組が増えている一方で、国の借金は800兆円を大きく越え、社会保障が削減される中で、その日を生きるだけで精一杯の低所得層や生活保護世帯が増え続けている。

とりあえず、池田果菜子さんが無事に保護されたことで安心したのだが、こういったテレビやネットを通じた個人情報から犯罪に発展するケースというのは、日本の経済状況や政策の方向性を見ていると、これからも増えることはあれ減ることはないのではないかと思う。

女子大生誘拐:母の携帯に3億円要求…無事保護 3人確保

26日午後0時25分ごろ、東京都渋谷区鉢山町の東急バス「伊太利屋本社バス停」前の路上で、近くの美容外科医、池田優子さん(47)の長女、果菜子さん(21)=明治学院大経済学部4年=が、男に無理やり車に押し込まれた。その後、男の声で池田さんの携帯電話に3億円を要求する電話がかかったため、警視庁捜査1課と渋谷署が捜査を開始。携帯電話の位置情報などから、川崎市中原区のマンションに男がいることが分かり、27日午前1時25分ごろ果菜子さんを無事保護、男ら3人を身代金目的誘拐容疑で確保した。 

調べでは、果菜子さんが通学のため歩いてバス停に来た際、男が「バスは来ないから乗りな」と声を掛けた。果菜子さんが「いいです」と断ったところ、男は近くに駐車していたワゴン車に果菜子さんを無理やり押し込み、自分は助手席に乗り込んで逃走した。果菜子さんは拉致された際に悲鳴をあげ、付近で目撃した通行人の女性が、現場から200メートルほど離れた鉢山交番に事件を通報した。

『有り余る豊かさを持ったセレブ』と『ギリギリの貧しさに喘ぐ層』が同じ国のごく近い距離の中で生活していれば、必然的に社会の治安は悪化して、アメリカのようなセキュリティ過剰社会、経済階層に基づくコミュニティの細分化が進むことになる。アメリカや東南アジア、アフリカにはスラム街と呼ばれる最貧困層のコミュニティがあり、同時に、経済的富裕層や社会的成功者が集まって住むハリウッドやニューヨークにあるようなセキュリティゲートと警備員に守られたコミュニティがある。日本はまだそこまで経済階層の二極化が鮮明になっていないが、高齢者でも若年層でも中高年でも、その職業や所属組織によって所得格差や資産の有無は拡大している。確かに、一部上場企業のサラリーマン同士や医師や弁護士といった専門職同士の経済格差は縮まっているが、フリーターや無職者とサラリーマン層などの経済格差は、数十年後には物凄く大きなものとなっている可能性があるし、その時に社会保障の財源が日本になければ治安は急速に悪化していく恐れがある。

村上ファンドの村上世彰氏が証券取引法違反で逮捕されて拘置されていたが、ポンと5億円の保釈金を小切手で支払って釈放された。このように、普通のサラリーマンでは一生かかっても稼げない金額を僅か数年、あるいは数日で稼いでいる層が厚くなっていて、日本では経済的な階層は大きく二極化していっている過程の状況にあるように思える。経済所得層の底辺を見れば、生活保護を打ち切られたり拒否されて餓死や孤独死に追いやられる人たちがいる一方で、経済所得階層の頂上付近を見れば資産1億円以上を持っている人が日本には100万人以上もいるそうだ。

100万人もいれば、誰か身近に1億円以上の資産を持っている人がいてもおかしくないような気がするが、実際には都心部の経営者や農村部の大土地所有者の資産家などに集中しているので、多くの人は自分の周囲に資産1億円以上を保有している知人を見つけることは出来ないだろう。そして、フリーターやNEETの層などは、将来に所得が増える可能性が低いので、年齢を重ねるにつれて両親からの経済支援が途絶えると低所得層に急落する恐れが高い。日本の現在の雇用システムや財政状況、政治方針などを見ている限り、今後、日本が経済的な平等性やセーフティネットの水準を高める方向に変化する可能性は極めて低いことは確かだろう。

池田果菜子さんを誘拐した犯人たち(中国籍の李勇(29)・韓国籍の崔基浩(54)・岩手県出身の伊藤金男(49)という国籍がバラバラな犯人構成)は、幾つかのテレビ出演をしていた美容外科医の池田優子さんの裕福な生活ぶりと豪邸や高級車などの資産を見て、『この母親なら娘のために数億円くらいは用意できるに違いない』と踏んで短絡的な犯行に着手したという。

池田優子さんは、個人情報流出のリスク管理をあまり意識することなく、テレビで数億円の華麗な豪邸の全貌を公開して、大学生活を送る可愛らしい自慢の娘の紹介をした。娘には贅沢はさせないようにしていると言ったかと思うと、免許を取った娘に700万円するベンツのワゴンを買ってあげたと笑いながら語り、娘はそのベンツに殆ど乗ったことがないんですと語っていた。

この番組を見ている人たちの層が池田さんと同程度の経済力を持つ層であったり、中流階層で自分の日常や家庭生活にそれなりに満足している層だけであれば、今回のような事件のリスクや個人情報の管理に配慮する必要はないかもしれない。しかし、忘れてはならないのは、テレビには膨大な不特定多数の視線と思惑が寄せられていて、テレビを見ている人全てが満たされた日常生活を送っているわけでもない、豊かな洗練されたライフスタイルを持っているわけでもない、また、絶対に犯罪を犯さないという常識的な良心をもっているわけではないということだ。

確かにテレビを見ている人の90%以上は、常識的な善悪観と良識的な市民生活を持った一般国民だと思うが、ごく一部には、犯罪活動によって生計を立てている人や生活の困窮が極限に達して何か事件を起こそうと画策している人がいるのだから、誰に見られても自分の身に直接危険が降りかからないような情報公開の方法を工夫すべきなのだと思う。

続きを読む

テーマ : 今日のニュース
ジャンル : ニュース

2006.06.2804:28

FIFAワールドカップの日本代表の一次予選敗退を振り返る!ブラジル・ドイツ・イングランド……決勝トーナメントの魅力的な対戦カードの数々!

■日本のワールドカップ一次予選敗退とサポーターの落胆と怒り

ここ最近、ワールドカップの試合を深夜に見ていることが多く夜更かし気味ですが、日本が一次予選であっさり敗退したことで、日本では大きな落胆と一部のサポーターによる暴走(ブログ荒らしや苦情電話の殺到)が起きたようですね。僕も日本戦だけに限らず、見ることが出来る試合はほとんど見ているのですが、今回の日本代表は実力差によって負けるべくして負けた部分が大きいと思います。

メンタル面でも技術面でも戦略面でも同じFグループのチームに比べると総合的に劣っていたという感が強いので、そこまで選手に対する怒りや不満はないし現状出せる力を出しきって負けたんじゃないかなと思います。

冷静に試合内容を振り返ってみると、今回の日本代表のゴールキーパー川口能活の素晴らしいセーブがなかったら、日本はオーストラリア戦で3失点で済まなかっただろうし、ブラジル戦の前半だけで4点くらいは取られていたのではないでしょうか。日本のディフェンスラインは客観的に見て、体格的に小さくゾーンディフェンスも適切に機能していませんでしたから、川口能活が敵のFWと一対一で向き合ってファインセーブで防ぐシーンが余りに多すぎました。

個人のシュートセンスやドリブルの技術に優れるブラジルの後半の猛攻。ロナウドやジウベルトの死角を鋭く射抜くミドルシュートを止めるためには一対一でディフェンスが競り勝つ技術がなければ不可能ですから、あの点差は取られるべくして取られたと思いますし、川口が防げなかったことはミスではなく他国のどのキーパーでもあのコースでシュートを打たれれば止めることは出来なかったでしょう。

ブラジルは、さきほどあったガーナ戦も『3-0』で圧勝していますが、今大会で調子が悪いといわれつつも次第に調子を上げてきています。そして、丁度、ロナウドのFWとしての動きにエンジンがかかってきたのが日本戦だったように思いますし、ワールドカップ参加国全ての国の中で最強王国と呼ばれるブラジルに2点差以上つけて勝つなんてドイツにもポルトガルにもアルゼンチンにも出来ないように思うのですが……。

一部の心ないサポーターや日本人がFWの高原の不甲斐なさに怒って、ブログに批判的な書き込みや攻撃的な強圧的な罵倒をしているようですが、日本代表がわざと手を抜いて負けたとかやる気がなくてダラダラしていたとかいうならまだしも全力を尽くしてその結果相手に及ばなかったのは仕方ないですよね。勝負は時の運と実力の差によって決まり、日本が配置されたグループFは客観的に他のグループと比較しても激戦区で非常に勝ち残るのが難しいグループでした。

続きを読む

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー
ジャンル : スポーツ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。