--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.0308:05

インターネットで無料の情報・ニュースを読む層が拡大する21世紀を新聞社はどう生き残っていくのか?

新聞社の『特殊指定』と『再販制度』の特別待遇は、消費者利益と『知る権利』の保護に役立つか?

新聞社の特殊指定の存廃に関する話の続きをもう少ししてみようと思う。多くの情報産業が低コスト化を迫られ、低価格戦略をとらざるを得ない状況において、既得権益を保障された新聞社と販売店だけが、自由競争の淘汰の影響を殆どうけないというのは自由市場経済における公正性に問題が生じる。

ただ、インターネットが全ての国民に普及したわけでも、高齢者や情報弱者の間に厳然としてあるデジタル・デバイド(情報格差)がなくなったわけでもないので、拙速に特殊指定を廃止すれば良いというわけではないという意見にも一理ある。

後、弱小資本である地方紙が、自由競争状態に置かれると殆ど倒産してしまう恐れがあり、多種多様な新聞言論の確保ということに価値を認めるのであれば、一定の価格規制としての特殊指定は必要である部分もある。IT時代において新聞メディアにどれくらい高い価値を認めるのかには、非常に大きな個人差があるので、特殊指定の存廃を一義的に論じることが難しい背景がある。

情報収集の大部分をインターネットで済ませる人にとっては、毎日戸別配達される新聞はそれほど必要不可欠なものではないだろうし、いずれ若い世代が高齢化する時代になれば新聞購入者のパイは相当に小さくなると予測されるので、どちらにしても新聞社の事業規模は50年くらいのスパンで見れば大きく縮小する恐れがある。

もしくは、現在、無料公開しているネット上の新聞記事の一部(社説など)を有料配信する方法もあるが、その方法でも現在の戸別配達のような大きな営業利益を上げることは極めて難しくなるだろう。

資本家・政治家・公務員・従業員(サラリーマン)まで各種の階層を含む膨大な数の大衆層に『同一内容のメッセージ(記事内容・政治評論・経済情報・社会問題の提起)』を伝達するマスコミュニケーションが出来るのがマスメディアである。新聞記者やアナウンサー、論説委員など少数の選ばれた発信者が、圧倒的多数の受信者(大衆層)に同一内容を伝えることが出来るのが最大の特徴である。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : マスコミ
ジャンル : 政治・経済

2006.06.0307:57

新聞社の『特殊指定』と『再販制度』の特別待遇は、消費者利益と『知る権利』の保護に役立つか?独占禁止法の基本理念と対立する新聞事業の寡占問題!

公正取引委員会で、『新聞の特殊指定』が独占禁止法に違反するのではないのかという議題が立ち上がっていたが、強い政治的影響力を持つ新聞社と広範なネットワークを持つ販売点へ配慮したのか、『新聞の特殊指定』の廃止や改訂などは行わないという事になったようだ。6月2日午前に開かれた自民党の独禁法調査会で、新聞社や新聞販売店による異なる定価設定や値引き行為を禁ずる『新聞の特殊指定』廃止は当面見合わせるという方針を正式に表明した。

新聞社というのは近代社会の『マスメディアの起点としての位置づけ』を持っていて、多くの新聞社がテレビやラジオ、雑誌といったマスメディア機関を子会社として所有している。私たちがマスメディアという言葉からイメージする大量情報伝達媒体とは、一般的に、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌を指す。

新聞社同士のシェア獲得競争や値引き合戦を阻害する『新聞の特殊指定』は、大きな批判がある一方で、『日本全国を隈なく回る戸別配達(宅配制度)』を守るために必要だと言われてきた。もちろん、独占禁止法の基本精神を述べた『独占禁止法 第一章総則 第一条』に照らし合わせると、新聞各社の特殊指定は明らかに独占禁止法違反である。

新聞社や販売店の主張をまとめると、『「社会の公器」としての重要な責務を持つ新聞は、他の手段で代替可能な商品やサービスと同列に独占状態の禁止を論じられる商品ではない。日本国民全員に、新聞を同一価格で配達可能な販売体制を維持する必要があり、日本国民の「知る権利」を擁護する為に「特殊指定と再販制度」を堅持しなければならない』というものである。

しかし、この主張には幾つかの矛盾や誘導があるようにも思える。以下に特殊指定と販売制度に関する新聞社の主張の矛盾や問題を幾つか上げてみる。

続きを読む

テーマ : マスコミ
ジャンル : 政治・経済

2006.06.0306:22

元LUNA SEAのボーカル河村隆一が初のカヴァーアルバム『evergreen~あなたの忘れ物~』を発売!人生のターニングポイントをYahoo!ミュージックで語る!

元LUNA SEAのボーカルで最近結婚したという報道もあった河村隆一が、初のカヴァーアルバム『evergreen~あなたの忘れ物~』を5月24日にコロムビアエンターテインメントから発売したようですね。河村隆一といえば、ルナシーでばりばりやっていたハードな時期の音楽と、ソロになってからしみじみと優しく愛や夢の歌を歌いだした時の音楽の落差に驚かされた記憶があります。

その音楽性の違いやファッションの変換はルナシーのファンにとっては余り嬉しくないものだったのかもしれませんが……しかし、ビジュアル系を卒業してからの河村隆一の表情はほんと穏やかになって、歌を歌っている時にもリラックスして心地良さそうに歌うようになりましたね。今では、Mステなどのメジャーの音楽番組に出演する機会がめっきり減ってしまいましたが、まだまだ歌手としては現役なのでこれからも頑張って欲しいと思います。

今回のアルバム発売に際して、Yahoo!ミュージックの『私のターニングポイント』のコーナーに河村隆一がゲストで登場してインタビューに答えてますね。今、気になるあの人の、人生や音楽活動に影響を与えた出来事や出会いとは?このYahoo!ミュージックのカテゴリーに設けられたコーナーは、注目のアーティストに、自らのターニングポイントをじっくり語ってもらう連載コーナーなのですが、河村隆一さんの人生の転機や彼の音楽性をインスパイアしたものについて色々と語られているみたいです。

そしていちばんのターニングポイントといえば、やはりLUNA SEAのメンバーと出会ったことでしょうね。高校に入ってからはバンドなんかもやり始めて、地元・町田のライブハウスに出させてもらったりしてたんだけど、ちょうどメンバーが高校受験であんまり練習とかに来なくなってきて……僕はすでに高校中退してたんですけどね。そんなときにLUNA SEAのメンバーと対バンして、仲良くなって考え方とかを聞いてたら、彼らはもう音楽にしか向いてなかった。

10代後半の男子で、それだけ潔い考え方をしてたのって、身の回りでは自分も含めて彼らだけだったんで、もしかしたら一緒にばかげた夢を見られるかなって思ったんですよね。別に先のことなんて何も考えず、ただ何となく世の中ひっくり返せそうだからやろうと……そんな強がりみたいなとこで始めたけど、逆にいえばそれだけほかのものを見ずに、音楽を愛していこうって思ってたんでしょうね。

続きを読む

テーマ : 音楽ニュース全般
ジャンル : 音楽

2006.06.0305:39

沢尻エリカが松田翔太とダイニングバーでワインデート!桜塚やっくんが『ゲキマジムカツク』でCDデビュー!

■沢尻エリカが松田翔太とダイニングバーでデート?!

沢尻エリカというと、テレビドラマ『1リットルの涙』で難病と戦い必死に生きようとする美少女の役柄を演じた姿が印象に残っていますが、ダイニングバーでボトルワインを傾けながら、故松田優作と松田美由紀の次男・松田翔太と楽しい時間を過ごしたようですね。

松田翔太は、今話題の映画『陽気なギャングが地球を回す』にも出演しているクールな鋭いイメージを持つ俳優でなかなかかっこいいのですが、お兄さんの松田龍平と比較すると弟のほうが男っぽい力強い印象を受けます。松田翔太は、嵐のマツジュン(松本潤)が主役を務めて人気を博したドラマ『花より男子』にも出演してましたね。

沢尻エリカは、初めセクシー系のグラビアアイドルとして写真集などで人気があったのですが、女優の仕事が多くなってからは清楚なお嬢様役や少しか弱い雰囲気の美少女役をこなすことが増えています。実際の性格は、清楚で守ってあげたくなるような美少女というよりも、ハキハキと意見を言える積極的な行動力のある女性という感じのようで、映画『パッチギ!』の井筒和幸監督も卓越した演技力と度胸の良さを認められていたようです。

沢尻エリカも松田翔太もこれからの俳優としての活躍や成長が十分に期待できる俳優ですので、どちらもプライベートと仕事の両方を充実させていって欲しいですね。

沢尻エリカ&松田翔太「ラブラブデート」

続きを読む

テーマ : ☆女性アイドル☆
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。