--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.2907:10

mixiのページビューと利用時間数が、Yahoo!と楽天に次いで第三位に!Blogユーザを襲うmixi(SNS)のコミュニケーションの誘惑?!

最近、インターネット全体に公開されているBlogやウェブサイト(ホームページ)よりも、会員制でパスワード制限されたSNS(mixiやGree)で積極的に活動しコンテンツを更新している人が多い。mixiの会員数も400万人を大きく越えたという記事が出ていて、一日のページビューは1億以上もあるという。ネットレイティングスの調査によると、SNSサイトで最も大きな人気を得ているmixiは、Yahoo!楽天市場に次ぐ「総利用時間のシェアと月間ページビュー数」を持っていて、日本三位の巨大サイトへと成長しているようだ。

ユーザの増加数やページビューの上昇率という意味での勢いは最近やや鈍化しているものの、500万人に迫る会員数を抱えていて、その過半数の人がアクティブに利用している状況が持続しているというのはやはり凄い人気だと思う。ただ、インターネットビジネスとしてmixiを見た場合に、収益面でmixiが十分な営業利益を上げているかどうかというのは微妙ではないだろうか。mixiを利用したビジネスモデルというものがまだ完全に確立しきっているわけではないが、現在までのmixiユーザの動きを見ていると、「有料のプレミアム会員」と「トップやサイドバーの宣伝広告ビジネス」以外に顧客からお金を集めるシステムが出てきそうにないのが将来に向けた不安材料ではある。

WEB2.0をビジネス的観点から見た場合に難しいのは、集めた顧客(サービス利用者)にどうやってお金を使って貰うかという点であり、サービス利用者だけが飛躍的に増えても一円もお金が動かなければサーバ維持費や技術開発費といったコストを下支えすることが出来なくなる。株式市場から資金調達して一時的に大金を手に入れても、継続的な黒字を出せるビジネスモデルを構築しなければ資金が枯渇してゲームオーバーになる恐れもあるのである。ただ、mixiの利用者が数千万人とかいうレベルに達すれば、その媒体価値がマスメディアに匹敵するものになるので、広告出稿者が支払う単価がかなり大きくなってmixiの営業利益を増加させる可能性はあると思う。

インターネットで商品を販売するECサイトというのも実際に運営するとそれほど儲からないことが多いが、インターネットではAmazonや楽天など少数の例外を除いてモノを売って稼ぐというモデルを継続的に維持するのは結構難しい。だから、mixiも会員数が増えたからといってAmazonなどECとの提携以上の物販には手を出さないほうが無難な気もするが、主婦とかの層が厚くなってくると色々な家庭向け製品とかを売りたい欲求が出てこないわけでもないでしょうね……。

「mixi」のサイト利用時間とページビューが急上昇~ネットレイティングス調査

ネットレイティングスの2006年5月度のインターネット利用動向情報サービスの調査結果によれば、Webサイト別の総利用時間のシェアはYahoo! JAPANが16.3%でトップ。次に楽天市場2.1%、mixi1.9%、2ちゃんねる1.2%が並ぶ。また、1人当たりの月間平均利用時間では、 mixiが4時間28分となりYahoo! JAPANよりも1時間以上多い結果になるという。

一方、家庭からのアクセスにおける総ページビュー数のシェアでみるとYahoo! JAPANが25.4%を占め、楽天市場3.0%、mixi2.5%と続く。

何故、インターネットでコンテンツを自由に検索することが可能なBlog、ウェブサイトよりも、検索不可能なクローズドなSNS(mixi)を好む人が増えてきたのだろうか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : mixi
ジャンル : コンピュータ

2006.06.2906:27

au(KDDI)と提携したGoogleがモバイル分野でも『検索・Gmail・ニュース』などの多言語化を推進!

■携帯電話のモバイル分野でもGoogleが、各種サービスの多言語化を推進!

携帯電話の検索やウェブメールのサービスでも多言語対応を進めるGoogleは、インターネットの世界に多言語を瞬時に同時通訳できるような『バベルの塔』を建設しようとしているのでしょうか?古代メソポタミアの首都バビロンで、神の住まう天空に向かってそびえ立っていたという空中楼閣がバベルの塔です。旧約聖書に記述のあるバベルの塔は、『人間の知性や技術の優等性』を象徴していると同時に『世界にただ一つの言語しかなかった時代』を表しています。

Googleの携帯版サービス、多言語化を拡大

米Googleは、携帯電話版のサービスにおいて、Gmail、ニュース、パーソナライズホームを利用できる言語を拡充したと発表した。

これにより、アメリカ、イギリスの英語に加え、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語、ロシア語、中国語、トルコ語で携帯電話版のGmailなどが利用できるようになった。

日本語への対応はまだ行なわれておらず、現在検討中とのこと。なお、GoogleはKDDIと提携を発表しており、Googleの検索エンジンを採用した検索サービスがEZweb上で7月から提供される予定。

僕達が海外に旅行したり、外国人とコミュニケーションしたり、外国に永住しようと思う場合に突き当たる第一の壁が『言語の差異』ですから、インターネットの中だけでも全ての言語の壁が取り払われて、どんな言語で書かれているウェブページでも瞬時に自国語に訳してくれたらいいのになと思うことがあります。

Googleは、インターネットでもモバイルでも多言語化への対応を進めていますが、まだまだ全ての言語の自動翻訳という『IT版バベルの塔』の完成は遥か彼方という感じであり、人間が会話や記述に用いる自然言語を機械的・技術的に翻訳することの難しさを思わせられます。

続きを読む

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。