--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.0503:37

釈由美子の新しい恋人は、六本木ヒルズでウェディング関連事業を経営する野尻佳孝氏!

日本の新興富裕階級の象徴としてそびえ立つ六本木ヒルズには、IT関連企業や投資ファンドなどをはじめ様々な「勝ち組企業」がオフィスを構えています。六本木ヒルズに拠点を構える若手の経営者は女性からの熱い視線を集めやすく、女性芸能人との華やかな恋愛や結婚の噂が絶えません。『スカイハイ』のドラマや映画化で、女優としての支持と実績も集め始めた釈由美子(28)が、ヒルズ族を代表する若手社長の野尻佳孝(34)と交際を始めたそうで、ヒルズ出身の社長と芸能人のカップルの流れはまだ続きそうですね。

グラマラスなスタイルを活かしてグラビアアイドルとして活躍していた釈由美子ですが、最近ではすっかり女優としてのイメージと雰囲気が定着してきた観があります。伊東美咲や森山未来と共演した『危険なアネキ』でも、釈由美子らしい演技でドラマのスピーディーな展開を盛り上げていましたし、最近放送されていた『7人の女弁護士』では、普段とはちょっと趣きが違う知的な弁護士の役柄をうまくこなしていたと思います。

釈由美子:新恋人は“ヒルズ社長”

女優の釈由美子(28)と“ヒルズ社長”との交際が発覚した。4日発売の女性誌「週刊女性」が報じているもので、お相手はウエディング関連企業「テイクアンドギヴ・ニーズ」の野尻佳孝社長(34)。釈は音楽プロデューサーと、野尻氏はテレビ朝日の武内絵美アナウンサー(29)との交際が伝えられていたが、それぞれ破局を迎えていた。

野尻佳孝氏との交際は『7人の女弁護士』のクランクインの時期に、メル友の関係から進展したそうです。お互いに仕事がかなり忙しそうなのに、携帯メールをこまめにやり取りし続けたというのは、やはり何処か惹かれるものがあってもっと親密な関係になりたいという気持ちがあったのでしょうね。既に最近何度かのデートを重ねているということなので、親しい友人関係から恋人関係へ一歩を踏み出したという感じです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 女優
ジャンル : アイドル・芸能

2006.07.0501:48

NTT DoCoMoが女性顧客層をターゲットとした“FOMA702i系”を8月に発売開始!モトローラ社製M702iは男性にもお薦め!

最近の携帯電話の進化は正に日進月歩ですが、NTT DoCoMoがまたもや新型の携帯を8月に投入してくるようですね。僕は、第3世代携帯(3G)が登場した頃までは、結構熱心に携帯の新しい機種のデザインや追加された機能の内容をチェックしていたのですが、最近出てくる機種については全く知識や理解が追いついていってません。今日は、ドコモの新型FOMA「7シリーズ(702i系)」発表のニュースを目にしたので、新型携帯のデザインや機能について簡単にまとめてみたいと思います。本題の702iの感想に入る前に、少し携帯電話の進化の歴史と機能の増強について振り返ってみます。

携帯電話の進歩の歴史は、『第1世代携帯電話(1G,アナログ)→第2世代携帯電話(2G,デジタル通信)→第3世代携帯電話(3G,高速デジタル通信)』というステップを踏んで進んできました。現在進行中の携帯の進化というのは、通信速度の更なる向上を前提としたもので『フルブラウザ搭載や検索エンジンの採用といったPC化』『おサイフケータイなどの電子マネー化(あるいは、通帳振替と連動したクレジットカード化)』を目指しているといえます。

3Gまでの携帯の機能の変遷を見ると、『音声通話→メール機能→公式ポータルサイト→デジカメ機能→インターネット接続・ビデオ機能(動画保存)→テレビ電話・電子マネー・音楽プレイヤー・クレジットカード・ワンセグでのデジタル放送・GPS機能での位置確認や3Dナビゲーション』という感じで機能が強化されてきています。

現在の通信形式はW-CDMAとCDMA ONEですが、恐らく『国際基準規格IMT-2000が指定する3G』以降の携帯電話でも通信形式はこのどちらかになり、今存在している以上の画期的な機能が付加されることは余り期待できないかもしれません。その意味では、今発売されている第3世代携帯は技術革新の最終段階に到達しようとしていて、追加機能の多くが趣味的なガジェット(おもちゃ)になってきているともいえます。まぁ、新規性のある綺麗なデザインや暇な時間を携帯で遊べるガジェット機能が、現在新しく発売されている3G携帯の魅力ではあるのですが。

さて、夏のボーナス商戦を勝ち抜く為に家電業界だけでなく、携帯キャリアも次々と新型携帯を市場に投入してきていますが、NTTドコモが7月4日に発表した“FOMA702iシリーズ”の商品コンセプトは『女性ユーザをターゲットにした独創的デザイン・ユーザの遊び心を満足させる新機能(ガジェット機能)』になっているようです。当然、今までのドコモの流れを汲んでいるので、FOMA70x系は、最新機能を全て詰め込む90x系よりもシンプルな機能に特化しており、販売価格も若干安めに設定されています。

FOMA702iの商品ラインナップを見てみると、「三菱電機のD702iF」「NECのN702iS」「松下電器のP702iD」「シャープのSH702iS」「ノキア(モトローラ)のM702iGとM702iS」の6種類になっています。『NTTドコモ、女性ユーザー取り込みを狙ったFOMA新7シリーズ発表』の記事に、幾つかFOMA702iの端末の写真がありますが、僕はNECの“N702iS”のコップをイメージしたデザインと上にぽこぽこと上がっていく泡を象徴するイルミネーションが気に入りました。なかなか斬新なアイデアが生かされていて女性向けながらいい感じに仕上げてきているなと感じました。

続きを読む

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。