--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.1309:16

トヨタのレクサス(Lexus)ブランドのグローバルな成功要因としての『4P(Product・Promotion・Place・Price)』!リコール放置問題の早期解決で信頼回復を!

日本経済の景気回復の影響を受けているのは、一部上場の大企業や金融関連企業の従業員が多いようですが、日本の自動車会社もトヨタとホンダが大幅に業績を上げて営業利益も順調に伸ばしていますね。トヨタは特に、中国市場での活況と欧米でのレクサス戦略の成功が株価を支え莫大な営業利益の源泉となっています。良くも悪くも、トヨタは純正な日本企業であると同時に、それ以上に世界市場で圧倒的なシェアを誇る多国籍企業のフラッグシップなのだと思います。

僕が思うトヨタのブランド・イメージの強みというのは、『高級感・信頼性・デザインの斬新性・万全のアフターケア』ですが、トヨタが他の日本の自動車メーカーに唯一負けている部分といえば『スポーツ性能・クーペ車種の充実』があります。しかし、スポーティな車種が少ない、エンジンのスポーツ性能に魅力がないということが、トヨタのブランドイメージを落とすことは、恐らく今後もないように思えます。今日は、トヨタのレクサス(Lexus)ブランドの成功について書こうと思ってたのですが、少し自動車とエコロジーの話もしたいと思います。

強力な大排気量エンジンを搭載するという意味での『スポーツ性能向上』が、今後の自動車の魅力にならないというのは、2ドアクーペのスポーツカーの人気の凋落傾向が長期継続していることも読み取れます。自動車を購入する顧客満足度に、『スポーティさの追求』というのは殆ど含まれていません。排気量の大きなトルクの太いターボエンジンというのは、今のエコロジー重視の自動車マーケティングでは、ある意味時代錯誤であり、燃費が悪く強力な馬力とトルクを持つようなエンジンは顧客に歓迎されないわけです。ホンダも結構エコには力を入れていますが、トヨタも『地球環境との共生』をイメージさせるハイブリッド・シナジーエンジンを売り出して地球に優しいというブランドイメージを強化しようとしていて、実際にそのエコ戦略はエスティマやハリアー、クルーガーなどの車種で成功を収めています。

トヨタはヨーロッパで圧倒的な人気と支持を得ていて、ベンツやBMWといった欧州の歴史ある名車よりも高い評価を得ています。アメリカのJDパワー・アンド・アソシエイツ社が、15,000人を対象としてイギリスで実施した『自動車(新車)の顧客満足度に関する2006年版調査結果』では、トヨタのレクサスが6年連続で首位という高い評価を得ています。この順位は、1.品質と信頼性、2.車の魅力、3.アフターサービス、4.車の維持費という総合的観点から顧客満足度を評価したものですから、レクサスのブランドイメージや価格だけの評価というわけではないんですよね。

レクサスの成功を支えた4P戦略

その結果によると、第1位はレクサス(トヨタ自動車)で6年連続首位の座を維持している。100点満点に換算して87点であった。レクサスばかりか、国・地域別でみても日本車ブランドは最高で、上位10位以内にはレクサスのほかに、ホンダ(2位、85点)、トヨタ(4位、84点)、スバル(8位、82点)が入っている。その他の国・地域別では、欧州系が3ブランド(BMW、フォルクスワーゲン、ミニ)、米国系が2ブランド(ジャガー、ボルボ)、韓国が1ブランド(ヒュンダイ)である。

レクサスの米国市場参入戦略を分析すると、いかに基本に忠実かが分かる。マーケティング分野では、製品(Product)、プロモーション(Promotion)、販売チャネル(Place)、価格(Price)の4Pの視点をコアとして戦略を立案していく。レクサスはセオリーどおり、この4Pをきちんと連携させて攻めていったのである。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : 政治・経済

2006.07.1307:37

歌舞伎俳優の中村獅童が交通違反で出演予定のドラマ降板!「交通行政の取締・罰則の強化」に適応した交通ルールの遵守を!

2004年に公開された「今、会いにゆきます」の共演が縁になって女優の竹内結子と2005年6月に結婚した歌舞伎俳優の中村獅童さん(33)ですが、酒気帯び運転で信号無視したところを捕まって書類送検されてしまったというニュースが流れていましたね。

数年前から『交通犯罪の罰則強化』が警察の交通行政の基本方針となっていますから、昔は軽くビールを一杯飲んでの“酒気帯び運転”を甘く見る風潮があったのですが、今では厳しい罰則(違反点数)や社会的制裁が科される重大な交通犯罪と見なされるようになっています。この交通犯罪の罰則強化の流れを決定的にしたのは、飲酒運転をしたトラック運転手が乗用車に一方的に後ろから突っ込んで、二人の子どもの命が無惨に奪われるといった事件だったように記憶しています。

軽度の飲酒での運転は『このくらいの酔いなら安全に運転できるから大丈夫』という無責任な認識や甘い考えを起こさせやすいのは確かですが、そこを何とか冷静に判断して『飲むなら乗るな、乗るなら飲むな』の原則を守っていかなければならないと思います。危険で悪質な運転行為(交通犯罪に類する行為)であることに変わりはないので、例え交通事故を起こさないとしても酒気帯び運転はすべきではないですよね。幾ら安全運転できる判断能力が残っていると自己主張しても、警察にいったん検挙されてしまえば言い訳は通用しませんし、自分自身の人生や職業のキャリアに大きな損失を与えて、家族や同僚にも多大な迷惑をかけることにつながります。

中村獅童さんは、竹内結子さんとの間に子どもが生まれたばかりで、ドラマや映画で役者としての活躍や将来が期待されていただけに、今回のカフェバー返りの酒気帯び運転での検挙は痛いでしょうね……。カフェバーで仲間と盛り上がって飲まないわけにはいかないでしょうが、その場合には車でバーに行く段階で判断を誤っていたといわざるを得ません。本人も強く後悔して自分への反省というか憤りを抑えられないのではないかと思いますが。交通違反で捕まった時の怒りや虚しさの感情の持って行き場のなさというのはつらいものです(苦笑)

それにしても、今後の出演ドラマの予定を自ら降板して、今後も芸能人(役者)としての仕事がなくなることを覚悟しているというのは、酒気帯び運転に対する社会的制裁というものの大きさを思わせられます。

続きを読む

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

2006.07.1306:12

今年の夏は、SMAPのキムタクや中居くんも罹患したというプール熱(咽頭結膜熱)が子どもを中心に流行の兆し!

SMAPのキムタク(木村拓哉)が真っ赤に目が充血してサングラスをかけて歌番組に出演している時には何か結膜炎にでも罹ったのかなと思っていましたが、プール熱の症状だったようですね。その友達の中居正広くんにもそのキムタクのプール熱のウイルスが感染して、突発的な高熱に苦しんだという話を何かの番組で聞いたような気がしますが、今年の夏はこの「プール熱」がかなり流行しそうな勢いのようです。

プール熱は医学的な病名としては「咽頭結膜熱」といって、国立感染症研究所の調査では毎年ある程度流行するのですが、今年は乳幼児を中心に爆発的に患者数が増えていて成人が発症するケースも少なくないようです。子どもがプールで遊んでウイルスに感染して、急性の高熱や結膜の炎症といった症状を出すことが多いのですが、風邪のウイルスと同じ「飛沫感染・接触感染」をするので感染経路は無数にあります。

成人であればそれほど重症にはならず高熱に耐えれば一週間ほどで回復するようですが、乳幼児の場合は咽頭結膜熱の風邪をこじらせると肺炎などへ重症化するケースもあるので早めの病院への受診が必要だと思います。プールだけが感染経路ではなく、アデノウイルスに感染した人の「手・指・咳やくしゃみによる飛沫・使ったタオル・ハンカチ」などから感染するので十分に気をつけないといけないですね。でも、家族の誰かがこのプール熱を貰ってくると、必然的に子どもや旦那(奥さん)に感染してしまうような気がしますが……。

プール熱:今夏大流行の恐れ 患者数報告、過去10年で最悪のペース

高熱を伴う咽頭(いんとう)結膜熱(プール熱)が乳幼児を中心に広がっている。国立感染症研究所の調べでは、今年は過去10年で最悪のペースで患者が増え、夏にかけて大流行の恐れがあると警告している。名前からプールが主な感染源と思われがちだが、せきによる飛まつや、接触での感染が多く、予防には、うがいや手洗いが大切だ。

続きを読む

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。