FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.0119:42

世界の企業のブランド価値のランキング「The Best Global Brand Ranking」が発表!この一年で最もブランド価値を高めた企業は、検索エンジン大手で24位の“Google”!

小規模な個人事業や企業の間はそれほど意識しなくても良いブランド力ですが、事業規模が拡大して企業名の知名度が上がってくればくるほど『企業名の持つブランドイメージ向上のためのブランディング戦略』が重要度を増してきます。大企業が何らかの不祥事や犯罪を犯した場合には、急激にブランドイメージが低下して、良くて営業利益の激減、下手をすると企業の存続そのものが危うくなり倒産の憂き目を見る可能性もないわけではありません。

アメリカのブランドコンサルティング会社のInterbrand社が、BusinessWeek誌と共同で7月28日に発表した2006年の「The Best Global Brand Ranking」では、ブランド力とブランド価値の高い世界の大企業のランキングが出されています。さすがにグローバルな規模で事業規模を拡大し高い市場評価を得ている企業の名前ばかりが並んでいて、100位以内で知らない企業というのはそれほどあまりありませんね。

まず、企業ブランドのランキングのトップ10を見てみると、『1位Coca-Cola(コカコーラ)・2位Microsoft・3位IBM・4位GE・5位Intel・6位Nokia・7位TOYOTA・8位ディズニー・9位マクドナルド・10位メルセデスベンツ』となっていて、日本の自動車会社トヨタ、フィンランドの携帯電話会社Nokia、ドイツの自動車会社メルセデスベンツ以外は全てアメリカ企業となっています。

世界で一番ブランドイメージが良くて、最高のブランド価値を持っているのがコカコーラというと意外な感じがしないでもないですが、コカコーラは世界各国何処に行っても販売されている清涼飲料水のトップ企業であり、缶ジュースや缶コーヒーの需要が将来も大幅に減ることはないと予測されます。コカコーラは高級品というブランディングは全く行っておらず、『信頼性・安全性・美味しさ』というジュース(清涼飲料水)のトップブランドとして必要なブランド力強化だけに特化した戦略をとっていますね。

ビル・ゲイツの会長引退が決まっているマイクロソフトが2位というのも妥当な評価でしょうね。世界のパソコンにインストールされているOSの9割以上がマイクロソフトが制作したWindowsであり、そのWindowsに多少のセキュリティの問題があるとしても、現在の僕たちがWindowsなしにパソコンを操作してインターネットを楽しむことは考え難いですからね。世界一の大富豪となったビル・ゲイツですが、彼がIT革命や情報化社会の進展に果たした功績は大きいし、誰もが簡単にデスクトップでパソコンを操作できるGUI(Graphical User Interface)のWindowsを普及させた役割は大きかったと思います。

いろいろな世界の有名企業が名前を連ねているブランドのランキングですが、激しい企業間のブランド競争の中で、最もブランドの価値を引き上げた企業はWEB2.0を代表する企業ともいわれる「Google」だったようです。インターネットの世界で検索して情報を探す人であれば知らない人はいないと思われるGoogleですが、検索エンジン以外にもGoogle Adwordsなどの検索連動型広告で莫大な利益を上げ続けており、今後暫くも高い成長率(営業利益の拡大)が続くと見なされています。また、ユーザビリティが高く簡単にメールの検索ができるウェブメールのGMailをヒットさせたり、ユーザのスケジュールを分かりやすく管理できるカレンダーサービスGoogle Calenderなども開発していて、それらサービスのほぼ全てに自然な形でコンテンツマッチな広告を掲載するビジネスモデルを打ち立てています。

1年で最も価値を上げたブランドは「Google」、BusinessWeek誌がランキング

24位のGoogleのブランド価値は123億7,600万ドルで、前年の84億6,100万ドル(38位)から46%増加した。最も価値を増加させたブランドだという。Interbrandでは、「大企業Microsoftとは正反対のポジションをとり、“do no evil(悪をなさず)”戦略のもとで成長を遂げた」と説明している。

2番目に価値の伸びが大きかったのは91位の「Starbucks」で対前年比20%増、3番目は47位の「eBay」で18%増だった。 eBayについては、インターネットコマースの成長により、消費者が商品やサービスをオンラインで購入し続けたことを背景に挙げている。

なお、日本企業のブランドとしては、ToyotaやSonyのほか、19位「Honda」、35位「Canon」、51位「Nintendo」、77位「Panasonic」などがある。

Googleのブランド価値は123億7,600万ドル(現在のレートで日本円換算すると1兆4,000~5,000億円規模)、去年と比べて46%増大してほぼ1.5倍になっているわけですが、今後、Googleが更にブランドイメージを高めていけるかどうかは『Googleの収益の柱である検索連動型広告・コンテンツマッチ広告の精度向上・クリック詐欺に対する根本的な防衛システムの確立』が重要なポイントになってくると思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2006.08.0118:04

SMAPの二枚組アルバム「Pop Up! SMAP」がオリコン1位獲得!ブロゴスフィアで言及される回数の多い人気のジャニーズはだれ?

ジャニーズは、ドラマ「サプリ」伊東美咲と共に主演を張る亀梨和也赤西仁をはじめとするKAT‐TUNの人気と山下智久を中心とするNEWSの勢いが目立ちますが、ベテランとなったジャニーズの代表SMAPの人気も相変わらずのようです。

SMAPは、映画「日本沈没」で草薙剛が主演を勤めたり、27時間テレビで中居正広が司会をしたり、木村拓哉が連ドラで人気を得たりといった個人ごとの活躍も目立ちますが、本業の歌手(アーティスト)の部門のCDセールスでも圧倒的な強さを見せ付けています。この辺は、堂本光一と堂本剛のキンキキッズ(Kinki Kids)とも共通する部分ですが、キンキキッズの場合は堂本剛がエンドリケリエンドリケリなどでソロのアーティストとしての活躍が増えてきているのでSMAPとはちょっと違った趣きがありますね。

僕個人の意見ですが、エンドリケリエンドリケリになってからの堂本剛の楽曲には、なかなか雰囲気と歌唱力のある良い歌が多いですね。ソロ活動が好調なKinki Kidsですが、今、オリコンシングルチャート1位はKinKi Kidsの「夏模様」になっていて、デビュー曲以来オリコン初登場1位のギネス記録を23作連続の記録へと更新しています。

SMAPは、7月26日に2枚組の新アルバム「Pop Up!SMAP」を発売しましたが、このアルバムがまたまた爆発的なヒットとなっていて、8月7日付のオリコン・アルバムチャートで初登場1位を記録しています。SMAPは今までに2回、2枚組以上のオリジナルアルバムを出していますが、その全てで1位を獲得していて記録を伸ばしています。2枚組以上のアルバムの売上順位記録で、SMAPはサザンオールスターズと並んでいたのですが、この「Pop Up! SMAP」のヒットによってサザンオールスターズを抜いて歴代1位となりました。

SMAP新アルバムが初登場1位

SMAPの新アルバム「Pop Up! SMAP」が7日付のオリコンチャートで初登場1位にランクされることが7月31日、分かった。約32万1000万枚を売り上げ、第1週としてはデビュー以来最多のスタートとなった。

また、同じジャニーズ事務所の人気コンビKinKi Kidsの新曲「夏模様」も初登場1位に。自身が記録し、ギネスブックにも認定されているデビュー以来の連続首位記録を23作に伸ばした。

この「Pop Up!SMAP」のアルバムには、MICROやタカチャ、AquaTimezといった今が旬の若手アーティストがSMAPに楽曲提供していることも話題になっているようで、大人の魅力溢れるバラードからテンポよく謳いあげるポップな曲までが揃っています。SMAPファンなら迷わず買いの一枚でしょうし、SMAPのコンサートに行く予定のある人やカラオケでSMAPの曲を歌いこなしたい人も買う価値のあるアルバムでしょうね。

続きを読む

テーマ : SMAP
ジャンル : アイドル・芸能

2006.08.0116:17

鄭明析教祖が主催する『摂理』を巡る性犯罪報道の雑感!有名大学の学生を勧誘する心理戦略と危険な宗教の見分け方!

連日テレビのニュースやワイドショーで報道されている韓国のカルト宗教「摂理」ですが、日本でも東大、早稲田大、慶応大、千葉大など有名一流大学の女性に性犯罪の被害者が数多く出ているようですね。韓国の鄭明析(チョンミョンソク)教祖(61)が創設した「摂理」ですが、その勧誘手段が実に巧妙なようで大学内に普通のスポーツサークルを作ってそこのメンバーに引き入れてから宗教に誘ったり、勧誘したいと思う人との友好関係や信頼関係を十分に気づき上げて拒絶しにくい雰囲気を作ってから勧誘するようです。

まぁ、カルトに限らず宗教全般の勧誘手法は、『個人的な友情関係や信頼関係を築いてから、小規模コミュニティに誘って段階的に宗教団体加入の方向に持っていく』というものであり、宗教信者の大部分は『その宗教の教義(思想)やご利益(恩恵)が素晴らしくてその布教に賛同したからその宗教に入るわけではない』のだと僕は思います。

宗教活動の多くは、『人間の精神的苦悩や人生の絶望感・孤独感からの救済』『背後世界(天国)への導きを保障する正しい信仰』を目的として行われていて、中には本当に素晴らしい教えや本人の心の支えになるような集団もあるとは思いますが、現在つくられている新興宗教の大半は経済的利益を目的としたものが多いでしょう。

ただ、今回話題になっている中国へ逃亡中の鄭明析(チョンミョンソク)という教祖は、お金や名声よりも美しい女性との性的関係や行為を目的として宗教を作ったみたいでカルト宗教の中でもかなりの変わり種ではないかと思います。もちろん、立派な宗教施設や贅沢な私生活の実情もあるようなので、高額のお布施や怪しげな霊感商法などを強いて経済的利益を得ていた側面もあるとは思いますが。

カルト集団「摂理」教祖、日本でも性的暴行?

摂理は、韓国人の鄭明析(チョンミョンソク)教祖(61)が1979年ごろに創設。日本でも87年ごろから大学生を中心に勧誘を行い、鄭教祖もこれまでに複数回来日しているとされる。

渡辺弁護士によると、鄭教祖は来日した際、教団施設で「健康チェック」と称して、女性信者に性的暴行やわいせつ行為を繰り返し、少なくとも十数人の被害が確認されているという。

『人間が抱えざるを得ない寂しさや弱さを埋め合わせる仲間意識』を巧妙に利用して宗教に入信せざるを得ない人間関係を準備するというやり方の防衛策については、『自分を破滅や危険に導こうとしている友人とははっきり縁を切り、怪しげな価値観を共有する奇異な集団には近づきたくないと主張すること』が大切だと思います。

続きを読む

2006.08.0115:29

「亀田興毅とファン・ランダエタの世界戦」と「TBSの大晦日の番組の視聴率」を巡る関係!大晦日の歌番組の人気低迷とデジタル音楽配信の市場拡大の考察!

かつて、年末大晦日に放送される恒例の特番といえばNHK「紅白歌合戦」とTBS「レコード大賞」でしたが、今年の大晦日は「レコード大賞」の放送が見合わされるようです。最近でも、CDセールスや携帯電話の着うた、iPodなど携帯デジタルプレーヤーの人気は高いので音楽業界そのものが低迷しているわけではないと思います。しかし、Mステなどの人気番組を除いてテレビの歌番組の視聴率がそれほど高いわけではなく、特に、年末恒例のレコード大賞や紅白歌合戦といった懐メロや演歌を含む総合的な特別番組の人気と視聴率は低下し続けているようです。今回、放送日変更が決定したレコード大賞の去年の視聴率は、10.0%であり、かつて30~50%もの視聴率を稼いでいた「お化け番組としての集客力と存在感」はもはや完全に失ったといっていいでしょう。

もちろん、TBSで長い歴史を誇る歌番組であるレコード大賞が完全に廃止になるわけではなくて、放送日時を一日繰り上げて、12月30日の夜の放送に変更になる予定となっています。となると、テレビ局が一番視聴率を稼ぎたい大晦日の夜のゴールデンタイムの時間枠が空くわけですが、TBSは大晦日に、今注目を集めている亀田興毅の「世界タイトル初防衛線」を持ってくるのではないかという見方が出てきています。そういえば、亀田興毅は、今ドラマ「タイヨウのウタ」で難病の少女役で主演している沢尻エリカと一緒にキシリッシュのガムのCMにも出ていますね。CM出演や過激な挑発とパフォーマンスで何かとマスメディアを賑わわせている亀田興毅の実力が試される世界戦は8月2日なので、いよいよ明日、運命のゴングが鳴らされることになります。

WBA世界ライトフライ級王座決定戦「亀田興毅 VS ファン・ランダエタ(ベネズエラ)」の試合が、いよいよ明日に迫ってきましたが、いつも気性の荒さを前面に出して相手を挑発する“浪速の闘拳”亀田興毅が、今回の調印式では威圧のためのメンチを封印して冷静な態度で臨んだようです。あと、今回の世界タイトルで亀田は、一階級落として来ていて減量が相当にきついのではないかと噂されていたのですが、調印式にマックのハンバーガーを食べながら訪れて「減量には何の問題もない」ということを強くアピールしたらしいですね。ベネズエラからはるばる横浜アリーナまで世界戦を戦いにくるファン・ランダエタからすれば、そういったオーバーな減量パフォーマンスやキューピー人形のプレゼントはどうでもよくて、さっさと本番の試合で決着をつけたいというだけだとは思いますが、どういう試合展開になるのか楽しみです。

興毅、メンチはいらん!…2日WBA世界ライトフライ級王座決定戦

プロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅(19)=協栄=がなぞの“メンチ封印”で心理戦を仕掛けた。31日、都内で調印式と最終会見が行われ、対戦相手のファン・ランダエタ(27)=ベネズエラ=と初対面した亀田は、最終会見で恒例のメンチ切りを封印。これまでとは違う不気味な行動は闘拳流のかく乱作戦。用意周到な心理戦で、決戦前にランダエタをビビらせる。

精神的な揺さぶりは会見場への登場から始まった。迷彩色のつなぎにサングラス姿の亀田は、ハンバーガーをパクつきながら現れた。そのままひな壇の前を横切ると、先に着席していたランダエタに、グラブをつけたキューピー人形をプレゼント。「あいつ赤ちゃんやろ。そやからキューピーちゃんや。マヨネーズのヤツや」ベネズエラで「ベイビー」の愛称で親しまれている元WBAミニマム級王者を、完全に見下した。

厳しい減量を耐え忍んで試合に臨むことが常のボクサーの行動としては、異端的というかむちゃくちゃ楽観的な行動なわけですが、今回の世界戦では、あからさまな威嚇や挑発ではなく心理戦で戦いを挑みたいというような発言もしています。まぁ、相手も歴戦の世界チャンピオンですから、試合が始まれば、トリッキーな心理戦のみの効果でチャンピオンを不利な状況に追い込むのは難しいと思いますが、試合では小細工を弄するよりも力と力がせめぎ合うような正攻法でぶつかっていって欲しいですね。

僕としては、観客を盛り上げて試合を面白くするためのパフォーマンスには肯定的ですが、対戦相手を過度に侮辱したり小ばかにするような挑発は控えたほうが亀田の将来の評価を上げると思います。どうせ試合で圧倒的な力の差を見せ付けて、勝利する自信があるのであれば、試合前の相手をコテンパンに罵倒するよりもある程度の敬意を見せたほうが貫禄があってかっこよく見えるような気がします。しかし、数日前になりますが、紳士的な振る舞いとストイックな練習態度が魅力だったフェザー級の越本隆志が、強力なファイタータイプのルディ・ロペス(メキシコ)に接近戦を挑まれて完全に失神KOされたのは衝撃的でした。

続きを読む

テーマ : TV番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。