FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.2219:30

ネットビジネスを象徴する『塵も積もれば山となる』のロングテール理論は、今後のウェブでも通用するのか?The Wall Street Journal紙からのデータに基づく反論!

■WEB2.0のビジネスを象徴する“ロングテール”理論に異議あり!

アメリカのWired Magazine誌で編集長を務めるクリス・アンダーソン(Chris Anderson)が提唱して、インタービジネスの本質を表す概念として急速した概念が『ロングテール』ですが、The Wall Street Journal紙のコラムニストからこのロングテールが、実際のネットビジネスの売上を反映していないという反論が起きているようです。

ネットの革命「ロングテール」に異議 論争白熱

「Web 2.0」は、IT業界のみならずビジネス界全体の流行語となっている。そのなかでも関心を集めているキーワードが「ロングテール」(Long Tail)だ。このロングテールをはやらせた米Wired Magazine誌の編集長、Chris Anderson氏は7月、米国で著書『The Long Tail』を出版。勢いを加速した。だが、あっという間にベストセラーとなったこの『The Long Tail』に対して、米The Wall Street Journal紙のコラムニストが「誇大だ」と反論している。

(中略)

すなわち、Anderson氏は当初、「半分以上の売り上げが上位13万位以外から」と書いていたが、本になった段階で「売り上げの25%が上位10万位以外から」に修正されているというものだ。そして、ロングテール効果を測定する上で本当に有益なのは、「インターネット時代になる前、典型的な本屋では上位10万位が売り上げの何%を占めていたのかと比較すること」を提案している。

Amazon.comのビジネスモデルを端的に示すといわれるロングテールというのは、従来のビジネスの常識であった『パレートの法則(2:8の法則・80対20の法則=20%の売れ筋商品が全体の売上の80%を占める)』を打ち破るものです。在庫管理コストが安く商品の展示スペースに制限がないウェブビジネスでは、従来、展示スペースの狭さから置くことが出来なかった『人気のない死に筋商品』を無数に取り揃えることができ『塵も積もれば山となる』のビジネスモデルを確立することが出来ます。

商品を売上数の順番で並べた棒グラフを書くと、『少数の売れ筋商品(ベストセラー)』が恐竜の頭のように持ち上がり、『膨大多数の人気の乏しい商品(マイナー商品やマニア向け商品)』が恐竜の尾のように延々と何処までも続くことになります。この何処までも続く死に筋の人気の乏しい商品の長い長い尾のことをロングテールといい、Amazonのようなウェブビジネスはロングテールで稼ぐのだといわれてきました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

2006.08.2219:21

独立開業にアフィリエイトに投資活動にと、日本最大のSNS・mixiでビジネス関連のコミュニティが活性化!

■ビジネス展開する人が増えた日本最大のSNS、mixi

先日、『mixiの東証マザーズ上場の話』をお伝えしましたが、会員数が500万人を越えようとするmixiで、mixi本来の利用目的である『人間関係のネットワークを拡大する』とは違う目的でmixiを使い始める人が増えているようです。複数の人間が集まり集団が大きくなってくれば、人間は『異性(恋愛活動)』と『利益(経済活動)』を求めてさまざまな行動を見せ始めるものですが、mixiでも、経済的利益や開業資本を得ようとして自分を売り込むようなビジネス志向のユーザが現れてきたようですね。

僕はさっきまでmixiの利用規約では、表立ったマーケティング活動や営業を目的とした商業利用や実際にお金が動く商取引(モノやサービスの売買)は禁止されていたと思い込んでいたのですが、『物件も出資者も ミクシィで探して開業』の記事を読むと、フリーマーケットのコミュを開いて本やDVD、CDなどを売るのはOKなようです。

『お金儲けの方法についてのコミュニティ』『資本金の集め方や事業の開業のやり方のコミュニティ』などは無数に乱立しています。直接的にモノを売り買いしたり、利ざやの良い投資話でお金を動かしたり、宣伝広告のみの目的でmixiを利用している人もいるのでしょう。もうmixiも、遊びや趣味のコミュニティばかりのサイトではなくなっていて、ビジネスやリアルに関係するコミュニティが増えてきている状態にあるんですね。

mixiで知り合った人と『お金儲けのビジネス』について協力して事業を起こそうとしている人も少なからずいるみたいです。ネットビジネスやウェブマーケティング関連の書籍を複数出版している神田敏晶さんは、04年10月にSNSをモチーフにしたバー「ドット・バー」をオープンして、その出資金と物件をmixiで調達したというのですから驚きです。

続きを読む

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

2006.08.2217:20

トヨタの100%を越えるリコール率、健康植物油「エコナ」の意外な危険性、大手出会い系サイトのサクラ問題など広告主に遠慮しないユーザが作るニュースサイト「MyNewsJapan」!

個人が参加して作り上げていくウェブ2.0のCGM型ニュースサイトに「MyNewsJapan」というサイトがあります。このニュースサイトでは、企業の雇用や経営実態、マーケティング、製品評価など様々なトピックのニュースが一般の方が作成する記事によって配信されています。このサイトの理念は、『ジャーナリズムとコマーシャリズムの両立』ということで、広告収入を得ているからといって大企業やスポンサーに遠慮して記事を書くことはないというのをウリにしています。

実際に見てもらうと分かるのですが、ほんとにどの企業に対しても遠慮会釈のない手厳しい批判や評価を下しています。例えば、自動車業界の巨人であるトヨタの悪い面に着目した記事は一般の新聞社では殆ど読めませんが、ここでは、トヨタのリコール数は販売数の100%以上でありトヨタは欠陥車を多く生産しているという非常に辛らつな記事が書かれています。

2005年のトヨタの販売台数は170万台であるのに対して、リコールは188万台にも上り、リコール率は110.7%だそうですが……うーん、こういう大広告主の欠点や問題を強く指摘するような記事や報道って、なかなか既存のテレビ局や新聞社では出来ないでしょうね……しかし、トヨタの自動車にそんなに多くのリコールが出ているとは殆どの国民は知らないのではないでしょうか?一般的にトヨタといえば、一部上場企業の信頼のある会社で、毎年、世界有数の莫大な営業利益と経常利益を上げている優良企業であるといった認識しかないですからね。

問題はリコール率の高さもそうなんですけど、トヨタの情報開示体制の不備とコンプライアンス意識の低下にあるように思いますが、こういったリコールや修理の進捗状況に関しては情報開示義務みたいなものはないんでしょうかね?他の記事には、国土交通省も一緒になってトヨタの不祥事のリコール隠しを隠蔽しようとしているとありますが、これが事実かどうかは僕には判断できませんが、ネットで流れているニュースとしてはソースは意外にしっかりしていそうだし、表のマスメディアで流れているニュースとの落差に驚かされます……。

ただ、ここは基本は有料サイトですから、無料だと記事の半分しか読めないんですよね。でも、現場主義に立ったニュースの内容の希少性やニュースとしての情報密度の濃さを考えると、月額1,890円は高くはないかもしれません。ほんと物凄いスクープといっていいニュースが数多く掲載されていて、全文読めなくても結構ニュースを楽しむことが出来ます。それ以外の興味深かったニュースとしては、花王が販売している「エコナ」という健康志向をアピールしている植物油がありますが、この油に発ガン促進作用の疑いが掛けられているといったニュースもありました。こちらはまだ研究結果がはっきりでたわけではありませんが、花王は研究調査のデータ公開について慎重な構えであり、食品安全委員会ではデータのコピーは禁止されているということです……。

大手の新聞社やテレビ局が報道しない大企業の不祥事や問題点を鋭く指摘して追及していく姿勢があるという意味では、この「MyNewsJapan」というユーザ参加型のニュースサイトの存在意義は大きいと言わざるを得ないでしょうね。インターネットならではのニュースサイトで、広告主の意向によって記事内容を編集することは絶対しないことをアピールしていますから、表のメディアはある程度統制できる大企業でさえも十分な情報コントロールや影響力を行使できないのかもしれません。

続きを読む

テーマ : 企業倫理
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。