--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.0702:49

ニンテンドーDSで『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』が12月28日に発売!PS3の日本での初回販売台数が10万台に減少し、欧州では販売延期!

ニンテンドーDSの『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』がヒットする予感

ニンテンドーDSでは、『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』『ファイナルファンタジーⅢ』など面白いゲームソフトがぞくぞくと販売されていますが、またもや「ドラゴンボール」でおなじみの鳥山明のキャラクターを使ったドラクエ関連のゲームソフト『ドラクエモンスターズ』の発売が決まりましたね。

ファイナルファンタジーⅢは、小学生くらいの頃にプレイして相当苦労しながらクリアして記憶がありますが、FF2は自分で自分の仲間を攻撃するとレベルアップしていくという奇妙なゲームだった記憶があり、唯一FF2だけ最後までクリアしませんでした……。FFもⅦくらいからゲームする時間がなくなり、全くプレイしていないのですが、またゲームをゆったり出来る生活環境と時間が確保できたらやっていないFFシリーズをまとめてクリアしてみたいです。

ドラクエは、ファミコン版の1から4までクリアして、その後もちょこちょことやってきましたが、ニンテンドーDSで販売される『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』というゲームは、勇者を主人公としてモンスターのボスを倒しに行くようなストーリー展開とは全く異なるゲームです。簡単にいえば、ポケモンみたいなモンスター育成ゲームのドラクエバージョンなんですけど、何と言っても鳥山明がデザインした懐かしいスライムとか首狩り族とかキメラとかのモンスターを育成して対戦できるというのが最大のポイントですね。

「ドラゴンクエスト」シリーズに登場する多種多様なモンスターたちを仲間にしていって、対戦を重ねて経験値を上げて最強のモンスターへと育成していくというゲームなので、何処となくポケモンと似ている部分があります。“モンスターマスター”の頂点を目指すRPGなので、モンスターを倒すのではなく育成して強くしてから、友達の育てたモンスターとWi-Fiで通信対戦するのが楽しそうです。

スクウェア・エニックスから発売されるニンテンドーDSソフト「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」は定価5,040円で、発売日が12月28日に決定していますので、ドラクエファンの方は要チェックのゲームですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ファイナルファンタジーIII
ジャンル : ゲーム

2006.09.0701:04

Google先生へのクエリで勉強する子ども達!過去200年間のニュースが検索可能な“Google News Archive Search”

GoogleとYahoo!の検索環境が整備されることで、子ども達の学習方法が変わる?

インターネットの普及によって僕たちは世界中の情報にアクセスすることが出来るようになった。しかし、膨大な数のクローラーによってインターネット全体のコンテンツ(情報)を収集して検索可能にする「Googleのロボット型検索」が登場するまで、僕たちはYahoo!のようなディレクトリ検索でお目当てのサイトを探すしか方法がなかった。

現在では、Yahoo!もYST(Yahoo! Search Technology)という立派な精度の高いロボット型検索エンジンを持つようになっているけど、インターネット全体の情報を体系化して検索可能にするロボット型検索エンジンの元祖Googleの登場が持つ意義は余りに大きい。一部の人たちはGoogleの検索エンジンのことを「Google先生」と呼び、Googleに検索クエリを打ち込んで欲しい情報を探すことを「ググる」という。

常時接続のブロードバンド環境で、21世紀の情報化社会に生きる僕たちの多くは、百科事典や国語辞典、英和辞典などが遠ざかり始めている。何故なら、バーチャルなネットには、リアル社会にある百科事典を遥かに凌駕する広大無辺なデータベースがあり、そこから欲しい情報を即座に探し出す検索エンジンが存在しているからだ。検索エンジンは今後ますます検索精度を高め、検索対象を増やしていくだろう。その検索エンジンの進化は、未来の子ども達の学習スタイルや知識獲得方法を根本からシフトしてしまうに違いない。知識学習の効率化、情報取得の高速化、膨大なデータベースの自在な活用、それが未来の子ども達の学習スタイルになる可能性を否定するのは難しい情況になっているように感じる。

「ググる」子供と、「ググれない」子供

僕がそう答えると、少々父親の株が上がったりする。

「じゃあお父さん、室町時代に高利貸しとして栄えたのは酒屋と何?」 「何だって? 室町時代の高利貸し?」 「だから、室町時代に栄えたのは酒屋と何?」 「ああ、それは土倉のことだね。質草を保管するために土壁の倉を建てたことから、そう呼ばれるんだよ」

「ところでお父さん、何で質問すると必ず、一度聞き返すの?」と娘。勉強ができない割には、こういうところは頭がいい。

「仕方がない。教えてあげるから、こっちに来なさい」と言って、パソコンの前に娘を座らせる。

「いいかい、一度聞き返しながら時間をかせいでおいて、その間にこのグーグルバーにキーワードを入力するんだ。そうすると……」と言って、ブラウザーに組み込まれたグーグルバーに「室町 高利貸し 酒屋」と入力すると、「酒屋・土倉」というページが見つかる。それをクリックすると瞬時に、土倉が何であるかが分かるという仕掛けだ。十秒間時間が稼げれば、これくらいの検索は朝飯前なのである。

そんな種明かしをして、「後は面倒くさいので、お前が探せ」と言ってやらせてみると、やはりそれは若い世代だけあって、あっという間にグーグル検索がお手の物になる。

21世紀以降の知識学習と情報探索の基本は、以下の文章に集約される……『欲しいと思っている情報に関連するキーワードでググって、Google先生にインターネットから的確で妥当な情報コンテンツの在り処(URL)を教えてもらう』……数学や物理、化学、生物学、情報工学など自分の脳を使って論理的思考や科学的検証をしなければならない理系の学問や芸術的な創作活動を除けば、現代の子どもたちは、学校の先生よりも広汎な知識を持っているGoogle先生を味方につけて自由自在に使役することが出来るのである。

続きを読む

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。