--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.2222:40

イチローと渡辺謙でブランディングする“新型スカイライン”の発売が11月20日に始まる!スポーツカーからラグジュアリカーへの華麗な変化!

自動車業界から2ドアクーペのスポーツカーや4ドアのスポーティなセダンが姿を消そうとしていますが、日産がラグジュアリ・スポーツセダンのスカイラインをフルモデルチェンジして11月20日に発売しましたね。日産が誇る低燃費ハイパワーのV型6気筒エンジンを搭載している「3.5L VQ35HR」(排気量3500cc)と「2.5L VQ25HR」(同2500cc)の2系統でスカイラインは販売されましたが、更に、2WDと4WDを好みによって選ぶことが出来ます。

スカイラインといえば、僕の世代は、R32とかR33のGTSに乗っている人が多くて、280馬力を誇るフルスペックのGTRは憧れのスポーツカーでした。かなり古い年式の中古のGTRでも200万以上の値段がついていたりしましたが、あの圧倒的なレスポンスの良さとパワフルなエンジンの魅力は多くの若者を惹きつけていました。とはいえ、現行のVQエンジン搭載のスカイラインも、前の型のスカイラインと比較して約10%の燃費向上、クラス最高水準のクリーンな排出ガス(SU-LEV)の実現に成功していて、R32時代とは異なるエコロジーでパワフルなエンジンの魅力がありますね。

他のセダンと比較すると、爽快な加速音やアクセル操作に対するレスポンスの良さが特長になっているようなので、若い頃にスカイラインに乗っていて、今は落ち着いたスポーツセダンに乗りたいという人なんかは選択肢に入れても良いのではないかと思います。僕の個人的な印象ですが、今度のフルモデルチェンジされたスカイラインは、グロリア・セドリックの後継車であるフーガ(FUGA)のデザインに似ていて、BMW的な高級感とスポーティさを両立している風格がありますね。

特に、丸目のバックライトの処理が絶妙で、前の型のスカイラインに合った野暮ったさや重たさがなくなっています。車高も2センチほど低くなったようで、何となく全体の低い姿勢はホンダのアコードに似た精悍な雰囲気があります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

2006.11.2220:25

『池内ひろ美の考察の日々』の“期間工の記事”に見る職業アイデンティティと格差意識に基づく批判の問題:2

僕は、前回の記事で、長い年月を通して社会的承認を経たイメージのことを、『相対的な格差感を伴うイメージ(ステータス性・経済力・影響力・信頼感)』と呼んだのですが、相対的な格差間を伴うイメージとは直截に換言すれば、『本音レベルにおける格差意識』というものに近いのかもしれません。

この職業(仕事)にまつわる格差意識は、職業の差異化の意識であり、非難されるべき職業差別と直接的に結びついているわけではないと思いますが、『私はあの仕事よりもこの仕事が好きだ』という価値判断や『本当はあの仕事をしたかったんだけど、生活を維持する為に今の仕事を選んだ』という現実判断と密接に関係しています。

『高額所得を得られる職業・収入の少ない職業・特殊な資格やキャリアが必要な仕事・体力を使うきつい仕事・頭脳を使うスマートな仕事・頭脳とコミュニケーション技術を使う仕事・事務的な作業を繰り返す仕事・創造的なアイデアを必要とする仕事・社会的評価のある職業・華やかな綺麗な仕事・黙々とする裏方の仕事・安定した雇用形態・不安定な雇用形態』というような漠然としたイメージによって構成されている格差意識(差異化の意識)は誰もが持っていて、それと自分の能力やキャリア、資格、希望を照らし合わせることで可能な範囲で職業選択を行っていると考えられます。

多次元的な社会システムの中で市場経済が営まれる現代社会では、『本音レベルにおける格差意識』を吐露する主体者の属性(影響力)によって、『相手の反応(批判・否定・共感・肯定)』が大きく変わってくるのでしょう。

つまり、社会的アイデンティティに対する満足度が強く『安定性・実益性・社会的評価』が高い者ほど、その発言に包含される差別意識や自尊心が厳しくチェックされる可能性が高いということであり、他者に対する傲慢不遜な態度が強く批判されやすいということです。

続きを読む

テーマ : 格差社会
ジャンル : 政治・経済

2006.11.2220:08

『池内ひろ美の考察の日々』の“期間工の記事”に見る職業アイデンティティと格差意識に基づく批判の問題:1

『炎上池内ひろ美ブログ 反論でさらにネット上騒然』という記事を読んで、現代社会における職業アイデンティティと他者を批判する事の問題について色々と考えました。

夫婦・家族問題評論家(コンサルタント)の池内ひろ美氏が書いたブログの元記事では、居酒屋で偶然話しかけてきた30代前後の男性(4名)とのコミュニケーションが再現され、彼らがトヨタの期間工として働いていること、池内氏とその友人の職業が評論家・医師・会社経営者であることが明らかにされ、4名の男性に対する批判へと続いていきます。

『向上心がなくて勉強もせず、平日の早い時間から連日飲んでいる男の子』というのが批判の骨子ですが、その批判が期間工という職業アイデンティティに対して為された『職業差別的な発言』であると解釈されたことが原因でブログが炎上することになったようです。

人間は年齢を問わず、『私は何者であるのか?』というアイデンティティを確立すべく思考し行動している部分があります。アイデンティティ(自己同一性)は、「社会的アイデンティティ」「実存的アイデンティティ(他者と切り離された唯一無二の自己の連続性・一貫性のアイデンティティ)」に大きく分けることができます。

続きを読む

テーマ : 格差社会
ジャンル : 政治・経済

2006.11.1810:00

アメリカのノーベル賞経済学者ミルトン・フリードマンが94歳で死去。貨幣供給の金融政策で物価調整を考えた“マネタリズム”。

アメリカのレーガノミクスやイギリスのサッチャリズムに理論的根拠を与えた新自由主義の経済学者ミルトン・フリードマンが死去した。94歳での大往生だから思い残すことは余りなかったのではないかと思うが、ノーベル経済学賞を受賞しているとはいえ、経済学者でフリードマンほど現実の政治に大きな影響を残した人物はいなかったのではないだろうか?

米経済学者のフリードマン氏死去 ノーベル経済学賞受賞

市場原理と通貨供給を重視する「シカゴ学派」を率い、ノーベル経済学賞を受賞した米国有力経済学者、ミルトン・フリードマン氏が16日、カリフォルニア州サンフランシスコの自宅で心臓疾患のため死去した。94歳。80年代の米レーガン政権や英サッチャー政権の「小さな政府」や、今日の中央銀行の金融政策にも影響を与えた。

1946年から76年までシカゴ大教授を務めた。物価は貨幣供給量によって決定されるとした「マネタリズム」を構築し、76年にノーベル経済学賞を受賞。マネタリスト集団は「シカゴ学派」とも呼ばれた。ニクソン、フォードなど歴代共和党政権に助言、レーガン政権初期には経済政策諮問委員会委員を務めたほか、国営企業民営化を推し進めた英サッチャー政権の経済改革も理論的に支えた。

レーガノミクスはアメリカ経済の格差の問題を深刻化させたし、サッチャリズムも余りイギリス経済の成長には貢献しなかったように思うが、市場原理を最大限に信頼して、貨幣量調整によって物価や景気をコントロールしようとするフリードマンのマネタリズムには、無際限の公共投資を行うケインズ主義の対立軸としての意味づけがあった。現実の経済政策への応用の是非はともかくとして、フリードマンが国家財政を均衡させる方向の新自由主義(新保守主義)を説いたことには、その著書のタイトルにあるような『政府からの自由』という意義もあったように思える。

僕は必ずしも新自由主義の弱肉強食的な競争経済のルールに全面賛同するわけではないが、政治と哲学をコツコツ学んできて思うのは、『干渉されたくなければ、自立自尊の立場を失うな』ということであり、『権力から命令されたくなければ、権力の恩恵から極力自由であれ』ということですね。

無論、社民主義的な福祉国家の倫理的な確からしさを認めた上で、自由主義を論じることは大切であるが、自由主義の本懐とは『社会的・経済的自立によって他者(権力)からの不当な支配及び干渉を排除できる魅力』にあるのではないかなと思う。かつて家父長制社会では、女性は男性の経済力に生活を依存せざるを得ないために自由を剥奪されていたが、それと同様に、過度の国家からの福祉や支援を得ると国家への依存によって国家からの自由を主張することが難しくなってしまう気がする。

生活に困窮しているときや自力で克服できない障害があるときには、共同体的な位置づけでの国家に支援を頼むことは必要であるし、それは人間の最低限度の尊厳や人権の保障につながる。そういった必要不可欠な支援や救済として、社会福祉政策を展開することは国家の義務であるが、自由主義が社会福祉と無縁の思想であると即断することには留保が必要かもしれない。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2006.11.1610:19

ボストン・レッドソックスが付けた松坂大輔の入札額60億円は高いのか?安いのか?

西部ライオンズの松坂大輔(26)が、ポスティングシステム(入札制度)で大リーグに進出すると言うときには、日本で最高水準のピッチャーがどれくらいの経済的評価を受けるのだろうかと興味津々でしたが、蓋を開けてみると入札制度史上最高金額の『5111万1111ドル11セント(約60億円)』がついて驚かされました。

松坂選手との契約交渉権を60億円という破格の値段で落札したのは、かつて野球の神様ベーブルースがいたボストン・レッドソックスですが、この金額で利益が出るのかというところが大きな疑問でもあります。

現在の日本のプロ野球人気の低迷を考えると、60億円プラス契約金+年俸を支払うと大赤字になるのではないかという心配がありますが、野球が国技としての地位を固めているアメリカの大リーグのほうは、恐らく、日本よりも野球ビジネスの市場規模と大リーガーによる経済波及効果が大きいのでしょうね。まぁ、一部では元を取れなくても、他のチーム(ヤンキース)に松坂を渡したくないから異常な高値をつけて確実に交渉権を取りにいったのではないかという声もあります。

何故、ここまで高い落札価格になったのかについては複合的要因と説明されていますが、やはり、日本を世界一の栄冠に導いたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での松坂大輔投手の活躍が効いているのではないかと思います。WBCで、松坂選手は『最優秀投手』に選出されて、大リーグでもその実力が十分に通用することを示しました。

続きを読む

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

2006.11.1609:03

『14才の母』の主題歌・ミスチルの『しるし』がオリコン1位獲得!広末涼子と夫・岡沢高宏が別居中の噂?

『14才の母』の主題歌・ミスチルの『しるし』が大ヒット

昨夜は、志田未来が主演する『14才の母』のドラマが合っている時に、ちょうど北海道東岸部の地震による津波警報がずっと出ていましたが、中学生の少女が妊娠という厳しい現実をつきつけられるこのドラマは、テーマがセンセーショナルなこともありかなり高い視聴率を得ているようです。『性の逸脱行動や低年齢化』が日々のニュースや事件、子供の話題で伝えられる中で、性行為の結果として必然的に起こる可能性がある『妊娠・出産・中絶(堕胎)』という現実とどう向き合っていくのかという非常にヘビーなテーマです。

何故、中学生の自由恋愛で性交渉をすべきでないのか、それが非行の一つとされるのかという理由の一つは、結局、中学生には性行為の結果生じる事態(妊娠出産・中絶)に対して責任を取るだけの社会的経済的能力や法的な責任能力がないからと言えるでしょう。少年法において、未成年が犯罪を犯しても厳しく罰せられる事が少ないように、未成年は身体的にも精神的にも未熟な存在で、十分な法的責任能力がないとみなされています。

いじめ問題で、加害者を逮捕して厳しい罰則を加えたり、少年刑務所にぶち込めばいいという意見もありますが、それが法的に認められにくいのは、未成年は善悪を判断する能力が未熟で衝動性をコントロールする能力が不完全だという社会的認識があるからですね。10代後半になればある程度の道徳観ができてきますが、10歳くらいの子供が行う万引きには、大人が窃盗や強盗をする時のような道徳的罪悪感は希薄であり、社会的な罪悪の意味が十分に理解できないと考えられるわけです。

無論、大人でも善悪の分別が不完全で、衝動や欲望に任せて身勝手な行動ばかりする人もいますが、20歳を越えても無能力者として大目に見ていたら、大人と子供の区別が永遠につきませんからね……とりあえず、責任能力の個人差は無視して、一律的に20歳を越えたら大人にするという定義をしているだけなので、実際には、17歳で大人同様の倫理観を持って行動をコントロールできる人もいれば、50歳になっても幼稚な価値観を持って衝動的な行動や犯罪をする人もいるでしょう。

志田未来さんの『14才の母』の内容に関する感想から脱線しましたが、このドラマの主題歌でミスチルが歌っている『しるし』が、凄い勢いで売上げを上げていてオリコンで断トツの1位になったようですね。この歌は、『人を愛するという真っ直ぐな気持ち』を優しく歌いこんだラブソングということですが、11月14日付けのランキングで2位以下を大きく引き離しているので、来週以降もトップに残ることが確実な模様です。

続きを読む

テーマ : Mr.Children
ジャンル : 音楽

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。