FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.2222:40

イチローと渡辺謙でブランディングする“新型スカイライン”の発売が11月20日に始まる!スポーツカーからラグジュアリカーへの華麗な変化!

自動車業界から2ドアクーペのスポーツカーや4ドアのスポーティなセダンが姿を消そうとしていますが、日産がラグジュアリ・スポーツセダンのスカイラインをフルモデルチェンジして11月20日に発売しましたね。日産が誇る低燃費ハイパワーのV型6気筒エンジンを搭載している「3.5L VQ35HR」(排気量3500cc)と「2.5L VQ25HR」(同2500cc)の2系統でスカイラインは販売されましたが、更に、2WDと4WDを好みによって選ぶことが出来ます。

スカイラインといえば、僕の世代は、R32とかR33のGTSに乗っている人が多くて、280馬力を誇るフルスペックのGTRは憧れのスポーツカーでした。かなり古い年式の中古のGTRでも200万以上の値段がついていたりしましたが、あの圧倒的なレスポンスの良さとパワフルなエンジンの魅力は多くの若者を惹きつけていました。とはいえ、現行のVQエンジン搭載のスカイラインも、前の型のスカイラインと比較して約10%の燃費向上、クラス最高水準のクリーンな排出ガス(SU-LEV)の実現に成功していて、R32時代とは異なるエコロジーでパワフルなエンジンの魅力がありますね。

他のセダンと比較すると、爽快な加速音やアクセル操作に対するレスポンスの良さが特長になっているようなので、若い頃にスカイラインに乗っていて、今は落ち着いたスポーツセダンに乗りたいという人なんかは選択肢に入れても良いのではないかと思います。僕の個人的な印象ですが、今度のフルモデルチェンジされたスカイラインは、グロリア・セドリックの後継車であるフーガ(FUGA)のデザインに似ていて、BMW的な高級感とスポーティさを両立している風格がありますね。

特に、丸目のバックライトの処理が絶妙で、前の型のスカイラインに合った野暮ったさや重たさがなくなっています。車高も2センチほど低くなったようで、何となく全体の低い姿勢はホンダのアコードに似た精悍な雰囲気があります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

2006.11.2220:25

『池内ひろ美の考察の日々』の“期間工の記事”に見る職業アイデンティティと格差意識に基づく批判の問題:2

僕は、前回の記事で、長い年月を通して社会的承認を経たイメージのことを、『相対的な格差感を伴うイメージ(ステータス性・経済力・影響力・信頼感)』と呼んだのですが、相対的な格差間を伴うイメージとは直截に換言すれば、『本音レベルにおける格差意識』というものに近いのかもしれません。

この職業(仕事)にまつわる格差意識は、職業の差異化の意識であり、非難されるべき職業差別と直接的に結びついているわけではないと思いますが、『私はあの仕事よりもこの仕事が好きだ』という価値判断や『本当はあの仕事をしたかったんだけど、生活を維持する為に今の仕事を選んだ』という現実判断と密接に関係しています。

『高額所得を得られる職業・収入の少ない職業・特殊な資格やキャリアが必要な仕事・体力を使うきつい仕事・頭脳を使うスマートな仕事・頭脳とコミュニケーション技術を使う仕事・事務的な作業を繰り返す仕事・創造的なアイデアを必要とする仕事・社会的評価のある職業・華やかな綺麗な仕事・黙々とする裏方の仕事・安定した雇用形態・不安定な雇用形態』というような漠然としたイメージによって構成されている格差意識(差異化の意識)は誰もが持っていて、それと自分の能力やキャリア、資格、希望を照らし合わせることで可能な範囲で職業選択を行っていると考えられます。

多次元的な社会システムの中で市場経済が営まれる現代社会では、『本音レベルにおける格差意識』を吐露する主体者の属性(影響力)によって、『相手の反応(批判・否定・共感・肯定)』が大きく変わってくるのでしょう。

つまり、社会的アイデンティティに対する満足度が強く『安定性・実益性・社会的評価』が高い者ほど、その発言に包含される差別意識や自尊心が厳しくチェックされる可能性が高いということであり、他者に対する傲慢不遜な態度が強く批判されやすいということです。

続きを読む

テーマ : 格差社会
ジャンル : 政治・経済

2006.11.2220:08

『池内ひろ美の考察の日々』の“期間工の記事”に見る職業アイデンティティと格差意識に基づく批判の問題:1

『炎上池内ひろ美ブログ 反論でさらにネット上騒然』という記事を読んで、現代社会における職業アイデンティティと他者を批判する事の問題について色々と考えました。

夫婦・家族問題評論家(コンサルタント)の池内ひろ美氏が書いたブログの元記事では、居酒屋で偶然話しかけてきた30代前後の男性(4名)とのコミュニケーションが再現され、彼らがトヨタの期間工として働いていること、池内氏とその友人の職業が評論家・医師・会社経営者であることが明らかにされ、4名の男性に対する批判へと続いていきます。

『向上心がなくて勉強もせず、平日の早い時間から連日飲んでいる男の子』というのが批判の骨子ですが、その批判が期間工という職業アイデンティティに対して為された『職業差別的な発言』であると解釈されたことが原因でブログが炎上することになったようです。

人間は年齢を問わず、『私は何者であるのか?』というアイデンティティを確立すべく思考し行動している部分があります。アイデンティティ(自己同一性)は、「社会的アイデンティティ」「実存的アイデンティティ(他者と切り離された唯一無二の自己の連続性・一貫性のアイデンティティ)」に大きく分けることができます。

続きを読む

テーマ : 格差社会
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。