--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.2418:03

ソフトバンクモバイルのCMに『いじめを助長する』と苦情殺到!消費者のニーズと感情に考慮した公正なCMが求められる携帯電話業界

先日の記事で、ソフトバンクモバイルの新しいCMの好感度が低くて評判が悪いという話をしましたが、早速、毎日新聞の記事で取り上げられていましたね。このCMは、ボーダフォンに代わって登場したソフトバンクモバイルの知名度を上げるという目的を達成したとは言えるのでしょうが、『仲間外れを彷彿させる嫌なイメージ』や『いじめを助長する排他的な雰囲気』を消費者に思い浮かばせてしまったのは予想外の痛手でした。

ソフトバンク:携帯電話CMに「いじめ助長」の抗議相次ぐ

ソフトバンクモバイル(本社・東京都港区)の携帯電話料金のCMに、「いじめを助長する」との抗議が相次いでいる。特定の時間帯なら同社の携帯電話同士の通話が無料となることをPRする中で、同社以外の携帯電話を使う人は仲間外れにされるともとれる部分があるため。同社は「CMは当初の予定通りに24日で終了する。ご意見は今後に生かしたい」と説明するが、いじめが社会問題化する中、不快に感じる視聴者が多かったようだ。

11日から全国のテレビ局で放送されている同社の「ゴールドプラン」のCM。女子大生4人が登場し、「試合の件は電話して」「いいよ。私にかけるとお金がかかるし」「あ、そっか。ソフトバンクじゃないんだ」などと会話する。さらに、料金の説明とともに「友達は大切に」というテロップを流している。同社は苦情件数を公表していないが、「いろいろなご意見はいただいている」と話す。

この記事ではCMの女子学生の会話の最後が収録されていませんが、最後にはちゃんと『いいよ、キミちゃんが悪いんじゃないんだし』というカバーが一応入ってはいるんですけどね。しかし、実際の携帯電話のシェアでは、ソフトバンクモバイルはNTTドコモとauよりもかなりシェアが小さいので、実際には、このCMのように周りの全員がソフトバンクの携帯を持っている状況になることは少ないと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : SoftBank(ソフトバンクモバイル)
ジャンル : 携帯電話・PHS

2006.12.2415:38

Yahoo!の検索エンジンYSTが大幅にインデックス更新!ブログの大半はアクセス数が大きく減少か?

12月13日あたりに、Yahoo!のロボット型検索エンジンYST(Yahoo Search Technology)で、大規模なインデックスの更新かアルゴリズムの変更があったようで、ウェブの検索順位が大幅に変化しているようです。

ブログ界隈ではYSTの検索エンジンからのアクセスを減らしている人が多いようですが、当ブログでもYSTからのアクセスは4割~6割ほど減少しています。これまでは、GoogleからのアクセスよりもYahoo!からのアクセスのほうが圧倒的に多かったのですが、13日以降は現在に至るまでGoogleとYahoo!からのアクセスが殆ど同じになっています。

今まで当ブログの検索エンジンからのアクセス数は比較的安定していて今回ほど大きくアクセスが動いたのは初めてでしたが、掲示板などでいろいろな書き込みを見ているとウェブサイトのほうは多少の減少はあったもののブログほど大きな影響は受けていないようです。一部ではYSTのインデックスそのものが大幅に書き換えられてブログ記事の大半がインデックスから削除されたという人もあるようですが、このブログで“site:サブドメイン検索”を掛けたところ、インデックス数自体はGoogleよりもYahoo!のほうが多くなっています。

YSTでは何を基準にして検索順位を決めているのかが見えにくいことから、YSTに対してSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)をするのは難しいといわれていますが、今回の検索順位の変更(アルゴリズムの変更)は、バックリンク数やキーワードの出現頻度などとは余り関連がないようです。文章量が短すぎるとインデックスされ難いとも言われますが、YSTの上位表示サイトの文章量はまちまちで、非常に短い文章の記事でも上位に掲載されていることもあります。

Googleでは『サイトやブログの歴史(ドメイン使用期間の長さ)』を考慮して検索順位を決定しているという話もありますが、YSTの今回のアルゴリズム変更では、必ずしも更新期間の長い古いサイトが優遇されているわけではないようですね。基本的には、ランダムで予測不可能な変更だったということなのでしょうが、SEOに力を入れているブログやサイトでは対応が困難を極めているようですね。

僕はSEOを意識せずに、とりあえず自分の書きたい内容をコツコツと更新していただけなので、YSTからのアクセスが自然に回復するのを待つくらいしか出来ませんが、YSTのアクセス減少の要因に関する憶測に基づく見解には以下のようなものがあるようです。

但し、一般の無料ブログでも5位以内に表示される検索キーワード(クエリ)は数多くあるので、恐らく『一義的な上位表示の要因』はないと思われますが、アフィリエイトリンクに関しては若干のペナルティを受ける可能性があるのかもしれません。上位表示されているサイトやブログで、アドセンスやアマゾンを表示しているサイトが極端に減っている印象があるので、もしかするとそういったアフィリエイトリンクを貼っているサイトにある程度のペナルティを与えるアルゴリズムになったのかなという推測は成り立ちますね。

続きを読む

テーマ : SEO対策
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。