--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.1221:09

勉強が無意味になる「学歴ノーリターン社会」はやってくるのか?2007年の大学生・就職先人気企業ランキング!

先日、J-CASTニュースで、中野雅至氏へのインタビューを元にした『「学歴は儲からない」 だから誰も勉強しなくなる』という記事と『学歴の価値暴落 東大卒「割に合わない」』という記事を読みましたが、僕自身の経験と周囲の状況からいくと、『学歴はないよりもあったほうが儲けられる可能性』が高いし、何より毎月の所得がそれほど大きくなくても一般社員としては高い水準の給与・賞与が得られます。

また、中野氏が言うように、中央官庁の官僚や一部上場企業の社員以上の所得(月100万円以上の所得)を得るための才能は学業成績とは無縁なことが多いですが、中央官僚や大企業の正社員になることが「割に合わない」というほど悲惨な情況だという認識はちょっと偏った見方ですね。仮に月数百万レベルの所得を得られるスモールビジネスや株式会社の起業に成功しても、生涯賃金ベースで考えると、官僚や大企業社員に比べて必ずしも有利ではありません。スモールビジネスや会社設立には、最悪、会社(個人事業)の倒産のリスクがあり、つぶれた場合に潰しが効きにくいという不安があります。つまり、事業が成功している期間は高給取りでも、有利な転職を可能にする継続的な職業キャリアとしては認められにくいということです。

何より、生涯にわたってある程度豊かに安定した経済生活を営めるという『精神的・経済的な安心感』というのは、短期間だけ大きな稼ぎを得られれば良いという『不安定なギャンブル精神』と対極にあるものであり、特別な起業やビジネスの才能・センスがない限りは、大抵の人は公務員かサラリーマンを選ぶものです。東大や京大をはじめとする上位国立大学に入学したといっても、同期だけで東大には約2,000~3,000人の人間がいるわけで、それら全てが年収数千万円のレベルに達せる社会のほうが異常であり、平均して年収1,000万円程度の所得とある程度の社会的地位のレベルが維持されていればそれで十分に「割りに合う」と思います。

中野氏は日本の学歴の最高位である東大をベースにしていますが、世界的には東大は50位前後の評価を上下している「ありふれた一流大学」という認識がなされています。更に、海外留学が増えている現在の日本の大手企業や外資系(証券会社・製薬会社)などの社員では、スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学、オックスフォード大学、カリフォルニア大学など世界の一流校で学位や資格を得ている人材が増えています。そういったことを考えると、東大は特別に「過剰な教育投資をした人材」が集積する場所ではなくなっていますし、官僚や医学の世界にも世界の名門校を出た帰国子女などはざらにいますね。

仮に、もし東大卒業でも流暢な英会話が出来なければ、二流大学で英語がぺらぺらと話せる人材に、外資系のポスト争いで敗れる可能性が高いですし、コンピュータのエンジニアを目指すのであれば工学部に入学するだけでなく、業務に必要な資格や専門スキルを磨く必要があります。最近ニュースを賑わわせている夫婦間の殺人事件の被害者となってしまった男性も、中央大学卒で東大よりも偏差値は低いですが、(東大卒業者でも採用されないことの多いと思われる)モルガン・スタンレー証券という国際的な大手の証券会社に勤めていました。

要するに、入学して卒業さえすれば将来ずっと成功と昇給が約束されているというような「甘い学歴神話」は崩壊したといっていいですが、卒業後も学習と研鑽の努力を続けるのであればやはり元々の知能や理解・応用力が優れている高学歴者のほうが職業上のポテンシャルも高いと思われます。キャリアの将来計画とスキルの上昇志向をもって仕事に臨まなければいけないのは、高学歴者も低学歴者も変わらないでしょうし、今後も高学歴者が努力し続ければ「割りに合わない事態」はそうそうないでしょう。

ホリエモンとかプロスポーツ選手とか芸能人(ハリウッド俳優)とか成功した起業者とか、年収何億円、資産何百億円とかいう「特殊な成功者」と、東大やオックスフォードやMITを出ている一般労働者(サラリーマン・公務員・専門職)を比較すること自体がナンセンスなのであって、今後も、前者のような「ギャンブル的要素の強い破格の成功者」がいる一方で、後者の「平均所得以上の所得を得られるまあまあの成功者」も存在し続けると思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 労働問題
ジャンル : 政治・経済

2007.01.1219:19

“iPhone”と“Apple TV”を打ち出したアップル社の新たな挑戦:iTunes Storeの領域拡大と携帯端末市場への進出

コンピュータ業界におけるカリスマ的経営者であるスティーブ・ジョブズは、画期的な携帯音楽プレイヤー「iPod」を発売して、デジタル市場に復権を果たしました。ジョブズ率いるアップル社(Apple社)は、2006年に、主力商品だったパソコン(Mac)ではなく、デジタル音楽プレイヤーの「iPod」とオンラインの音楽販売サイト「iTMS(i Tunes Music Store)」で爆発的な売上げを計上しました。ジョブズが起こした音楽業界の革命は、デジタル音楽革命であり、「音楽を聴くスタイル」そのものを根本から変革する非常に大きな改革でした。

SONYのウォークマン発売以来、「音楽を持ち運ぶこと」自体は当たり前となりましたが、音楽を携帯するためには「カセット・CD・MD」といった記録媒体を絶えず必要としていたため、携帯音楽プレイヤーは必然的に「一定の大きさ」を持たざるを得ませんでした。また、CDをレンタルしてカセットやMDに録音するか、高いCDを購入して音楽を持ち運ばなければなりませんでした。iPodは、「外部の記録媒体」を必要せず「内部のHDD(ハードディスク)」に音楽をダウンロードすることを可能にし、本体の超小型化と洗練されたデザインを実現したことで、若者を中心に大人気となり、デジタル音楽プレイヤー市場で圧倒的なシェアを獲得したのです。マイクロソフトも「Zune」で追撃を始めましたが、iPodと比べるとデザイン面や機能面での魅力が乏しく大きな人気を集めるには至っていません。

アップルの9日の発表によると、巨大なオンラインストアである「iTunes Store(アイチューンズストア)」において、音楽を20億曲以上、テレビ番組を5,000万本以上、また長編映画を130万本以上ダウンロード販売したそうなので、その売上げは驚異的なものとなっていますね。iTunes Storeの魅力は何といっても品揃えの豊富さと一曲あたりの安さであり、代表的なダウンロード販売商品としては、400万曲以上の音楽、250の映画、350のテレビ番組、10万以上のポッドキャストがあります。

今、デジタル音楽とガジェット(周辺機器)の分野で最も高い注目を集めているアップル社ですが、またもや、面白くて便利そうな新商品を二つ発表しています。それが、「Apple TV」iPhoneです。新商品のApple TVというのは、簡単に言ってしまえば、今までiPodの小さな画面でしか楽しめなかったiTunes Storeデジタルコンテンツ(音楽のPV・映画・写真・ポッドキャスト)をテレビで楽しめるというセットトップボックスの商品です。

アップル、PCのiTunesコンテンツをTVでワイヤレス受信できるユニット「Apple TV」

Apple TVは、40GバイトHDDを内蔵しており、ビデオ/音楽/写真といったコンテンツが保存できるほか、720pでの映像出力が可能なユニット。PCに保存されたデータの再生に加え、Apple TVからPCを介したiTunesとのシームレスな連携により、「iTunes Store」にあるさまざまなコンテンツを選んでダウンロードできるのが特徴だ。

本体サイズは縦197×横197×高さ28mm、重さは1.09kg。データ入力にはIEEE802.11nの無線LANおよび有線LAN (Ethernet)を、映像出力にはHDMI端子およびアナログのコンポーネント出力をそれぞれ1系統装備する。なお、Sビデオ/コンポジットビデオ端子は装備されていないので注意が必要だ。

発売予定日は2月で、予定販売価格は36,800円ということで、価格はそれほどお買い得なわけではありませんが、新しく薄型の液晶テレビや大型のプラズマテレビを買った人などであればiTunes Storeと連携させられるのでいいかもしれませんね。もちろん、パソコンに保存しているHDDのコンテンツもテレビで再生できるようになりますし、40GバイトHDDを内蔵しているので大量ではないもののある程度の分量のコンテンツをダウンロードできます。欲を言えば、映像コンテンツなども扱うので、80Gバイト以上は欲しいところだと思いますが。

続きを読む

テーマ : iPhone
ジャンル : コンピュータ

2007.01.1212:23

NHK(テレビ)の放送倫理とメディアの特性!ウェブで「見たい人」に「見たいモノ」を探させる時代へ!

前回書いた「DJ OZMAとNHKの追放処分についての記事」の補足になりますが、国民から徴収する放送料金で運営されているNHKの放送倫理は「社会(国民世論)の平均的な道徳感情」に準拠したものにならざるを得ないでしょうね。テレビというマスメディアの特性として、『同時に不特定多数のマス(大衆)に、同一の内容を伝達する』という特性がありますから、ある一定の人(禁欲的道徳や常識観念などに余り関心がない人やそれを変えたいと思っている人)が面白いと感じる“不道徳(非常識・反社会的・性的)なネタ”を放送するのは難しいと思います。

マスメディアは基本的に視聴者が「受動的に情報を受け取るメディア」であり、インターネット(ウェブ)は基本的に視聴者が「能動的に情報を探すメディア」ですから、DJ OZMAのボディスーツがウェブで公開されていれば、「能動的に探して見たいという人」しか見ないので大きな問題にはならなかったでしょう。その代わり、マスメディア(テレビ)のように一気に何百万人という大勢の人に、そのパフォーマンスを見せ付けることは出来ないので、宣伝広告や知名度アップの効果は余り望めないでしょうが。非難の中心は「見たくない人」に「見たくないモノ」を見せることにありますから、当面の間(社会道徳が大きく変化しない限りは)は、DJ OZMA的なサプライズというのは、テレビよりも「見たい人に見たいモノを見せられるウェブ」でやるべきということになります。

確かに、普段から怪しいビデオを見ている人や恋人とアブノーマルなことをしている男女にとっては、「あのくらい、何の刺激もないし子供の教育上にも問題ないだろう。俺は10歳の頃から友達と……」というようなこともあるかもしれませんが、NHKというのは小さな子供から80代以上の高齢者まで視聴している国営放送ですから「社会全体の平均的な道徳感情」に配慮する必要はあるかと思います。面白ければ何でもいいというバラエティは民間放送でやればいいわけですし、ナインティナインの「めちゃイケ!」みたいに幾ら苦情や批判がきても全く応えないタフな番組もあります。

続きを読む

テーマ : 紅白歌合戦
ジャンル : ニュース

2007.01.1211:44

DJ OZMA、紅白の過激パフォーマンスで、NHKから実質上の出場停止処分!宣伝効果で『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』は売上が若干上昇!

以前の記事で、紅白歌合戦におけるDJ OZMAの過激パフォーマンスの問題について取り上げましたが、相次ぐHNKへの厳しい批判を受けて、『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』を歌ったDJ OZMAは、NHKの番組に今後出演できなくなる可能性が高くなっているようですね。

実質的な出場禁止処分を受けそうな流れになっているわけですが、NHKの橋本元一会長は11日の定例会見で、「不快感を与えるシーンがあり、大変申し訳ない」と再び陳謝しており、NHKや橋本会長からすれば「何で事前のリハーサルで予見できなかった事柄について、自分たちが謝罪しなくてはならないのだろうか?」という怒りもあるものと思われます。

一方、DJ OZMAのほうは、紅白騒動で宣伝効果が生まれ、『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』が最新のオリコンチャートで先週1月1日付の107位から一気に42位へと上昇したそうですが、「泣きっ面に蜂」にはならず「棚ボタのうまみ」を得ているようです。いずれにしても、この大騒動で一番得をしたのはDJ OZMAでしょうし、NHKのほうは正論を言っているのにも関わらず、「新しいエンターテイメントの感性についていけていない」とか「会長が(こんな演出をするとは)全く知らなかったなどと言うのは往生際が悪い」とか批判されている有様です。

もちろん、DJ OZMAを手厳しく批判して、非常識で不愉快なパフォーマンスと斬り捨てている人もいますし、一発芸的な売名行為でなく歌そのもので勝負すべしというような意見もあります。

ウェブのブログや掲示板では、DJ OZMAのボディスーツを使ったパフォーマンスに対して「旧来の常識を打ち破る過激な演出・優等生的な紋切り型のNHKの紅白に刺激を与えた・こういう予想外のパフォーマンスがあってもいい」といった感じの肯定的な意見も見られますが、NHKとしては、国民から一律的に放送視聴料を集めている以上、「公序良俗に背く疑いのある“性的部位”を過剰に意識させるパフォーマンスはNG!」ということでしょうね。

続きを読む

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

2007.01.1210:33

大手菓子メーカー「不二家」が、消費期限切れの材料をお菓子に使用!求められる「消費者の食の安全」と「企業の社会的責任」の自覚!

不二家(本社・東京)といえば、“ペコちゃん”の商標でお馴染みの知名度の高い大手菓子メーカーで、僕もイチゴのショートケーキやプリンアラモードなどが好きだったのですが、今、大きな隠蔽疑惑の波に襲われていますね。消費期限切れの牛乳をシュークリーム製造に使っていたことが内部調査で発覚していたのに、それを経営陣が早期に公表せずに放置していたことが問題視されています。

この問題は、食品衛生法に意図的に違反したという意味で『消費者の信頼への違背行為』であると同時に、経営者のコンプライアンスと消費者感情に対する『危機管理意識の低さ』が原因になった事件だと思います。

細菌基準10倍で出荷 不二家、社内連絡が不徹底

大手菓子メーカー「不二家」(本社・東京)の埼玉工場が昨年10月から11月にかけて消費期限が切れた牛乳を使ってシュークリーム約1万6000個を製造、出荷していた問題にからみ、同社は11日に開いた記者会見で、昨年6月に同工場で作った洋菓子「シューロール」から基準を超える細菌を検出しながら、そのまま出荷していたことを明らかにした。

同社によると、昨年6月8日に製造したシューロールの細菌検査で、食品衛生法が定める基準の約10倍、同社の自主基準の約100倍にあたる細菌数を検出した。本来は再検査のあと廃棄しなければならなかったが、検査結果の社内での連絡が不徹底だったため、113本が出荷されたという。同社はほかにも、アップルパイ製造の際に賞味期限が過ぎた材料を使ったことなども明らかにした。

しかし、この古い牛乳やりんご(消費期限切れの材料)などをお菓子作りに使うという行為は、他の小規模店舗でも行われている可能性はあるでしょうね。消費者の多くは、性善説的に食品会社や外食店舗を信頼していることが多いわけですが、外食産業などでアルバイトをしている人の話を効くと、意外に「材料の使い回し」や「消費期限に融通を効かせること」は行われているようです。

不二家のベテラン菓子職人(従業員)は、自分が大手メーカーの製造責任者であることを忘れて、「期限が切れても、一日、二日くらいなら健康被害は出るはずがない」という安直な判断をしたのかもしれませんね。

続きを読む

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。