--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.2606:47

NTTドコモ・au・ソフトバンクが、未成年者の有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリングサービスを強化!

携帯電話から簡単にウェブ(インターネット)にアクセスできるのはとても便利ですが、モバイルが普及したことによって、子供のウェブ被害や出会い系を利用した犯罪(援交や詐欺、精神的暴力、経済的被害など)が増えてきているようです。そこで、NTTドコモ・au・ソフトバンクの携帯キャリア3社が、20歳未満の未成年者の『有害サイトへのアクセス制限』を強化するということですが、どれくらい有効に機能するでしょうかね?

有害サイト:未成年者の接続制限強化へ 携帯3社が方針

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯電話大手3社は、出会い系など有害サイトへの未成年者のインターネット接続を制限する「フィルタリング」サービス普及の取り組みを強化する方針を決めた。未成年者が携帯電話を新規契約する際の親権者同意書にサービスが利用できることを明文化したうえで、親の意思を必ず確認する。3社は直営の携帯ショップや大手家電量販店にこの方針の通知を始めた。

3社のうちNTTドコモは、サービス利用について、新規契約時に親の意思確認を必ず求めるように親権者同意書の内容を改めた。ソフトバンクモバイルは販売店向けの新規契約マニュアルに親への意思確認を徹底する文言を追加するとともに、対象年齢を従来の18歳未満から他社と同じ20歳未満に引き上げる。KDDIも2月から同様に同意書の内容を切り替え、販売店への周知徹底を図る。

警察庁によると、06年上半期に出会い系サイトに関連した全国約900件の摘発事例のうち、約85%に18歳未満の未成年が関与するなど事態が深刻化している。

具体的には、20歳未満の未成年者が携帯電話を購入するときには『親権者の同意』が必要なので、同意書に有害サイトへのアクセスを制限できる『フィルタリング・サービス』があることを明記し、フィルタリングをするかしないか親に必ず確認するというものです。

年齢制限が以前の18歳未満から20歳未満に挙げられていることも規制強化といえるでしょうが、飽くまで親がフィルタリング・サービスを希望しなければ、有害サイトへのアクセスは制限されませんので、子供が『絶対にフィルタリングはいらない』と強く主張したら拒絶できない親もいるかもしれませんね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2007.01.2606:30

29~39歳のフリーター・ニートも国家公務員になれるチャンス!「再チャレンジ支援総合プラン」で国家公務員の中途採用枠を拡大!

安倍晋三首相が、敗者復活が可能な『再チャレンジ社会』を作り上げていくということを首相就任直後から言っていましたが、その具体的な政策が一つでてきましたね。今まで、公務員は地方も国家も年齢制限があったのですが、2007年度の国家公務員の採用試験から年齢制限が大幅に緩和されるようです。地方公務員のほうは各自治体が年齢制限を規定しているので、まだ暫くは、20歳代前半から30歳くらいまでの年齢制限は残るのでしょうが、段階的に年齢制限は撤廃することが望ましいでしょうね。

国家公務員の中途採用というのは以前からあったのですが、年齢が28歳くらいまでに制限されていたように思います。今回の改正で新設された中途採用枠では、『29歳から~39歳まで』を対象にしているので、ちょうど就職氷河期に当たっていた人たちに再チャレンジのチャンスが与えられることになりそうです。競争が激しくなっている民間の市場経済では、雇用が大きく流動化していますので、一度就職すれば滅多なことでは解雇されることのない国家公務員はなかなか魅力的な職種かもしれません。

国家公務員に中途採用枠新設 29~39歳を対象に

政府は「再チャレンジ支援総合プラン」の一環として、29~39歳を対象にした中途採用枠を2007年度の国家公務員採用試験からを新設すると、読売新聞が2007 年1月24日の夕刊で報じた。国家公務員3種試験(17~20歳が受験資格)と同レベルの試験を07年9月に実施し、100人程度を採用する。当初はフリーターに限定した国家公務員の中途採用を検討していたが、フリーターの定義があいまいなため、年齢制限を設けたという。

ただ一つ残念なのは、今回、門戸が開放された国家公務員は、高卒レベルを対象とした国家Ⅲ種の試験であることですね。国家Ⅲ種だと、一流とされる大学を出てニートやフリーターになっている人が積極的に受験しない可能性があるので、どうせ門戸を大きく開くのであれば実力重視とポジティブ志向を徹底して、国家Ⅱ種(短大卒レベル)と国家Ⅰ種(大卒レベル・キャリア職)の受験資格も与えるべきだと思います。現状では、国家Ⅲ種の中途採用枠拡大でも、精一杯頑張ったということなのかもしれませんが。

続きを読む

テーマ : 労働問題
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。