--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.1002:01

資格試験の大手予備校が設立した“LEC大学”が経営不振なのはなぜ?不二家の衛生問題と建前としての食品衛生法の曖昧さ!

法律系資格試験の大手予備校LECを運営する「株式会社東京リーガルマインド」LEC大学を設立しましたが、大学経営がうまくいっておらず計画的な授業を行うことも出来ていないようですね。1月25日に大学機関を管轄する文部科学省から学校教育法に基づく改善勧告を受けたそうですが、この改善勧告を受けた大学は大学の歴史上でLEC大学が初めてだそうです。なぜ、司法試験や公認会計士試験、国家1種試験などで優れた実績を誇るLECが、大学運営をうまく行うことが出来なかったのでしょうか?

小泉政権時代に構造改革特区制度が整備され、株式会社でも一定の条件を満たせば大学を設立することが可能となりました。株式会社が大学を作る場合には、国公立大学や私立の学校法人のように政府からの補助金や資金援助を受け取ることはできませんが、本格的に校舎を建設しなくても、賃貸のビル物件などを使って大学を開設することができるようになりました。そこに新たなビジネスチャンスを見出したのが、司法試験や公務員試験で実績のあるLECでした。LECは、実務試験や国家試験(公務員試験・専門家試験)に数多くの合格者を出してきた今までの経験とノウハウを活かして、「就職・資格取得に専門特化した実学を学ぶ大学」を作ろうとしましたが、入学者を思い通りに集めることができず大学経営は苦しい状況です。

LEC大学は1学年の定員が1085人なのですが、現在の学生数は約790人で定員割れを起こしています。退学率も1割に及ぶという厳しい経営状況にあるようですが、その原因はLECの「計画性の欠如」と「入学希望者に関する読みの甘さ」にあったようです。大学全入時代を迎えて、全ての進学希望者が理論上は大学に行ける時代ですが、LECがターゲットにしていた商業高校や工業高校の生徒は、景気回復で就職組になる人が増えているようです。大学に行く生徒がいても、商業高校に来る地方の公立大学や中堅の私立大学への推薦入学を利用しているようで、LECが予想していたように上手く入学者を集められなかったということです。

LEC大学はなぜ「失敗」したのか ブランド力を過信、乏しい計画性

地方でのCランク高校の多くは商業高校だった。商業高校では簿記などの資格取得に熱心であるが、大学進学率は極めて低い。そこを狙い、「LEC大学に入っていただければ税理士や中小企業診断士など、簿記を生かした国家資格がとれ、そのうえ大卒の称号も手に入れることができますよ」というセールストークを作り、LEC社員は高校をまわった。

しかし、2004年から景気回復が顕著になったうえ、また2007年問題(いわゆる団塊の世代が大量に定年退職するため、深刻な人手不足が生じる問題)も影響し、企業は高卒の就職を一気に増やしはじめた。LECはこれをまったく読み切れていなかった。結果、「Cランク」高校の生徒たちの多くはLEC大学に興味を示さず、就職に走った。

そもそも商業高校の多くは歴史のある公立高校であり、LEC大学からお呼びがかからなくても名のある大学から指定校推薦の枠をもらっていた。成績優秀者で大学志望者は、当然こちらを利用する。そのようなことも、LECは知らなかった。

入学者が伸び悩み、経費面でも苦しくなるなか、それでも最低の大学基準は満たさなければならない。特に研究の場である教員室と図書室は必須である。文部科学省からも催促が来ていた。本部の役員は、ある地方キャンパスの教室長(予備校とキャンパスは同じ建物で行うため、教室長がキャンパスも運営する)にこんなことを言った。「教員室? そこに4人がけのテーブルがあるじゃないか。そこをパーテーションで区切ってしまえばいいだろう」

また、こんな文書が予備校の職員たちにまわってきた。「図書館に置くための本を提供してください」──古い法律の勉強書などはまだいい方だった。20年前のスキーの雑誌とか、マンガ本とかが集められ、「蔵書」された。

僕としては図書館や教育設備が充実していないというだけで、その大学は選択肢から外れますが、LECはやはり資格専門の予備校であって教育研究を行う大学機関にはまだなりきれていないということでしょう。資格試験に合格するための講義と知識教養を修得するための講義は自ずからその講義の進め方や講師の適性も違ってきますから、株式会社が大学運営を成功させるというのはかなり難しい事業ですね。特に、ネームバリューやブランドイメージが国立大や一流私大に比べて低いので、株式会社設立の大学が入学希望者を集めるためには「そこでしか学べない専門分野」か「極めて優秀な教授・スタッフ」かがないと難しいでしょう。Cランクにターゲットを絞ったというLECの事業戦略も中途半端な観が否めませんし、そのランクだと司法試験や税理士試験を受けようとする人の層(絶対数)が薄いので、LECの資格取得に特化した講義は余り魅力的に映らないでしょう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。