--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.2002:01

沢尻エリカがCMする“女性向け”を意識したソニー・エリクソン製端末「W51S」!BoAがCMする“多機能”な東芝製端末「W52T」!

女優の沢尻エリカ(20)は、映画「パッチギ!」やドラマ「タイヨウのうた」で知名度を高め、2006年度には『シュガー&スパイス~風味絶佳~』『オトシモノ』『天使の卵』『手紙』などの映画で主演をして女優としての存在感を上げました。最近では、「明治製菓・XYLISH SHOW」「カネボウ・SALA」などのCMキャラクターにも採用されて、CMタレントとしての沢尻エリカの市場評価も高くなってきていますね。SALAは映像技術を駆使しすぎて、少し沢尻エリカが色白になりすぎている感じもありますが、普段の強気な雰囲気とは違う美少女のイメージを前面に出していて面白いと思います。

最近のCMとしては、「明治製菓のバレンタイン篇」で一生懸命にチョコをつくっている役柄を演じていたのが記憶に新しいですが、今度は携帯端末を製造しているソニー・エリクソン(Sony Ericson)の新携帯電話「W51S」のCMに起用されたようです。SONYの本社はPS3の販売不振に喘いでいて、Wiiの売上げが絶好調な任天堂との差が開いてきていますが、携帯端末分野のソニー・エリクソンの業績は良いみたいで、毎年順調に営業利益を伸ばしてきています。

沢尻エリカが、キャリアウーマン風のスーツ、ロック歌手のクールな衣装、お嬢様風のかわいらしいピンクのコート、和風の着物など、15通りの色々な衣装を身にまとってCMをするauの3G携帯「W51S」は、女性向けのファッショナブルな携帯をイメージしたモデルということです。

[販売戦略]ソニー・エリクソン、沢尻エリカが15変化する「W51S」のCMを発表

「W51S」はメインディスプレイに2.7インチの16:9フルワイド対応液晶を採用した端末。ソニーの液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」の高画質技術を使ったモバイル液晶用高画質回路「Reality MAX(リアリティマックス)」を搭載する。音声着信やメール受信などに合わせて本体の底部が光るイルミネーション機能も備え、auの音楽配信サービス「LISMO(リスモ)」に対応。ソニー製の高音質イヤホンも付属する。有効201万画素のカメラも搭載し、サイズは幅48×高さ105×厚さ 19.3mm、重さは約115g。連続通話時間は約210分、連続待ち受け時間は約270時間。カラーはラティスローズ、フローレットピンク、ラスターベージュの3色。

ソニー・エリクソンでは「W51S」のプロモーションキャンペーン「Be a Beauty」の実施も同時に発表。女性を美しく変身させるためのポータルサイト「Be a Beauty.net」を2月15日にオープンし、美やファッションをテーマにする有名ブランドとのコラボレーションを中心に展開する。51人のビューティアドバイザーによるコラム、カネボウによる化粧品のプレゼントをはじめ、アクセサリーメーカーのサマンサタバサとのコラボレーションバッグも制作。また、CMで沢尻さんが着用したコスチュームのプレゼントも行う。

全15種類のコスチュームのタイトルは「キャリアウーマンスーツスタイル」「ファッションエディタースタイル」「パーティコサージュスタイル」「ロックガールスタイル」「ドールスタイル」「もてもてスプリングコートスタイル」「歌うディーバスタイル」「もてもてワンピーススタイル」「70’sコーディネイトスタイル」「和服大和なでしこ」「トロピカルリゾートスタイル」「パーティアニマルスタイル」「ファッショナブルキャリアウーマン」「パーティグリッタースタイル」「ナチュラルカラーレイヤードスタイル」。

沢尻エリカが色々な衣装を着るというコスプレを意識したCM構成になっていますが、発表会でも沢尻エリカはウェディングドレスを意識した純白の衣装と金髪のウィッグを身に付けていました。CM撮影については「15種類も衣装があって大変だったけど、いろいろな衣装が着られたのは楽しかったし、やりがいもありました」と語り、お気に入りの衣装はコサージュ、ドール、70年代、着物だったそうです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : au
ジャンル : 携帯電話・PHS

2007.02.2000:45

宇多田ヒカルの「Flavor Of Life -Ballad Version-」が先行販売の着うたで150万ダウンロード!GyaOで「安室奈美恵 SPECIAL」が公開!

Apple社のiTMSなど音楽を配信するメディアが多様化したことや、ブックオフなどによる中古品の買取・販売が拡大したことなどを受けて、音楽CDやカセットといった『物理的な媒体(新品CDの販売)』の生産額が8年連続で減少しているようです。新品CDの中古品市場はインターネットの登場以前からありましたが、インターネットが普及し始めてからは、CDやMD、カセットがなくても音楽が聴ける『メディアの多様化』が急速に進みました。

簡単に言ってしまえば値段の高い新品CDを買わなくても、数百円の着うたフルやiPodへのダウンロード(iTMS)で音楽を楽しめるから、よほど好きなアーティスト以外はCDで買う必要がなくなったということなのかもしれません。アーティストにとっては受難の時代ですが、音楽の消費者にとっては、音楽専用のCDプレイヤー(MDプレイヤー)でなくても、携帯電話やiPod、パソコンで音楽を高音質で楽しめるから便利になりましたね。

音質にこだわらないのであれば、YouTubeのような動画共有サイトでお気に入りのアーティストのPVを見つけることも可能な時代になっています。ただ、著作権的には限りなくクロに近いので、今後、YouTubeで継続的に音楽のPVを見れるかは微妙な部分がありますが、音質と画質が悪いので、本当に普段CDを買うような層はYouTubeでは満足しないでしょうね。JASRACやレコード会社が消費者の利益を考慮するのであれば、YouTubeを広告媒体として活用して共存して言って欲しいなと思いますが。

音楽CDなどの生産額、8年連続減少 ネット配信も影響

音楽を入れたCDやカセットテープなど「オーディオレコード」の06年の生産額は、前年より約4%減って3515億円となり、8年連続で減少した。日本レコード協会がまとめた生産実績で、シングルCDは微増だったが、全体では、ここ数年伸びているインターネットでの音楽配信の影響もあったようだ。オーディオレコードの生産額は、98年には6074億円あったが、8年で約4割減った。

もちろん、本当に人気のあるアーティスト、買う価値があると感じる魅力ある楽曲であれば、インターネット配信(着うたフル・着うた・iTMS)でも十分に利益を上げることができます。その典型的な成功例として、宇多田ヒカルの18作目のシングル「Flavor Of Life -Ballad Version-」の着うた(R)があります。

続きを読む

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。