--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.2110:23

Joostで「ウェブとテレビの融合」を狙うSkypeの創業者!シャープが液晶テレビAQUOSの新ラインナップを発表!

ユーザ同士を直接つなぐP2Pを利用した無料IP電話として大きく成長したSkypeですが、Skypeの創業者であるNiklas Zennstrom氏とJanus Friis氏はウェブの映像コンテンツを利用したビジネスにも関心を示しているようです。Skypeの二人の創業者は、かつてライブドアの堀江貴文被告が主張していた『ウェブとテレビの融合』を目指していて、Joostというネットテレビ会社を設立しています。

ネットでテレビが見れるというと、YouTubeやGoogleVideoが即座に頭に浮かびますが、Skypeの創業者が設立したJoostのサービスでは、画質の悪いYouTubeに対して『質の良い映像』を配信し、著作権の法的リスクを抱えるYouTubeに対して『著作権の保護』を明確化しています。つまり、著作権保護を売り物にしているJoostは、CGM(消費者生成メディア)ではなく、正に『ウェブのテレビ放送』を目指しているわけです。

アマチュアではなくプロフェッショナルが放送するテレビ番組を、個別のニーズに合うように多様化してネットで配信しようとする試みですが、YouTubeで人気のあるコンテンツの多くが『テレビ番組のコピー(無断の再放送)』であることを考えると、Joostのやり方は王道といえば王道なのかもしれません。Joostでは一般のユーザが映像コンテンツをアップロードすることはできず、Joostが著作権所有者と契約して著作権に問題のないコンテンツだけを配信します。

Joostは、YouTube・ブログ・SNSなどユーザ参加型のWEB2.0ではない『旧来的なテレビメディア(一方向の見せるメディア)』をウェブに持ち込もうとしているサービスに見えますが、人気ランキング(レイティング)やチャット機能(IM)のような形で『ユーザ同士のコミュニケーションの要素』も取り込んでいくようです。

そのJoostが、YouTubeに違法コンテンツの削除を求めて対立していたViacomとコンテンツ契約を結んだそうで、Viacomの持っている多彩な映像コンテンツをウェブで独占的に配信することができるようになるみたいです。Viacomは、News Corp.と世界最大のSNSであるMySpaceの獲得をめぐって争ったこともありますが、結局MySpaceはNews.Corpに買収されてしまいましたね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Skype
ジャンル : コンピュータ

2007.02.2109:06

再生医療の進歩で、「失われた自分の歯や毛髪」を再生できる日はくるのか?東京理科大と大阪大がマウス実験で歯と毛の再生に成功!

病気や怪我で失われた器官(部分)をバイオテクノロジーを用いて再生しようという『再生医療』の研究(実験)には以前から注目が集まっていますが、東京理科大と大阪大の共同研究グループがマウス実験のレベルで大きな研究成果を上げたようですね。再生医療というのは、「万能細胞」とも呼ばれるあらゆる組織・器官に成長する可能性のある幹細胞(stem cell)を用いて、『特定の臓器(器官)』を作成しようとする医療で、臓器移植医療に革命的な進歩をもたらす研究技術分野として注目されています。

ただ、『目的とする臓器・器官』を作成するためには幹細胞という原料が必要であり、初期の胚(受精卵)から取り出される胚性幹細胞(ES細胞:Embryonic Stem Cell)を研究に使う場合には、『発生初期の受精卵(ヒトの原形)』を実験に使ってもいいのかという生命倫理学的な問題点が指摘されることもあります。受精卵が殺してはいけないヒトであるのか否かという倫理的な疑問は、日本では余り問題になりませんが、キリスト教的な倫理観の強い欧米では敬虔な信仰心を持つ人ほどES細胞の使用に抵抗感を感じるようです。

再生医療の実験に利用可能な幹細胞には、受精卵から採取する「ES細胞(胚性幹細胞)」だけでなく、成体の人間から採取する骨髄性幹細胞などの「成体幹細胞」もあるのですが、ES細胞のほうがいろいろな臓器へと変化する「万能性」が高いので、成体幹細胞よりもES細胞のほうが再生医療に向いていると考えられているようです。再生医療とは、万能細胞の『形態・機能の分化』をコントロールすることで、『目的の部位(臓器・器官)』を作成して移植医療などの先端医療に応用することですから、万能細胞の可変性と自由度が高ければ高いほど利用価値が高いといえます。

東京理科大と大阪大の共同研究グループが行ったマウス実験は、歯と毛髪を復活させようとする実験であり、この再生医療がヒトに対して応用可能になれば、極めて大きなビジネスチャンスを生み出し、ベンチャーファンドの巨額な投資マネーが流れ込んでくるでしょうね。アートネイチャーやリーブ21を引き合いに出すまでもなく、「ハゲや薄毛の悩みを解消するサービス・医療」というのは非常に大きなマーケットをもっており、ハゲ(薄毛)が完全に回復するのであれば高額な料金を払ってもよいという顧客は大勢います。

続きを読む

テーマ : 歯の事
ジャンル : ヘルス・ダイエット

2007.02.2108:05

買い物でポイントが二倍つくAmazonのクレジットカードが登場!少額決済に便利なNTTドコモの“DCMX mini”

遂に、ECサイト最大手のAmazon.co.jpのクレジットカードの発行が始まりましたね。日常の買物やリボ払いなどに使うクレジットカードを作成する時に、何処の会社のクレジットカードがいいのか迷うことがありますが、Amazonでいつも頻繁に本やDVDを買っている人であれば、Amazonクレジットカードを作成するのが支払いに一番便利だし、Amazonで買えばポイントが二倍つくのでお得だと思います。Amazonクレジットカードはシティカードジャパン株式会社が発行するクレジットカードなので、もともとシティカードを使っている人は乗り換えてもいいですね。

自分の気に入ったデザインや知名度の高い会社のクレカ、銀行や百貨店のショップなどで作成を勧められたクレカといった“曖昧な理由”でカードを作っている人も多いようですが、『自分の買物の目的にあったカード』という意味で、Amazonクレカは無駄遣いするリスクが低くなりそうな気がします。“クレカの決め手となるポイント”は人それぞれで、どのクレカが一番いいというのはなかなか断言できませんが、Amazonクレカのメリットといえば『割引のポイントが二倍もらえること(100円で2ポイント)』『2,000円のキャッシュバックがあること』です。

いつもAmazonで買物している人であれば、1,000円や2,000円の割引はすぐ溜まるでしょうし、アフィリエイト(Amazon アソシエイト)をしている人であればギフトカードと組み合わせることもできます。カードデザインはシンプルなブラックとレッドで、他の会社のごちゃごちゃした絵柄よりも僕は好きですが、年会費が無料なので日常の買物にちょこちょこ使うのもいいですね。

クレカは後払いなので使いすぎには注意が必要ですが、小銭を持ち歩かなくていいというのがクレカの魅力なので、高額商品の分割払いだけでなくコンビニなどの少額決済などにも便利です(僕は基本的に少額決済にしか使いませんが)。最近は、NTTドコモのおサイフケータイにもクレカDCMXが連動させられるので、普段の買物は携帯電話で十分という考えかたもありますが。

続きを読む

テーマ : クレジットカード
ジャンル : 株式・投資・マネー

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。