--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.1922:38

「楽天」が「TBS」の株を買い増しして保有比率を“20%超”に!楽天・三木谷浩史の目指す「通信と放送の融合」にTBSはどう反応するか?

証券市場(株式市場)を利用して株式会社は投資家から巨額の資金を集めることができるが、発行株式の過半数を他の企業や個人に取得されると企業の経営権や所有権を奪われてしまう恐れがある。意図的かつ戦略的に優良企業の経営権や所有権を奪おうとする買収(合併)行動が、かつてのライブドアや現在のYahoo!、Googleなど大手IT企業が得意としているM&A(企業の合併・買収)戦略である。

市場の評価である時価総額が高ければ高いほど、他の企業を買収するための余剰資金を蓄えやすくなるし、株式交換などの手法で簡単に買収できる可能性が高くなる。新しく上場した新興企業の多くが、自社の「時価総額」に強いこだわりを見せる理由の一つが、M&A戦略で自社グループの規模を拡大し更に株価を高めるためである。もう一つの理由は、株価を上げることで数十億円単位の「創業者利益」を手に入れるためである。ベンチャー企業の成功(創業者利益)がアメリカンドリームになぞらえられるのは、ストックオプション(一定価格で自社株を買える購入権)によって数十億円や数百億円といった莫大な資産を得られるからである。

ライブドアの堀江貴文元社長は、近鉄バッファローズの経営に乗り出しフジサンケイグループに敵対的な買収を仕掛けたが、時価総額の大きい日本の新興IT企業は、既存のエスタブリッシュメント企業(支配的企業)を買収して取り込みたいという野心を持っていることが多い。朝日新聞や読売新聞などの新聞社や民放テレビ局、SONYや松下電器など大手電機企業を買収するということは、新興IT企業にとって「大きなステータス(世界市場での存在感)」となり、歴史の浅さや信用の低さを急速にカバーすることができ、更なる株価上昇の評価を呼び起こすことができるからだ。

ライブドアの堀江被告は、「有名企業の買収による規模の拡大」を焦ったために経済犯罪(偽計取引・粉飾決算)に手を染めてしまった面もあるが、それは、通常の成長速度では長い歴史を持つ大手企業に肩を並べるまでに何十年という時間がかかってしまうからであり、時価総額にモノを言わせるM&A戦略だけが唯一「企業成長にかかる時間の節約」を可能にしたからである。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2007.04.1921:38

国宝指定の「飛鳥美人(極彩色壁画の女子群像)」で黒いカビが増殖!高松塚古墳の石室解体による補修作業の難航!

長い年月による風化が進むエジプトのスフィンクスや原型が次第に失われつつあるギリシアのパルテノン神殿、原色の鮮度が薄らいでいく原始時代(旧石器時代)の壁画(ラスコーの壁画)などを見ると、歴史的な遺跡や史料を原状維持で残すことの難しさを思い知らされます。日本の飛鳥時代(7世紀末)の遺跡として有名な高松塚古墳の色鮮やかな壁画も急速に劣化が進んでいるようです。こういった日本国の歴史過程を客観的に証明する歴史的遺跡や文化的遺構をどのように長く保存するかということが、今後の歴史学や考古学のフィールドワークの課題となるでしょうね。国宝や重要文化財などの適切な保護施策と確実な保存方法が、史料(物証)に基づく歴史研究の良し悪しを決めてくることにもなります。

高松塚古墳は7世紀末から8世紀初頭の王族(天皇家・豪族など有力者)の墓と考えられていますが、奈良時代の首都である平城京に遷都する前の藤原京時代の古墳という説が有力なようです。女帝である持統天皇の時代に築かれた藤原京というのは、唐の長安(西安)のような周囲を防壁で囲まれた大陸風の都城(とじょう)ですが、日本で初めて都市を碁盤目状に区切る「条坊制」を採用した都市でした。

持統天皇は飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)から藤原京に遷都したわけですが、この時代の皇統や政治活動、貴族の生活様式、都市文化にはまだ不明な部分が多く、日本の歴史の起源にある王朝政治(貴族文化)については、これから新たな研究調査による発見が待たれるところです。

続きを読む

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

2007.04.1902:27

伊藤一長・長崎市長が選挙期間中に銃撃される!言論や市政(司法)を恫喝する政治テロに屈さないこと!

4月17日に4選を目指して立候補していた長崎市の伊藤一長市長(61)が銃撃され18日未明に死亡が確認されたが、長崎市では1990年1月にも前市長の本島等氏が市役所前で右翼団体幹部の田尻和美に銃撃を受けて重傷を負う事件があった。

17年も前になる本島等氏の銃撃事件時の記憶はぼんやりと残っているが、本島氏が85歳という高齢でまだ存命であることを知らず、メディアにコメントを寄せているのを見て驚いた。新聞記事のタイトルに『2代続けて銃撃は異常』とあり、本島元市長の後を継いだ伊藤市長は3選しているだけあってその市政の長さを思わせる。

長崎県も長崎市も反戦を世界に訴える平和主義者の多選傾向があり、地方政治を支える基本理念の変化の少ない土地柄であるが、その政治的主張がぶれない背景には長崎が広島と並ぶ世界唯一の被爆地であることがある。伊藤一長市長も世界120カ国1608都市が加盟する「平和市長会議」の副会長を務めて核廃絶と反戦を訴える生粋の反核・平和主義者であったが、今回の銃撃事件は城尾哲弥容疑者(59)の個人的怨恨によるものだったようだ。

長崎市長銃撃:「2代続けて銃撃は異常」…本島・前市長 90年1月に長崎市役所前で右翼団体幹部に銃撃され重傷を負った本島等・前長崎市長(85)は17日、毎日新聞の取材に応じ「驚いた。二度と長崎で僕のような事件が起きるはずがないと思っていたのに。事情がどうにせよ、暴力は無条件に悪いことだ。(伊藤市長は)撃たれるような悪いことはしていないはずだ。被爆地・長崎が訴える核兵器廃絶の基本は人を殺さない、いかなる暴力も許さないということ。なのに2代続けて、その市長が撃たれるのは異常だし、不名誉なことだ。背後に暴力を容認する風潮があるのであれば本当に恐ろしいことだ」と話した。

地方自治体の首長選というのはなかなか一般市民の話題に上りにくく余り注目度も高くないが、長崎市長選は現職市長が暗殺されるという最悪の事態によって日本国中の耳目を集めることとなった。伊藤一長・長崎市長を銃撃して殺害した城尾哲弥容疑者は、山口組系水心会幹部という肩書きを持っているようだが、今回の銃撃事件に組織的な関与や命令があったのかは定かになっていない。

しかし、現時点でマスメディアを通して伝わっている情報をまとめると、城尾哲弥容疑者の長崎市と長崎市長(伊藤一長)に対する政治利権を巡っての理不尽な逆恨みが原因であったという見方が有力なようだ。城尾容疑者は、工事中の市道で自分の車が路面の穴にはまって車が破損する事故を起こしたことで、市に抗議して伊藤市長を刑事告発している。

続きを読む

テーマ : 政治家
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。