--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.0716:20

Yahoo!買収に失敗したMicrosoftが、フランスのモバイル広告会社ScreenTonicを買収!Googleで国内の学術論文300万件が検索可能に!

ウェブ検索やウェブサービスの分野で大幅にGoogle(グーグル)に水を空けられたMicrosoft(マイクロソフト)は、Yahoo!を買収・合併(M&A)することでGoogleのウェブビジネス戦略に対抗しようと企てましたが交渉が中断し買収は全く進みませんでした。WindowsのOSやOfficeのアプリケーションだけでは、Microsoftが10年先、20年先に現在の事業規模とIT業界での覇権を維持できるかは定かではありません。Microsoftの資金力は確かに恐るべきものですが、パソコンの売上そのものが低迷しつつあることを考えると、Microsoftはここ数年以内にWindowsのOS販売に代わる新たな市場を追い求めざるを得ない状況になりつつあります。

Googleのワープロと表計算のウェブサービスである「Google Docs & Spreadsheets」の機能がより洗練されていけば、無料であるGoogle Docs & Spreadsheetsによって有料のMicrosoft Office(Words & Excel)が駆逐されていく恐れがあります。Microsoftの主力製品であるOfficeがそう遠くない将来にGoogleのウェブサービスにシェアを奪われることになれば、今まで上手くいっていたMicrosoftのビジネスモデルが根本的な危機に晒されるかもしれません。オフラインのパソコンに代わり得る巨大なコンピュータ市場といえば、今のところ「ウェブ(インターネット)」以外にはなかなか想像できませんから、Microsoftは「Windows Live」というウェブ検索のブランドを立ち上げてGoogleに迫ろうとしました。

しかし、MSNのLiveでウェブ検索をする人の数は少なく、Googleと比べるとLiveのブランド戦略は全く上手くいっていません。世界市場における検索エンジンのシェアでも、GoogleはMSN LiveとYahoo!のシェアを足した以上の圧倒的なシェア(60%以上)を保っていてそのシェアは更に拡大傾向にあります。このままでは、莫大な利益の源泉である検索エンジン市場がGoogleの独占状態になると危惧したMicrosoftは、検索エンジンとウェブサービスを持つ知名度の高いYahoo!を買収することで急場を凌ごうとしました。

しかし、約500億ドルとも言われる巨額の買収が仮に成功していたとしても、MicrosoftとYahoo!の連合軍では、ウェブ検索やウェブサービスの市場においてGoogleの優位に立つことは難しいでしょう。MicrosoftにすればYahoo!を取り込めば対症療法的に検索シェアを上昇させることはできますが、Yahoo!にすればMicrosoftに合併されても自社のブランドイメージがマイナスになるだけだし、何よりMSNのウェブサービスで欲しいサービスがないというのが致命的です。MicrosoftとYahoo!の合併は、対Googleを意識したM&Aとしては特段の利益がないということになりますが、Microsoftがウェブビジネスの市場でGoogleに対抗しようとするならば、EC最大手のAmazonを取り込んだほうが効果的でしょうね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Google関連
ジャンル : コンピュータ

2007.05.0715:13

大阪府「エキスポランド」のジェットコースター事故で、金属疲労の疑いが強まる!検査基準の再検討と安全管理体制の徹底を!

大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」でジェットコースターが脱線する事故が起こり、19歳の女性の乗客一人(小河原良乃さん)が死亡し十九人が重軽傷を負いました。GWの連休を楽しく過ごすために訪れた遊園地でこういった悲惨な事故が起ころうとは誰も予測できなかったわけですが、吹田署捜査本部の調べによると今回の「エキスポランド」の事故「疲労破面」という金属疲労が原因になったようですね。

脱線した二両目左側の車輪の車軸がほぼ垂直に折れてしまっていて、断面が平らに近い状態だったということで疲労破面が疑われているのですが、この事故の重要な原因の一つとして、「エキスポランド」の「風神雷神2(ジェットコースター)」の車軸の車輪を15年にもわたって全く交換していなかったことも挙げられています。エキスポランドの安全管理体制は、行政が定めた管理基準を守っているという意味で法律的には十分だったのかもしれませんが、長年にわたって圧力や変形を加えられてきた部品が「金属疲労」を起こすことに対して自覚が足りなかったのではないかと思われます。

コースター事故 金属疲労可能性強まる 車軸、垂直に折れる

大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」でジェットコースターが脱線して乗客一人が死亡、十九人が重軽傷を負った事故で、二両目左側の車輪の車軸がほぼ垂直に折れており、断面は平らに近い状態だったことが七日までに、吹田署捜査本部の調べなどで分かった。専門家によると、「疲労破面」と呼ばれ、折れた原因は金属疲労の可能性が高いという。 

同社は一九九二年三月の運行開始以来、今回折れた車軸を一度も交換しておらず、六日の記者会見で、探傷検査でも金属疲労の度合いは把握できないとした上で「車軸の耐用年数に対する判断が甘かった」と謝罪した。

調べでは、事故は五日午後零時五十分ごろ発生。六両編成で走行中のジェットコースター「風神雷神2(ローマ数字の2)」の二両目が脱線してコース脇の鉄柵(高さ約百十センチ)に衝突し、乗客の会社員小河原(こがわら)良乃さん(19)=滋賀県東近江市=が死亡。友人の古川小百合さん(20)=同県豊郷町=が重傷、十八人が軽傷を負った。

経年劣化する特性を持つ物質(金属・木材・石材・コンクリート)である限り、どのような部品もいずれは摩滅・変形して破損するわけですから、一定期間が経過すれば見かけに異常がなくても「部品の交換」を義務付けることが必要なのかもしれません。

続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

2007.05.0711:41

ダウンタウンの松本人志が「大日本人」で映画監督デビュー!松嶋菜々子が「眉山-びざん-」で共演した宮本信子に77本のカーネーション!

お笑い芸人には、本職であるお笑いやコント、漫談、落語以外にも人並み外れた特技や趣味を持っている人が多いですが、多数のレギュラー番組を抱えているダウンタウンの松本人志(43)が映画監督として新たなチャレンジをしているようです。お笑い芸人で映画監督として成功した人物といえば何と言っても北野武(ビートたけし)監督ですが、「その男、凶暴につき」(1989)「ソナチネ」(1993)から始まる北野武の監督作品には「キタノブルー」と呼ばれる独特な映像美がしかけられ、「破壊衝動」や「性的衝動(耽美嗜好)」と「生きる意味」の関係を問いかける作品が多いですね。

お笑い芸人のビートたけしではなく映画監督としての北野武の名を世界的なものにしたのは、ヴェネチア国際映画祭でグランプリ(金獅子賞)を受賞した「HANA-BI」ですが、その後にも2003年の「座頭市」で髪を金髪にして独創的な座頭市を自分自身で見事に演じ監督賞を受賞しました。僕は個人的には、刀剣を用いたアクション描写に独特の斬れと迫力がある「座頭市」が好きでしたが、「HANA-BI」の退廃的な悲哀と暴力に満ちた世界観を映像として再現したところには感嘆しました。北野武作品でも、「Dolls」「TAKESHIS'」などは世界観やテーマの解釈が難しく、人によっては駄作でつまらないという意見も多いのですが……。「Dolls」のストーリー構成は確かにいまいちなのですが、カラフルな色彩と扇情的な表情を表現しようとした映像に限って言えば、「耽美主義的」な陶酔を引き起こすものではあると思います。

松本人志監督作品がカンヌへ…北野監督と“競演”

ダウンタウンの松本人志(43)が初監督、主演など4役をこなす映画「大日本人」(6月2日公開)が16日開幕するカンヌ国際映画祭の監督週間部門に招待されることが2日までに分かった。60回の節目を迎える映画祭では記念企画として、北野武監督(60)の短編作品が上映される予定で、日本のお笑い2大巨頭によるガチンコバトルも、注目されそうだ。

松本は出品について、「どうなんですかね。カンヌと言われても正直、まだピンとは来てないのですが、とにかく僕の映画を認めたカンヌは僕も認めます(笑)」などとコメントしている。

ダウンタウンの松本人志は「大日本人」(6月2日公開)というタイトルの映画で、監督と主演を同時に務めているのですが、「大日本人」というネーミングが松本人志のエキセントリックな感性というか興味深い思考様式を表していますね。「大日本人」の発表によって、16日に開幕するカンヌ国際映画祭の監督週間部門に松本は招待されるということですが、世界的な映画批評の舞台であるカンヌでこの映画がどう評価されるのか興味深いです。「大日本人」がどんなあらすじなのかどういった展開なのかについては殆ど紹介がないのですが、関心のある方は「大日本人の公式サイト」を見てみてください。共演で竹内力もでているようなので、ハードボイルドな立ち回りのシーンなどもあるのでしょうか。

続きを読む

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

2007.05.0710:35

モーニング娘。の4代目リーダー吉澤ひとみが卒業し、次のリーダーは藤本美貴に!くまきりあさ美、那須野巧投手との交際について語る!

元シャ乱Qのつんく♂がプロデュースしたモーニング娘。も、もう結成から10年が経ち構成メンバーも随分と変化しました。モー娘。誕生のきっかけとなった素人プロデュース番組のASAYAN自体が既になくなっていますし、時代の流れの早さを感じます。初代メンバーの「中澤裕子・石黒彩・飯田圭織・安倍なつみ・福田明日香」の中で現在もモー娘。に留まっている人は一人もいませんし、福田明日香は早々に自ら脱退し、石黒彩は既に元ルナシーの真矢と結婚しています。モー娘。の中で高い人気を誇っていて知名度も高かった安倍なつみ、後藤真希、石川梨華、矢口真里も卒業して、紺野あさ美は大学進学を選択しましたが、今度は、4代目リーダーだった吉澤ひとみ(22)が卒業したということです。

吉澤ひとみが脱退した2007年5月現在のモーニング娘のメンバーは、「高橋愛(5期、サブリーダー)・新垣里沙(5期)・藤本美貴(6期、リーダー)・亀井絵里(6期)・道重さゆみ(6期)・田中れいな(6期)・久住小春(7期)・光井愛佳(8期)・ジュンジュン(8期、留学生)・リンリン(8期、留学生)」ということですが、今は5期以降のメンバーしか残っていないんですね。ジュンジュンやリンリンという聞き慣れない名前もありますが、中国出身の留学生メンバーなんかも加わっていたというのは知りませんでした。吉澤ひとみは今年の初め(1月2日)から卒業を宣言していましたが、5月6日のさいたまスーパーアリーナ公演「モーニング娘。コンサートツアー春 ~SEXY8ビート~」で正式な卒業をすることになったそうです。

モーニング娘。の4代目リーダー、吉澤ひとみ(22)が全国ツアーの最終日となった6日、さいたまスーパーアリーナ公演でモー娘。を卒業した。「今めっちゃ幸せです。最後の最後まで笑って歌って踊ろうぜ!!」。ユーモラスで男っぽいキャラが魅力の吉澤らしく。最後まで涙は一切見せず、明るく元気に完全燃焼した。また、中国出身の新メンバー、ジュンジュン(19)とリンリン(16)がファンに初お披露目された。

7年1カ月。歴代メンバーで在籍期間が一番長かった吉澤は、明るく、ユーモアあふれるキャラクターで、ファン、メンバー、スタッフ、誰からも愛された。平成17年4月に3代目リーダーの矢口真里(24)が熱愛騒動で脱退。サブリーダーからの突然の昇格にもかかわらず、ハロー!プロジェクトのフットサルチーム、ガッタス ブリリャンチスH.P.の主将として培った抜群のリーダーシップを発揮した。

そんな吉澤に突然悲劇が襲ったのは、東京・中野サンプラザで卒業を発表して間もない今年1月10日。最愛の弟、弘太さん(享年16)が交通事故で急死する辛い出来事だったが、気丈にも14日の大阪公演でモー娘。卒業を発表。決して涙を見せないポリシーを貫いた。

吉澤ひとみの弟である弘太さん(享年16)が不慮の交通事故で亡くなられたのはショッキングな出来事でしたが、その後の吉澤ひとみの仕事に対する前向きな姿勢には敬服させられました。今まで生活を共にしていた最愛の弟を失った悲しみに圧倒されずに、以前と変わらない明朗活発でアグレッシブな性格を保ってモー娘。のリーダーシップを取ったことはなかなか出来ることではないし立派なことだと思います。次期リーダーは、吉澤ひとみから藤本美貴(22)に変わるということで藤本美貴も歴代のリーダーの意思と気概を継いで頑張って欲しいです。

続きを読む

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。