FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.0223:48

フリーターやニートを支えきれなくなる家族と若年層の貧困化の問題!日本全体の経済力の低下と格差社会の閉塞感にどう対処すべきなのか?

■格差社会の進展と若年層の貧困問題に対する社会的支援の問題

新自由主義思想を背景にした小泉改革路線と日本の国力(人口・経済の規模)の縮小によって、国民の所得や資産の格差は拡大傾向にありますが、特に10代~20代の若年層で『教育・技術・コミュニケーション力・家族・資金』などが全くない人はかなり厳しい状態にあるようです。現在の日本では、3人に1人が年収200万円以下の非正規雇用者になっており、4人に1人が社会保険料(公的年金・健康保険)を支払う経済力がなくなっていると言われますが、その意味ではJ-CASTの記事にあるように日本全体が緩やかに貧困化しているわけです。

広がる若者世代の貧困 「一回転ぶとドン底まで行く」――NPOもやい事務局長・湯浅誠氏インタビュー(上)

そういう感じですね。日本全体が「貧困化」していると思います。若者はメディアに非常に注目されてるので、どうしても貧困の問題は就職氷河期の問題と結び付けられやすいのですが、私は必ずしもそうではないと思います。全体が地盤沈下しているなかで、とりわけ若者に注目が集まっている、ということです。家族の相談が増えてきたのも特徴です。支えてきた人が一緒に来て、言うことは決まっているんです。「今まで何とかしてきたけど、もう限界だ」と言うんですね。こうした人たちは「貧困」という状態までは行ってないけど、支える余裕がなくなってきてる。考えてみれば、例えば定年退職しても、貯金とわずかな年金で、あと20年~30年、ひょっとしたら40年、息子や娘を支えて暮らしていかないといけない。勿論そこには、不安があるわけですよね。「もう限界だ」というので、相談に来るんです。

特に、成年になったフリーターやニートの子どもを支える『家族基盤』が失われつつある中で、家族のいない若者が年収100万円程度のフリーターである場合、衣食住を賄えずにホームレスに近い状態になるリスクが相当に高くなります。また、今は、フリーターの若者の生活を支援できている親の世代も、年金不安や高齢化によって少しずつ子どもを支えることが難しくなっていきますから、『若者の貧困化』が将来のスラム街の発生(治安悪化)やホームレスの増加などにつながっていく恐れもあります。

何より、格差が拡大して生きていくことが難しくなればなるほど、『新しい子どもを作ろう』という明るい未来への意欲が削がれていきますから、社会全体の活力や希望が薄れていくという問題があります。今子どもを産もうとする場合に、親が最も不安なのは『もし、子どもが上手く経済的に自立できなかったらどうしよう?』ということであり、終身雇用制が崩壊しつつある現状では大企業の社員でさえも10年後、20年後の自分の生活が安泰なのかを予測することが難しくなっています。人間が家庭生活や男女関係を楽しむためには、生活の安心や所得の安定というのが原則ですが、そういった経済基盤の部分がゆっくりと崩れていることが将来不安や人口減少の根底にあるのかもしれません。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 格差社会
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。