--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.0303:34

会員数1,000万人超えで「匿名性の現実社会」に近づいてきたmixi!「本人確認と社会的属性の確認の強化」で実名的なコミュニティの安心感・実利性を目指すビジネスSNSの台頭!

前回の記事では、mixiの安全神話の崩壊とクローズドなコミュニティの危険を象徴するような事件を紹介しましたが、『もっと安心できる場所で、現実の生活(仕事・恋愛・結婚)に役立つようなコミュニケーションをしたい』というユーザのニーズに応えるような新しいSNSが次々に出来ていますね。ビジネスの計画や展開、就職などについて語り合いたい人は当然『ビジネスに関心がある人のコミュニティ』に参加したいわけですし、恋愛相手が欲しい人は『同じくらいの年代の恋人を探している人ばかりのコミュニティ』に参加したいわけですから、これは半ば必然的な流れかもしれません。

mixiでは時々、過去の犯罪行為や非常識な行動を日記に書いてしまったことで、日記に膨大な数の批判や罵倒が書き込まれ『炎上』するケースがありますが、これはmixiを『閉鎖的なスペース(親しい友人や身内しかいないスペース)』と思い込む誤解が危機意識を欠落させているわけです。実際には、mixiは外部のウェブのリンクとも連結していますし、自分のマイミクや知り合い以外の多くの人が日記を読む可能性がありますから、『社会常識や法規範に反した書き込みや行動』は激しく叩かれる可能性があるわけです。そこで、『ビジネスはビジネス、恋愛は恋愛、遊びは遊び、アダルトはアダルト、アングラはアングラ』というような「ユーザの棲み分け(セグメンテーション)」を促進するSNSは今後も需要が高まるのではないかと推測されます。

その意味では、日本最大手のSNS・mixiは巨大化し過ぎて『現実の複雑な社会(いろいろな考えや価値観を持つ個人の集積)』や『外部のウェブ(WWW)』に近くなってしまったために、『ユーザの棲み分け(自分と価値観が合わないユーザと出会わない安心感)』をサービスに組み込むのが非常に難しくなっています。そこに新たなユーザのニーズとビジネスチャンスが生まれており、今、ユーザの属性や特徴で『参加可能なユーザ』を絞り込んだ会員制の雰囲気がある『ビジネスSNS』が流行の兆しを見せているそうです。

「一流企業社員」に「安心感」 「ビジネスSNS」ユーザー急増中

そんな中、勢いを伸ばしているのが、利用者のターゲットを特定した、いわゆる「ビジネスSNS」で、コミュニティーの構成員間の「安心感」を売りにしたい考えだ。例えば、スカウトサービス会社「レイス」が07年4月1日に開設したビジネスSNS「wizli(ウィズリ)」は、「25~35歳のハイクラスビジネスパーソン」に利用者層を特化している。同社によると、「登録者の25%が年収800万円以上で企業経営者または管理職」で、月例のオフィシャル交流会などの買い込み策が奏功し、登録者数は6月25日現在で1万を突破した。同SNSは、オープン以来、ユーザーに対して書面や対面で本人確認を行ってきたが、6月25日からは、既存ユーザーからの招待のみで登録できる仕組みに移行した。今後は、ユーザー向けにビジネス誌を割安で提供するなどの特典も設けるという。

『年齢・職業・年収・所属・目的』などの属性と(クレジットカードや免許証など)本人確認の厳格化によって、コミュニティーの構成員の『安心感・実益性・有意義性』を高めようとするのがビジネスSNSや会員制のSNSの経営戦略と言えます。これは言わば、相手が誰だか確認するのが難しい『匿名性のウェブ』に不安を覚える人たちが、現実社会の身分を担保にして『実名性のウェブ』で本格的な交流を試みたいという気持ちの表れなのでしょうね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2007.07.0301:06

ネットバンク大手の新生銀行が収益目標達成できずに業務改善命令!日本では投資意欲が薄れ『投資→貯蓄』の流れ強まる!

■新生銀行の07年3月期決算が赤字で業務改善命令!

僕は幾つかのネットバンク(ウェブ経由で金融取引できる銀行)を使った経験があるのですが、その中で一番使い勝手の良かったのが外資の新生銀行です。新生銀行のウェブサイトの使いやすさはデザインがすっきりとまとまっていることにあり、自分の利用したいメニューや取引にすぐに辿り着けるんですよね。新生銀行では7月からは乱数表のセキュリティカードが発行されており、ネットバンクのセキュリティが格段に向上しており、安心して金融取引や残高照会ができるようになりました。

新生銀行の前身は日本長期信用銀行(長銀)ですが、やはり長銀時代に比べるとかなりサービス内容が良くなっており、最新のネットバンクサービスをいちはやく取り入れ続けており『未来志向の金融機関のイメージ』を強烈に打ち出しています。外資にお金を回したくないという人もいるかもしれませんが、金融業務は既にボーダーレス化していますから東京三菱UFJ銀行であっても三井住友銀行であっても、グローバルな投資市場のネットワークに資金が組み込まれることには代わりがありませんから、ネットバンクを使いたい人には新生銀行は有力な選択肢です。

長銀破綻処理に巨額の税金が投入されたことに納得できないという意見もあるでしょうが……完全に長銀を破綻させた場合のリスクが非常に大きかったことを考えるとやむを得ない処理だったとも言えます。都会部に住む人であれば、セブンイレブンで24時間無料でATMを利用できるので、夜型の生活リズムで仕事をしている人などはとても便利ですよ。

新生銀行に業務改善命令 金融庁

金融庁は2007年6月28日、公的資金の注入を受けている新生銀行の07 年3月期決算が初の赤字となり、経営健全化計画で示した収益目標を大幅に下回ったことから、同銀行に業務改善命令を出した。同行の3月期決算は貸金業法改正などによって、子会社の信販会社アプラスと消費者金融シンキの影響を受けて、419億円の赤字を計上していた。経営健全化計画では730億円の黒字を予想していた。新生銀行は同日、「このような処分を受けたことを真摯に受け止め、引き続き経営基盤の強化や収益力の向上を進めることで、公的資金の返済に向けて全力で取り組んでいく」とのコメントを発表した。7月27日までに業務改善計画を提出する。

しかし、今まで順調に営業利益を上げ続けてきた新生銀行が2007年3月期決算で初めて大幅な赤字を出してしまったのは残念ですね。新生銀行は長銀時代の破たん処理で大きな公的資金を注入されているので、金融庁から経営状態を厳しくチェックされているのですが、今回の419億円の赤字計上の理由は、子会社の信販会社アプラスと消費者金融シンキの経営悪化ということです。

貸金業法規制の影響を受けての赤字なわけですが、新生銀行がアプラスを買収した最大の理由はクレジットカード市場におけるシェア確保なので、恐らく一時的な赤字として乗り越えていけるとは思いますが。極端な安定路線を取るのも危険ですが無理な経営戦略を取りすぎずに、経営健全化計画を順調に推し進めていって欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : 経営
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。