FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.1110:29

ERIKA(沢尻エリカ)が歌う「FREE」がオリコン初登場1位を獲得!内山信二が8年間同棲した女性との関係解消で訴訟トラブル!

杉浦太陽と結婚した辻希美に続いて元モー娘。の飯田圭織(25)が会社員の男性と「できちゃった結婚」したことが話題となっています。モーニング娘。というかハロープロジェクト自体の勢いが落ちていることもあって、こういったアイドル系の芸能人の結婚ラッシュが暫く続くような感じもあります。一時期に比べると松浦亜弥やモーニング娘。などのメディアへの出演が随分と減ってきたように感じますし、アイドル業界自体がやや厳しい時節に入ってきていますね。

音楽界では、女優やCMタレントとして高い人気を誇っている沢尻エリカ(21)ERIKA名義で出しているシングルCDが大ヒットとなっていますね。なぜ、わざわざ「謎の歌手」というコンセプトを持つERIKAとして音楽活動をしているのかはっきりしないのですが、「女優としての沢尻エリカ」「歌手としてのERIKA」を使い分けたいという思惑があるのかもしれません。そういえば、以前に「タイヨウのうた」の歌を発売した時にも、沢尻エリカではなくドラマの登場人物の「Kaoru Amane」の名義で出していましたね。

「1リットルの涙」や「タイヨウのうた」などのテレビドラマや「パッチギ」をはじめとする映画では、女優としての存在感を発揮している沢尻エリカですが、僕は最近CMタレントとして沢尻エリカを見る機会が多いように感じます。ペプシコーラの妖艶な浴衣姿は沢尻エリカのちょっと大人っぽい魅力を上手く引き出していますし、語りかけるような台詞の言い回しがなかなか上手いですね。ソニーエリクソンのCMでは、チャイナドレスで空手のような格闘の動きを見せてくれていますが、これも沢尻エリカのシャープで強きな印象を的確に生かしたCMですね。「キシリッシュ」のガムのCMもコミカルで面白い構成に仕上がっていますし、商品をダイレクトにアピールしながら沢尻エリカの存在も強く押し出しています。

謎の歌手、ERIKAが歌う「FREE」(4日発売)が5万枚を売り上げ、16日付オリコンチャートで初登場1位を獲得した。

このERIKAの正体が女優の沢尻エリカ(21)=写真=であることは、ファンなら周知の事実。沢尻といえば、昨年8月にTBS系ドラマ「タイヨウのうた」の役名「Kaoru Amane」名義で発売したデビューシングル「タイヨウのうた」でもトップに輝き、これで「自分以外の名前」で連続の首位獲得という不思議な記録を達成した。

ERIKAが歌う「FREE」(4日発売)が5万枚を売り上げて、オリコン初登場1位になったそうですが、女性アーティストでデビューから2作連続で首位を取るのは、83年の薬師丸ひろ子(43)以来の快挙ということです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

2007.07.1109:48

NTTドコモ、“DoCoMo2.0”のコンセプトが話題になるが、純増数を伸ばせず!「2in1」の6月の契約数は54,000だが「1契約」としてカウント!

NTTドコモが、「ドコモ2.0(DoCoMo2.0)」というコンセプトで大々的な広告キャンペーンをテレビや新聞で打っていますが、「そろそろ反撃してもいいですか?」という挑発的なフレーズとは裏腹に「顧客獲得の競争」ではauやソフトバンクに相当な苦戦を強いられているようです。

莫大な広告予算を組んでいるテレビCMでは、TOKIOの長瀬智也や人気俳優の妻夫木聡、浅野忠信、瑛太、土屋アンナなど錚々たるメンバーを揃えていて、CMが始まると思わず見てしまうような話題性や面白さがあるのは確かなんですが……CMを見て携帯をドコモに変えようと思えるような訴求力がいまいちなのかもしれません。ドコモ自身も、「CM先行」でそれに売上の実績が伴っていないことを認めているようですが、一つの携帯で二つの番号とメアドをもてるという「2in1」の契約数は予想以上に多かったようです。

NTTドコモは、「DoCoMo2.0のフレーズのインパクト」に「新規サービス内容の魅力」が十分に伴っていない印象がありますが、「2in1」に関しては、総務省が「2契約とは見なさず、1契約と見なす」と判断したことで「統計上の純増数」が大幅に減ったのは痛かったですね。携帯の端末は一台ですが、「2in1」はもう一つの番号とメアドを得るために月額945円の料金がかかりますから、NTTドコモとしては別回線と見なして「2契約」とカウントされると思い込んでいたわけですから。

料金的にはソフトバンクのホワイトプラン(月額980円)とほぼ同じわけですが、端末が一つということで「1契約」としか見なせないと総務省に判断されました。ドコモは「2in1」での契約が6月分で54,000もあって、もしこれが「2契約」と認められていれば、KDDIのauを抜いて純増数で2位になっていたわけですが……。

続きを読む

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

2007.07.1106:58

バイオメトリクス(生体認証分野)のセキュリティ市場が8年で約10倍に拡大!韓国Rehoboth Techが、虹彩認証システム搭載のUSBメモリ「Irikon Flash Memory」を販売!

情報セキュリティの基本は、「私が私以外の何ものでもないこと」をコンピュータや機械装置に対して証明することで、その最も簡単なセキュリティの形が「ID・パスワード」の組み合わせですね。しかし、「IDとパスワード」というのは、忘れやすい人がパソコンのモニターにメモで貼り付けていたり、誰かにちょっとデータ処理を頼む時に教えてしまったり、オートコンプリートを「オン」にしてある他人のパソコンにIDとパスワードを打ち込んでしまったりすれば、簡単にセキュリティが破られる恐れがあります。また、「覚えにくい複雑なパスワード」を設定すると、パスワードを忘れてしまって自分自身がログインできなくなるという悲惨な情況も考えられます。

「他人に絶対に破られないセキュリティ」と「自分自身が絶対に忘れることのない認証システム」というとすぐに思い浮かぶのが、ハリウッド映画などに出てくる「企業の機密エリア」に入るときに必要な「指紋認証システム・網膜認証システム」ですね。指紋認証システムの技術はかなり前から実用化されており、最近のパソコンや携帯電話には指紋認証システムが付属しているものも多くなっています。NTTドコモの富士通製端末の「Fシリーズ」が携帯電話にいち早く指紋認証システムを導入して話題になったりもしました。

自分の生得的な身体的特徴によって「個人の認証(その人が確かに本人であるという認証)」をするシステムを「生体認証システム(バイオメトリクス・システム)」といいますが、今、この生体認証システムの新興市場が大きな注目を集めており、将来的にはかなり大きな市場に成長すると見られています。

続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

2007.07.1106:33

アメリカのネット調査会社ニールセンが、ウェブサイトの評価を「PV(ページビュー)」から「滞在時間・セッション数」に変更!Ajaxの普及と動画サイトの人気がサイト評価に影響!

アメリカのネット調査会社ニールセンが、ウェブサイトの評価を「PV(ページビュー)」から「滞在時間・セッション数」に変更!

今までウェブサイトの人気や影響度を計測するために「PV(ページビュー)」という指標が用いられてきましたが、アメリカのインターネット調査会社のニールセン・ネットレイティングスがウェブサイトの人気や影響力を測定する基準として「PV(ページビュー)」を用いることをやめると発表したそうです。「Web2.0(ウェブ2.0)」というインターネット上の動向によって、ウェブサイトに「Ajax(エイジャックス)」という「ページを更新しなくても情報を閲覧できる」技術を用いるサイトが増えており、現在ではYahoo!のポータルサイトもAjaxのプログラムを採用しています。

Ajax(エイジャックス)はリンクをクリックして新しいページに移動しなくても、そのウェブページの中に留まって「動的に新しい情報を閲覧できる」ので、PV(ページビュー)の基準では「実際にサイトを見ている人の数」も分かり難いし「どれくらいサイトを丁寧に見ているのか」も分からないわけです。

続きを読む

テーマ : Google
ジャンル : コンピュータ

2007.07.1105:56

Googleとドミノ・ピザが環境保護に貢献するハイブリッド・カーの普及を促進!家庭用コンセントから充電できるプラグイン・ハイブリッドカーの研究開発を計画するフォード・モーター!

地球温暖化による生活環境悪化や異常気象などが問題になっていますが、地球温暖化の原因として最も大きいのが、石油化石燃料の使用による『温室効果ガス(CO2=二酸化炭素)』だと言われています。学者によっては温暖化は『地球の周期的な気候変動』で、人間の文明活動や石油燃料の使用による温暖化の影響は極めて小さいという意見もあり、数十万年のスパンで見れば地球は氷河期に入るので特別な心配は要らないという声もあります。

しかし、数万年とか数十万年のスパン(期間)というのは、多くの人にとって「遠い想像の彼方(かなた)」なので氷河期の問題というのは余り現実味がありません。自分や自分の孫の世代くらいまでは快適な地球環境を守りたいということで、地球温暖化(自然環境保護)に出来るところから取り組もうという動きが出てきているわけですね。

最近は、巨大な資金力を持つ世界的な大企業も自然環境保護や地球温暖化対策に熱心に取り組んでおり、株式市場などでもそういった企業の慈善的な環境保護活動が評価されることもあります。国や地域、地球全体のために「企業の持っている資本力」を用いるという姿勢は、企業の「CSR(企業の社会的責任)」として認知され始めており、エコロジーを無視した経済活動(森林伐採や乱開発など)には批判も強まっています。無論、飽くまで利益を確保しながら「出来る範囲」で環境保護に努力しているというだけなので、「まだまだ不十分」という意見もありますが、本来企業が営利だけを目的としていたことを考えると大きな進歩ですね。

検索エンジン最大手で、莫大な時価総額を誇っているGoogleも、慈善プログラム「Google.org」を通してプラグイン・ハイブリッド車の普及に大きな貢献をしています。温室効果ガスの排出量と石油依存を減らすための取り組み「RechargeIT」を促進しており、石油を出来るだけ使わない電気自動車の開発にも支援をしているようです。Google社員にプリウスを格安で利用できる「Google Fleet」というカーシェアリング・プログラムを提供しているということで、環境に優しい車を利用すれば経済的にも得をするという仕組みを作り上げています。最近では家庭用コンセントでバッテリーを充電するプラグイン・ハイブリッド車のプリウスも開発されていて、『平均74マイル/ガロン』という素晴らしい燃費水準を実現しています。

続きを読む

テーマ : ハイブリッドカー
ジャンル : 車・バイク

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。