--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.1814:57

“看護師不足の解消”に苦戦するアメリカと日本!“労働者(看護師)の国境”を無くす労働市場のグローバル化をどこまで進めるべきなのか?

日本でも医療分野における看護師の人不足が問題になっていますが、アメリカでも看護師として働く人の数が慢性的に足りなくなって深刻な状況になっているようですね。看護師というと昔から3K(きつい・汚い・危険)の職場で給料もあまり高くないといわれたりしますが、実際には、総合病院や大学病院に勤める繁忙な看護師に限って言えば一般のOLよりも給料が安いわけではありません。『女性一人での経済的な自立』という側面からすると看護師という職種は依然として魅力的であり、高学歴者や高所得のOLが少なかった現在50代くらいの女性世代でも、看護管理職になって年収500~600万円程度を稼いでいる人は結構いると思います。

特別な資格のない女性が、一般事務職などで月給20万円以上の仕事を探すのは結構大変ですが、経験のある看護師であれば20万円台半ばくらいの固定給与が初めから貰えるケースも少なくありません。専門職の待遇として看護師や保健師・助産師の待遇が良いのか悪いのかの意見は色々とありますが、一般の職業と比較して特別に給与水準が低いというわけではなく『仕事内容に対して賃金が安すぎる』というのが問題になっています。労働条件の厳しさや賃金水準の比較対象によって「看護師の賃金が安すぎる」という印象が強くなるわけですが、厚生労働省のデータ(賃金構造基本統計調査の平成16年版)によると、民間で働く看護師(調査時平均年齢35.8歳)の平均月収は31万6000円、推定平均年収は464万2800円で中小企業のサラリーマン以上の給与はあるということになります。

もちろん、同じ看護師でも、オペの助手や入院患者のメンテナンスなど責任の重い仕事や技術が必要な仕事をしなくてよい町医者のちょっとした手伝いの看護師とかになると、それほど高い給与は貰っていないと思いますが。三交代で休みなく働いている看護師や技術力と大病院での経験がある看護師などであれば、たいていは地方公務員と同等程度の給与を得ているのではないかと思います。しかし、それでも日本やアメリカで看護師の数がまったく増えないということは、『給与に対する仕事の肉体的・精神的負担』が大きすぎるということであり、『看護師の仕事の相対的な待遇や魅力』が下がってきているということなのでしょう。看護師になれる資格があっても、敢えてその仕事をしないという人が日本でもアメリカでも増えているという話もあり、看護の仕事に対する社会的責任の重さや過酷な労働条件に押しつぶされて『看護がしたくてもできない(体や心がついてこない)』という人が増えている状況があります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

2007.09.1813:51

GoogleとYahoo!の検索エンジンのシェアが26ポイントも縮まる!ブログ作成者にGoogleが支持されやすい理由とYahoo!のインデックスの問題!

日本で最も多く使われている検索エンジンといえばGoogleYahoo!(YST)ですが、去年くらいまではYahoo!が60%を越える圧倒的なシェアを握っていました。逆に、世界の検索市場ではGoogleが60%を越える独走のトップシェアを維持しているわけですが、日本や中国、韓国などアジアではあまりGoogleは強くなかったのです。しかし、インターネット視聴率調査大手の米コムスコアの日本法人のコムスコア・ジャパンの調査によると、2007年7月に日本国内で行われた全検索件数について、Yahoo! Japanのシェアは前年比18.6ポイント減の47.4%、その一方でGoogleのシェアは7.2ポイント増の35.0%となっており、Googleが物凄い勢いでYahoo!のシェアを奪っています。1年前にはYahoo!との間に38.1ポイントもの差があったシェアが、今回の調査で12.4ポイント差に縮まっており、この勢いで差が縮まれば再来年あたりにはGoogleが日本でもトップシェアを取ることになるかもしれません。

僕はGoogleもYahoo!もどちらも検索に使っていますが、やはり、『ユニバーサルな検索精度』『シンプルなUI(ユーザインタフェース)』の観点から、Googleで検索を行うことのほうが多いです。特に、ブログを含めて検索をしたい場合には、『ノイズを排除したブログ記事』をインデックスしている確率が高いGoogleのほうが便利であり、Yahoo!の場合には普通の検索からほとんどブログが排除されていて『ブログ検索』でしかブログ記事を検索することができません。

しかし、Yahoo!のブログ検索は『最新のブログ記事・時系列のブログ記事』の検索には適していても、『読み応えのあるブログ記事(被リンクや存続期間を考慮したブログ)・一般的な情報に関するブログ』を検索することに余り向いていないんですね。僕がGoogleのユニバーサル検索といっているのは、Googleがサイトもブログも含めてすべての記事をフラットに評価してくれる公正さのことを言っているわけです。Yahoo!の場合は、『手軽に更新できるブログはノイズが多い・手間がかかるサイトの静的コンテンツは価値が高い』という価値基準があるようで、一般の検索結果からかなりの数の『ブログ記事のインデックス』が削除されている状況があります。

続きを読む

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。