--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.1913:50

“リタリン”の不適切処方でクリニックに立入調査!『診察無しの処方箋の郵送』の問題と増え続けるリタリン依存!

“リタリン”の不適切処方でクリニックに立入調査!『診察無しの処方箋の郵送』の問題と増え続けるリタリン依存!

1ヶ月ほど前の記事で、mixi内部でリタリンを密売して捕まったユーザがいるというニュースを紹介しましたが、今度は精神科クリニックでの『診察なしのリタリンの処方箋の郵送』が問題になり東京都の立入検査が行われたようです。医療法違反の疑いで東京都などの立ち入り検査を受けたのは「東京クリニック」(伊澤純院長)という医院らしいのですが、患者の症状や状態を観察せずに患者の要求に応えて『無診察の処方箋郵送』を行っていたというのが、医療法違反に当たると見られています。

伊澤純院長については、過去に女性患者に暴行を働いて傷害罪の有罪判決を受けたなど幾つかの前科も指摘されており、『精神科医の暴行について』の記事に詳細が書かれています。この事件の背景には、医師の医療倫理や資格認定、患者の適正な診療態度の問題も横たわっているようです。

常識的に考えれば、診察・治療せずに薬だけを患者の要求で処方するのであれば、法的に認可される医者やクリニックは必要ないとなるわけで、やはり、『診察無しの処方薬の処方』には問題があるでしょうね。確かに、『副作用の少ない薬』であれば別に医師の診察や処方は要らないのではないかという意見はあり、その意見を取り入れる形で『医薬品の規制緩和』が進んでおり、少しずつ薬局以外のコンビニなどで買える医薬品も増えています。以前であれば、医師の処方箋がなければ手に入らなかった、H2ブロッカー(ガスター)の胃薬とかステロイドの塗り薬とか睡眠導入薬とかが、今では薬局で誰でも簡単に買うことが出来ます。しかし、効果に対する副作用が強い薬品や医師による観察や診断が必要な薬品に関しては、現在でも薬局やコンビニで買うことはできず、薬剤師のみの判断によって販売することも出来ません。

東京クリックが不適切処方をしたリタリン(塩酸メチルフェニデート)というのは依存性の強い向精神薬で、通常は重症のうつ病やADHD(注意欠陥多動性障害)、ナルコレプシー(眠り病)などを適応症として処方される薬です。しかし、リタリンは「精神覚醒剤」に分類されていて違法薬物の覚醒剤(アンフェタミン・メタンフェタミン)と類似した化学構造をもっていることから、安易に疲労回復や気力・意欲増進、集中力強化を目的として飲みたいという人が増えているようです。もちろん、リタリンを医師の診察・処方を受けた人以外が飲むことは違法ですし、正規の病院を介したルート以外で手に入れることも禁止されていますが、何より、リタリンには強い副作用と依存性があるので安易に服用することは危険性が高いですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

2007.09.1912:56

米FRB、FF金利と公定歩合の0.5%引き下げを決定!アメリカ・日本・アジアで株価が急反発して上昇!

米FRB、FF金利と公定歩合の0.5%引き下げを決定!アメリカ・日本・アジアで株価が急反発して上昇!

アメリカの低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)の焦げ付き問題によって、日本も含む世界の金融市場が低迷していましたが、アメリカのFRB(米連邦準備制度理事会)は金融経済の不況が実体経済に悪影響を与えることを懸念して思い切った0.5ポイントの利下げを決定しました。国家が行う経済政策の一つとして金利政策(景気調整のための金利誘導)がありますが、アメリカのFRBは政策金利と公定歩合を0.5%引き下げることで、金融機関の融資を活発化して、企業の資金調達を容易にするという決定をしたわけです。

銀行が融資する資金の金利が安くなれば、企業は当然、設備投資・技術開発・基礎研究などに必要な資金を銀行からより多く調達しようとしますし、市場全体により多くの資金が供給されて景気が上向きやすくなります。変動型金利でローンを組んでいる家計なども、返済の負担が軽くなるので市場における消費も増えやすくなりますが、国(中央銀行)が銀行に貸し出す公定歩合が下がったことで「貨幣の流通量」が増えることに意味があります。

基本的に、景気が良いときにFRBは金利を引き上げて「貨幣の流通量の減少」を図り、景気が悪くなってくると金利を引き下げて「貨幣の流通量の増大」を狙うわけで、それが金利政策の定石となっていますから、世界の株式市場は今回のFRBの決定を歓迎して高値で反発したわけです。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2007.09.1912:10

SNSの“mixi”がサイトデザインを10月にリニューアル!mixiはなぜ、オレンジのベースカラーを変えないのか?

SNSの“mixi”がサイトデザインを10月にリニューアル!mixiはなぜ、オレンジのベースカラーを変えないのか?

日本最大のSNSであるmixiは、オレンジ系統の配色で統一されたデザインが『女性ユーザに受ける一因』といわれていますが、10月1日から順次サイトのデザインをリニューアルするということです。しかし、サイトリニューアルと言っても、『オレンジベースのデザイン』はそのままなので、『サイトの外観』にはほとんど変化がなく実際には『表示される項目数』が増えるという変更になりそうです。一部のベテランユーザからは、オレンジベースのデザインに飽きてマンネリ化してきたという意見も出ているようですが、mixiのブランドカラーであるオレンジを変えるリニューアルは今後もなかなか出来ないでしょうね。

サイトのデザイン変更には、大きく分けて『カラーの変更・レイアウトの変更・カスタマイズ性の向上』がありますが、mixiはこれらの基本デザインについて『ユーザ側からの自由な変更(カスタマイズ)』は認めない方針だと思います。その理由としては、mixiを頻繁に利用しているユーザの殆どが、『個性的なデザインや意見の表現』よりも『安心できるコミュニティへの所属』に価値を見出していることが考えられます。mixiでは、どんなに個性の強い人でも「他人と同じデザインとカラー」しか選べませんが、逆に言えば、他人と違う「視覚的な個性」を主張しないことで「日本的な同調性の高いコミュニティ」を維持しやすくなっています。mixiは「デザインの同一性・画一性」によって、すべての人が平等なスタンスに立っているという「平等感覚」を生み出し、同じコミュニティ(場)に所属しているという「心理的な一体感(連帯感)」を強めるデザイン戦略をとっているといえます。

続きを読む

テーマ : mixi
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。