--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.0714:54

ほしのあきが30代初のDVD「Sweet30th dream」を発売!和田アキ子と亀田興毅が沢尻エリカの振る舞いを批判!

ほしのあきが30代初のDVD「Sweet30th dream」を発売!

30代になってある程度メジャーになってからも、写真集の精力的な売り込みを続けるほしのあき(30)ですが、30代で現在のめりはりのあるスタイルを維持していることとグラビアの仕事を断らないところが彼女の凄いところですね。まだまだ中途半端なスタンスなので、「グラビアを完全に放棄することのリスク」というのもあるのでしょうが、大物になった優香や綾瀬はるか、沢尻エリカに迫るようなポジションを取ることは難しそうなので、バラエティタレントとグラビアアイドルとの二束のわらじで着実に仕事をしていくのかもしれません。

30代になって初めて制作したDVD「Sweet30th dream」(ゴマブックス、3990円)の発売を記念して、東京・秋葉原の石丸電気ソフトワンで発売記念トークイベント&握手会を行ったそうですが、「30代初のDVDですが、露出度は変わっていません。まわりからきついといわれるまで頑張ります」と宣言していてまだまだ本人はグラビアの仕事もやり続ける意欲を持っているみたいです。しかし、一昔前の30代の女性と比較すると、最近は未婚の人が増えた影響もあるのでしょうが、20代と大差ないようなスタイルやファッションを維持した若い30代が増えたなという印象があります。男性も女性も結婚・出産を機にして、容姿やファッションにあまり構わなくなる事が多いのですが、結婚してからも若々しくいくための技術や商品というのも最近ではよく売れている気がします。

和田アキ子と亀田興毅が沢尻エリカの振る舞いを批判!

沢尻エリカが主演映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶で、無愛想な態度で腕組みをしていたということに批判が集中して、沢尻エリカは公式サイトとテレビ番組で涙ながらの謝罪をしました。しかし、芸能界や一部の関係者からは、未だに強い不満や非難が沢尻エリカに寄せられているようで、傲慢不遜な態度を売りにするボクシング世界王者の亀田興毅(20)も「(不遜な態度は)やっていい場所とそうでない場所がある」と沢尻を批判したそうです。その亀田による沢尻批判は、爆笑問題が司会をつとめるTBSテレビ系「サンデー・ジャポン」で行われたそうですが、いつも無礼な態度や挑発的な発言をして批判される亀田が沢尻エリカに苦言を呈するというのも面白いですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ☆女性アイドル☆
ジャンル : アイドル・芸能

2007.10.0714:07

au(KDDI)が「au買い方セレクト」の新料金プランを発表!“1円携帯”が近い将来に消えてしまうかもしれない!

au(KDDI)が「au買い方セレクト」の新料金プランを発表!“1円携帯”が近い将来に消えてしまうかもしれない!

auを運営するKDDIが、10月4日に、ユーザーが端末の購入方法を選ぶことができる「au買い方セレクト」を11月12日にスタートさせる内容の会見を」行いました。この「au買い方セレクト」は、先頃発表された「総務省モバイルビジネス研究会」の方針案を受けており、基本的には「携帯端末そのものに商品価値を持たせて市場で競争させたい」という発想に基づいたものです。つまり、『毎月の携帯料金の負担で、携帯端末料金を安くしたり無料にしたりする現在のビジネスモデル』を根本的に変えていこうという流れの中での新料金体系であり、今後は、携帯端末を売った販売店にキャリア(本社)が支払っている『販売報奨金(1台の販売につき、約2万5千円以上))』も引き下げられていくのではないかと言われています。

携帯電話のユーザが、『1円(無料)~数千円という安い料金』で定価が5万円以上もする携帯端末を購入できるのは、キャリア(本社)が販売店に販売報奨金を支払っているからであり、販売店はその報奨金の分を差し引いて端末を売ることが出来ていたわけです。しかし、現在はドコモでもauでもソフトバンクでも少しずつ端末の料金が高くなり始めていて、新規契約以外では格安の端末を購入できなくなりつつあります。最近では、二つ前くらいの機種でも1万円くらいすることが珍しくなく、一つ前の機種だと2万円を越えていることもありますね。『機種変にはできるだけお金を使いたくない。端末には大きなお金を払いたくない』というユーザにとっては、これからますますケータイ端末を買いにくい時代になるかもしれません。しかし、今のところはまだ移行期間なのでauの「買い方セレクト」を見ても分かるように、「通話料金が少し高くても、機種変にかかるお金が安いほうがいいというユーザの需要」を考えた料金プランになっています。

auの「買い方セレクト」は必ずしも分かりやすいプランではありませんが、簡単に説明すると従来の販売方式に近い「フルサポートコース」と、ケータイ端末を買う時の割引が小さい代わりに毎月の支払額が安くなる「シンプルコース」の2つがあります。分かりやすくまとめてしまうと、ケータイ端末を買う時に安く買いたい人は「フルサポートコース」がお勧めで、毎月の基本料金や通話料を安くしたい人は「シンプルコース」がお勧めということになります。

続きを読む

テーマ : au
ジャンル : 携帯電話・PHS

2007.10.0713:23

平安女学院(京都)と福岡女学院(福岡)の間で、セーラー服の起源を巡る論争が勃発!

平安女学院と福岡女学院の間で、セーラー服の起源を巡る論争が勃発!

少子化社会が本格化することを受けて、義務教育課程ではない高校・大学・専門学校では『生徒集めのための自校の魅力や伝統のアピール』に必死になっている現状があります。つまり、『他校にはない自校独自の進学率・歴史・校風・制服のデザイン』などをアピールして、できるだけ多くの生徒に入学して貰いたいということで、学校の独自性を主張することは学校法人の経営方針の一つになってきています。そんな流れの中で、『セーラー服の起源(どこの学校が一番初めにセーラー服型の制服を導入したのか?)』を巡る論争が、福岡の福岡女学院と京都の平安女学校との間で巻き起こったということです。

学生服大手である「トンボ」(岡山市)が、『制服資料の展示施設』をリニューアルするために全国の学校史などを調べる中で、『セーラー服の発祥地』を巡る議論の種が蒔かれたということですが、今までは、1921年にセーラー服を導入した学校法人「福岡女学院」(福岡市)が発祥の地とされていたようです。しかし、実際の歴史を調査してみると、1920年に京都の平安女学院がセーラー襟の付いたワンピースの洋服を制服に採用していたことが明らかになったんですね。今までセーラー服の発祥校とされていた福岡女学院の校長は「今のスタイルはうちの制服が起源だ」と主張して慣習的な正当性を訴えていますが、実際の歴史時間ではやはり平安女学院のほうが早かったようです。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2007.10.0712:57

元横綱・若乃花の花田勝が美恵子夫人と離婚!『明石家さんまのように生きたい』という意見に批判が多く寄せられる

元横綱・若乃花の花田勝が美恵子夫人と離婚!『明石家さんまのように生きたい』という意見に批判が多く寄せられる

元横綱・若乃花の花田勝(36)が、美恵子夫人と10月に離婚することを発表しました。今回の離婚報道の中で伝えられた花田勝の美恵子夫人への対応を見ると、正直、若乃花のファンだった人などはがっかりするというか人間としての魅力をあまり感じないのではないかと思います。花田勝は弟・貴乃花(花田光司)との兄弟の確執でも話題になりましたが、相撲やビジネスの才能はあっても『平凡な家庭生活・人間関係』を維持する素質のようなものに欠けているといった印象は否めませんね。

1998年の巡業中から20歳の女子大生など若い女性と不倫を繰り返したというだけでも、異性関係に厳しい女性であれば十分に慰謝料をとって離婚する原因になりますが、花田勝氏の場合には『離婚して何が悪い?』というような開き直りとも取れる言動が多くて、浮気の事実を知る度に美恵子さんはかなり精神的に追い詰められていたようです。一方だけの証言では事実は分かりませんが、花田勝氏が複数回にわたって不倫をしたこと、それに対して美恵子さんが「お願いだから、浮気をしてもいいから、私には絶対わからないようにして」と言った時に、勝さんは「おれは嘘つけないから無理」と答えたことは確かなようで、「不倫をするけど、嘘はつけないからバレないようにはできない」と返答する感性には驚かされました。

普通は、奥さんが「浮気をしてもいい」と公認してくれているだけでも感謝すべきというか、本当であればそういった台詞を言わせた自分を恥じて少しずつ不倫の行動を改めていくべきだと思うのですが……。ちゃんこ鍋など外食チェーン店のビジネスで成功したことから、『家庭や奥さんへの関心』が薄れて、意識や気持ちが家庭の外へ外へと向かっていったのかもしれません。男性は『自分には家族しかない』という弱い立場に置かれると改めて家族や子どもの重要性を認識するのですが、『自分には財力や能力があるから家族がいなくても何とかなる』という自惚れた認識を抱くようになると家庭を顧みなくなってしまう傾向はあるかと思いますが、一般的には、『自分がつらい時に支えてくれた配偶者』を大切にしようという方向に考えを改めていく人のほうが多いかもしれません。

続きを読む

テーマ : 不倫・浮気
ジャンル : 結婚・家庭生活

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。