--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.1522:53

2011年中に、年金手帳・健康保険などを統合した『社会保障カード』の導入を検討!社会保障制度改革の起点になるか?

2011年中に、年金手帳・健康保険などを統合した『社会保障カード』の導入を検討!社会保障制度改革の起点になるか?

厚生労働省は15日に、政府が2011年度中の導入を目指す『社会保障カード(仮称)』についての概要を公表して、『社会保障カード』には『年金手帳・健康保険証・介護保険証などの個人情報』を統合する予定であることを明らかにしました。今までは、年金手帳・健康保険証・介護保険証は別々に貰っていて、それぞれを必要に応じて提示していましたが、もし『社会保障カード』が導入されればそれらすべての社会保障サービスが一元的に管理されるようになるので便利にはなるでしょうね。その一方で、『自分の社会保障サービスにかかわる個人情報のほぼ全て』が一枚の社会保障カードに電磁的に記録されることになるので、『国・役所のデータ管理体制』『個人のカード管理(個人情報保護)の意識』が今よりも厳しく問われることになってきます。

社会保障カードは、国民に1枚ずつ配布される予定であり、カードに埋め込まれた集積回路(IC)の中に『社会保障サービスを受けるための個人情報』が記録されることになります。自宅パソコンを利用して、年金の納付記録や診療報酬明細書(レセプト)を閲覧することが可能になり、『自分の社会保障サービスの具体的な利用状況』に即座にアクセスできるようになるのは多くの国民にとっての利益になります。厚労省は、有識者で構成する『社会保障カード(仮称)の在り方に関する検討会』(座長=大山永昭東京工大教授)に社会保障カードの概要を提示しており、『将来的な用途拡大の事例』として生活保護や雇用保険の情報管理に利用することもできるとしています。本人からの希望があれば、カードに顔写真を添付して『(免許証同等の)公的な身分証明書』としても使えるということで、アメリカの社会保障カードに極めて近い位置づけになっていきそうな予感がします。

社会保障カードの普及によって懸念されるのは、『知られたくない情報を他人や企業に知られてしまうプライバシーの侵害』と『政府による情報の一元管理に対する不安』ですが、強制的に配布される制度になれば『社会保障カードを使わないという選択肢』は実質的になくなるでしょうね。まぁ、今まで使っている社会保障サービスの個人情報が一元管理されて、一枚のカードですべての用途を満たすことができるというのは、大多数の国民にとってはそれほど悪い話ではないと思いますが、『紛失時の悪用や情報漏えい』については免許証や銀行の預金通帳に近い細心の注意が必要になると思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 社会保障
ジャンル : 政治・経済

2007.10.1521:54

渋谷の10代男女のSTD(性感染症)の罹患率は17人に1人(約6%)!望まないSTDと妊娠を回避するための予防的な性教育の工夫が必要!

『性の自由化』が著しく進んだ先進自由主義国では、『若年層のSTD(性感染症)の増大』が大きな公衆衛生上・予防医学上の問題になっていますが、性交開始年齢が若くなればなるほど『性に関する正しい知識』がないためにSTDに罹患するリスクが高くなります。小学校や中学校における『過激な性教育・ジェンダーフリーを踏まえた性教育』には保守的な立場から、『具体的なセックスの内容や避妊法、性感染症について教えるには早すぎる・かえって若者の性行動を活発化させて風紀が乱れる』といった批判もありますが、早い段階から性教育をする目的の一つとして『望まない妊娠と中絶の抑止・性感染症に感染するリスクの低下』というものがあります。

今回、こういった性教育の話を書いたのは、医療関係者らによる性感染症(STD)啓発団体「STOP!STDを考える会」が東京・渋谷で遊ぶ10代後半の若者にアンケートした結果についての記事を読んだからです。『もっとも性的に早熟な男女が多いと見られる渋谷で遊ぶ10代』には、17人に1人がSTDにかかった経験があるという回答がでており、『自覚症状のない潜在的なキャリア(保菌者)』も考えると、相当に多い人数の若者がSTDに感染している恐れがあるわけですね。

性感染症:東京・渋谷の10代後半、17人に1人経験あり

医療関係者らによる性感染症(STD)啓発団体「STOP!STDを考える会」が東京・渋谷で遊ぶ10代後半の若者にアンケートしたところ、17人に1人がSTDにかかった経験があると回答した。同会は「性行動が極めて活発と思われるグループのデータだが、性感染症の知識は不十分で、知らないうちに病気を広めている危険がある」と分析している。

調査は8月10~16日、路上などで高校生と10代の卒業生に用紙に記入してもらい、466人分が集まった。性体験があったのは68%で、5.8%が「性感染症にかかったことがある」と答えた。

また、性関係の相手の数は平均で5.2人だったが、感染経験者に限ると平均37人と7倍以上多かった。

平均人数の約5人はそれほど多いとは思いませんが、感染経験者の37人というのはちょっと多すぎるというか、普通の恋愛関係でのセックス以外の要素が混入している感じもしますね。数年間のうちに、『1クラスの異性の数以上の相手』と関係を持つというのはやや不注意というか相手を選んでいないイメージがありますが……STDの感染リスクを考えると、手当たり次第にチャンスがあれば関係を持つというのは危険度が高いでしょう。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

2007.10.1521:28

亀田陣営へのJBCの処分が決定。亀田大毅は1年間のライセンス停止、トレーナーの父・亀田史郎はセコンドライセンスの無期限停止!

亀田陣営へのJBCの処分が決定。亀田大毅は1年間のライセンス停止、トレーナーの父・亀田史郎はセコンドライセンスの無期限停止!

11日に世界ボクシング評議会(WBC)のフライ級世界戦が実施され、王者(チャンピオン)の内藤大助選手(宮田)が挑戦者の亀田大毅選手(協栄)を圧倒的な大差で判定で破りました。しかし、この世界戦は亀田大毅選手の一方的な反則攻撃の繰り返しで、ボクシング史上最悪とも言われるほどの荒れた試合になり、『これはもはやボクシングではない』といった見出しが新聞に躍りました。亀田大毅は、頭を低くしてパンチを出さずひたすら接近してバッティング(頭突き)を狙いにいき、早いラウンドで顔面にバッティングを入れて内藤の切れ癖のついたまぶたをカットし流血させました。早いラウンドでカッティングして大量出血すると試合中止で、流血したほうがTKO負けになりますから、実力で大幅に劣っている亀田大毅の勝機は『流血TKO』しかなかったともいえます。

数ラウンドを戦ってみて、まともなボクシングのテクニックと力量では絶対に勝てないと悟った亀田大毅は、頭を低くして突っ込むバッティング戦略とクリンチから投げ飛ばしてのサミング(目潰し)、足を痛めつける腿打ちで『ダーティな勝ち(反則を駆使したKO勝ち)』を狙っていきました。しかし、いくら卑劣な反則を繰り返しても、『ボクシングの実力差』をはねかえすことはできず、10点以上の大差がつく無様な判定負けを喫してしまいました。亀田大毅は今回の行き過ぎた反則行為に対して厳しい処分を受け、『1年間のボクサーライセンス停止』となりましたが、これは当然の処分だと思います。

『(内藤を)投げろ、投げろ』とセコンドから反則を支持した父親の亀田史郎氏も『セコンドライセンスの無期限停止』という極めて厳しい処罰を受けました。サミングやレスリング行為の反則を制止すべきセコンドが、反対に『反則をやってしまえ』と指示する事態は前代未聞であり、反則をさせようと煽った父・史郎と兄・興毅の罪はやはり重いといわざるを得ません。日本ボクシングコミッション(JBC)は、最終的に、『亀田大毅に1年間のライセンス停止・父の史郎に無期限のセコンドライセンス停止・兄の興毅に厳重戒告』の処分を与えると発表していますが、(一部では甘すぎるという意見もありますが)まずまず妥当な判断だといえます。

続きを読む

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。