--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.2919:12

後藤真希(ゴマキ)がハロプロを卒業、ブログで現在の心情を告白!西川史子がくりぃむ・有田との交際をきっぱりと否定!

後藤真希(ゴマキ)がハロプロを卒業、ブログで現在の心情を告白!

モーニング娘。で活躍してソロでも頑張っていたゴマキこと後藤真希さん(22)が、28日に行われた全国ツアー最終公演でハロプロからの卒業を発表しました。既にモー娘からは脱退していたわけですが、今回の突然のハロプロ卒業には弟・後藤祐樹が引き起こした不祥事(銅線の窃盗事件)も関係しているのではないかと見られています。後藤祐樹は、タレント・歌手のソニンと一緒にEE JUMPというアイドルユニットを組んでいたのですが、仕事の予定を自己都合でキャンセルするなどの問題を起こし未成年でキャバクラに行っていたことがスクープされて、芸能界を引退していました。後藤祐樹は、芸能界の引退後すぐに結婚して子どもも出来ていたということですが、今回の金属窃盗の事件報道によって、悪い意味で再び世間の注目を集める結果になってしまいました。

結果として、弟の犯罪行為が姉の後藤真希にもショックを与え、ハロプロ脱退の引き金にもなったわけですが、全国ツアーを行った埼玉・大宮ソニックシティでは『本日をもってハロプロから卒業します。いきなりの発表でごめんなさい。戸惑っているかとは思いますが、次に会う時にはパワーアップした後藤真希を見せたい』と涙ながらに語ったということです。また、後藤真希はファックスを通して『自分にしかできないことの追求、自分の音楽性について見つめ直していく中で、色んなことを吸収し、自分の力に変えていき、今より前へ確実に進んで行きたい』というメッセージを伝えており、歌手としての音楽活動は引き続き継続していくつもりのようです。

ソロになってからはセクシーな衣装や妖艶な魅力のある音楽PV(プロモーションビデオ)が話題になったりしていましたが、未成年のファンが多いハロプロを離れたことで、『大人の後藤真希の魅力』を生かした音楽やダンスのプロモートに更に拍車がかかるという意見もあるようです。ゴマキファンにとっては、大胆な露出の多い衣装やセクシャルなダンス・写真集などに触れられる機会は増えるかもしれませんが、ハロプロでのモー娘との共演がなくなるので、よりシビアに後藤真希本人の実力と人気が問われることになっていきそうですね。今のモー娘のメンバーの知名度が落ちている中では後藤真希は知名度は高いほうですので、自分のスタイルなどの魅力を生かしてトークの技術などを磨いていけば生き残る道は開けてくるかもしれません。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ハロー!プロジェクト
ジャンル : アイドル・芸能

2007.10.2916:15

GoogleがPR(ページランク)のアルゴリズムを変更か?Forbes.comやWashintonPost.comのPRが7から5へ下落!4人に1人が自分のドメインを所有し、「.jpドメイン」が7割占める!

GoogleがPR(ページランク)のアルゴリズムを変更か?Forbes.comやWashintonPost.comのPRが7から5へ下落!

Google(グーグル)を世界一の検索エンジン企業に押し上げたのは、ユーザの検索クエリに適合した検索結果を正確に返すことができる「PR(ページランク)のシステム」「検索エンジンのアルゴリズム」でした。Googleがウェブサイトやブログを階層的にランクづけする「PR(ページランク)」は、「被リンクの数(量)」「リンクしてくれているサイトのPR(信頼度・人気度)」によって変わってくるといわれていますが、具体的にどのようなアルゴリズム(数理的な仕組み)でPRが決定されるのかは明らかにされていません。

Googleにとって「PRの詳細なアルゴリズム」と「表示結果の順位が決まる仕組み」は最大の企業秘密ですが、ウェブサイトの運営者やウェブへの広告出稿者にとってもPRというのは非常に大きな意味を持っています。PR(ページランク)が高ければ検索結果の上位に表示されやすくなりますし、「ウェブサイトの権威や信頼度」が高まり「Adsenseの広告単価」も上がるといわれているからです。しかし、GoogleのPRが高い有名サイトのいくつかが、PRを大きく落としたというニュースが流れ、「有料リンクの購入・販売サイト」にペナルティが科せられたのではないかという見方が出てきています。

GoogleのPageRank急落でブロガー騒然

ブロガーは、ブログネットワークの中で大量に相互リンクを張る有料リンクやその他の手法が、今回のPR下落の原因ではないかと考えているが、何がGoogleのWebマスターガイドラインに抵触するのかは誰もはっきりとは知らない。Googleは先週PRアルゴリズムを変更したことは認めていないが、同社広報担当者のコメントは、その可能性がないわけではないことを示唆している。

「Google Toolbarに表示されるスコアはいろいろな理由で変動する可能性がある。当社がWebをクロールし、インデックス化する方法の変更や、Webサイト自体のリンク構造の変化などもそうした理由の一部だ」と広報担当者はeWEEKに語った。この担当者によると、Googleは、サイトへのフォワードリンクについての見解に加え、バックリンクについての見解も反映させるためにGoogle ToolbarのPR表示を更新するかもしれないという。

実際に、お金を支払って高いPRのサイトのリンクを買う人もいるのですが、こういった「リンクの売買」はGoogleの適切な表示結果を不当に乱す恐れがあるので、ペナルティを受けるリスクが高くなります。実際に、ペナルティが科されたのか否かは確認しようがありませんが、有名サイトのいくつかでPRが2以上落ちていることから、GoogleがPRアルゴリズムに何らかの変更を加えた可能性が高いようです。Forbes.com、WashintonPost.com、SFGate.com、SunTimes.com、Engadget.comのスコアがPR7からPR5に下がったということですが、PR3以下の小規模サイトにはあまり影響はないようですね。このArtistic Info DesignのブログはPRが2ですが、一般的なブログは3以上にはなかなかPRが上がらないですね。アルファブロガーと称されるような人が書く相当にメジャーなブログになると、PRが4や5になっている場合もありますが。

続きを読む

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

2007.10.2914:51

ウィルコムが、実質負担額0円の「Advanced/W-ZERO3[es] アカデミックパック」を発表!携帯電話のMNP(番号ポータビリティ制)の利用動向のリサーチ、MNP利用率は4%!

ウィルコムが、実質負担額0円の「Advanced/W-ZERO3[es] アカデミックパック」を発表!

仕事とプライベートでケータイを使い分けるなら、一台はウィルコムのPHSでもいいかなと思うことがありますが、もし今学生や教師だったらこのアカデミックパックでウィルコムを買っていたかもしれません。ウィルコムが11月5日から、教育機関に所属する中学生以上の学生・生徒・教職員、そして、学校法人・教育委員会など教育機関の法人ユーザーを対象にして、「Advanced/W-ZERO3[es] アカデミックパック」を販売するのですが、このアカデミックパックを使えば定価が2万7600円するAdvanced/W-ZERO3[es]を実質負担額0円で買えるんですね。

購入時に学生証か教職員の身分証明書が必要ですが、割賦販売方式「W-VALUE SELECT」でアカデミックパックを購入すると、『1150円×24カ月(計2万7600円)の割引』が受けられて実質ゼロ円になるということのようです。ただ、ケータイのキャリアと同じように、実質ゼロ円で買うと2年間は契約し続けなければならないという規約があり、早期解約すると違約金を支払わなければなりません。Advanced/W-ZERO3[es]アカデミックパックには、専用メニューアプリ「Quick Menu for Academic」が保存されたmicroSDメモリーカード(書き込み不可)がついてきますが、「スクールモード(学校向けアプリ)」「リクルートモード(就職活動向けアプリ)」のどちらかを選ぶことになります。

それぞれのアプリの特徴は以下のようになりますが、スクールモードで使える機能は結構魅力的ですね。

ウィルコム、実質負担額0円の「Advanced/W-ZERO3[es] アカデミックパック」を発表

スクールモードでは、メニューに「ホーム」「スクール」「エンタメ」の3つのタブが用意され、Word Mobile、Excel Mobile、PowerPoint Mobile、英和辞典、和英辞典、国語辞典、英文ビジネスレター辞典などを起動可能。リクルートモードでは「ホーム」「リクルート」「エンタメ」というタブになり、エントリーシートの作成情報が掲載されたWebサイトや就職活動情報サイトへのアクセス、名刺リーダーの起動などが簡単に行える

マイクロソフトのWordやExcel、PowerPointが使えるというのは、毎日事務作業をするような人には便利ですし、「エンタメ」タブでGoogleやYahoo!、mixi、Amazonにすぐにアクセスできるというのもウェブユーザには嬉しいですね。こういった大手ウェブサイトがケータイやPHSにデフォルトで登録されている現状を見ると、「検索エンジン・SNS・ウェブショップ(ECサイト)」に「社会インフラ」としての機能が求められているのだと思います。最近は、携帯端末の販売価格を値上げする動き(販売奨励金の廃止の動き)もありますが、安いケータイ・PHS端末への需要を考えると、『実質負担額ゼロ円のケータイ』はまだ暫く残っていくのではないでしょうか。

続きを読む

テーマ : WILLCOM
ジャンル : 携帯電話・PHS

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。