--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.2108:51

日本で『ミシュランガイド』が発売され150店に星がつく!ネットでは『すき屋橋 次郎』に賛否両論が!

日本で『ミシュランガイド』が発売され150店に星がつく!ネットでは『すき屋橋 次郎』に賛否両論が!

日本で世界的なレストラン・料理の格付け本である『ミシュランガイド』が遂に発表されました。ミシュランガイドというとフランスやイタリアの高級料理店をイメージしやすいこともあって、庶民が入りにくい「高級で美味しいレストラン」を集めたものと思われがちですが、実際には気軽に入れるリーズナブルなレストランでも選ばれることがあるようです。今回、ミシュランの評価対象となった東京では、1つ星から3つ星まで合わせて計150店がセレクトされたということです。

「3つ星」が8店、「2つ星」が25店、「1つ星」が117店ですが、これは一つの都市では世界最多の星の数となり、世界最高レベルのお店とされる3つ星でもフランス・パリの10個に次ぐ多さだということで、東京は世界でもかなり美食の都市だったんですね。編集責任者も「東京は世界に燦然と輝く美食の都」と賞賛しているそうですが、3つ星レストランが世界で68店しかないことを考えるとそれも妥当な意見なのかもしれません。しかし、Yahoo!グルメなどのインターネットの『口コミサイト』を見ると、3つ星レストランに選ばれた8店舗が必ずしも最高の評価を得られているわけではない状況にあります。外国の調査員が和食や寿司の味の評価を行っているので、日本人の味覚からは若干ずれているのではないかという意見も書かれているようですが、一般の人たちの間でも『万人に通用する味』というのはなかなか無いので難しいですね。

続きを読む

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

2007.11.1509:28

「はてなダイアリーキーワード」の言葉が、「現代用語の基礎知識」に!週間売上で「Xbox360」が「PS3」を抜く!

「はてなダイアリーキーワード」の言葉が、「現代用語の基礎知識」に!

自由国民社が出している『現代用語の基礎知識』は、柔軟性と新規性を重視てウェブ内部で流行している新語を積極的に掲載しています。特に、2005年版からは『はてなダイアリーキーワード』を参考にしてウェブで使われている新しいキーワード(単語)を選別しているようなのですが、ウェブの記事を多く読んでいるはずの僕にも『見たことのないキーワード・意味が分からないキーワード』が多く掲載されています。記事を都合よく捏造するという意味の「アサヒる」とか、人工知能のアイドルに自分が作った楽曲を歌ってもらうソフトである「初音ミク」とか、ローゼンメイデンのアニメが好きな麻生太郎総務相を意味する「ローゼン麻生」とかまでは何とか理解できるのですが、 「ハイパーセルフプレジャー」とか「痛車」とか「みっくみく」とかは今まで見たことがないですね。

「アサヒる」「初音ミク」「ローゼン麻生」、現代用語の基礎知識に

2ちゃんねるの掲示板から数年くらい遠ざかっているので、こういったウェブ独自の新語に触れる機会が減っているのですが、毎年毎年新たにいろいろなキーワードがウェブで生まれてくるので『現代用語の基礎知識』をチェックしてみるのも良いかもしれません。紙の事典で読むまでもなく、GoogleやYahoo!で検索すればはてなダイアリーキーワードのページが出てくるので、すぐにキーワードの意味は確認できますけどね。「ググレカス」というのは、掲示板などで他人に言葉や概念の意味を質問したときに、「人に聞かずにGoogleで検索して調べろ」という言葉ですが、ウェブに慣れていない初心者だとちょっと攻撃的な印象を受けてしまうかもしれません。

ウェブのコミュニケーションをいろいろな場所で楽しむという意味でも、ウェブ独自のキーワードの意味を知るということが必要かもしれません。安倍晋三元首相が突然辞任したときに、某新聞社が創作した流行語である「アタシ、もうアベしちゃおうかな」まで入っているというのも面白いですが、時代の流れや出来事が言葉から想像できる面もありますね。この流行語が記事になった時には、「どこの女子高生がアベするとかいう言葉を使っているんだ」という厳しい突っ込みが入っていたようですが……つい先日、安倍さんの体調・気力がようやく回復したというニュースも出ていました。

続きを読む

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

2007.11.1508:32

中川翔子(しょこたん)が健康診断で発見されたしこりで「乳がん」の心配!「CanCam」が12月号に「モテ子の習慣vsブス子の習慣」を掲載して話題に!

中川翔子(しょこたん)が健康診断で発見されたしこりで「乳がん」の心配!

「しょこたん☆ぶろぐ」で、予想外の検索履歴の写真をアップしたり、隣の住人に裸体を見られた過去を告白したりといろいろな話題を振りまいている中川翔子(しょこたん)さん(21)ですが、11月13日づけの記事によると会社で行われた健康診断で自分が乳がんではないのかと心配したそうです。中川翔子が会社の健康診断というと意外な感じがしますが、芸能人も所属事務所があってサラリーマンとして給料を受け取っている場合には、義務的に健康診断を受けることになるんですね。事業者(会社)には、従業員に健康診断を受けさせる義務がありますが、中川翔子さんは『身体測定・レントゲン・血液検査・乳がん・子宮がん検診』など各種の検査を受けたようです。

この検査項目というのは病院や料金によって異なると思うのですが、今は女性の場合には乳がん検査だけじゃなくて子宮がん検診というものまで受けなければならないことがあるというのは知りませんでした。僕が会社で健診を受けた時には、血液検査以外殆どしなかったように思いますが、男性の場合には男性特有の疾患というのは意外に少ないかもしれません。女性のほうが平均寿命は長いものの『若年者のがんリスク・女性特有の疾患(内分泌系など)』に関しては女性も結構ハイリスクと言われていますね。日本人の女性全体では、乳がんの罹患率は22人に1人なので決して低いものではありませんし、学校で考えるとクラスの女子に1~2人乳がんが発症してもおかしくないということになります。最近は、35歳以下の若年性乳がんの患者が増えていて、『食事内容の西欧化・身体発達の早熟化・ライフスタイルの変化・ホルモン分泌の異常』などの原因が推測されています。

中川翔子さんは、左の乳房に2センチ程度のしこりがあって心配したそうですが、医師の診断によると乳がんではないということで安心したということです。最近は、女性の性的アイデンティティを崩壊させる恐れのある若年性乳がんへの関心が高まっており、作家・大原まゆさんの『おっぱいの詩―21歳の私が、どうして乳がんに? 』という本が、平山あやさん主演で07年9月に『Mayu-ココロの星-』という映画として劇場公開されたみたいですね。乳がんは早期発見すれば乳房へのダメージが小さくて治癒することも可能なので、若い人でも一年に一回くらいは乳がん検診を受けることが推奨されています。

続きを読む

テーマ : 女性タレント
ジャンル : アイドル・芸能

2007.11.1507:23

「マツダ・デミオ」がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!販売額が落ち込んでいた株式投資信託が2兆円台に回復!

「マツダ・デミオ」がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞!

原油高・維持コストの高さや所得格差などの影響で日本では2.0リッター以上の大排気量の車が売れなくなり、軽自動車とコンパクトカーの売上が自動車メーカーの利益を支えるようになっています。普通車であれば特に1.0リッター~2.0リッター程度のコンパクトカーに人気があり、トヨタであればヴィッツやBb、ラクティス、ニッサンであればキューブやマーチ、ホンダであればフィット、マツダであればデミオなどが売れていますね。ホンダのフィット(Fit)は最近フルモデルチェンジをして、毎日頻繁にTVCMを売っていますが『デザインの斬新性』という点では今ひとつという感じがします。元々のフィットのデザインと機能性の完成度が高いので、コンパクトカーで最大のヒットとなった初代フィット以上に、どこをいじれば分からないという感じなのかもしれませんが。

僕が上記のコンパクトカーの中で選ぶのであれば、キューブかデミオかフィットですが、室内空間の広さからすると四角いスクエアなデザインのキューブがいいかもしれません。無難にスタイリッシュに乗るのであればフィットがいいですが、デミオの流線型の滑らかなボディもその人の趣味が合えばなかなかいいと思います。そういえば、トヨタもカローラ・ルミオンというスクエアな四角いコンパクトカーを新しく出してきました。1兆円以上という史上最高の売上を出したトヨタは軽自動車を取り扱っておらずレクサスなどの富裕層マーケティングに力を入れており、海外市場をメインのターゲットにしているようですが、一般向けのコンパクトカーの開発もちょこちょこと進めているようです。

自動車評論家らが構成する日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)は、2007年11月13日に、カー・オブ・ザ・イヤーとして5年ぶりにフルモデルチェンジをしたマツダの小型車「デミオ」を選びましたが、これは妥当な受賞という気がします。フォードと資本提携したマツダですが、最近発売している車の外観・内装を含めた総合的な完成度はかなり高くなっており、2.0リッタークラスのアテンザなどもインパネやシート周りのデザインがかなりクールにまとめられていて気持ちよく乗れる感じですね。最近は、マツダに限らずどこのメーカーも内装のカラーや素材にこだわっていますが、外観だけでどれを選んだら良いか迷う人は実際に乗ってみた時の『内装の雰囲気とフィット感』を基準にして選んでみると良いと思います。コンパクトカーでは、エンジンとか足回りとか走行性能にこだわる顧客はまずいないので、外観のデザインと内装の雰囲気の総合的評価によって売上が変わってくるでしょうし、四角いデザインか丸っこいデザインかで大きく好みが分かれてくる面もあります。

続きを読む

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

2007.11.1104:00

東京大学が低所得家庭の授業料を全額免除!地方国立大が「優秀な学生奪われる」と危機感募らせる!

東京大学が低所得家庭の授業料を全額免除!地方国立大が「優秀な学生奪われる」と危機感募らせる!

一億総中流社会を実現した高度経済成長期から日本の高学歴化は続いていますが、格差社会の問題が浮き彫りになった現在では、『経済的理由による進学の断念・中退の選択』が再び増えているといいます。もともと勉学に関心が薄い学生が進学を諦めて就職するというのは妥当な判断ですが、高い学力・才能・意欲がある学生が、お金(家庭所得)の問題で大学に進学できないというのはマクロな視点からも『社会全体の損失』になります。その意味では、日本の最高学府である東京大学が、家庭年収400万円未満の学生の授業料を一律無料にするという思い切った授業料減免策をとったことは評価できると思います。家庭に金銭的な余裕がなくても東大に合格できるトップレベルの学力があれば、東大に進学してエリートのキャリアを歩めるというのは、多くの庶民にとっては大きな希望になるのではないでしょうか。

実際問題として、東大に子どもを送り込んでくる家庭の平均所得は全国の平均所得を大幅に上回っていますから、年収400万円以下の家庭の子どもは教育投資が低い分、学力が上がり難いという傾向はあるのかもしれません。しかし、身近な事例を見ても、東大や医大レベルの学力を持っていながら、経済的理由から地方国立大の一般学部に進学した知人は結構いますし、東京から離れた地方の学生が東大に進学するというのは、平均所得前後の家庭からするとかなり大きな負担になります。金銭的問題から東大進学をあきらめていた学生にまで門戸を広げることは、結果として東大の名声を高めることになっても貶めることにはならないでしょう。

続きを読む

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

2007.11.1103:06

英会話スクール大手のNOVAがジー・エデュケーションに業務を一部譲渡!不満の残る生徒たちは「NOVA生徒の会」を結成!

英会話スクール大手のNOVAがジー・エデュケーションに業務を一部譲渡!不満の残る生徒たちは「NOVA生徒の会」を結成!

NOVAうさぎのキャラクターをTV広告でブレイクさせて、全国各地の駅前の一等地に次々と英会話スクールを出店していたNOVA(ノヴァ)ですが、消費者保護法に違反する強引なビジネス手法が裏目に出て経営破綻しましたね。いつも自信満々に自らのビジネスモデルや将来のビジョンを語っていた前社長の猿橋望(さはし・のぞむ)社長も、取締役会の決議で解任されましたが、教育事業を手掛ける名古屋市のジー・エデュケーションがNOVAの事業を一部買収しました。猿橋望前社長が高額の報酬や贅沢な設備投資をしていたことから、授業料返還を求める生徒たちの中には猿橋社長の「個人的な賠償責任」を問う声もあります。しかし、基本的に株式会社の社長というのは、経営の最高責任者として一定の有限責任を負うだけですから個人賠償という形は難しいでしょう。

NOVAの経営破たんで大きな問題になっているのは、『講師の給与の未払い』『生徒の授業料の返還』『現在の英会話スクールの継続性』の3つですが、ジー・エデュケーションの事業引継ぎによって、生徒が『お金の全額返還』ではなく『英会話の授業』を求めるのであれば、ジー社が買収した地域の状況は改善の方向に向かっているようです。教室の閉鎖状況が続きそうな地域、最終的な引き受け先が見つからない教室では、今後も予断を許さない厳しい状況が続きそうですが、英会話スクールの採算性というものが高いのか否かによって引き受け先の見つかりやすさが変わってくるでしょうね。ただ、英会話学校は、一回一回の利益率が高くても長期の定着率が低い業界とも言われますので、NOVAが前払いで大金を支払わせたような強引な手法を使わないと経営が上向かない面があるのかもしれません。

エステや美容といったジャンルでも高額な料金の前払い方式(チケット方式)が多いですが、このビジネスモデルというのは消費者の不満やクレームが入りやすいモデルですし、経営破たん時の料金返還ができにくいという問題があります。また、消費者の側の選択肢(まとめて大金を払うのか、一回一回個別に払うのか)をきちんと確保して説明責任を果たすということも大切だと思いますが、学校(講義)ビジネスとかエステ・美容関連のビジネスで一回一回支払うスタイルにすると、『顧客が長く利用してくれないリスク(途中でやめてしまうリスク)』が高くなるので企業はまとめて前払いさせる方法に魅力を感じるでしょうね。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。