--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.1104:00

東京大学が低所得家庭の授業料を全額免除!地方国立大が「優秀な学生奪われる」と危機感募らせる!

東京大学が低所得家庭の授業料を全額免除!地方国立大が「優秀な学生奪われる」と危機感募らせる!

一億総中流社会を実現した高度経済成長期から日本の高学歴化は続いていますが、格差社会の問題が浮き彫りになった現在では、『経済的理由による進学の断念・中退の選択』が再び増えているといいます。もともと勉学に関心が薄い学生が進学を諦めて就職するというのは妥当な判断ですが、高い学力・才能・意欲がある学生が、お金(家庭所得)の問題で大学に進学できないというのはマクロな視点からも『社会全体の損失』になります。その意味では、日本の最高学府である東京大学が、家庭年収400万円未満の学生の授業料を一律無料にするという思い切った授業料減免策をとったことは評価できると思います。家庭に金銭的な余裕がなくても東大に合格できるトップレベルの学力があれば、東大に進学してエリートのキャリアを歩めるというのは、多くの庶民にとっては大きな希望になるのではないでしょうか。

実際問題として、東大に子どもを送り込んでくる家庭の平均所得は全国の平均所得を大幅に上回っていますから、年収400万円以下の家庭の子どもは教育投資が低い分、学力が上がり難いという傾向はあるのかもしれません。しかし、身近な事例を見ても、東大や医大レベルの学力を持っていながら、経済的理由から地方国立大の一般学部に進学した知人は結構いますし、東京から離れた地方の学生が東大に進学するというのは、平均所得前後の家庭からするとかなり大きな負担になります。金銭的問題から東大進学をあきらめていた学生にまで門戸を広げることは、結果として東大の名声を高めることになっても貶めることにはならないでしょう。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

2007.11.1103:06

英会話スクール大手のNOVAがジー・エデュケーションに業務を一部譲渡!不満の残る生徒たちは「NOVA生徒の会」を結成!

英会話スクール大手のNOVAがジー・エデュケーションに業務を一部譲渡!不満の残る生徒たちは「NOVA生徒の会」を結成!

NOVAうさぎのキャラクターをTV広告でブレイクさせて、全国各地の駅前の一等地に次々と英会話スクールを出店していたNOVA(ノヴァ)ですが、消費者保護法に違反する強引なビジネス手法が裏目に出て経営破綻しましたね。いつも自信満々に自らのビジネスモデルや将来のビジョンを語っていた前社長の猿橋望(さはし・のぞむ)社長も、取締役会の決議で解任されましたが、教育事業を手掛ける名古屋市のジー・エデュケーションがNOVAの事業を一部買収しました。猿橋望前社長が高額の報酬や贅沢な設備投資をしていたことから、授業料返還を求める生徒たちの中には猿橋社長の「個人的な賠償責任」を問う声もあります。しかし、基本的に株式会社の社長というのは、経営の最高責任者として一定の有限責任を負うだけですから個人賠償という形は難しいでしょう。

NOVAの経営破たんで大きな問題になっているのは、『講師の給与の未払い』『生徒の授業料の返還』『現在の英会話スクールの継続性』の3つですが、ジー・エデュケーションの事業引継ぎによって、生徒が『お金の全額返還』ではなく『英会話の授業』を求めるのであれば、ジー社が買収した地域の状況は改善の方向に向かっているようです。教室の閉鎖状況が続きそうな地域、最終的な引き受け先が見つからない教室では、今後も予断を許さない厳しい状況が続きそうですが、英会話スクールの採算性というものが高いのか否かによって引き受け先の見つかりやすさが変わってくるでしょうね。ただ、英会話学校は、一回一回の利益率が高くても長期の定着率が低い業界とも言われますので、NOVAが前払いで大金を支払わせたような強引な手法を使わないと経営が上向かない面があるのかもしれません。

エステや美容といったジャンルでも高額な料金の前払い方式(チケット方式)が多いですが、このビジネスモデルというのは消費者の不満やクレームが入りやすいモデルですし、経営破たん時の料金返還ができにくいという問題があります。また、消費者の側の選択肢(まとめて大金を払うのか、一回一回個別に払うのか)をきちんと確保して説明責任を果たすということも大切だと思いますが、学校(講義)ビジネスとかエステ・美容関連のビジネスで一回一回支払うスタイルにすると、『顧客が長く利用してくれないリスク(途中でやめてしまうリスク)』が高くなるので企業はまとめて前払いさせる方法に魅力を感じるでしょうね。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2007.11.1101:41

高級料亭「船場吉兆」のブランドイメージが相次ぐ偽装表示・不当表示によって大きく低下!

高級料亭「船場吉兆」のブランドイメージが相次ぐ偽装表示・不当表示によって大きく低下!

高級懐石や料亭の和食と無縁な庶民にも知名度が高い「吉兆」グループですが、最近、続々と食品の偽装表示の問題が明るみに出ており「高級で安全というブランドイメージ」に大きな傷がついています。食品業界における不正表示というのはばれてしまうと致命的で、少し前まで高級料亭の代表的存在としての地位を固めていた吉兆があっという間に、「食の安全管理に無頓着で不誠実な企業(料理屋)」というイメージで覆われてしまいました。こうなってしまうと今まで大枚をはたいて吉兆で楽しく会食していた富裕層の足も遠のいてしまいますし、友人知人にも「今日は吉兆で美味しい和食を食べてきた」というような話をしづらくなってしまいます。

食品に限らず『特別な価値を持つ高級品』というのはブランドイメージによって付加価値をつけているのですから、『あのブランドには価値がないというイメージ』が広まってしまうと経営的に非常に厳しい立場に追い込まれます。船場吉兆に通っていたお客にしてもその『料理の技巧や味の上手さ』に対してだけ大金を払っていたのではなくて、『船場吉兆という歴史と評判のあるブランドイメージ(ある種のステイタスや権威)』に対してお金を払っていたのですから、みんなが『吉兆は食品の安全や衛生への意識が薄くて、顧客の健康への配慮がなっていない』と思うようになってしまえばわざわざ吉兆を選んで高級な料理を食べる人は減ってしまうでしょう。そう考えると、小さなコストカットと引き換えにブランドイメージを損なってしまったというのは、吉兆あるいはその従業員にとって極めて遺憾な判断ミスと言えるでしょう。

続きを読む

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

2007.11.1100:55

2001年から90万人増加したパート労働者1148万人の6割以上が賃金や仕事に不満!

2001年から90万人増加したパート労働者の6割以上が賃金や仕事に不満!

『ワーキングプア(働く貧困層)』という嫌な響きを持つ言葉と共に、格差社会の原因として非正規雇用と企業のコストカットに注目が集まりましたが、日本では毎年確実に非正規雇用としてのパートやアルバイトの数が増えているようです。去年と今年は新卒者の雇用市場が「売り手市場の活況」でしたので年代によって正社員比率は変わってきますが、新入社員の中にも就職した企業の環境や仕事の内容、対人的なストレスに上手く適応できずに早期退職してフリーター(非正規雇用)になる人が少なからずいます。

日本のパート労働者は約1148万人になっており、01年調査より約90万人増加していて、労働者全体でも3~4人に1人が非正規雇用者(パート労働者)になっています。一昔前のように経済的に余裕のある専業主婦がお小遣い稼ぎでするパート労働が減っていて、実際に家計に必要なお金を稼ぐ為のパートが増えていることにも注意が必要です。つまり、昔のように「してもしなくても良いパート」ではなくて、「パートをやめれば生活が成り立たなくなるような家計状況」があるので、現在のパート格差問題はより切実で大きなものになってきています。

<パート労働者>6割以上が賃金や仕事に不満…厚労省調査

パート労働者の63.9%が会社や仕事に「不安や不満がある」と回答。その内容(複数回答)は「賃金が安い」61.8%(01年調査比10.7ポイント増)がトップ。次いで「有給休暇が取りにくい」26.2%、「パートの仕事としてはきつい」24.1%などが多かった。「正社員になりたい」は短時間パートで18.4%、フルタイムパートで41.2%。年収は▽100万円未満が44.4%(同6.7ポイント増)▽100万円以上150万円未満26.4%(同2ポイント増)▽150万円以上が17.3%(同5.7ポイント減)だった。

正社員と非正規雇用者の間に給与や待遇の格差があるのは当然という主張は正しい場合もあれば間違っている場合もあります。つまり、正社員と非正規雇用者(パート・アルバイト)のしている仕事内容や技術レベル、企業利益への貢献に大きな違いがあれば『給与・待遇・保障の格差』は正当と言えるのですが、現在では、スーパーや百貨店などの小売店、飲食チェーンなどの外食産業、肉体労働をするブルーワーカーなどで『正社員と同等の仕事をしている非正規雇用』が増えていることが問題になっています。正社員と非正規雇用者の勤務時間がほぼ同じで両者の配置(立場)を入れ替えても仕事が順調に進むような現状があり、なぜ、正社員にはボーナスがあって非正規雇用者にはボーナスがないのかなどの疑問に対する合理的な回答が出せなくなっています。

続きを読む

テーマ : 格差社会
ジャンル : 政治・経済

2007.11.1100:00

茨城県で売り場を立ち去った1000万円の宝くじの当選者現れる!

茨城県で売り場を立ち去った1000万円の宝くじの当選者現れる!

少し前に茨城県土浦市で1000万円の宝くじが当選していたにも関わらず、売り場からいなくなった男性が話題になっていましたが、何人かの人が『自分が買った宝くじだったかも』と名乗りを上げ、最終的にある一人の男性が本物の持ち主だったことが分かったようです。ドリームジャンボ(6月抽選)宝くじの3等1000万円の当たりくじだったそうですが、宝くじって意外と何十枚も買っても全く当たらないものですが、この男性はこの1000万円の当選以外にも6万5千円の当たりがあったそうで、それが嬉しくてすぐに売り場を立ち去ってしまったのだとか……。

まさか残っている宝くじの中に1000万円もの高額当選があるとは思わないでしょうから、立ち去る気持ちも分からないではないですけど、普通は一応、当たりかはずれかを確認するまで待っている人のほうが多いでしょうね。僕も昔はちょこちょこ宝くじやロト6などを買っていましたが、これらの宝くじは当たらないことよりも毎週買いに行くことのほうが面倒臭いという問題がありますね。「もしかしたら当たるかもしれない」というモチベーションだけでは買い続けるのは意外に難しく、学生時代の時のように暇が多くあればブラりと宝くじ売り場に立ち寄ることもできるのですが、仕事が忙しくなると偶然の幸運を求めて宝くじを買う気力もなくなってしまいます。もともとギャンブルとか富くじのような確率論的なお金儲けには余り強くないので、基本的に仕事でコツコツ働いたり金融投資をしたほうが効率よくお金は増えていくような気もしています……。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。