FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.0223:26

メタボリック・シンドロームの腹囲の診断基準が見直しか?メタボは健康維持のシンボルに!京大チームが、がん遺伝子を使わないiPS細胞の作成に成功!

メタボリック・シンドロームの腹囲の診断基準が見直しか?メタボは健康維持のシンボルに!

日本では、一昨年前くらいから生活習慣病のリスクファクターとなるメタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)が話題となっていますが、メタボの曖昧な診断基準である「腹囲」を巡って国内外からさまざまな異論・反論が出ているようです。日本の厚労省や学会の診断基準では、男性で腹囲85センチ以上、女性で腹囲90センチ以上をメタボリック・シンドロームとしていますが、メタボ自体は疾患ではなくて動脈硬化性疾患や糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクファクターです。ですから、メタボの診断基準を越える腹囲であっても、それ以外の健康指標(血圧・血糖値・血中脂肪の数値)が正常であれば医学上の問題は無いと言えます。

メタボリック・シンドロームというのは、本来は、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に『高血糖・高血圧・高脂血症』のうち2つ以上を合併したハイリスク状態のことを意味するので、日本のように『腹囲の太さ(見かけ上の肥満)』だけを過度に問題視する必要性は乏しいと言えます。しかし、来年度からは特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)が始まるので、メタボリックシンドロームと診断されると糖尿病予備軍と認定され、『特定保健指導(医学的な生活習慣(食習慣と運動習慣)改善の指導)』を受けなくてはならなくなります。社会保険のある一般企業に勤めている40歳から74歳までのサラリーマンは強制的にメタボ診断を含む特定健診を受けなければなりませんし、また事業者(企業)には従業員の特定健診を受けさせる義務が発生することになります。国や厚生労働省は『メタボを減らせば、公的な健康保険のコストを大きく減らせる』と判断しているので、メタボ対策に本腰を入れようとしているようです。

しかし、腹囲の測定だけではリスクファクターを確実に判断できないという問題や腹囲そのものを正確に測ることが難しいという問題が指摘されており、日本のメタボ研究の第一人者である松澤佑次・住友病院長(大阪大名誉教授)も「腹囲の精度に限界があるのは事実。どこで基準を切っても異論は出る。僕らも、特に日本人女性は基準作りが難しいと論文にしたことがある」と述べています。メタボを診断することの実際的な意義について、「糖尿病や高血圧を指摘された人は腹囲を測り、基準を超えた人に内臓脂肪を減らす生活指導をするのがいいと言い続けている」といった『事後的な対策』にあるようにも受け取れる発言を松澤教授はしています。

『メタボ再考:揺らぐ診断基準/1 「シンボル」腹囲基準』という記事を読むと、『生活習慣病にならないための健康目標として腹囲(内臓脂肪)を減らすことが医学的に有効である』という結論に落ち着くことになりそうです。日本のメタボの腹囲基準は、男女計755人の腹囲と内臓脂肪面積のデータをもとに作成されたもので、女性はたったの196人しかデータを取っておらず、『年齢・性別ごとの指標』を作成すべきという批判も強くあるようです。結局、メタボそのものは病気ではなく病気の危険因子ですから、個人個人が太り過ぎないように食事内容と運動習慣を見直すことが必要ということになると思いますが、中高年になると肉食の多い人と少ない人、運動をする人としない人との健康に大きな差が出てくるので注意が必要ですね。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

2007.12.0222:06

Yahoo!モバイルが人気、モバイル検索を「1日1回以上利用」は約6割!バンダイナムコが、「マッピー」「ゼビウス」を含むソフトをWiiで発売!

Yahoo!モバイルが人気、モバイル検索を「1日1回以上利用」は約6割!

10代から20代前半の若年層を中心にして、PC(パソコン)でウェブをする層が減りモバイルでウェブにアクセスする層が増えているといいます。僕はケータイで日常的にネットをする習慣がないのですが、ちょっと一日のニュースやフリーメールを確認したい時、分からない言葉(問題)の意味を検索したい時に、モバイルでネットにアクセスしています。いつでもどこでもすぐに検索できるという意味では、ケータイを使ったモバイル検索は非常に便利ですね。そういった検索状況を背景にして、Yahoo!モバイルやGoogleモバイルで検索をするユーザが加速度的に増えているようです。ケータイの弱点はやはり『コンテンツを読むのには便利だけど、長文を書くのが面倒(UIが貧弱で、ブログやサイト作成などアウトプットのツールとしては使いにくい)』ということに尽きると思いますが、最近ではミニキーボード付きのスマートフォンなども出てきて少しずつ状況が変わっています。

しかし、パソコンの置いてある事務所や室内で一日の大半を過ごすユーザには、『ケータイを使う利便性・必要性』があまり無いので、ケータイを頻繁に利用するユーザは「パソコンを持っていない層」か「アウトドア(室外)の活動が多い層」になってくると思われます。プログラマーやSEなどで一日の大部分をディスプレイの前にいる人の場合には、ケータイを取り出してアクセスするのに手間がかかるという意見もあります。10代~20代前半の人のケータイ利用シーンでも、通学途中の電車で暇な時間にする人やパソコンを持っていないのでケータイでするしかないという人が含まれていますが、やはり頻繁に外出する人のほうがケータイの便利度は上がっていくようです。PCは『情報のインプットとアウトプット』がメインという傾向があり、ケータイは友達とのつながり(メール)やその場で短時間で遊べるゲーム・SNSがメインという傾向もありますので、ユーザがウェブを利用する目的によってもPCが便利かケータイが便利かは変わってくるでしょう。

トランスメディアGPの実施した『ケータイの利用状況・モバイル検索』に関するアンケートでは、一日に一回以上ケータイサイトを利用するユーザの割合は約58%で、過半数の人が最低一日一回は携帯電話で検索しているということです。最も人気が高い検索サイトは「Yahoo!モバイル」(51%)で、2位の「Googleモバイル」(25%)や3位の「モバイルGoo」(3%)よりもかなり大きなシェアを占めていますが、これはソフトバンクのケータイの契約数増加やYahoo!の日本における知名度の高さが影響していると思われます。検索サイトに不満点を尋ねる項目では、「目的のサイトが見つかるまで時間がかかる」(38%)や「検索結果が見にくい」(25%)、「検索が遅い」(16%)などが出されていますが、これは「画面とボタンが小さい」というケータイのUI(ユーザインタフェース)の限界と関連した不満点だと言えます。「検索が遅い」という不満については、今後のYahoo!やGoogleの努力で少しずつ改善していけるのではないかと思いますが、「検索結果が見にくい」というのは携帯電話のディスプレイが小さいので本質的な解決は難しいでしょう。

続きを読む

テーマ : 携帯電話
ジャンル : 携帯電話・PHS

2007.12.0220:03

「非科学的なスピリチュアル番組・占い番組」は民放の放送基準違反か?霊感商法・無知な偏見に誘導されずに娯楽としてスピリチュアルを楽しむ必要性!

「非科学的なスピリチュアル番組・占い番組」は民放の放送基準違反か?

最近のテレビでは、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏や占い師の細木和子氏など科学的根拠(検証可能性)がなく国民の判断を惑わしやすい『霊能力・占い技術・予知能力・読心術』などを商品にした人たちの露出が増えています。寡占的な放送免許を持っているテレビ局は、テレビ放送を事実上独占している状況なので、テレビ放送の番組内容には『公共性・中立性・事実性(科学性)』などが求められることになります。しかし、江原啓之氏の『オーラの泉』のスピリチュアルカウンセリングや細木和子氏の複数番組における占い技術などについては、『スピリチュアル(霊視能力)・占い能力などが客観的事実であるかのような演出・本人達に一般人とは違う特殊能力があるかのような演出』が為されており、科学的なメディア・リテラシーを持っていない一部の国民の判断力を麻痺させているのではないかという批判があります。

テレビのスピリチュアル番組 「民放連の放送基準違反」

テレビや女性誌では今、霊視や占いのタレントがひっぱりだこのスピリチュアルブームだ。が、特に公共性が問われるテレビで、これらタレントによる過剰な演出が見られ、放送界から民放連の放送基準に抵触するとの声が出ている。さらに、番組ビデオなどが霊感商法などのPRにも使われているというから事態は深刻だ。

オウム真理教の事件以降、テレビ各局では、霊能番組などを自粛していた。それが、こうした番組は視聴率が取れると最近になって次々と復活させたようだ。そして、スピリチュアル番組の悪影響は、社会に広がっている。全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士によると、霊感商法の勧誘にも番組ビデオなどが巧みに利用されているというのだ。「口当たりのいい言葉で被害者に近づき、ビデオを見せたりして、まず霊的な関心を持たせます。そして、次第に心を支配し、金品を奪って骨までしゃぶるようになるのです。それも、被害が顕在化するのは、何年もたってからのことが多い」(紀藤弁護士)

マスメディアであるテレビは『公共性のある放送を行う義務』があり公器としての中立的性格が期待されていますから、『客観的事実ではないことを事実であるかのように誤認させる番組』を作ってはならないとされています。スピリチュアル番組や占い番組を制作して放送すること自体は『表現の自由の範疇』ですが、その場合にはスピリチュアルとはどういったものなのか、占いとは何なのかという『視聴者に対する中立的視点からの説明』が為されておく必要があります。つまり、スピリチュアルや占いがバラエティや娯楽(遊び)のために制作されているという前提を視聴者が持っていれば大丈夫なのですが、『本当に死んだ後の人間と話ができる』とか『占いは未来の出来事を正確に予想してくれる』とかいった間違った知識や認識を助長する内容になっていてはいけないということに建前上はなっています。

正しい知識を伝えるためには、番組の前半と後半の何処かに『スピリチュアルや占いは信仰・信念(信じるか信じないか)の領域の問題であって、科学的にその正しさが証明されているものではなく、現実的な問題の解決に直接役立つものではありません。信じることによる気分の安定や生きやすさ、仲間との連帯感が生まれるものは、古代から宗教のカテゴリーに含まれています』といったスーパーを流したほうが良いとは思います。個人的には、スピリチュアルも占いも放送するのは結構だし個人の自己責任でお金を払って利用するのは自由だと思いますが、テレビ局が『これは客観的事実であり、信じない人は魂のレベルが低い』といった迷信的(非科学的)な内容を強く主張してはならないと思います。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2007.12.0219:02

ミス・ワールド世界大会で中国代表の女性が初めて優勝!安藤美姫がNHK杯で3回転倒し、GPファイナルに出場できず!

ミス・ワールド世界大会で中国代表の女性が初めて優勝!

今年の「ミス・ワールド世界大会」が1日に中国南部の海南島のリゾート地・三亜市で開かれましたが、この大会で中国代表の張梓琳さん(23)が中国人女性としては初の優勝の栄冠を手にしました。日本では中国人の芸能人の知名度はあまり高くないので、ぱっと思いつく綺麗な中国人女優では映画やアジエンス(シャンプー)のCMで活躍していたチャン・ツィイーくらいしか思い浮かばないのですが、欧米圏の女性も含めた世界大会で優勝するというのは凄いですね。ミス・ワールド世界大会の開催地が中国だったので、多少のホームタウンデシジョン(ホームの優位さ)はあったかもしれませんが、最近はアジア人特有のオリエンタルでしとやかな雰囲気の美が世界的に注目されているという背景もあるようです。更に言えば、欧米の白人優位の美的基準が崩壊しつつある兆候もあり、『女性の美のグローバル・スタンダード』が多極化しているとも言えるのですが、白人・黄色人種・黒人の間にあるそれぞれの美のあり方を認めようとする流れがありますね。

ミス・ワールド:中国代表が大会史上初の栄冠

日本人からするとアジア系の美貌というのは見慣れていて、欧米系の彫りの深い華やかな美貌に異国情緒を感じますが、欧米系の人たちからすると、アジア系の女性というのは『年齢に対する若々しさ(童顔)・肌の程よい白さと滑らかさ(肌理の細かさ)』という点に新鮮さを感じることもあるようです。張さんは河北省石家荘市出身で、身長は182センチもあり、職業は企業の秘書ということです。北京の中国科学技術大学在学中にモデルをしていたということなので、才色兼備のインテリな女性でもあるようです。

続きを読む

テーマ : エンターテインメント総合
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。