--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.1115:41

シックス・アパートとAMN、アルファブロガー・アワード受賞者15名を発表!gooによる11月の検索キーワードランキングは、「恋空」が1位、「年賀状」が2位!

シックス・アパートとAMN、アルファブロガー・アワード受賞者15名を発表!

ブロゴスフィア(ブログ界)で大きな影響力とPV(アクセス数)を持つブロガーをアルファブロガーといいますが、2007年度のアルファブロガーがユーザの投票と各種の指標をもとにして選出されました。アルファブロガーの選出に当たっては、シックス・アパートとアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)が事務局を務めるアルファブロガー運営委員会というところが母体となっているようですが、「アルファブロガー・アワード2007」というサイトで結果が発表されています。

ここ数年で急速にブロゴスフィアが拡大して参加者が増えたこともあり、「アルファブロガーの知名度と既読率」も過去のアルファブロガーに比べると落ちていると思いますが、やはり各ジャンルでは有名なブログが選ばれているようです。あまり普段ブログを読まない人だと、アルファブログの中に「一度も読んだことがない」という人も多いとは思いますが、一通りアルファブロガーの記事を見てみると、やはり、一つ一つの記事のクオリティが高くて読んで何かを考えさせられるコンテンツが多いです。2007年に選出されたアルファブロガーの一覧を見ると、僕が「読んだ事のあるブログ」は5個くらいですが、「ボーガスニュース(笑いを狙ったネタ系ブログ)」「レジデント初期研修用資料(哲学的・技術的に社会構造を解読する深い思索に基づく医学系ブログ」「貞子ちゃんの連れ連れ日記(投資戦略や世界の金融市場に関する情報を扱う経済系ブログ)」は時々読みにいっており楽しませて貰っています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ブログ WEBLOG
ジャンル : コンピュータ

2007.12.1114:36

総務省の要請で、18歳未満は原則フィルタリングを設定に!NTTドコモが親ばかの意見を参考にした2代目キッズケータイ「F801i」を発売!

総務省の要請で、18歳未満は原則フィルタリングを設定に!

インターネットの有害情報・危険情報から未成年(青少年)を守ろうとするセキュリティ強化の動きが強まっていましたが、遂に総務省の要請によって『18歳未満の利用者に対し、親権者が不要としない限り原則フィルタリングを設定する方針』が決まったようです。ネット内部の情報が安心か危険かを見分けるだけの『ネット・リテラシー』を培う教育を学校や家庭で十分に出来ない現状では、フィルタリングの半強制も必要な面はあるかと思いますが、年齢制限として18歳が適当かどうかについては議論があってもいいでしょうね。しかし、一応『親の許可』があればフィルタリングを外せるようですので、高校生くらいであれば親子間で十分な話し合いをしてフィルタリングをするかどうかを決めても良いと思います。

というのも、性や生理学、哲学(倫理学)、政治(社会問題)などに関する一部の学術・議論サイトもフィルタリングによって閲覧できなくなることもあるので、『フィルタリングによって必要な情報を収集できない』という弊害が生まれてくることもあるからです。フィルタリング技術がまだ不完全なので、『単純なキーワード』だけに反応してそのサイトを有害サイトとして認識してしまう恐れがあり、避妊方法・妊娠出産・性感染症などの医学・教育サイトまでフィルタリングで見られなくなることもあります。

また、倫理学的にシリアスな表現や文学的な官能表現などにもフィルタリングが作動することがあるので、本当に子供向けのサイトしか見られなくなり、高校生程度の年代に相応しい情報水準のサイトがフィルタリングされてしまう可能性もあるでしょう。出会い系サイトとかアダルトサイトとかについては、小学生は当然として中学生の年代くらいまでは強制的にフィルタリングしても良いかと思います。判断力の乏しい小学生くらいまでは携帯よりもパソコンだけでウェブをさせて、親が一緒に見ていてあげたほうが安全かもしれませんが、携帯でウェブに接続する場合にはフィルタリングをしたほうが、親のほうも「誰かに騙されないだろうか・騒動を引き起こすようなやり取りをしないだろうか」といった余計な心配をしなくて良いですね。

しかし、高校生以上の年代でどれくらいウェブ内部のコミュニケーションを規制すべきかは難しい問題で、SNS(mixi・モバゲー)やプロフの存在を考えると表面的なフィルタリングだけでは意味がないでしょう。電気通信事業者協会に加盟しているNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコムのすべてが総務省の要請を受諾しているので、12月10日からは親権者の特別な許可が無い限りは、18歳未満の携帯の新規契約者に対してウェブのフィルタリングを設定することになります。

続きを読む

テーマ : 携帯電話
ジャンル : 携帯電話・PHS

2007.12.1113:44

第一興商のカラオケ人気ランキング、1位は絢香の『三日月』、2位は湘南乃風の『純恋歌」!

第一興商のカラオケ人気ランキング、1位は絢香の『三日月』、2位は湘南乃風の『純恋歌」!

2ヶ月ほど前にカラオケをしている飲み会に少しお邪魔したのですが、歌うための音楽をまともに聴かなくなって10年くらいの月日が経っていたので、『歌える楽曲』が殆どないことに唖然としました。大人になってからカラオケに行く機会が殆どなかったのですが、やはりいざという時にすぐに歌える新しい楽曲を数曲くらいは準備しておいたほうがいいですね。通信カラオケ業界の最大手・第一興商が2007年12月7日に、2007年の「年間カラオケリクエストランキング」を発表しましたが、カラオケで一番歌われている楽曲は絢香(あやか)の『三日月』だったそうです。絢香の『I believe』と『三日月』はテレビでも多く放送されていて、有線放送でも多くかかっていたので納得の結果ですが、女性の声質からすると歌いやすい感じの楽曲なのかもしれません。

カラオケ1番人気は絢香「三日月」、SMAPは圏外へ

楽曲別ランキングでは、2位が湘南乃風の「純恋歌」で、3位はコブクロの「桜」だったということですが、コブクロの歌は出す歌すべてがヒットしているという感じで勢いの良さがありますね。オペラの秋川雅史さんが出してブームを巻き起こした「千の風になって」も6位にランクインしているのですが、この「千の風になって」の冒頭の歌詞「私のお墓の前で泣かないでください」は一度聴くと頭からなかなか離れなくて困ります。2007年のカラオケランキングにも関わらず、1~3位はいずれも05~06年にリリースされた少し古い楽曲というのが面白いところで、第一興商では「カラオケファンに愛され、歌われ続ける曲といえる」という分析的なコメントを出しているということです。

続きを読む

テーマ : j-pop
ジャンル : 音楽

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。