--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.1618:32

GPファイナルで浅田真央は惜しくも2位、韓国のキム・ヨナが連覇!男子・高橋大輔は2位に!

GPファイナルで浅田真央は惜しくも2位、韓国のキム・ヨナが連覇!男子・高橋大輔は2位に!

昨夜7時からフィギュアスケートのGPファイナルのSP(ショートプログラム)が放送されていましたが、浅田真央(17)が珍しくジャンプを失敗して精彩を欠いた滑りをしていました。今年のGPファイナルは、本命の一角であった安藤美姫がキミー・マイズナーに敗れて予選落ちし、コンスタントに良い成績を出していた村主章枝もファイナルに出られないという状況でしたが、浅田真央(中京大中京高)と中野友加里(早大)の二人が出場していました。浅田真央はその後のFP(フリープログラム)でトップに立つ見事な演技を見せてくれただけに、SPでの予想外の調子の悪さと小さなミスが悔やまれますが、次の大きな大会では十分に優勝を期待できるのではないかと思います。しかし、SPの成績が最下位の6位だったことを考えると、浅田真央の今回の2位という成績は十分に素晴らしいものですし、得点差のつきやすいフリーで高得点を稼げる浅田真央はオリンピックなどでは更に有利な立場に立てると思います。

最終的な結果は、去年グランプリで優勝した韓国のキム・ヨナ(金妍児)が196・83点を獲得して優勝、韓国の至宝と讃えられるキム・ヨナが見事に二連覇を果たしました。フリーでは浅田真央がキム・ヨナに差をつけて首位に立ちましたが、やはりSPでキム・ヨナが圧倒的な優位を取っていたので浅田が逆転するのは相当に難しかったと言えるでしょう。SPで4位というまずまずの安定した成績を上げていた中野友加里はフリーであまり点数が上がらず、結局172・96点で5位となりました。しかし、中野本人にとってオリンピックに次ぐファイナルの大舞台での経験は、いろいろと新たに得られるものがあったのではないかと思いますし、今後の成長につながる魅力的な滑りが出来たように感じました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

2007.12.1618:02

EXILEの新アルバム「EXILE LOVE」が早くもミリオン突破!中村中が、音楽劇「牡丹燈籠」のパリ公演で絶賛!

EXILEの新アルバム「EXILE LOVE」が早くもミリオン突破!

人気ユニットのEXILEが、12日に発売した新アルバム「EXILE LOVE」の総出荷数が早くも100万枚を突破したようですが、ネット配信の普及などでCDの売上が伸び難い現状ではかなりの快挙になりますね。EXILEのミリオン突破は、平成15年のアルバム「EXILE ENTERTAINMENT」、平成17年のベスト盤に続く3作目になるのですが、最近のアーティストで100万枚のCDセールスを上げる人は殆どいないのでEXILEの人気の高さを窺わせます。EXILEのスタイルはヒップホップや今風の音楽を彷彿とさせる感じですが、実際の楽曲はラブソングやバラードなど多彩な歌が揃っていてカラオケで歌いやすい曲が多いことも人気の理由かもしれません。

15日に、東京・代々木第一体育館でEXILEが所属するエイベックスレーベル「リズムゾーン」のライブイベントが行われたのですが、このライブにEXILEも出演して大トリとして6曲の歌を披露したということですが、このライブには約1万人の大観衆が集まっていたということです。最近は、ケータイで着うたフルをダウンロードする人も増えましたが、EXILEや絢香など人気アーティストのCD売上を見ているとまだまだCDを購入する層というのはある程度残っているといっていいでしょうね。音質の面ではまだ着うたよりもCDのほうがかなり良いですし、歌詞カードやアーティストの写真などが欲しいという人はやはりCDのほうを買いたいのだと思います。ただ、最近は専用のCDコンポを買う人が減っているので、PCでCDを聴く場合などにはそこまで音質が良くないしPCのノイズ音が気になるというデメリットもありますが。後、iPodなどのデジタルオーディオプレイヤーとの比較競争では、サイズの大きいCDよりもデジタルデータとしての音楽のほうが取り扱いやすいし、曲順の入れ替えなどの編集が楽ですね。

続きを読む

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

2007.12.1615:38

女子高生は1日約2時間、携帯電話を使用!青少年の4割が1日に1回ネットに接続!

女子高生は1日約2時間、携帯電話を使用!青少年の4割が1日に1回ネットに接続!

内閣府が16日付で『情報化社会と青少年に関する意識調査』の結果を発表して、それに関する分析記事が出てきているようです。内閣府調査に限らずこういった社会調査で『青少年』とカテゴライズする場合には、10代から29歳までの人たちが含まれることが多いですが、20代後半の人を青年と呼ぶのは何となくアンバランスな感じもしますね。この意識調査の結果、青少年の約40%が1日に1回インターネットにアクセスしているということですが、この比率は思ったよりも少ないなというのが正直な感想でした。社会人でパソコンの操作やウェブ検索による情報入手が必要な仕事をしている人は、ほぼ全員が毎日インターネットにアクセスすると思いますが、小学生・中学生など遊びや友達とのコミュニケーション、ちょっとした調べものの用途で使う年代ではそれほどインターネットが必需品というわけでもないということでしょうね。

青少年に分類される年代の人たちが、『インターネットの情報サイトを1日1回以上閲覧する割合』は、今回の調査では41.2%でしたが、01年度の前回調査では17.9%だったということで、一応二倍以上に増加しています。2001年の頃のネット事情を考えると、携帯電話でアクセスするユーザよりもパソコンでアクセスするユーザのほうが多かったと推測されますから、今ほど青少年がウェブを簡単に利用できる環境が無かったのでしょう。今、毎日ネットをしているという青少年の大半はケータイを使ってアクセスしていると思いますから、『パケット定額制によるモバイル環境の整備』が青少年へのウェブ普及に果たした影響というのはやはり大きいと思います。ウェブ上での情報発信を伴う本格的なウェブ活用をしたい場合にはケータイでは不十分ですが、ウェブサイトやSNSをちょこちょこ閲覧して書き込みをしたいという用途であればケータイでも十分に対応できます。

続きを読む

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。