FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.1904:16

職業別平均年収トップは「投資銀行業務」と「資産運用企業」!医療・医薬系の専門性の高いMRも高収入!

職業別平均年収トップは「投資銀行業務」と「資産運用企業」!医療・医薬系も高収入!

どんな職業の人がどれくらいの年収を稼いでいるのだろうというのは気になる人が多いと思いますが、転職サービス「DODA」が実施したアンケート調査では金融系と医療系、ITコンサルタント系が上位にランクインしているようです。インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」が、IT系、技術系、営業系、メディカル系、事務系など58職種を対象にして「職種別平均年収ランキング(2006年~2007年)」を発表したのですが、すべての年代で「投資銀行業務」が年収のトップとなっていて、銀行勤務の中でも特に投資(ファンド)に力を入れた外資系金融機関(投資銀行)が高所得であることが分かります。平均年収は、25~29歳では577万円、30~34歳では887万円、35~39歳では1,281万円となっていて、どの年代であっても他の一般的な職種の1.5倍相当の所得を得ているというデータが出ています。生涯にわたって年収1000万を越えることがないという人が大卒でもほとんどだと思いますが、30代後半のサラリーマンで1200万円以上の年収を得るというのは驚きです。実力主義の外資系では給与水準が年齢によって大きく影響されないのですが、その分、十分な営業成績や業務の実績を上げなければ途中でレイオフ(解雇)されるリスクもあります。

この「職種別平均年収ランキング」は、25~29歳、30~34歳、35~39歳の3つの年代別で出されているのですが、『平均年収トップは「投資銀行業務」、「MR」などの医療・医薬系も強さを発揮【DODA職種別平均年収調査】』の記事によると、25~29歳では『投資銀行(577万)・運用会社(544万)・プロダクトマネージャー(IT、525万)・ITコンサルタント(518万)・コンサルタント(517万)』の順位になっています。30~34歳になると平均年収がぐんと上がって『投資銀行(887万)・運用会社(880万)・MR(医療情報担当者、655万)・ITコンサルタント(643万)・財務(643万)』になってきますが、この年代になると医療系の営業総合職であるMRが大幅に年収を伸ばしており、会計税務の専門業務に当たる財務担当者も給与が上がるようです。

続きを読む

テーマ : お仕事
ジャンル : 就職・お仕事

2008.01.1903:09

テレビ視聴率が0.8%に…モーニング娘。の時代は終わったのか?Perfumeのlivedoorでのロングインタビュー!

テレビ視聴率が0.8%に…モーニング娘。の時代は完全に終わったのか?

安倍なつみや後藤真希、石川梨華、加護亜依、藤本美貴といった人気アイドルを多く輩出して、『ラブマシーン』や『ラブレボリューション21』などで一世を風靡したモーニング娘。ですが、ここ数年で徐々に人気を低下させ、最近では日曜日のレギュラー番組で1%の視聴率を維持することも困難な状況になっているということです。一時期は、上に挙げた容姿に優れたアイドルっぽいアイドルだけではなくて、中澤裕子や保田圭などの個性的キャラクターを揃えてミュージックステーションやうたばんなどの歌番組にも頻繁に出演していたモー娘。ですが、ここ2年ほどはテレビへの出演機会自体が随分と減った気もします。モー娘。だけではなくて、つんく♂がプロデュースするハロプロ自体の影響力が落ちているということもあり、松浦亜弥などのメディア出演もかなり減っている感じですが。

モー娘。の人気低下については、「週刊新潮」(07年5月17日号)が「テレビ視聴率『1%台』結成10年で『さらばモーニング娘。』」というタイトルで取り上げたりもしていたみたいですが、テレビ東京系のレギュラー番組である『ハロモニ@』の視聴率が0.8%に陥ったことでモー娘。人気の凋落が明確になってきています。やはり大きな人気を集めていた安倍なつみや後藤真希の後を埋める個性的なキャラクターを補充できなかったことと、アイドルブーム自体が下火になったことが影響しているのだと思いますが、現状から再び過去のように人気を盛り返していくのは非常に困難だと言えるでしょう。加護亜依の喫煙と宿泊スキャンダルや辻希美の結婚、藤本美貴のお笑い芸人との恋愛報道などで、モーニング娘。に対するイメージが変質したということも多少は影響していると思いますが、ファンだった人の世代の移り変わりとアイドル需要が低い時代の風潮というのが本質的な原因だと感じます。

モー娘。」は終わった TV視聴率なんと「0.8%」

「モーニング娘。」が唯一持っているレギュラー番組は、テレビ東京系で日曜昼の12時20分から放送されている30分番組「ハロモニ@」。07年4 月から始まった同番組だが、実は前身の1時間番組「ハロー!モーニング。」の視聴率が2~3%と振るわなかったことから、現在の30分に短縮されたとも言われている。現在、「ハロモニ@」の公式ホームページに「絶賛放送中!」と書かれているのとは裏腹に、ここでも「低迷」は深刻のようだ。というのも、2008年1月13日に放送された「ハロモニ@」の視聴率は、なんと「0.8%」(ビデオリサーチ調べ)だったのだ。

現在のモーニング娘。のメンバー構成は複雑化しており、高橋愛さん、新垣里沙さん、亀井絵里さん、道重さゆみさん、田中れいなさん、久住小春さん、光井愛佳さんのほか、ジュンジュンさん、リンリンさんといった中国人留学生が加わっているそうですが、人気回復のためにはこれからファンになってくれる可能性がある人たち(子ども達含む)に対して知名度(どんなメンバーがいるのか)をもっと上げていかなければならないでしょうね。そのためには、視聴率の高いテレビ番組への出演機会を上げていくというのが最も近道なのでしょうが、今のハロプロ(つんく)とモー娘。にどこまで出演機会を上げていくことができるのかがポイントになってきそうです。

高校野球の行進曲に選ばれたコブクロの「蕾」はバラードなので行進しにくい?

昨年の日本レコード大賞を受賞して紅白歌合戦でも謳われたコブクロの「蕾(つぼみ)」が、第80回選抜高校野球の入場行進曲に内定しましたが、この「蕾」は母の死を偲ぶスローバラードなので高校生が行進しにくく、元気はつらつとした高校野球のテーマソングとしてはイメージが合わないのではないかという意見が出ているそうです。確かに、「蕾」の静かな悲哀感が高まっていくようなメロディは、これから野球をしようというアクティブな気持ちとは対極にある感じもします。しかし、高校野球の入場行進曲というのは「前年のヒット曲の中で多くの人に親しまれ、行進曲にふさわしい歌詞と曲調であることを基準に決められる」ということで、審査委員の人たちにとっては「蕾」が相応しいと感じたということでしょうね。といっても、基本的には、その年に流行してヒットした音楽の中から、高校生にとっても耳慣れた曲(親しみを感じる曲)を選んでいるのではないかと思います。楽曲のメロディや歌詞が高校野球に相応しいかはともかくとして、コブクロというアーティスト自体が高校生世代にも高い人気があるので、とりあえず選手の誰もが聴いたことがあるであろう「蕾」で良いのかもしれません。

続きを読む

テーマ : j-pop
ジャンル : 音楽

2008.01.1801:33

「若者の車離れ」と「所得格差の拡大」で新車の国内市場が縮小!高級車の販売が伸び、大衆車の販売が低迷!

「若者の車離れ」と「所得格差の拡大」で新車の国内市場が縮小!

日本国内の自動車市場は段階的に縮小していると言われていますが、2007年の国内新車販売は前年比6.7%減となり535万3645台となりました。景気が低迷してからも、排気量1500CC以下のコンパクトカーや軽自動車の売上は好調でしたが、2007年度は軽自動車の売上も5.1%減の191万9816台となっています。「車の買い替え周期の長期化」「軽自動車を買う若年層の縮小」が起きたのではないかと考えられますが、非正規雇用者や無職者が増加して購買力のある日本の中流階層が緩やかに没落していることが、車の販売不振の根底にあるのかもしれません。公共交通機関が十分に普及していない地方では自動車は生活必需品ですが、都心部では電車・バスなどの交通網が発達しているため、経済的に余裕のない層が車をほとんど買わなくなったということもあるでしょう。

低迷の背景について自販連は、『消費者の嗜好多様化・賃金の伸び悩み・人口の高齢化・ガソリン価格の高騰』などを想定していますが、若者の車離れの一番の原因は正規雇用の減少と賃金の低下でしょうね。インターネットや携帯電話にお金を使っているから車を買わないというのも一理ありますが、これらの情報通信による娯楽費は平均すれば月に1万~2万程度で、大半の人は1万円の範疇に収まるのではないかと思います。買い物やデート、移動などに自動車があれば便利ですが、自動車は駐車場料金の高い都心部では特に『維持にかかるコスト』が大きくなるので低所得者が車を持つことは難しくなります。自動車販売を個人の経済的要因から押し上げていくとすれば、『自動車関連の税金や車検費用の値下げ』や『安価な公共の駐車場の増設』などに効果があるのではないかと思いますが、平均所得以下の層の給与水準の引き上げなども重要でしょうね。

続きを読む

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

2008.01.1800:43

日本製紙など大手製紙会社の「再生紙偽装(環境偽装)」とグリーン購入法の問題点!

日本製紙など大手製紙会社の「再生紙偽装(環境偽装)」とグリーン購入法の問題点!

日本製紙など大手製紙会社が古紙配合比率を偽装していた問題が、TBSの「ニュース23」の報道で明るみに出ました。この再生紙偽装の問題が発覚するきっかけは、同社の内情に通じた人間からの「内部告発メール」であり、一昨年から続く食品偽装・建築偽装の問題と同じく「内部告発による企業リスク」が高まりを見せています。非正規雇用が増えたことや労働道徳の変化によって、かつてのように社員が企業に絶対の忠誠を誓うという専制的なコーポレートガバナンスが通用しなくなっており、「社会的信頼を裏切る不正(違法行為)」があれば企業側を擁護しないという従業員が増えたのかもしれません。企業の経営陣やその他の従業員にとっては、自分達の生活基盤(給与)や社会的信用が関わっているので、基本的には「内部告発」は歓迎されないものだと思いますが、一生その企業で働くつもりがない従業員(あまり良い待遇をされていない従業員)や道徳意識が強くて不正を許せない真面目な従業員の場合には、不正や違反を大目に見る「身内の論理(勤めている企業優先の考え方)」が通用しないこともあるのではないかと思います。

日本製紙の大規模な再生紙偽装は、年賀はがきの古紙配合比率をごまかしたという問題から「すべての再生紙はがき」の配合比率が低かったという問題に発展しました。中村雅和社長は「環境偽装と言われてもしかたのないような事態を招いたと考えています」と謝罪して辞意を表明しましたが、この問題は利益至上主義(市場主義)の弊害というよりも「古紙再生技術の限界」という要因が大きいようです。つまり、現在、日本の製紙業界が持っている技術では、古紙配合比率40%以上で、通常のはがきとほとんど変わらないような品質を維持することができず、文字を書きにくいはがきになってしまうということですね。少し前の時代であれば、品質がよければ多少配合比率を水増ししたっていいじゃないかという意見も多かったと思いますが、ここ数年で自然環境保護への国民の意識が高まりを見せており、「企業の利益主義への批判」とは別のベクトルで「資源浪費・環境破壊への批判」が強まっているという事情があります。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2008.01.1302:57

東京労働局で、グッドウィルの派遣労働者向け電話相談が始まる!アメリカ産牛肉の1.3トンに輸入条件違反が見つかる!

東京労働局で、グッドウィルの派遣労働者向け電話相談が始まる!

日雇い派遣大手「グッドウィル」(東京都港区)が、法律で禁止されている港湾労働・建設現場に派遣労働者を派遣していた問題で事業停止命令が出されましたが、この大規模かつ長期間の業務停止命令によって『派遣の仕事の日給』を得られなくなる派遣労働者の問題が出てきています。法律違反の危険な補償のない派遣労働は然るべき処分をされるべきですが、『1日の生活に必要な給与』をグッドウィルでぎりぎりのラインで稼いでいた労働者が、次の仕事を見つけるまでの間どうすれば良いのかが大きな問題となっています。実家から小遣いを得るために日雇い労働をしていた人は問題ないと思いますが、1人暮らしをしていて家賃や生活費を捻出するために日雇い派遣をしていた人の中には、グッドウィルの業務停止の影響をダイレクトに受ける人が出てきます。

派遣労働や消費者金融の難しさは、完全に厳しく規制してしまうとその日暮らしで生計を立てている一部の労働者たちに致命的な影響が出ることであり、ある程度厳しく規制・処分する場合には『派遣労働者・融資が必要な人』に別の受け皿を用意して上げなければならないということです。派遣労働の給料が幾ら安いとはいっても、完全に仕事がない状況よりかはマシなわけで、派遣労働が出来ない状況を行政処分で作るのであれば、『派遣労働よりも条件の良い職場』を見つけて上げる必要が出てきます。東京労働局では全国に先駆けて12日から、グッドウィル社の派遣労働者向けの電話相談が行われていますが、同社の派遣労働者は1日約3万4000人にも上るそうで、この業務停止によって数千人以上の生活に影響が出ると見られています。全国の地方労働局で15日から電話相談が始まりますが、5月16日までの平日に受け付けているということです。東京、愛知、大阪の各労働局では、2月9日まで土曜も相談に応じているということなので、派遣労働をしていて急に仕事がなくなって生活が困るという人や、派遣労働の労働条件に疑問があるという人などは電話相談をしてみると良いかもしれません。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2008.01.1301:45

2008年の「センター試験」の傾向・対策と平均点はどうなる?大学全入時代を受けて、難関大学志向の学生が増加!

2008年の「センター試験」の傾向・対策と平均点はどうなる?大学全入時代を受けて、難関大学志向の学生が増加!

2008年度大学入試センター試験が1月19、20の両日に、全国700余りの会場で行われることが決まっていますが、駿台予備校の予測によると、今年のセンター試験の平均点は去年よりも更に低くなるのではないかと見られています。学習指導要領(カリキュラム)の変更があった年には、新旧両方のカリキュラムに配慮した出題になるので、比較的簡単な問題になる傾向があるそうですが、その翌年には難易度が通常に戻って平均点が下がるといいます。その難易度の揺り戻しが起こった年が2007年であり、センター試験の平均点は軒並み下がったのですが、毎日jpの以下の記事では今年は更に下がるのではないかという話が出ています。

入試動向:「センター試験の平均点、今年も下がる可能性」 駿台予備学校・石原センター長(その1)

しかも、カリキュラム改訂から2年目の平均点を見ると、99年が488点(61%)とさらに大きく下がっています。同じように08年は2年目にあたりますから、注意が必要です。実はもっと昔の共通一次時代でも同じような傾向が見られました。(改訂後)1年目はまだ既卒生への配慮をしますが、2年目は新しいカリキュラムに準じた新傾向問題が出ることがあります。新傾向問題というのは、受験生にとっては意外に解きにくかったりして、点が上がらないのです。

新カリキュラムに対応した試験問題が解きにくい最大の理由は、『試験勉強で習得した傾向と対策』を応用することが難しいからですが、実際には『出題の見かけ』が違うだけなので、落ち着いて今までに勉強した知識・解法を上手くアウトプットできれば問題は解けると思います。新傾向問題が解けなくなるのは、『今までに見たことがないタイプの問題だから解けそうにない』という先入観を持って問題を見てしまうからであって、必ずしも出題されている問題そのものが難しいから解けないというわけではないのです。新傾向問題に対しては、問題文を丁寧に読んで『何を解答として求めているのか?』を的確に認識し、『自分の持っている知識・解法を組み合わせて解けるかどうか?』を実際に鉛筆を動かして考えてみることです。

続きを読む

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。