FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.1316:36

「ほっかほっか亭」を離脱したプレナスが、新ブランド「ほっともっと(HottoMotto)」を立ち上げ!経営難の新銀行東京が東京都に数百億円単位の増資要請!

プレナスが、新ブランド「ほっともっと(HottoMotto)」を立ち上げ!

手軽に食べられるあったかい弁当の全国チェーンとして「ほっかほっか亭」は高いブランド力を誇っていますが、ほっかほっか亭総本部との交渉が決裂した株式会社プレナスはほっかほっか亭とは異なる新ブランドを設立するという決断をしました。個人的には小学生くらいから「ほか弁」の愛称でほっかほっか亭を呼んでいたので、名前が変わるのは残念ですが、近畿地方や東海地方などはほっかほっか亭総本部(ハークスレイ)が管轄しているので、そのままほっかほっか亭のブランドが残るようですね。プレナスが考案した新ブランド名は「ほっともっと(HottoMotto)」で、新しいロゴマークも既に出来上がっていますが、「ほか弁」のイメージが殆ど損なわれないブランドとロゴに仕上がっているのではないかと感じました。

「ほっともっと」というブランドに変わっても、結局、ほか弁というような短縮形で呼ばれるので実質的なブランド価値の損失というのはプレナス側にはないですし、選べる弁当のメニューも従来とほぼ同じということなので、今までほっかほっか亭を利用していた顧客も引き続き弁当を買ってくれるのではないでしょうか。なぜか、出来立ての温かいお弁当で、ほっかほっか亭ほどスタンダードで美味しい弁当を出すお店というのは少ないので、名前が変わってもプレナスには継続的に弁当販売事業を続けて欲しいなと思います。しかし、ほっかほっか亭の内部分裂は、訴訟合戦の様相を呈しており、ほっかほっか亭のフランチャイズ(FC)契約を破棄したプレナスに対して、ハークスレイ(ほっかほっか亭総本部)のほうは中途解約は出来ないとして、営業の停止及び禁止を裁判所に求めているようです。つまり、フランチャイズ契約を解約するというのであれば、今と同じ形態の弁当事業をしてはいけないとハークスレイのほうは主張しているわけですが、消費者としては今まで通り弁当を買えるような判断を司法が下して欲しいなと思います。

もともとは、商標権や経営方針、店舗の運営方法、利益分配率などを巡って内部分裂が進んだみたいですが、消費者の立場からすると、今までハークスレイとプレナスという二つの経営母体があることさえ余り意識していなかったわけで、正に晴天の霹靂といった感じではあります。3500店のほっかほっか亭のうち、プレナスが直営するのは、約1000店、プレナス傘下で食材などの供給を受けるのがFCの約1200店ですが、この1200店舗のFCはプレナスにつくのかハークスレイにつくのかの選択を迫られています。FCのオーナーに対するプレナスの説明会では、プレナス側の経営方針に賛同するオーナーが多いような報道がされていましたが、今後、ほっかほっか亭の店舗の勢力分布図がどのように変化していくのでしょうか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2008.02.1315:31

被害総額約175億円、ゴッホやモネ、セザンヌなどの名画がスイスで盗まれる!創刊91年の「主婦の友」が5月発売号で休刊に!

被害総額約175億円、ゴッホやモネ、セザンヌなどの名画がスイスで盗まれる!

スイス・チューリヒの美術館「ビュールレ・コレクション」で10日に、世界的人気の高い画家であるゴッホ、セザンヌ、ドガ、モネの大作計4点が盗まれてしまったそうです。地元警察の発表では、この4枚の絵画の被害総額は1億8000万スイスフラン(約175億円)にものぼるということで、世界の美術品の盗難史上で最大規模の金額になるみたいです。しかし、100億円以上もする絵画があっさりと盗みだせるということが驚きなのですが、このビュールレ・コレクションというのは個人が設立した美術館ということで、大規模な美術館や博物館のセキュリティと比べるとそれほど厳重なセキュリティが敷かれていなかったのかもしれません。

武装した覆面の男が三人で美術館に侵入して、警備員がそのまま脅されて伏せさせられたので美術品を守ることが出来なかったということです。幾ら効果な絵でも盗品の絵画は売却先を見つけるのが難しいので、何人もの警備員を配置するのが面倒だったのかもしれませんが……ゴッホやモネの名品がいったいどこに持ち去られてしまったのかは気になるところです。以前、ムンクの『叫び』が盗まれた時には、結局どこにも売却することが出来ずに元の美術館に返ってきたそうですが、今回の名品たちも美術品としての価値を失わずに無傷のままで戻ってきて欲しいと切に思います。

被害に合った絵画は、モネ「ベトゥイユ近辺のひなげし」、ドガ「ルピック伯爵と娘たち」、ゴッホ「花咲くマロニエの枝」、セザンヌ「赤いチョッキの少年」の4点で、後期印象派を代表する傑作として有名な絵ばかりということです。市場の評価は極めて高いそうですが、世界的に盗品であるという情報が広まっているので、これらの絵画を買うだけのお金を持っている富豪や資産家でも買ってはくれないでしょうね。結局、期待していたような高価な値段で売ることが出来ないわけですから、ビュールレ・コレクションの近くにひっそりと返却される可能性もあると思います。しかし、密かな販売ルートを見つけるか欲しいという資産家のオファーを取り付けてから今回の計画を実行したのであれば戻ってこないかもしれませんが……。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2008.02.1313:28

非正規労働者向けの情報サイト「フェアワーク つながるネット」が開設される!民法改正で成人年齢が18歳になる?結論は一年後くらいに!

非正規労働者向けの情報サイト「フェアワーク つながるネット」が開設される!

所得格差拡大の原因の一つとして、「アルバイト・パート・契約社員」といった非正規雇用の問題に言及されることが多くなりましたが、今まで非正規雇用者の労働待遇(雇用条件・給与水準)を改善するための団結(組合)や労働者としての権利を守るために必要な情報環境はほとんど整備されていませんでした。一般のサラリーマン(正規雇用者)は、ある程度の規模の企業・会社に勤めていれば労働組合によってさまざまな労働権や賃金水準が守られているわけですが、個人個人がバラバラに雇用されて短期間だけ働くことが多い非正規雇用者にもそういった労働組合的な相互扶助が必要ではないかと思います。

非正規雇用者の労働権や生活を守るための情報提供(情報交換)や従来の労働組合運動との連携を目的として、労組を管轄する連合が「フェアワーク つながるネット」という情報サイトをオープンしたそうです。サイト名のフェアワークという言葉から連想されるように、格差社会の拡大を食い止めて「労働による生活の安定保障」という当然の権利を守っていく為には「公正な仕事環境」を整えていく必要があるのかもしれません。正規雇用と非正規雇用の仕事内容や責任の範囲に違いがあれば、ある程度の給与差があるのは妥当ですが、両者の仕事がほとんど同一でありどちらがその仕事をしても成果が変わらないようなケースでは、「同水準の賃金」を公正に支払う仕組みに変えていく必要があるでしょう。

続きを読む

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

2008.02.1312:53

アメリカ大統領選、バラク・オバマが7連勝でヒラリー・クリントンを追い詰める!アメリカ初のアフリカ系大統領か女性大統領か?

アメリカ大統領選、バラク・オバマが7連勝でヒラリー・クリントンを追い詰める!

今、アメリカで実施されている共和党と民主党の代表指名権(候補指名権)争いですが、今回のアメリカ大統領選は「ブッシュ大統領の負の遺産」の影響が大きく、民主党の候補者が圧倒的に優勢になるだろうと見られています。そのため、民主党で指名権をかけて熾烈な競争を繰り広げているヒラリー・クリントン上院議員バラク・オバマ上院議員のどちらかが次のアメリカ合衆国大統領になる可能性が極めて強いわけです。選挙は蓋を開けてみるまではどうなるか分からないといいますが、巨大な資金力と高い知名度で圧倒的に有利と見られていたヒラリー・クリントンが若手のオバマ相手に相当な苦戦を強いられています。

ヒラリー・クリントンは、ビル・クリントン元大統領のファーストレディであり上院議員としても十分なキャリアを積んでいますが、今回の指名権争いでは実力でのし上がってきたアフリカ系アメリカ人のオバマに対して、「元大統領の妻」というブランドが逆効果に働いてしまっている側面もあるでしょう。共和党の代表者はベトナム戦争の英雄として知られる高齢のマケイン候補に決まりそうですが、もし、民主党の代表者が大統領になればアメリカの建国以来の歴史が大きく変化することになります。オバマ上院議員は、しきりに"Change"という単語を繰り返し、「今こそアメリカが変わる時だ」というメッセージを語り続けていますが、オバマが大統領になれば白人と黒人の混血とはいえアメリカ史上初の黒人大統領が誕生します。

アメリカは移民を寛容に受け入れ宗教の自由を強く守ってきた多民族国家ですが、白人男性以外の大統領を輩出した歴史がなく、実質的に「白人・男性・プロテスタント」が政治権力の中枢に多く集まるという社会構造が維持され続けています。オバマが勝てばアメリカ史上初の黒人(アフリカ系アメリカ人)の大統領が成立し、クリントンが勝てばアメリカ史上初の女性大統領が誕生するわけで、共和党の候補者の魅力や影響力がいまいちなところを見ると、アメリカの歴史がまた一つ新たに塗り替えられることになりそうです。共和党のマケイン候補の弱点として、支持基盤が一枚岩でなく共和党内部での反対勢力があること、当選すれば史上最高齢の大統領ということで年齢的なマイナスイメージがあること(年功序列の意識などがないアメリカでは若くて力強いリーダーシップを希望する有権者層が多い)などが上げられます。まだ、共和党のハッカビー候補が完全に撤退したわけではないのですが、マケインが代表候補になるのはほぼ確実です。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。