FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.2122:13

北海道と東北6県の生協が統合的ウェブサービスの“Google Apps”を導入!NTTドコモ、「定額データプランHIGH-SPEED」の2年契約で上限金額を3,780円割り引く新サービス!

北海道と東北6県の生協が統合的ウェブサービスの“Google Apps”を導入!

Googleが、GmailやGoogleカレンダーなどのウェブサービスを自由にカスタマイズできる企業・団体向けサービス“Google Apps”を提供し始めたというニュースを過去の記事でお伝えしましたが、北海道と東北の生協コープが“Google Apps Partner Edition”の導入を決定したということです。Google Appsは、アクセス権限やアカウント発行などを自分でコントロールできるウェブサービスなので、生協コープの側で「会員向けのウェブサービス」としてGoogleのメールやマイページを自由に活用できるようになるというわけです。新たなメールシステムやマイページをカスタマイズできるシステムを独自で立ち上げようとすれば「莫大な初期投資」が必要になりますから、既に出来上がっていて安定的に運用可能なGoogleのサービスを使うというのはコスト面から考えても良い判断かもしれませんね。

22日には、Gmail稼働率99.9%を保証して24時間対応の電話サポートも受けられる有料の“Google Apps Premier Edition”というウェブサービスも発表されましたが、一般的なGoogle Appsのサービスは無料で利用することができます。有料の“Google Apps Premier Edition”では、「Gmail for mobile」や「Google Docs & Spreadsheets」も共有してカスタマイズすることが可能であり、無料版には必ず表示される「Adsenseの広告」を非表示にすることもできます。

北海道の生活協同組合コープさっぽろと東北6県の生活協同組合で組織する生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合が、グーグルの企業向けサービス「Google Apps Partner Edition」を会員向けに提供すると発表したのですが、当面は65万人にこのサービスを利用してもらうことを目標にしているということです。コープさっぽろの組合員が約130万、サンネット事業連合が125万人ということなので実現不可能な目標ではないと思いますし、このGoogle Appsを会員が利用すれば、無料のGmailが使えたり生協が準備したマイページにアクセスして様々な会員専用の情報が入手できるので、会員であれば使って損はないサービスになりそうです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

2008.02.2120:42

トヨタが13代目に当たる新型クラウンを発表!先進的な機能を満載した高級サルーンへと進化!

トヨタが13代目に当たる新型クラウンを発表!先進的な機能を満載した高級サルーンへと進化!

トヨタのクラウンは、1955年に初代クラウンが発売されて次々とモデルチェンジが繰り返されてきたのですが、今回のフルモデルチェンジで13代目のクラウンになります。春の5月には、ガソリンと電気を併用して走るプリウスのようなハイブリッドシステムを搭載したクラウンも発売される予定で、トヨタは高級車もエコカーのカテゴリーに組み込む販売戦略を取ってきています。クラウンは外見のデザインも、四角くてごつい感じから少し丸みを帯びたソリッドなデザインに変化してきたのですが、10年くらい前に比べるとクラウンの定価のほうもかなり高くなってきています。現行のクラウンは、オプションが少なくアルミホイールのつかない一番安いモデルでも368万円となっており、一番高いグレイドになると600万円を越えてくるので少し前のセルシオ(今ではレクサスのLSシリーズになっていますが)と殆ど変わらない価格設定になっています。

クラウンのブランドイメージとして「安心・信頼・高級」といったものがありますが、新型クラウンでは特に安全機能の向上に力を入れており、運転者のまぶたの動きを監視し、居眠り運転を検知して警告音などで注意を促す「居眠り運転防止カメラ(ドライバーモニター付プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式))」という最新技術が投入されるそうです。カーナビゲーションのデータと連動するシステムで、高速道路の出口などで自動的に減速する機能などもあり、オプションで今までの車にはなかった「安全管理機能」がつけられるみたいですね。自分で運転する楽しみを追求するようなドライバーには、こういった先端的な安全システムは余計なものに思えるかもしれませんが、高速道路の出口で減速してくれる機能などは、いつも高速道路の出口を見逃してしまいそうになるようなドライバーには必要かもしれません。

クラウンのハイブリッド車も排気量3・5リットルエンジンを搭載しながら、10・15モードで1リットルあたり15・8キロ・メートルの効率的な燃費を実現しており、今まで「排気量が大きい車の燃費の悪さ」を気にしていたユーザの人気を集めそうです。新型クラウンの諸元(スペック・データ)は、以下のようになっていますので、購入を検討したい人は参考にしてみてください。

続きを読む

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

2008.02.2100:17

ネット広告の売上好調で前年比24%増、新聞・ラジオ・雑誌は広告費減少!テレビCMとインターネット広告の効果・特徴の違い!

ネット広告の売上好調で前年比24%増、新聞・ラジオ・雑誌は広告費減少!テレビCMとインターネット広告の効果・特徴の違い!

日本の大手広告代理店・電通の発表によると、2007年の広告費の総額は7兆191億円で広告事業全体は成長軌道に乗っています。インターネット広告が伸びている一方でラジオと雑誌の広告費が継続的に落ちているのですが、テレビや新聞の広告は依然としてインターネットよりも大きなシェアを維持していますが、新聞は5.2%も大きく広告売上を落としました。新聞だけでなく雑誌不況も本格化しており、休刊・廃刊する雑誌が増えていますが、「雑誌を読む層が求める情報」と「インターネットのユーザが求める情報」にはかぶっている面が多くあり、インターネットとモバイルが普及した現在の状況から有料の雑誌が勢いを取り戻すことは至難と見られています。個人の時間は限られているので、ネットやゲーム、携帯に費やす時間が雑誌を読む時間を奪っている構造的変化もあり、この「時間資源の奪い合い」によって新聞もネットから圧迫される可能性が高まっています。雑誌広告は4585億円となり、インターネット広告よりも1000億円以上低い売上で低迷しています。

広告事業の売上順では、1位テレビ、2位新聞、3位折り込みチラシの順番は揺らいでいませんが、2007年度のインターネット広告の成長率は24.4%で6003億円となり、2008年度以降も引き続きネット利用者の数(これからネットを使い始める中高年齢層の数)が増えると予測すると、ネットが新聞やテレビの広告事業の牙城に迫る可能性も出てきます。とはいえ、まだまだネット広告が広告市場全体に占める割合は8.6%であり、ネットの検索連動型広告(コンテンツ連動型広告)はテレビのように一度に数百万人単位の視聴者に「高画質な映像の動画広告」を配信できないという弱点がありますから、テレビとネットの広告事業の棲み分けが維持される可能性も高いと思います。特に、莫大な広告予算をつぎ込める大企業のテレビCMをインターネット広告が代替することは難しく、ブランディング戦略のためのイメージ広告の主流は今後も「テレビ広告」になるのではないかと思います。

数年前までは、「通信と放送の融合」や「ウェブ脅威論」などが相当な説得力を持っており、インターネットがテレビや新聞の収益源である広告事業の大半を奪うのではないかと言われていましたが、「新聞存続の危機」はありえても「テレビ事業の危機」というのは今後もないのではないでしょうか。確かにインターネットにもYouTubeやニコニコ動画といった動画共有サイトがありますが、「画質の綺麗さ・即時性(速報性)・視聴の容易性(受動性)・動画の広告配信の規模」などでインターネットはマスメディアとしてのテレビに及ばない面があり、インターネットで動画を見たいという欲求とテレビで番組を見たいという欲求には微妙なずれがあります。

続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。