FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.2706:23

GoogleがKDDIなどと提携して太平洋を横断する光海底ケーブル「Unity」を共同建設!ヘッジファンド2社によってニューヨーク・タイムズの経営方針が転換か?

GoogleがKDDIと共同で光海底ケーブル「Unity」を共同建設!

GoogleがKDDIやアジアの通信事業者と共同で「光ファイバーの通信インフラ=Unity」の共同建設をスタートさせたということですが、Googleが通信インフラ事業に乗り出した背景にはYouTubeを筆頭とする「動画共有サイトのトラフィック増大」があるようです。今まで、膨大なアクセス(トラフィック)を集めるコンテンツ事業者や検索エンジン企業は、「既存の通信インフラ」にただ乗りしているという批判がなされてきましたが、この「Unity(ユニティ)」の光海底ケーブルが完成すればそういったインフラのフリーライド問題も緩和するかもしれません。

この“Unity”という光ファイバーを利用した通信インフラの建設計画は、千葉県と米ロサンゼルス間の約1万キロに海底ケーブルを敷設するという壮大なものであり、特に『日本・アジア圏のトラフィック増大』をカバーして円滑にコンテンツを楽しめるようにすることが課題のようです。最新の通信方式を採用するこのUnity(太平洋横断ケーブル)は、通信容量を世界最大級の毎秒7・68テラビット(電話回線1億2800万回線分)まで拡張できるそうで、アジア―アメリカ間の主要通信網になることが期待されています。

Googleのリサーチによると、通信需要は2002年から2007年までに年平均64%ずつも増加していて、今後も2年ごとに倍増していくと予測されています。Googleは、総事業費が約3億ドル(約320億円)かかるこのインフラ事業は十分にペイすると見ているようですが、ビジネスモデルとしては、既存の検索事業とコンテンツ事業(YouTube)などのトラフィック増大を安定的に支えることが一つ、もう一つはISP(プロバイダ事業者)にこの光海底ケーブルを有料で貸し出すというビジネスが考えられています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2008.02.2705:46

楽天が電子マネー“楽天キャッシュ”のサービスを開始!友人に電子メールで送信することも可能!

楽天が電子マネー“楽天キャッシュ”のサービスを開始!友人に電子メールで送信することも可能!

SuicaやPasmoなどをはじめとしてクレジットカードとは異なる『電子マネー』の流通量が、ここ二年間ほどで急速に拡大しています。電子マネーとクレジットカードを比較すると、電子マネーのほうが匿名性が高くクレジットカードのような審査がないので(今は学生やバイトでもカードは作れますが)、誰でも簡単に利用しやすいというメリットがあります。あと、電子マネーは自分がチャージ(入金)した金額だけしか利用できないので、クレジットカードと比較すると『無駄遣いをしにくい・計画的に買い物(サービス利用)をしやすい』というメリットがあります。

日本最大手のECサイト『楽天』が、この電子マネー(ウェブマネー)市場に参加することを決め、2月26日から『楽天キャッシュ』のサービスを開始しました。この『楽天キャッシュ』という電子マネーは、東京都民銀行が発行した電子マネーを「楽天市場」など同社の各サービスで利用できるようにするものですが、メールで電子マネーを友人・家族に送信することもできるという便利な機能を持っています。遠く離れている友人にちょっとしたプレゼントをしたいけど、プレゼントを選ぶ時間がないという時や友人の好みが分からない時に、電子マネーなら気軽に贈りやすいというメリットがありますね。品揃えが豊富な楽天なら、きっと恋人や友人も贈られた電子マネーで自分の好きな商品が見つけられるでしょうし。ただ、電子マネーばかり送っていると、プレゼントを選ぶ手間を惜しんでいると思われる危険性もありますが。

続きを読む

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2008.02.2705:22

Apple(アップル)がMacBook Airに続き、新型のMacBook ProとMacBookを発表!

AppleがMacBook Airに続き、新型のMacBook ProとMacBookを発表!

Apple(アップル)のスティーブ・ジョブズが自信満々でプレゼンした、史上最薄の“MacBook Air”には驚愕させられましたが、『シンプルな一枚の板』と言われる洗練された極薄デザインは見事ですね。アップルは、徹底的にノートパソコンの厚みを削減して、『シンプルな一枚の板』として完成度の高いMacBook Airを作りこんできたわけですが、MacBook Airの欠点としては新品の定価が高すぎること、耐久性に難点がありそうなことですね。MacBook Airの外形寸法のスペックを見てみると、『高さ:0.4~1.94cm、幅:32.5cm、奥行き:22.7cm、重量:1.36kg』であり、この数値を見るだけでもその洗練された外観と薄さを想像することができます。また、MacBook Airはエコロジー(環境負荷)にも十分な配慮が為されており、無水銀、無ヒ素で設計されていて投棄されても土壌や海洋を汚染するリスクが低いとされています。

MacBook Airは、パソコンそのものとしてのスペック(性能)や長く使い続ける耐久性を期待する人には余り向いていないと思いますが、『商品としての存在感・圧倒的なデザインセンス・マテリアル(物質)としての価値』においてはMacBook Airよりも優れたパソコンは現段階ではないと言って良いと思います。極端に言えば、メインのデスクトップとノートPCをもっているようなユーザが、セカンドのPCとして買ったり、部屋のインテリアの一部としての意味合いを持たせて買うようなパソコンではないかと思いますが、技術もデザインも陳腐化しつつあるパソコン市場にMacBook Airのような新製品が投入された意義は大きいと思います。しかし、1.6GHzで229,800円、1.8GHzで388,400円という価格設定は、この品質とデザインを考えれば高くはないものの、一般ユーザが気軽に買えるわけではないかもしれませんね。安いノートであれば10万円程度で買えるわけですから、40万円近いハイエンドなノートPCはちょっと高いかなという感じはあります。

続きを読む

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。