FC2ブログ
2008.03.2102:57

モバイルgooが検索機能強化、「歌詞」と「動画」が検索可能に!ソニー銀行が、お金管理ツールの「人生通帳」を提供!

モバイルgooが検索機能強化、「歌詞」と「動画」が検索可能に!

携帯電話からウェブを検索できるNTTレゾナント提供の総合サイト「モバイルgoo」で、6万2000曲の歌詞と700万件の動画が検索可能になったということです。「動画検索」の機能というのは、GoogleやYahoo!などPC向けの検索サイトでも試行錯誤が続いていて、YouTubeやニコニコ動画では「タグ検索」が主流になっています。「モバイルgoo」ではどういったシステムで動画検索を行うのかなと思ったのですが、実際にはタグ・タイトル・概要文から、YouTubeやAmebaVisionなどの動画共有サイトで公開されている約700万件の動画を検索するということですね。大量の動画がアップロードされている動画共有サイトというのは限られていますから、結局は、YouTubeとAmebaVision内部の検索だけで十分ということになるのかもしれません。

僕自身は、携帯電話でモバイルするときにあまり動画サイトは見ないのですが、今は少しずつモバイルで動画サイトを利用するというユーザも増えているのでしょうね。ワンセグ機能で携帯電話でテレビを見る人もいるわけですから、通信速度さえ確保されていればYouTubeの動画なども比較的快適に見られるのかもしれません。また、将来的には「モバイルgoo」で検索可能な動画共有サイトの数を増やしていくようで、700万件よりもさらに多くの動画がインデックスされるのでしょう。「歌詞検索」というのも面白い試みですが、ファンコミュニケーションズとページワンが共同運営する「歌ネットモバイル」が保有する楽曲データを活用した検索システムになっています。約6万2000曲の楽曲の歌詞を、「アーティスト名」「曲名」「歌詞」で検索できるということですが、若い世代の人たちから多く利用されそうなサービスですね。

昔の検索エンジンが検索対象にしているのは主に「テキスト」でしたが、最近は「写真・動画・地図・乗り換え・グルメ・音楽・ブログ」などありとあらゆるものが検索対象にされてきているので、一つの検索窓だけですべての検索をまかなうということが不可能になりつつあります。今後も、それぞれの検索ジャンルに特化した検索機能というのが増えていくのではないかと思いますが、モバイル分野の検索エンジンではYahoo!もGoogleもまだ覇権を握れていないので、他の企業にもまだまだ多くの可能性が残されていそうですね。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 携帯サイト
ジャンル : 携帯電話・PHS

2008.03.2101:11

結婚している既婚者で、親から資金援助を受けている世帯が「6割」に!円高・アメリカ経済失速を受けて、トヨタが2008年の世界販売目標達成は困難と発表!

結婚している既婚者で、親から資金援助を受けている世帯が「6割」に!

一般的な社会的自立には、「経済的自立」と「精神的自立」という意味がありますが、サラリーマンの平均給与が下げ止まっている中、結婚していても夫婦だけの給料では十分な生活水準が維持できないという家計が増えているようです。かつては、結婚して家から出ることそのものが「社会的自立の目安」と見られていた時代もあったのですが、現在は若者だけではなく中年世代でも所得格差が大きく開いてきていますから、「結婚・育児」と「経済的自立」が分離しているという面もあるのでしょうね。

特に、結婚して子どもが生まれると生活コストが2倍近くに膨れ上がることも少なくないし、子どもに十分な高等教育を受けさせようと思えば、教育費が1000万円以上はかかると言われている厳しい現状があります。平均的なサラリーマンの給与では、結婚して子どもを育てること自体が難しい時代になっていると言われればそれまでですが、既婚者の6割が資金援助を受けているというのは少し多いなという印象を受けました。50代の夫婦でも半分以上の51.2%が親から資金援助を受けているということで、若年世代だけに見られる現象というわけでもないのですが、これは結局昔からの「家の財産」の所有権・管理権を祖父母(高齢者)の世代が持っていることが多いということなのでしょう。まぁ、財産さえない世帯というのも少なくないとは思いますが、孫が産まれて喜んでいる祖父・祖母の中には、生活面・育児面のコストの大半を負担してくれるというありがたい両親も少なくはないようです。

日本大学人口研究所はこのほど、仕事と家族に関する調査結果を発表した。それによると、既婚者の56.1%が、この1年間に自分の親や配偶者の親から経済的に「支援してもらった」と回答した。支援してもらった割合は、20代夫婦がもっとも多く65.8%。30~50代でも5割を超え、50代は51.2%が支援を受けていた。

援助を受けている金額は年間12万円未満が64.3%ということで、月に1万円程度のちょっとしたお小遣いを貰っているという感じのようなのですが、年間60万円以上貰っているという世帯も11%程度あり、ここまで援助してもらうと誰か家族がアルバイトをしてお金を入れてくれているみたいな感じになるのかもしれません。身近な人でも結婚を機に、親から家を建ててもらったというような人もいますから、結局、自分が年をとってお金を持っている場合には子どもや孫くらいにしかお金を使いたいことが無くなるということも影響していると思いますね。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク