FC2ブログ
2008.03.2323:08

台湾の総統選で野党・国民党の馬英九が当選!親中派と言われる馬総統だが、北京オリンピックの棄権可能性を示唆!

台湾の総統選で野党・国民党の馬英九が当選!親中派と言われる馬総統だが、北京オリンピックのボイコットを示唆!

今年最初の「桜の開花」は春の陽気に恵まれた静岡県のソメイヨシノだったようですが、それに続いて熊本と東京でも桜が開花し、一週間後くらいに「満開の桜」が見ごろになるということです。正午の気温は浜松で17・4度、静岡で16・6度だったということで、気温面から見るとすっかり春めいてきたと言えそうです。「桜」「菊」と並ぶ日本の国花ですが、庶民の日常生活に深く慣れ親しんでいる花、諸行無常の自然の摂理を体現した花という意味で、咲き誇る「桜花」に特別な感傷を抱く国民も多いのではないかと思います。

桜の開花を楽しむ気持ちを押さえ込むかのように、東アジアの政治情勢が緊迫し大きく動き始めましたね。中国では、チベット自治区ラサの住民たちが民族自決を求めて暴動を起こした「チベット争乱」が大きな国際問題になっており、先日結果が出た台湾総統選挙の勝者である馬英九総裁もチベット問題に対する対応を厳しく迫られることになりそうです。このチベット争乱のきっかけが、中国政府が言うように、チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世(インドに亡命中)の計画によるものなのか、それとも、中国からの分離独立を求めるラサの住民(チベット人)たちの自発的な抵抗運動(レジスタンス)なのかはいまだに不明ですが、巨大な版図を持つ多民族国家である中国は絶えず「政権・武力による統一」「民族・文化による分離」の緊張関係にあります。

中国がチベット自治区に対してどのような政治的対応を取るのか、どのような鎮圧手段を用いるのかに国際社会の視線が集まっていますが、この問題の根本にあるのは「異なる文化を持つ異民族を政治的・領土的に統合することの是非」でしょうね。西欧先進国は、第二次世界大戦の時代(あるいは冷戦終結の時代)までにコロニアリズム(植民地主義)の時代を超克して、「人権思想・自由主義・民主主義」という啓蒙的な普遍の理念に基づく国家運営へと移行しましたが、中国やロシア、中東、アフリカなどではいまだにイデオロギーとコロニアリズム、宗教思想によって政治権力が統治の正統性を主張しているわけで、この問題の抜本的解決というのは現段階では不可能でしょう。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 台湾
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク