--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.2719:29

高画質DVDのBlu-rayでもDVD販売数は伸びず!ケータイサイトのフィルタリング審査には、原則として「国」は介入せず!

高画質DVDのBlu-rayでもDVD販売数は伸びず!

高画質な次世代DVDの規格争い(フォーマット競争)で、SONY陣営のBlu-rayが東芝陣営のHD DVDに勝利して、3月の次世代DVD市場におけるシェアをBlu-rayが81%にまで伸ばしてきました。しかし、DVDそのものの販売枚数は二年前くらいの時期をピークにして落ち込んでおり、次世代型DVDのBlu-rayの登場によっても、その落ち込みを完全に回復させるのは難しい状況のようです。Citigroupのアナリスト、ジェイソン・バジネット氏の調査では、劇場公開映画の世界のDVD卸販売額は2006年には250億ドル、2007年は231億ドルと減っており、今年は更に214億ドルへと減少すると予測されており、セル用の映画DVD市場は厳しい状況が続いています。

Blu-rayブームもDVDの落ち込みは補えず

Bernstein Researchのアナリスト、マイケル・ネイサンソン氏もこの数字を引き合いに、フォーマット戦争が終わった後も、Blu-rayディスクはほどほどの関心しか持たれていないと結論付けた。2007年末の時点で米国の家庭には少なくとも350万台のBlu-rayプレーヤーがあった。各世帯が購入したBlu-rayタイトルは平均3 枚。ネイサンソン氏によると、DVDプレーヤーが今のBlu-rayプレーヤーと同様の普及段階にあったときには1世帯当たり30枚ものDVDを購入していた。

米国人はビデオからDVDへの切り替えで十分満足しており、さらにBlu-rayに切り替える価値があると思っていないことを考えれば、この差は予想できなかったわけではない。

なぜ、次世代型DVDの売上がいまいち伸びないのかの理由は、上で引用した部分にあるように「Blu-rayディスクにしかない付加価値」がほとんど見えず、「今までのDVD」でも消費者は特別な不満をほとんど持っていないからです。消費者の関心は、高画質であるか否かにはそれほど向かっておらず、「次世代DVDと従来型DVDの違い」に高いお金を出す価値が見出せないというのが正直なところでしょう。単体のBlu-rayプレーヤーが現在最も安いもので約370ドルするそうですが、これが200ドルを切る価格になれば、Blu-rayの普及率が一挙に向上すると見られています。しかし、現在のアメリカでの普及率は、プレイステーション3に付属しているBlu-rayプレイヤーがほとんどで1%程度だということです。しかし、アナリストの予測によると、Blu-rayのプレイヤーとディスクの価格が市場原理によって十分に下がる2011年には、米国内でのBlu-ray映画販売総額が今年の2億6000万ドルから、2011年には42億4000万ドルになるだろうと予測しています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2008.04.2718:34

ウェブサービスを活用した“大量の本”の効率的な読書法と“未読の本の整理”!

ウェブサービスを活用した“大量の本”の効率的な読み方と“未読の本の整理”!

あらゆる情報・知識や個性的なコンテンツが公開されたインターネットが普及して「本が売れなくなった」と言われますが、中小規模の書店の経営状態が悪くなっても「本の必要性・重要性」までもが失われたわけではありません。インターネットにある情報の最大の特徴は、不特定多数の人が作成した「膨大無数の情報・知識があり更新頻度が高い」ということですが、それは「情報が断片的(部分的)で、情報の正確性(信頼度)が保証されていない」という短所があることも示しています。有料の本(書籍)の最大の特徴は、「体系的な知識が手に入る・完成度の高い作品が読める」ということであり、「知識の体系性(目的性)・情報の正確性」を重視する場合には本(書籍)のほうがネットよりも優れています。

本を読むことが好きな人、読書が趣味の人にとっての悩みは「読みたい本を買いすぎて、結局、読めないままの本が増えること・仕事が忙しくてなかなか読書の時間を確保できないこと」ですが、ITmediaのシゴトハック研究所の記事に「読むべき本が多すぎて困る【解決編】」という読書法に関する興味深い記事があったので感想を書きたいと思います。この記事では、本を読む場合の問題点を「自分にとって必要な本を見つける方法・本を読む時間を確保する方法・読んだ本の内容を行動に生かす方法」の3点にまとめていますが、確かに暫く本屋やAmazonに立ち寄っていないと「自分にとって必要な本」を直感的に見つけ出すのが難しくなったりします。事前に読みたい本を決めてから本屋やAmazonにアクセスする時にはその種の悩みはなくなるのですが、その為には日頃から新刊の情報や自分の専門分野・趣味の分野の本をチェックしておく必要がありそうです。

続きを読む

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

2008.04.2717:08

加護亜依が豆腐ダイエットで13キロ減量に成功!宇多田ヒカルがブログに書いた“苦手なこと”

加護亜依が豆腐ダイエットで13キロ減量に成功!

喫煙・お泊まり騒動も一段落して芸能界に復帰してきた加護亜依さんですが、芸能リポーターの梨元勝が司会を務めた「復帰会見」の時には随分ほっそりとして大人びた印象に変わっていたのに驚きました。復帰する前までの印象は、子どもっぽい雰囲気の可愛さを売りにしたアイドルというイメージだったのですが、復帰後はスタイルだけでなく顔の表情もどことなく大人っぽい感じに変化しているように感じました。加護亜依の2008年4月25日のブログによると「自分の女という意識」が目覚めたことによって、今まで興味がなかったダイエットに興味を持ち始めいろいろな方法でダイエットにチャレンジしてみたということのようです。

そのダイエット方法は、カロリーの多い外食を控えてできるだけ自分自身で料理をすることだそうで、「自分で作ると不思議と嫌いな食べ物がなくなるの!」という食べ物の好き嫌いが消えるという感想を漏らしています。確かに料理をする手間や作業は面倒なのですが、自分で苦労して時間をかけて作った料理は「美味しく感じやすい」部分があり、自分が作っても誰かに作って貰っても「レディメイドの料理・外食」よりは好き嫌いが無くなる感じがあります。僕は元々好き嫌いがほとんどないので嫌いで美味しくないという料理そのものが無いのですが……それはそれとして、加護亜依さんは苦手だった豆腐を主体とした料理にダイエット効果があったらしく、その豆腐ダイエットで13キロの減量に成功したということです。

豆腐料理というのはヘルシーなのに美味しいという特徴があり、本格的に豆腐料理をマスターすると数十種類以上のメニューを作り分けられるともいいますが、豆腐料理や豆腐製品というのは確かにはまると毎日食べたくなります。僕は牛乳よりも豆乳が好きなのですが、豆腐料理では湯葉や豆腐田楽といった料理もあっさりとしていて美味しいですね。近日中に香港映画への出演も決まっているという加護亜依ですが、「ダイエットより、体の事考えながら目標とする人を目指してやると効果があると思います!」という感想をブログに書いていて、「痩せることそのもの」よりも「良い意味での個性と人格を磨くこと」に力点を置いているようで頑張って欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

2008.04.2716:31

“Q&Aサイト”の人気が急上昇、オウケイウェイブがアメリカと中国でサービス展開!中国の百度(バイドゥ)が、早稲田大学と検索技術を共同研究!

“Q&Aサイト”の人気が急上昇、オウケイウェイブがアメリカと中国でサービス展開!

ネットレイティングスが2008年4月22日に発表した調査結果によると、Q&Aサイトの利用者数が急送しているそうですが、『何か分からないこと・ちょっと質問したいこと』がある時にはQ&Aサイトというのは非常に便利ですよね。有名な無料のQ&Aサイトとしては、「教えて!goo」「Yahoo!知恵袋」「オウケイウェイブ」などがありますが、それぞれにサイトデザインと回答者のパーソナリティの特徴があります。独自のコミュニティのようなものが形成されていて、「自分の質問・疑問・謎」に応えてくれそうなQ&Aサイトを使い分けているユーザもいるみたいです。

質の高いピンポイントな回答が得やすい「有料のQ&Aサイト」というものもあって、日本でははてなダイアリー(ブログ)やはてなブックマークを提供している「はてなの人力検索」がその代表的なサービスです。2008年度はこれらのQ&Aサイトが急成長する年と見られており、「Yahoo!知恵袋」の08年3月の利用者数は1261万人で、前年同月の465万人から2.7倍に増大したそうです。「教えて!goo」のほうも、前年同月の505万人から781万人にユーザ数を伸ばしており、日本ではQ&Aの将来的な成長性にかなりの期待がもてそうです。また、日本のウェブユーザはアメリカよりも「Q&Aのような知識・情報の共有サイト」を好んで利用する傾向があり、日本の「Yahoo!知恵袋」の利用率が25.7%なのに対して、アメリカの「Yahoo! Answers」の利用率は9.4%に過ぎないということです。

続きを読む

テーマ : インターネット関連
ジャンル : コンピュータ

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。