--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.2701:32

「ガソリン」から「電池(電気)」への車の動力源の転換、エコカー用のリチウムイオン電池の需要急増で生産競争が激化!

「ガソリン」から「電池(電気)」への車の動力源の転換、エコカー用のリチウムイオン電池の需要急増で生産競争が激化!

次世代型の省エネカー・低公害自動車として大きな注目を集めているのが「電気自動車」であり、現在は完全な電気自動車は市販されていないものの、エスティマやクラウン、ハリヤーなどの車種で電気とガソリンを半々で動力源にする「ハイブリッドカー」の販売台数が伸びています。日産自動車、トヨタ自動車、三菱自動車の3陣営は09年以降に相次いで「電気自動車の量産体制」に踏み出すとしており、電気自動車の動力源となる「リチウムイオン電池」の需要が飛躍的に伸び続けると予測されています。自動車と電機メーカーにとって、「リチウムイオン電池の巨大市場」は成長率と利益率の高い非常に魅力的な市場になる可能性があります。

90年代に深刻な経営危機に見舞われた日産は、CEOのカルロス・ゴーンによる強力な経営再建が進められていましたが、「リチウムイオン電池」こそが21世紀の自動車の主要なエネルギー源になるという予測を捨てておらず、細々と次世代型の電池の研究開発を続けていました。トヨタは松下電器産業と合弁してリチウムイオン電池を生産していく構えですが、日産はNECと設立した合弁会社で、日産座間事業所(神奈川県座間市)内に世界最大規模の電池製造工場を建設する予定を立てています。日産座間事業所の生産能力は年間6万5千台分の電池になる見込みであり、09年度から電池の量産をスタートさせます。2010年度には、日米で発売する電気自動車やハイブリッド車にこのリチウムイオン電池を搭載して、21世紀の次世代自動車の主導権を奪いたいという野心を持っています。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

2008.05.2701:30

後期高齢者医療制度で、低所得者層の保険料軽減を最大9割にまで拡大する予定!

後期高齢者医療制度で、保険料軽減を最大9割にまで拡大する予定!

高齢者の財政による医療費負担を節減して「受益者負担の理念」により近づける目的で制定された後期高齢者医療制度(長寿医療制度)ですが、「収入・資産の少ない高齢者の実質負担が増えている・老人を見殺しにしようとしているのか」という根強い批判にあって改善を余儀なくされています。この後期高齢者制度は、「医療費が急速に増大している高齢者」により大きな負担をお願いするが「低所得の高齢者(国民年金のみ・無年金など)」には十分配慮するという趣旨で制定されたものだと当初説明されていましたが、実際には現役並の年収300万円以上の年収がある高齢者で保険料負担が下がっていたりして、本当に低所得の高齢者の負担を軽くする制度なのかという疑問が持たれていました。

増大する高齢者の医療費負担をできるだけ高齢者自身に負担してもらうという法制の基本骨格は正しいと思いますが、年金収入が年収100万円前後の高齢者などには生活が苦しくならないような十分な配慮が必要だと思います。高齢者の「最低限の文化的生活・医療を受ける機会」を保持することが至上命題であり、生活・資産に余裕がある高齢者には「老齢医療の維持」に貢献してもらうという制度設計で後期高齢者医療制度の骨組みを改善していくべきだと思います。

すべての人がいずれは高齢者になる以上、国民皆保険制度の老齢医療は残しておいたほうが良いと思いますが、高所得者・資産家層などがどれくらい医療福祉分野で累進的な負担を負ってくれるのかというのが課題になってくるのでしょうね。死後の世界にまではお金は持っていけませんが、自分の子孫にある程度の財産を残して上げたいという自然な欲求も完全に否定することはできず、所得・資産に応じた累進的な保険料負担の比率についての議論を深めていって欲しいと思います。

続きを読む

テーマ : 後期高齢者医療制度改革
ジャンル : 政治・経済

2008.05.2623:51

6月1日から後部座席のシートベルトが義務化される。パターナリズム(過保護)な規制に公共交通機関が困惑?

6月1日から後部座席のシートベルトが義務化される。行き過ぎたパターナリズム(後見人主義)で公共交通機関が困惑?

6月1日施行の改正道路交通法では、今まで自動車の前部座席だけに義務付けられていたシートベルト着用が後部座席にも義務化されることになります(罰則は免許証の点数の1点減点)。自動車に関するルールが少しずつ厳罰化・安全最優先の流れに向かっているのは仕方ないと思うのですが、車に乗るときに後部座席でもシートベルトを必ず着用しなければならないのは少し不便な気もしますね。後部座席はリラックスしてくつろげる場所というイメージも強かったのですが、これからは前部座席(運転席・助手席)と同様に身体をシートにしっかりと固定して乗らなければならなくなります。これまでは「自己責任・自由裁量」にされていた部分が、「人命尊重・リスク回避」のために法制化されていくという傾向は今後も変わらないと思いますが、日常生活のあらゆる行動やマナーが法律で管理・規制されていくというのは「個人の能力・判断」をみんなが信用しなくなっているということの現れなんでしょうね。

国家(政治)が国民の安全や安心を守るために、積極的に介入していろいろな問題事項を規制したほうが良いという考え方はパターナリズム(権威主義・後見人主義)と言われますが、現代は「パターナリズムによる安心感(管理された安心社会)」と「過剰規制による不自由感(景気減速)」とが絶えず葛藤している時代だと思います。しかし、この後部座席のシートベルト義務化の影響をもっとも強く受けるのは「タクシー・バスの公共交通機関」であり、タクシーでは法改正後しばらくはお客さんにシートベルトを強制するのがなかなか難しく、酔客などの対応に戸惑うのではないかという心配も出ています。バスの場合には、複数の乗客が一度に乗り込むので、すべての乗客のシートベルト着用を確認しにくく、乗降の際にシートベルトを締めたり外したりするのに長い時間がかかって混雑してしまうという問題もあります。

続きを読む

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

2008.05.2607:38

P2P利用・動画ファイルの大量送受信などヘビーユーザによる“ネット渋滞”の問題!デジカメ写真を保存・再生できるデジタルフォトフレームの人気が上昇!

P2P利用・動画ファイルの大量送受信などヘビーユーザによる“ネット渋滞”の問題!

現在のインターネット・ユーザのほとんどは、光ファイバーかADSLのブロードバンドで常時接続をしていると思いますが、常時接続では「ヘビーユーザの回線占有」を原因とするネット渋滞が問題になることがあります。24時間ぶっ続けでインターネットをするようなことは体力的にもできないと思いますが、1日の大半をインターネットに費やすようなヘビーユーザが大容量のファイル(動画・音楽)を大量に送受信し続けると、インターネットの回線が占有された状態になり一般ユーザの通信速度が低下してしまうことがあります。こういった「ネット渋滞」の問題は、同じ定額料金を支払っているのに「各ユーザのネットの使い方」によって、「実際の利便性(効用)」が異なるという不平等を生み出しますが、今までは「定額料金で使い放題」ということをセールスポイントにしてきたので、ヘビーユーザの回線速度を制限する措置には慎重なプロバイダ(ISP)がほとんどでした。

しかし、ニコニコ動画やYouTubeといった動画共有サイトの普及や、P2Pソフトの利用者増加といったネット状況の変化を受けて、ISPは余りにも「回線の帯域」を一人で使いすぎているヘビーユーザーの通信速度を抑えるという措置を取ることにし始めたようです。日本インターネットプロバイダー協会などネット関連4団体は5月23日に、ヘビーユーザーの通信速度を制御するためのガイドラインをまとめていますが、基本的には「通信の増加に対しては、ネットワーク設備の増強で対処すべきだ」という留保も残しており、極端にP2P(ファイル交換ソフト)を使い過ぎたりしない限りは、回線速度を制限されることはないのではないかと思います。

続きを読む

テーマ : インターネット
ジャンル : コンピュータ

2008.05.2607:07

世界のIT企業ランキング(財務ベース)の第一位は二年連続でAmazon.com!世界の携帯電話は33億台で普及率は49%、アジア・アフリカの市場が急速に拡大!

世界のIT企業ランキング(財務ベース)の第一位は二年連続でAmazon.com!

BusinessWeek誌では企業の色々なランキングを行っていますが、4月に発表された「世界で最も革新的な50社」では、1位はApple(アップル)、2位はGoogle(グーグル)、3位はトヨタ、4位はGE、5位はマイクロソフトという結果でした。スティーブ・ジョブズ率いるAppleは、MacBookやiMac、iPod、iPhoneなど次々と新たな話題と注目を集める画期的な製品を開発していることが評価されています。Appleのすべての製品の「秀逸なデザイン性」も人気のポイントですが、検索エンジン最大手のGoogleでは、世界のありとあらゆる情報を的確に整理するという壮大なミッションとそれを可能にする各種のウェブサービスの革新性が高く評価されています。

日本企業では唯一トップ5にランクインしているトヨタですが、世界で最も優れた自動車製造技術と効果的なマーケティングに高い評価が集まっていて、世界各地で「売れる車」を安定して開発・販売できるというのがトヨタの強みでしょう。同じBusinessWeek誌が5月22日に発表した世界のIT企業ランキング(年間売上高3億ドル以上)「InfoTech 100」は各社の業績を中心にしてランキングを作っているのですが、世界各国で販売網を拡大し続けている米Amazon.comが二年連続でトップになりました。2位に米Apple、3位にカナダのResearch In Motion(RIM)、4位に任天堂、5位に米Western Digitalとなっていて、「世界で最も革新的な50社」とはかなり順位が入れ替わっていて興味深いですね。

スタイリッシュな携帯電話を世界各地で販売していることで有名なフィンランドのNOKIA(ノキア)は8位にランクインしており、検索エンジンのGoogleは11位となっています。任天堂以外の日本企業は残念ながらトップ25位に入っていませんが、100位以内にランクインしている米国企業の数も減少傾向にあるということです。日本企業では、75位にヤフー(Yahoo!JAPAN)、85位に東京エレクトロン、97位にニコン、98位に日本電産が入っていますが、日本企業は株主資本利益率や売上高伸び率などの財務実績が低く、どちらかというと従業員の人件費コストを高くとっているのでランクが低くなっているようです。

続きを読む

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

2008.05.2605:55

東京都江東区のマンションで不明だった女性が殺害か?同じ階の33歳の男が逮捕される!

東京都江東区のマンションで不明だった女性が殺害か?同じ階の33歳の男が逮捕される!

4月18日の夜8時頃に、東京都江東区潮見2のマンションで23歳の契約社員の女性が突然行方不明になるという不思議な事件が起きていましたが、この事件が最悪の結末を迎えそうな雲行きになっています。マンションから行方不明になっていた女性は東城瑠理香(とうじょうるりか)さん(23)であると発表されましたが、それと同時に、同マンションの9階(被害者と同じ階)に住む派遣会社社員の星島貴徳容疑者(33)が東城さんの部屋に侵入した住居侵入容疑で逮捕されました。

マンションの918号室に住む星島貴徳容疑者は、女性(東城さん)を暴行する目的で916号室に侵入したことを既に認めていますが、逮捕のきっかけになったのは東城瑠理香さんが行方不明になった同日同時間帯にマンションの同じ階にいたのが星島容疑者だけであるということ、更に決め手となったのは星島容疑者の指紋採取の結果、東城さんの部屋に残されていた指紋と一致したことでした。星島貴徳容疑者の部屋からは東城さんのものとみられる血痕が見つかっており、既に東城さんの殺害に加えて遺体の切断を認める供述を始めているということで、僅かに残っていた女性の生存の可能性が断ち切られることになってしまいそうです。防犯カメラに被害者の女性が外部に運び出される映像が記録されていないことから、警察は初めから「マンションの内部犯行説」を強く打ち出していましたが、その読みは結果としては当たったものの女性の生命を助けることができなかったのはやはり残念でなりません。

性犯罪は、自己の性欲を一方的に満たすための卑劣な犯罪であり、女性を精神的に征服したり侮辱したいという歪んだ劣等コンプレックスが生み出す悲劇的な事件でもあるのですが、こういった理不尽な事件で精神的苦痛を受けたり生命を奪われる女性が少しでも減る社会になっていって欲しいと願います。今回の事件は本当に情状酌量の余地がないほどに残忍で許しがたい犯行であったと思いますが、この悪辣な星島容疑者が犯行後にニヤニヤとしながら平然とインタビューに答えている姿を見ると、激しい憤りを感じると同時に背筋が凍る精神の歪曲(ゆがみ)を感じます。

続きを読む

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。