FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.1109:49

山田優がブログで小栗旬との交際を認め、ブログが5月9日のランキングで1位に!2004年から交際が続いていた永瀬正敏と中島美嘉が破局!

山田優がブログで小栗旬との交際を認め、ブログが5月9日のランキングで1位に!

ファッションモデル出身で女優・タレントとして活躍する山田優さん(23)が、2008年5月8日に更新したブログ記事で、恋愛関係が報道された俳優・小栗旬さん(25)との交際を認める内容の発言をしています。今ドラマや舞台を中心に人気が上昇している小栗旬さんのほうも、5月7日に放送された深夜放送のラジオ番組「小栗旬のオールナイトニッポン」で、スポーツ紙が報じた山田優さんとの「交際報道」について肯定する内容の発言をしていますので、これで双方が恋愛関係を認めたということになります。小栗旬は「とても大切なガールフレンドです!」という発言をしていますが、山田優も自身のブログで「彼は大切な大事な存在」と語っており、二人の恋愛は順調なスタートを切ったようです。

小栗旬との交際について言及する記事を書いた日の山田優のブログのアクセスは「1000万/日」を越えており、アメーバブログのランキングで不動の一位だった羞恥心メンバー・上地雄輔(29)のブログを瞬間的に抜いたということです。ここ数ヶ月で一気に知名度を上げた上地雄輔さんの活躍にも驚かされますが、芸能活動の長い山田優の人気もまだまだ全く衰えていないようです。山田優は俳優の伊藤英明(32)との交際を終わらせ、小栗旬もモデルの田中美保(25)と別れたということで、二人の新たな恋愛が良い方向に発展していくことに期待したいです。二人は、日テレのドラマ「貧乏男子ボンビーメン」で恋人役で共演したことがきっかけとなって交際を始めたということのようです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 芸能一般
ジャンル : アイドル・芸能

2008.05.1108:41

米フォーブス誌の日本の富豪ランキングで、任天堂の山内溥相談役が1位に!mixi(ミクシィ)、3月期決算で売上100億を達成し中長期的に3000万ユーザの獲得を目指す!

米フォーブス誌の日本の富豪ランキングで、任天堂の山内溥相談役が1位に!

米経済誌フォーブスのアジア版が発表した日本の富豪ランキング「日本の富豪40人」(5月8日づけ)によると、任天堂の(ひろし)相談役が保有資産は78億ドル(約8100億円)で1位となりました。携帯型ゲーム機の「ニンテンドーDS」と体感型の次世代ハードである「Wii」が予想を越える人気となっており、「ゲームユーザの市場」を中高年齢層まで拡大したことが任天堂の勝因となっています。日本とアメリカをはじめとして世界のさまざまな市場でニンテンドーDSとWiiが爆発的な勢いで売られ続けたのですから、山内溥氏の任天堂株を中心とした個人資産が飛躍的に増えるのももっともといえばもっともな話だと思います。

ゲーム会社・任天堂の株価の急速な増大によって、任天堂はトヨタの時価総額に迫るような巨大企業へと更なる成長を遂げましたが、この「ゲーム業界の黄金時代」がどこまで続くのかというのも気になりますね。プレイステーション2の時代にはソニーに押さえ込まれていた任天堂ですが、ニンテンドーDSの開発によって携帯型ゲーム機の市場で覇権を握ってからは完全に任天堂が優勢になっており、Wiiの爆発的ヒットによって更に企業価値を大幅に高めた状況になっています。「ゲーム・アニメ・漫画の市場」に限っては、世界的に見ても日本の業界が有利な市場なので、今後も任天堂やソニー、アニメ業界には日本経済を牽引するような存在としてがんばって欲しいと思います。

日本の富豪の2位は、昨年1位を獲得していた森章・森トラスト社長が保有資産は77億ドルでランクインしており、堅実な不動産(貸しビル)・都市開発事業を行い続けているようですね。インターネット業界では知らない人のいないSNSのmixi(ミクシィ)を経営する笠原健治社長も、32歳という若さで日本の富豪40人にピックアップされており、旧ライブドア経営者の堀江氏に次ぐ若手の富豪となっています。mixiは現在登録ユーザが1400万人を越えており、日本のSNS市場における独占的シェアの獲得が続いていますが、それに比例して主要事業である広告事業が順調に成長しているということです。

続きを読む

テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

2008.05.1107:50

電子マネー決済のトップはnanaco、PASMOとSuicaが二位に浮上!経産省が消費者保護の観点から電子マネーのルールづくり!

電子マネー決済のトップはnanaco、PASMOとSuicaが二位に浮上!経産省が消費者保護の観点から電子マネーのルールづくり!

最近は、「現金チャージ型の電子マネー」で決済できるお店とサービスが増えてとても便利になりましたが、電子マネーの決済件数が一番多いのはセブン&アイホールディングスが発行しているセブンイレブンで使える「nanaco(ナナコ)」です。nanacoは僕も使っているのですが、「カード型のnanaco」「おサイフケータイのnanaco」という二つの形態があってなかなか便利な電子マネーだと思います。この二つは別物でありチャージ金額も合計されませんが、ケータイでnanacoのアプリケーションをダウンロードすれば、すぐにセブンイレブンのATMかレジでお金をチャージして使うことができます。カード型のnanacoはインターネットで申し込むこともできますし、店頭で申し込みしてその場でカードを受け取ることもできます。

nanacoは最高のチャージ額が3万円なので余り高額な買い物はできないのですが、セブンイレブンには基本的にそんなに高い商品はおいてないので、毎日セブンイレブンでジュースやパン、おにぎりを買っている人であればかなり便利に使えると思います。一昔前には、電子マネーというと「Edy」というイメージがありましたが、「Edy」は利用できる店舗が結構限られているという問題があります。nanacoもセブンイレブンかイトーヨーカドーでしか使えないのですが、Edyの場合はどこで使えるのかがはっきり特定されておらず、毎日行くようなお店で使えないことが多いという弱みがあるような気がしますね。理想を言えば、すべての電子マネーをどこの店舗でも使えるようにしてもらえるのが一番うれしいのですが、クレジットカードでも使えないお店が結構多いので今の段階では難しいかもしれません。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2008.05.1107:22

米シティグループ、資産の2割に当たる41兆円の資産売却!電子化における株主保護で、NTTとJR東日本が株式100分割を実施!

米シティグループ、資産の2割に当たる41兆円の資産売却!

アメリカで勃発したサブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)の破綻問題は、世界の金融経済に大きなダメージを与え、巨額の投資マネーが食糧品・エネルギー産業に流れ込んで物価を高騰させました。このサブプライムローンの不良債権化は、アメリカの金融業界最大手のシティグループにも甚大な損失を与えており、シティグループはコスト(人員)削減・不採算事業撤退の抜本的な事業再編を迫られています。シティグループはこの損失計上によって、総資産2兆2000億ドルの約2割に相当する約4000億ドル(約41兆円)の資産売却計画(コスト削減計画)を決めており、今後3年程度の時間をかけて非中核事業・不採算部門の積極的な売却を進めていくそうです。数千人単位のレイオフ(従業員削減)も予定されており、米最大の金融会社・シティグループは組織編制の上でも事業構成の上でもかなり大きな変革をしていくものと見られます。

個人・法人向けを中心とする総合金融路線は維持するということですが、経営再建の過程において、住宅ローン・証券化事業・個人向け金融事業が大幅に圧縮される見込みとなっています。シティグループ自体の存続が危ぶまれるほどのダメージではありませんが、世界規模で展開しているグローバルな金融ネットワークは相対的に縮小することになり、アメリカ・日本・ドイツ・メキシコなどの拠点における金融事業の効率化(コスト削減)・収益力増強に力が注がれるようですね。シティは日本でも消費者金融事業分野などに進出しており、グレーゾーン金利撤廃で収益性が落ちている日本の消費者金融部門からは手を引くのではないかという見方もでています。

続きを読む

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。