FC2ブログ
--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.1709:30

日本の自動車保有台数が初めて減少に、若者中心に“車離れ”が進む!三井住友フィナンシャルグループの経営が好調、三期連続の増配へ!

日本の自動車保有台数が初めて減少に、若者中心に“車離れ”が進む!

車は「燃料費・税金を含む維持コスト」が高いので、「非正規雇用者層の増加」「価値観・趣味の多様化」によって若年者を中心に“車離れ”が進んでいると言われていました。地方では公共交通機関のネットワークが隅々まで広がっていないので、自動車は「必需品(一家に一台・一人に一台)」としての地位を保っていますが、電車・バスでとりあえずはどこでもいける都心部では経済的に苦しい層を中心として“車離れの現象”が加速しています。「車を購入する経費と維持する経費」を準備できなければ自動車は保有できないわけで、月収が10~15万円前後でボーナス無しの非正規雇用者が多くなっていることを考えると、車離れは経済格差ともある程度の相関があるのではないかと思います。自動車本体の価格を除いても、「ガソリン代・自動車税・車検代・メンテナンス費用」を合わせると最低でも年間に30~50万円くらいのコストがかかりますので、意外に車というのは買った後にお金がかかる商品という側面があります。

全国の自動車保有台数の最新統計によると、2月末まで3カ月連続で前年同月末比マイナスとなっており、3カ月連続の前年割れは自動車普及が加速し始めた1960年代前半以降初めてということです。2008年2月末の自動車の保有台数は、7943万台になっているそうです。日本で保有されている自動車の台数が減少し始めたということですが、少子化による人口減少傾向とサラリーマンの所得の低迷を考えると、今後も再び自動車保有台数が大きく伸びることはないのではないかと推測されます。消費者の車離れの要因として、「価値化や趣味の多様化」が上げられることは多いのですが、確かにケータイの毎月の支払いに二万円以上を費やしているような若者だと、「車のコスト」が「通信のコスト」に転換されたとは言えるでしょうね。とはいえ、全体的には「人口の減少と高齢化・趣味の多様化」以外にも消費者の家計状況が厳しくなっており、預貯金残高も連続して減っているという経済的要因が車離れに大きく関係しているのではないかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

2008.05.1707:03

医療業界の労働力不足、インドネシアの外国人看護師を1000人受け入れることになる予定!フィリピンとの看護師受け入れの交渉も続く!

医療業界の労働力不足、インドネシアの外国人看護師を1000人受け入れることになる予定!

少子高齢化の進展と労働環境が厳しい業界(産業)の人気低下によって、製造業・建設業・医療介護などの分野では長期的に見ると「労働力不足」の問題が深刻化すると見られています。すべての産業で労働力が不足するわけでは当然ないのですが、最近は「現場の悲惨な状況・国家財政の悪化・過労死の実態」などが明らかになってきている医療・介護の分野で人材離れが起きてきており、医師不足と看護師不足が指摘されるようになってきています。少子化傾向で医師になる人が増えているのに「医師不足」というのはおかしいという意見も確かにあるのですが、不足しているのは「訴訟リスクと精神的負担の大きい診療科(産婦人科・小児科など)・過疎地域の医師(社会インフラが未整備で地域に魅力が少ないなど)・労働環境の悪い大病院(仕事に比較して給与が低い病院の勤務医)」であり、開業医などの医師が不足しているわけではないようです。

医師不足の問題の多くは、自分の自由裁量で診療時間を調整できる「開業医」ではなく、厳しい労働条件(雇用待遇)の中で決められた過重な役割と責任を遂行しなければならない「勤務医」にあります。開業医で過労死したというケースは往々にして聞きませんが、勤務医では研修医も含めて年間にかなりの過労死や精神疾患の発症などが報告されており、医療現場の優秀な人的リソースが労働環境の悪さのために潰されていくという問題が指摘されています。医師の大半はもともと体力や気力に優れているわけではなく、学力と偏差値によって大学入試で選抜されているので、体力・気力などが充実していない人材(しかし、医学的知識・短期的診療では優秀な人材です)というのがなかなか生き残れなくなっている現状があります。大病院(公立病院)や大学病院で働く勤務医は、緊急医療や大規模な手術を必要とするような致命的疾患の治療に欠かせませんし、過疎地域や地方の小病院で働く勤務医も「医療インフラの基盤」ですから、これからの日本では日本全国の医療体制をどうやってバランスよく保っていけるかが非常に重要な課題となっているのです。

しかし、苦労して勉強して大変な国家試験と研修を乗り越えて医師になった人の多くは、「需要と娯楽の少ない地方」に進んでいきたいとは思わないという現実もあり、「訴訟リスクや診療面でのストレスが大きい診療科」には勤めたくない(専門にしたくない)という問題もあります。そのため、ここ最近では「医師・技師・弁護士などを中心とした外国の知的労働者の移住」を促進して、日本で不足する社会インフラの知的リソースを補充していこうという議論が起きています。それと合わせて、日本人労働者(若年者層)には余り人気がなくなってきている「看護師・介護士・福祉士のような体力と精神力を要する仕事」を資格を持つ外国人労働者にアウトソーシングしようとする動きも強まっており、数十年後の高齢化社会で看護・介護の主力を担うのはアジア系の外国人看護師(介護士)ではないかという意見もあります。

続きを読む

テーマ : 医療・健康
ジャンル : ニュース

2008.05.1706:32

エレクトロニクス分野が好調で、ソニー(SONY)が過去最高8兆8千億円の売上を計上!

エレクトロニクス分野が好調で、ソニーが過去最高8兆8千億円の売上を計上!

SONY(ソニー)というと、プレイステーション3の売上がいまいち伸びないというニュースや任天堂のWiiの人気に押されているという報道が多かったのですが、決算が出てみると過去最高の売上高と純利益を記録したようです。ソニーが14日に発表した2008年3月期連結決算(米国会計基準)では、売上高が前期比6.9%増の8兆8714億円、税引き後利益が同2.9倍の3694億円となっていて、ソニーのコスト削減戦略とエレクトロニクスの商品の売上上昇で過去最高を記録しています。

税引き前の営業利益も同5.2倍の3744億円であり、ソニーが絶好調だった98年3月期に次ぐ高水準となっており、一時期経営状態が悪化していたソニーが勢いよく復活を遂げつつあるようです。03年3月期連結決算では営業利益で赤字を出したソニーですが、「ソニーショック」の余韻を振り払うために思い切ったコスト削減とリストラを断行して黒字転換をすることができました。財務諸表に表れる経営面では完全復活したという印象が強いのですが、ソニー(SONY)のブランディングと商品力については以前のソニーよりも少し存在感が弱くなったかなという感じがあり、アップル(Apple)のiPodに匹敵するようなソニー独自のユニークな製品をまた開発して欲しいと思います。

ノートPCのVAIOもデザインや使いやすさは優れているのですが、長く使い続ける耐久性に不満があるという声もあり、デザイン+耐久性+アフターケアを組み合わせていけばこのパソコンの市場でもソニーのシェアはもう少し伸びると思うのですが。僕の知人の中には耐久性では富士通、平均的なコストパフォーマンスではNEC、デザイン性とブランド力ではSONY(ソニー)というような評価が多いような感じですが、MACを使っている人に限ってはどんなパソコンが出てこようとAppleのiMacかMacBookしか買わないようですね。

続きを読む

テーマ : 経営
ジャンル : 政治・経済

スポンサード リンク


最近の記事
カウンター

カテゴリー
Amazon Associates

月別アーカイブ
プロフィール

東雲 遊貴

Author:東雲 遊貴
現実とウェブに溢れる膨大な情報の海から、『重要で役に立つニュース』を紹介したり、『面白くて便利な情報』を記録したりしていきます。

e-mail:noble.desire@gmail.com

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。